Select Language

easyMarketsがeasyTradeに2種類の仮想通貨を追加

easyMarketsがeasyTradeに2種類の仮想通貨を追加

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.06.30 14:26
easyMarketsがeasyTradeに2種類の仮想通貨を追加

update 2022.06.30 14:26

独自のサービスを提供することで注目を集めているeasyMarkets(イージーマーケッツ)は2022年1月11日、「easyTrade」機能で新たにイーサリアム(ETH)とソラナ(SOL)の取り扱いを開始したと発表しました。

easyTradeはバイナリーオプションと通常のFX取引を組み合わせたような独自のサービスで、事前に損失額を固定できるという特徴があります。今回の追加によって、easyTradeで取引できる仮想通貨はビットコイン(BTC)を含めた合計3種類となりました。

2銘柄がeasyTradeに追加

easyTradeはバイナリーオプションとFX取引を融合させたような取引方法で、1回の取引のリスクをあらかじめトレーダーが設定できる機能が搭載されており、事前に損失額を固定することができます。

バイナリーオプションとeasyTradeの違いは以下のとおりです。

easyTrade バイナリーオプション
最大利益 利益に上限なし 利益は一定
最大損失 支払額(危険保険金) オプション購入額

easyTrade

最大利益 利益に上限なし
最大損失 支払額(危険保険金)

バイナリーオプション

最大利益 利益は一定
最大損失 オプション購入額

仮想通貨市場はボラティリティが大きく、リスクが大きくなる傾向があります。事前にリスクを把握できるeasyTradeが利用できるようになったことで、仮想通貨トレードのハードルが低くなったといえるでしょう。

今回、easyTradeで新たに取引できるようになったのは、イーサリアム(ETH)とソラナ(SOL)の2つの仮想通貨です。

easyTradeに追加された仮想通貨
仮想通貨名 特徴
イーサリアム(ETH) ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇る仮想通貨
ソラナ(SOL) 処理速度の速さや取引コストの安さが特徴

easyTradeでは、仮想通貨銘柄としてビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ソラナ(SOL)の3通貨が取引できます。ドル円(USD/JPY)やユーロドル(EUR/USD)などの主要なFX通貨ペア、貴金属CFDなども対応しており、合計の銘柄数は29銘柄です。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇る仮想通貨で、スマートコントラクト(smart contract)と、分散型アプリケーション(dApps)が特徴となっています。

point スマートコントラクトとは

管理者などの人による介入が無くても自動的に契約を実行してくれるプログラムまたはコンピュータープロトコルのことです。スマートコントラクトでは、「特定の条件」と「条件が満たされた場合の行動」を記載しておけば、条件が満たされた際にプログラムが自動で実行されます。

イーサリアムでは、スマートコントラクトを利用して、さまざまな分散型アプリケーション(dApps)を開発することができます。

ソラナ(SOL)

ソラナ(SOL)は、ブロックチェーン「ソラナ」で利用されるネイティブトークンです。ポルカドット(DOT)やイオス(EOS)、エイダコイン(ADA)と同様にイーサリアム・キラーとして注目されており、処理速度の速さや取引コストの安さが特徴的です。

イーサリアムキラー

処理速度に関して、イーサリアム(ETH)のトランザクション処理数は毎秒15前後なのに対してソラナは毎秒10万以上でも対応可能であり、ガス代と呼ばれる手数料に関しても、イーサリアムと比べてソラナは安価です。

この特徴を生かして、ソラナはNFT(非代替性トークン)分野で大きく成長しており、猿人類をモチーフとしたDegenerate Ape Academyや、イーサリアム上で発行され人気を博したCyptoPunks(クリプトパンク)をモチーフとしたSolPunks(ソルパンク)などのプロジェクトが存在します。

easyTradeの操作方法

easyTradeは、MetaTrader4(MT4)ではなくeasyMarkets(イージーマーケッツ)のマイページから操作を行います。

easyTradeの実際の取引画面と操作方法は以下のとおりです。

easyTradeの取引画面

番号

項目名

説明

1

支払額

取引で許容できる損失額を入力します

2

満期までの時間

1時間/3時間/6時間の3つからポジションを保有する時間を選択します

3

ポジションを保有する方向

今後の価格レートの方向を予想し、上がる/下がるのどちらか一方を選択します

手順1

自分が許容できる損失額を「支払額」の項目に入力します。ここに入力した金額が、取引の最大リスクとなり、エントリーする前にリスクを把握できる仕組みになっています。

手順2

「満期までの時間(ポジションの有効期限)」を選択します。1・3・6時間の中からポジションを保有する期間を選択し、設定時間までポジションを保有します。設定した時間が経過すると、ポジションは決済され、損益が確定します。

手順3

「ポジションを保有する方向」を選択します。手順2で選択した「満期までの時間」が経過したときに、価格レートが上がっているか/下がっているのかを予想し、「上がる/下がる」のどちらか一方を選択します。

point 損益ターゲット機能が利用可能

2021年8月にeasyTradeに追加された「損益ターゲット機能」を利用して、「設定期間内に目標価格に到達した場合、ポジションを決済する」という注文が可能となりました。通常のバイナリーオプションでは設定期間が経過しないと利益は得られないため、easyTradeはより柔軟な取引方法といえます。

仮想通貨CFDの取引条件

easyMarkets(イージーマーケッツ)では、easyTradeだけでなく通常の仮想通貨取引も可能です。

仮想通貨銘柄の取引条件は以下のとおりです。

取引手数料 なし
スプレッド 全銘柄固定
ゼロカットシステム あり
レバレッジ 最大10倍~20倍(*1)
取引ツール 独自プラットフォーム
MetaTrader4(MT4)
TradingView
モバイルアプリ
仮想通貨の取り扱い数 【独自プラットフォーム】:17銘柄
【easyTrade】:3銘柄
【MetaTrader4】:17銘柄
仮想通貨建て口座 あり(ビットコイン)

(*1) 銘柄によって異なる

取引手数料は無料で、取引のコストはスプレッドのみになります。レバレッジは最大10倍から20倍で、他のブローカーと比較しても低めの設定です。また、海外FX業者の中では珍しく固定制スプレッドを採用しています。スプレッドは広めの水準ですが、相場のボラティリティに関わらず一定のスプレッドで取引が可能です。

2021年11月に2回に分けて仮想通貨の取扱い銘柄を追加しており、合計17銘柄の取引が可能です。ドージコイン(DOGE)などの話題の銘柄から、まだ対応している海外FX業者の少ないジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)、オーエムジー(OMG)などの銘柄まで取り扱っています。

ユーザーの満足度向上を図る

easyMarkets(イージーマーケッツ)が提供するeasyTradeに、時価総額が大きいイーサリアム(ETH)と注目度が高いソラナ(SOL)が加わったことで、easyTradeで取引できる仮想通貨(暗号資産)はビットコイン(BTC)を含めて合計3通貨となりました。その他にもeasyTradeではFX通貨ペア、株価指数と米ドルの合成銘柄などが取引可能です。

仮想通貨市場はボラティリティが高い傾向があり、リスクが大きくなってしまうことを不安に感じるトレーダーもいますが、最大リスクをコントロールできるeasyTradeに新たな仮想通貨が追加されたことで、仮想通貨トレードに取り組みやすくなったといえます。

easyTrade以外にも、他社に先駆けてTradingView(トレーディングビュー)で取引できるようになったことなど、easyMarketsはユーザーが自分に合った取引方法や取引ツールを選択できるように様々な選択肢を提示し、ユーザーの満足度を向上させようとしていることが伺えます。


Date

作成日

 : 2022.01.18

Update

最終更新

 : 2022.06.30

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチパッドにゲームプロジェクト「OpenBlox」のトークン「OBX」が登場!

Bybitは、トークン「OBX」をローンチパッドで配布すると発表しました。OBXとは、ゲームのプラットフォーム「OpenBlox」で使用されるトークンであり、2022年6月30日にBybitに上場します。
update2022.06.22 21:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

寝て稼ぐSleep to Earnゲーム「Sleepagotchi(スリーパゴッチ)」が登場!

「Sleep to Earn」のゲームが登場しました。Sleepagotchi(スリーパゴッチ)です。Sleep(寝る)ことで仮想通貨を稼ぎます。当記事執筆時点(アルファ版)での機能等を紹介します。
update2022.06.28 21:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

仏パリ・サンジェルマンのジャパンツアーで最高1,000万円のNFTチケットを販売

フランスの名門サッカーチーム、パリ・サンジェルマンが来日し、Jリーグ所属3チームと対戦します。一部観戦チケットがNFTで販売され、1,000万円または100万円と高額な料金設定となっています。
update2022.06.21 21:00

【最新】Bybitのデュアル資産投資とは?仕組みやメリット・デメリットを解説

Bybitのデュアル資産投資(旧:二重資産マイニング)は、ステーキングで高利回りを期待できる一方、元本割れのリスクもあります。当記事では、デュアル資産投資のメリットとデメリットを紹介します。
update2022.02.21 19:00

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDTが対象

大手仮想通貨(暗号資産)取引所Bybit(バイビット)では、クレジットカードでのUSDT購入時、手数料が無料になるキャンペーンを開催中です。期間は2022年5月19日から6月19日までで、日本円でのUSDT購入時にクレジットカード購入手数料が無料になります。
update2022.05.24 20:30

アービトラム(Arbitrum)でイーサリアムの送金手数料を抑える

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題を解決するために開発されたレイヤー2ソリューションであり、アービトラムでイーサリアムを送金すると数百円程度で済むため人気を集めています。
update2022.02.17 18:00

Bybitの国内銀行送金方法を解説

Bybit(バイビット)では、「国内銀行送金」サービスを提供しています。海外銀行送金にしか対応していない仮想通貨取引所が多い中、このようなサービスを提供していることで、入金の選択肢が広くなっています。
update2022.04.06 21:00

STEPNに続くか!?無料で始められる注目のMove to Earnゲーム5選

話題のSTEPNは、Move to Earn市場で大きなブームを巻き起こしています。STEPN以外にもMove to Earnゲームが続々と登場しており、中には無料で利用できるものもあります。
update2022.05.11 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル