Select Language

easyMarketsの特徴は?独自サービスが充実している海外FX業者

easyMarketsの特徴は?独自サービスが充実している海外FX業者

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.11.07 17:44
easyMarketsの特徴は?独自サービスが充実している海外FX業者

update 2022.11.07 17:44

海外FX業者easyMarkets(イージーマーケッツ)は、独自サービスが充実しているブローカーです。高機能チャートツールのTradingView(トレーディングビュー)と直接連携できるサービスを、主要海外FX業者の中で初めて提供したブローカーでもあります。

また、独自プラットフォームやMT4では固定スプレッド制となっており、スリッページが発生しない仕組みになっていることも特徴の一つでしょう。スプレッドが拡大しやすい日本時間の早朝であっても、スプレッドが固定されます。

easyMarketsはMT4とMT5を含む5種類の取引プラットフォームを提供していますが、それぞれスプレッドやレバレッジといった取引条件が異なる点には注意が必要です。

仮想通貨(暗号資産)にも力を入れており、話題の仮想通貨を随時追加しているほか、ビットコインをそのまま取引口座へ入金できる「μBTC(マイクロビットコイン)建て口座」を提供しています。

easyMarketsの3大特徴は?

easyMarkets(イージーマーケッツ)の主な特徴となっているのは、以下の3つです。

  • 取引プラットフォームを5種類提供
  • TradingViewと連携できる
  • 独自サービスが充実
easyMarketsに口座開設する link

取引プラットフォームは5種類

easyMarketsが提供している取引プラットフォームは5種類あり、それぞれでスプレッドやレバレッジが異なります。

スプレッドは買値と売値の差を示す数値で、easyMartketsで提供されているのは固定制と変動制の2種類です。固定制を採用するプラットフォームでは一般的に取引コストが高くなりやすいものの、一定にできるメリットがあります。変動制を採用するプラットフォームだと取引コストは予測できない一方、安く抑えられることが多いです。

レバレッジは、少ない証拠金で多額の取引が可能になる仕組みのことです。easyMarkets ではプラットフォームによって、最大200倍から500倍までのレバレッジを用意しています。レバレッジが大きいと一瞬でロスカットになる危険性もある一方、より少ない証拠金でより多額の取引を行える点がメリットです。

easyMarketsの取引プラットフォーム
取引プラットフォーム スプレッド制 レバレッジ
独自プラットフォーム 固定スプレッド 最大200倍
モバイルアプリ 固定スプレッド 最大200倍
TradingView 固定スプレッド 最大200倍
MT4 固定スプレッド 最大400倍
MT5 変動制スプレッド 最大500倍

独自プラットフォーム

スプレッド制 レバレッジ
固定スプレッド 最大200倍

モバイルアプリ

スプレッド制 レバレッジ
固定スプレッド 最大200倍

TradingView

スプレッド制 レバレッジ
固定スプレッド 最大200倍

MT4

スプレッド制 レバレッジ
固定スプレッド 最大400倍

MT5

スプレッド制 レバレッジ
変動制スプレッド 最大500倍

独自プラットフォームでは、TradingViewをベースとしたチャートが採用されています。基本的なチャート分析ツールやインジケータが備わっており、初心者の方でも直感的な操作が可能です。

独自プラットフォーム・モバイルアプリでは、easyMarketsオリジナルサービスの代表格である「dealCancellation」「easyTrade」「フリーズレート機能」が利用できます。また、easyMarketsユーザーのポジション割合を示す「インサイドビューワー」や、基本的なオプションである「バニラオプション」も提供しています。

多くの海外FX業者で導入されているMT4/MT5も提供しています。他のブローカーとは異なり、マイページ内からMT4/MT5のダウンロードを行う方式です。そのため、MT4/MT5をダウンロードする前にeasyMarketsのアカウントを作成する必要があります。

point MT4/MT5の利用には入金が必要

easyMarketsでMT4/MT5を利用するには、基本的にMT4口座やMT5口座への入金が必要です。入金さえ行えば、カスタマーサポートなどへの申請は必要ありません。MT5口座の場合、カスタマーサポートに申請することで、入金せずに開設することも可能です。

MT4とMT5では、スプレッドや取引条件が異なるという点に注意しましょう。MT4は固定レバレッジ制で最大レバレッジは400倍ですが、MT5は変動レバレッジ制で最大レバレッジは500倍となっています。取引コストを重視するのであれば、MT5の方がお得です。

TradingViewと直接連携が可能

主要海外FX業者の中で、TradingViewと取引口座を接続できるサービスを提供しているのは、執筆時点(2022年8月)でeasyMarketsのみです。

ウェブプラットフォーム上では埋め込み式のTradingViewチャートを提供していますが、機能はチャート分析ツールと一部の基本的なインジケータに限定されています。TradingViewと取引口座を連携することによって、TradingViewの全機能を利用しながら実際のトレードを行うことが可能です。

TradingViewとeasyMarketsの取引口座は、簡単な手順で連携できます。

point TradingViewを利用するメリット

TradingViewはMT4/MT5よりも直感的に操作でき、チャート分析をするための描画ツールやオリジナルのインジケータが豊富に用意されています。初めて利用するユーザーでも、問題なく利用できるでしょう。

マルチデバイスに対応しており、複数のデバイスと連携できるため、アラートの設定なども簡単にできます。SNS機能も持っており、様々なトレーダーのアイデアを参照するという使い方も可能です。新しい機能も随時追加されており、例えば、自動チャートパターン分析インジケータなどがリリースされています。

独自のサービスが充実

easyMarketsの代表的なサービスには、以下の3つがあります。

dealCancellation 手数料を支払って負けトレードを無効にできる機能
easyTrade オプション取引の一種でバイナリーオプションに近い取引
フリーズレート機能 価格レートを3秒間固定できる機能

dealCancellation

事前に一定の手数料を支払うことによって、損失となっているポジションをキャンセルできるユニークなサービスです。

dealCancellation画面 dealCancellation画面

ドル円やユーロドルなどの主要な通貨ペア、ゴールドや銀といった一部の貴金属、ビットコインやイーサリアムといった主要な仮想通貨(暗号資産)などで提供されています。dealCancellationを利用できる銘柄は、取引画面にアイコンが表示されているかで確認可能です。

取引をキャンセルできる時間は、1時間、3時間、6時間の3つから選択することができ、手数料は銘柄のボラティリティとポジション量に基づいて決定されます。

point 経済指標の前に活用できる

経済指標や要人発言によって相場の急な変動が予想される場合、dealCancellationを利用すると安心です。損失になったとしても、有効時間内であれば取引自体がキャンセルされ、資金は口座に返還されます。

easyTrade

easyTradeは、バイナリーオプションとFX取引を融合させたようなeasyMarketsオリジナルの取引方法です。リスク(損失金額)とポジションの保有時間(満期までの時間)を予め設定するオプション取引の1種ですが、ポジションの保有期間内であれば自由に決済できる点がオプション取引と異なっています。easyTradeを利用すれば、リスク(損失額)を限定しつつ利益を最大化することが可能です。

easyTrade

また、設定期間内に指定価格(利益決済価格)へ到達した場合、自動的にポジションをクローズする「損益ターゲット機能」があります。オプション取引の一種でありながら、FX取引のようにトレーダーの裁量で積極的に利益を狙える仕組みです。

point 損切りが苦手なユーザーにおすすめ

ポジションを保有する前にリスク(損失額)を決定するため、予想と反対の方向に相場が進んでも損失額は変動しません。また、損益ターゲット機能はポジションを保有した後に利用でき、ポジション管理から設定可能です。利益確定は問題なくできるけれど損切りが苦手、というユーザーに重宝される取引方法となっています。

フリーズレート機能

フリーズレート機能は価格レートを3秒間固定できるサービスで、取引画面から無料で利用できます。特に、経済指標発表直後などのボラティリティが高まっている相場で重宝する機能です。1日の利用回数に特に制限はなく、何度でも利用できます。スキャルピング取引など、超短期取引売買をするユーザーに重宝される機能です。

フリーズレート機能 フリーズレート機能

豪華なボーナスも提供

easyMarketsが提供するボーナスには、口座開設ボーナスや初回入金ボーナス、再入金ボーナスキャンペーンの主に3つがあります。

3,500円口座開設ボーナス 口座開設と電話認証を完了すると付与
初回入金50%ボーナス 初回入金に付与されるボーナス
再入金20%ボーナス 5万円以上の入金に対し20%ボーナス付与

また、公式ページには公表されず、ユーザー個別に案内されるキャンペーンがあります。例えば、期間限定でスタンダード口座から、プレミアム口座やVIP口座にグレードアップできるキャンペーンなどです。通常よりも緩和された条件で、口座のアップグレードができる場合もあります。

easyMarketsの取引条件とスペック

easyMarkets(イージーマーケッツ)について、スプレッドなどの取引条件が気になる人も多いでしょう。easyMarketsでは、口座タイプの他に取引プラットフォームによって取引条件が異なっています。

  • 口座タイプは3種類
  • 取引コスト重視ならMT5
  • 独自プラットフォームではスリッページが発生しない
  • 日本時間早朝も固定スプレッド(MT5以外)

取引口座は3種類

独自プラットフォーム・アプリ・TradingView・MT4には、スタンダード口座、プレミアム口座、VIP口座と、合計3種類の口座タイプがあります。easyMarketsは1アカウントにつき1口座となっているため、追加口座の開設は不可能です。

口座タイプ 最小入金額 スプレッド(*1)
(例:ドル円)
スタンダード口座 25ドル
(約3,400円)
2.4 Pips
プレミアム口座 2,000ドル
(約26万円)
2.2 Pips
VIP口座 10,000ドル
(約135万円)
1.5 Pips

スタンダード口座

最小入金額 スプレッド(*1)
(例:ドル円)
25ドル
(約3,400円)
2.4 Pips

プレミアム口座

最小入金額 スプレッド
(例:ドル円)
25ドル
(約3,400円)
2.2 Pips

VIP口座

最小入金額 スプレッド
(例:ドル円)
10,000ドル
(約135万円)
1.5 Pips

(*1) 独自プラットフォーム・アプリ・TradingViewの場合

口座タイプごとの主な違いは、最小入金額とスプレッドです。プレミアム口座やVIP口座は最小入金額が非常に高く設定されていますが、狭いスプレッドかつ取引手数料無料で取引でき、取引コストを抑えられます。例えば、独自プラットフォーム・TradingViewのドル円スプレッドを比較すると、スタンダード口座は2.4 Pipsであるのに対し、VIP口座は1.5 Pipsです。

point 口座をアップグレードするには?

スタンダード口座をアップグレードしたい場合、各口座タイプの最低入金額の条件を満たした後、サポートセンターへ連絡すると取引口座をアップグレードできます。

最低入金額は一度に入金する必要があるため、他のブローカーと比較するとハードルが高く経験者向きです。スタンダード口座でeasyMarketsの取引環境を確かめてから、アップグレードを検討してもよいでしょう。最小入金額はドルで設定されているため、為替レートによって最小入金額が変動する可能性もあります。

取引コスト重視ならMT5

取引コストが最もお得な取引プラットフォームは、変動制スプレッドを採用している「MT5」です。独自プラットフォームやMT4よりも取引条件が有利に設定されていますが、口座開設をするための特別な条件はありません。

MT4のスタンダード口座とMT5のスプレッドを表で比較します。

銘柄 MT5(*1)
(変動制)
スタンダード口座
(MT4/固定スプレッド)
ドル円
(USD/JPY)
0.6 Pips~ 0.9 Pips 1.0 Pips
ユーロドル
(EUR/USD)
0.3 Pips ~ 0.5Pips 0.7 Pips
ユーロ円
(EUR/JPY)
0.9 Pips~ 1.2 Pips 1.8 Pips
ポンド円
(GBP/JPY)
1.1 Pips ~ 1.8 Pips 2.5 Pips

ドル円(USD/JPY)

MT5(*1)
(変動制)
スタンダード口座
(MT4/固定スプレッド)
0.6 Pips~ 0.9 Pips 1.0 Pips

ユーロドル(EUR/USD)

MT5
(変動制)
スタンダード口座
(MT4/固定スプレッド)
0.3 Pips ~ 0.5Pips 0.7 Pips

ユーロ円(EUR/JPY)

MT5
(変動制)
スタンダード口座
(MT4/固定スプレッド)
0.9 Pips~ 1.2 Pips 1.8 Pips

ポンド円(GBP/JPY)

MT5
(変動制)
スタンダード口座
(MT4/固定スプレッド)
1.1 Pips ~ 1.8 Pips 2.5 Pips

(*1) 日本時間午後5時の実測値

MT5は変動スプレッドであるため、時間帯によってスプレッドの変動範囲は異なりますが、全ての通貨ペアでMT4の固定スプレッドよりも低い結果となっています。MT5の最小スプレッドは、高額な入金が必要なVIP口座のスプレッド水準よりも低くなる場合があり、全口座タイプの中で最も取引コストを抑えることが可能です。

easyMarketsの独自サービスや、MT4のカスタムインディケータ・エキスパートアドバイザ(EA)を利用しない人は、MT5の利用を検討しましょう。

日本時間早朝も固定スプレッドを提供

easyMarketsの独自プラットフォーム・TradingView・MT4は、常時固定スプレッドを提供しています。

海外FX業者は変動制スプレッドを導入している場合が多く、大手の海外FX業者であるXMTrading(エックスエムトレーディング)や、Exness(エクスネス)なども変動制スプレッドです。変動制スプレッドを導入しているブローカーの場合、流動性が低くなる日本時間早朝の時間帯は、スプレッドが大きく拡大します。

国内FX業者では固定スプレッドが主流となっていますが、日本時間早朝の時間帯や経済指標発表直後は、多くの国内ブローカーで固定スプレッド提供サービスの範囲外とされており、変動制スプレッドを導入するブローカーと同様にスプレッドが拡大します。

流動性の低くなる日本時間早朝や経済指標発表直後を含めて、常時固定スプレッドを提供するブローカーは珍しく、easyMarketsの特徴といえるでしょう。

現時点のMT4口座のスプレッドは以下のツールで確認できます。

easyMarketsのサービスの特徴

easyMarkets(イージーマーケッツ)のサービスの特徴は主に以下の3つです。

  • 話題の仮想通貨(暗号資産)を定期的に追加
  • ビットコイン建て口座の提供
  • モバイルアプリを提供

話題の仮想通貨を随時追加

easyMarketsは執筆時点(2022年8月)で20種類の仮想通貨を取り扱っています。日曜日のメンテナンス時間(日本時間午後3時〜午後5時)を除く週7日24時間取引可能です。主要仮想通貨であるビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などはもちろん、ユーザーの間で話題となった注目度の高い仮想通貨を随時追加しています。

easyMarketsで取引できる銘柄

ビットコインのスプレッドを、当サイトMyforexが提供しているリアルタイムスプレッドツールで比較します。比較するのは、easyMarketsのMT5口座、仮想通貨に力を入れているFXGT(エフエックスジーティー)のスタンダード口座、取引環境に定評のあるTitan FX(タイタンエフエックス)のスタンダード口座の3つです。

easyMarketsのMT5のスプレッド水準は、Titan FXのスタンダード口座よりも低くなっており、FXGTのスタンダード口座とほぼ同水準で推移しています。

ビットコイン建て口座を提供

easyMarketsは、ビットコイン建ての取引口座「μBTC(マイクロビットコイン)建て口座」を提供しています。ビットコイン入金を利用すれば、法定通貨に換金することなく、直接取引口座に入金することが可能です。

ビットコインのまま入金可能
caution 口座のベース通貨はビットコインのみ提供

easyMarketsはビットコイン(BTC)の他にも、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の合計5種類の仮想通貨入金に対応していますが、執筆時点(2022年8月)で口座のベース通貨として利用できるのはビットコイン(BTC)のみです。他の4種類の仮想通貨入金を利用した場合、法定通貨に換金されて取引口座に反映されます。

公式アプリを提供

easyMarketsの公式アプリは、ウェブプラットフォームと同様にTradingViewをベースにしたチャートが採用されており、easyTradeやdealCancellationといった独自サービスも同じように利用できます。モバイルアプリには、通常の取引機能の他に入出金機能も備わっており、外出先でもアカウントの管理が可能です。

easyMarketsの公式アプリ

目新しいサービスを試したい方向け

ここまで、easyMarkets(イージーマーケッツ)の特徴について紹介しました。easyMarketsは、独自サービスが特徴の海外FX業者です。通常のFX取引だけでなく、オプション取引の一種であるeasyTrade、TradingViewからの直接取引など、オリジナルのサービスを試したいユーザー向けのブローカーといえます。

また、固定スプレッドを導入する取引口座は、スプレッドが拡大する日本時間の早朝であってもスプレッドが一定に保たれており、早朝トレードをするユーザーにとっては有利な条件を提供しています。独自プラットフォームであれば、スリッページが発生しない仕組みになっている点もメリットの一つです。

一方、既存ユーザーがMT4/MT5を利用したい場合や、取引口座のアップグレードなどはウェブ上で完結できません。都度カスタマーサポートに連絡する必要があり、この点はデメリットでしょう。

とはいえ、今後もeasyMarkets独自の目線で、ユーザーの利便性やサービスが充実していくことが期待できるブローカーといえます。


Date

作成日

 : 2022.09.21

Update

最終更新

 : 2022.11.07

Myforex編集スタッフーFX担当ー

FXトレード歴7年で、海外FX業者の利用経験が豊富。テクニカル分析を用いた短期トレードが得意で、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)を取得。テクニカル分析からFX業者比較まで、FX関連の幅広い記事の執筆を行う。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル