Select Language

【海外FX業者編】海外FX業者の早朝スプレッドは?リアルタイムデータで調査

【海外FX業者編】海外FX業者の早朝スプレッドは?リアルタイムデータで調査

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.08.10 22:24
【海外FX業者編】海外FX業者の早朝スプレッドは?リアルタイムデータで調査

update 2022.08.10 22:24

海外FX業者は国内のFX業者よりも高いレバレッジを提供していることで人気ですが、国内FX業者よりもスプレッドが広いというイメージを持っている方が多くいます。

数年前まではスプレッドが広い海外FXブローカーが主流でしたが、現在は、スプレッドを重視する海外FX業者も多くあり、国内FX業者と比較しても競争力のあるスプレッドを提供しているFX業者もあります。

一方、早朝はスプレッドが大きく拡大する傾向があり、寝ている間にストップロスになってしまうことも考えられます。海外FX業者は国内FX業者よりもスプレッドの変動幅が大きいので、口座タイプ、取引時間やブローカーごとのスプレッドの違いを理解することが大切です。

そこで、主要海外FX業者をピップアップして、平常時のスプレッド、早朝のスプレッドをMyforexで調査しました。

昼間のスプレッドの平均

ほとんどの海外FX業者では、変動制スプレッドを導入しています。取引量が少なくなる早朝はスプレッドが開きやすくなる反面、取引量の多いロンドン市場やニューヨーク市場の時間帯にはスプレッドが狭くなる傾向があります。

また、ほとんどの海外FX業者では、複数の口座タイプを提供しています。

口座タイプによっては、スプレッドは抑えられているものの別途取引手数料が発生する場合があります。取引回数が多いスキャルピングやデイトレーダーなどは各FXブローカーの口座タイプの要件をあらかじめ確認するのがおすすめです。

主要海外FX業者の5社をピックアップし、各ブローカーのスタンダードタイプの口座で、通常時における米ドル/円のスプレッドを調査しました。計測は、当サイトMyforexが提供するリアルタイムスプレッド比較ツールで、11時〜14時(2022年4月25日)時点で実施しました。

ドル円 平常時スプレッド比較
海外FX業者 公表平均スプレッド Myforex計測値
(最小~最大)
Exness
(スタンダード口座)
1.1 Pips 0.8 Pips ~ 3.4 Pips
FXGT
(スタンダード口座)
- 1.7 Pips~2.1Pips
XMTrading
(スタンダード口座)
1.6 Pips 1.5 Pips~1.9 Pips
Titan FX
(スタンダード口座)
1.33 Pips 1.3 Pips~1.6 Pips
HFM
(プレミアム口座)
1.7 Pips 1.8 Pips~2.1 Pips
Exness(スタンダード口座)
公表平均スプレッド 1.1 Pips
Myforex計測値 0.8 Pips ~ 3.4 Pips
FXGT(スタンダード口座)
公表平均スプレッド -
Myforex計測値 1.7 Pips~2.1Pips
XMTrading(スタンダード口座)
公表平均スプレッド 1.6 Pips
Myforex計測値 1.5 Pips~1.9 Pips
Titan FX(スタンダード口座)
公表平均スプレッド 1.33 Pips
Myforex計測値 1.3 Pips~1.6 Pips
HFM(プレミアム口座)
公表平均スプレッド 1.7 Pips
Myforex計測値 1.8 Pips~2.1 Pips
point Myforexのリアルタイムスプレッド比較とは?

30社以上のFXブローカーのリアル口座のスプレッドを独自に計測し、記録しているツールです。指定したFXブローカーのスプレッドをグラフで表示したり、リアルタイムのスプレッドや過去の平均値を調べることができます。

Exness(エクスネス)のスタンダード口座は、他の海外FX業者と比較すると、スプレッドの変動が非常に大きくなっています。Exnessの公式ページでは、スタンダード口座の平均スプレッドは1.1 Pipsと公表されていますが、時間帯によってはスプレッドが大きく変動しているという結果となりました。

FXGT(エフエックスジーティー)は平均スプレッドを公表していません。

XMTrading(エックスエムトレーディング)、Titan FX(タイタンエフエックス)、HFM(旧HotForex)は、各公式サイトで公表している平均スプレッド付近でおおむね推移しています。

XM、TitanFX、HFM、FXGTは、スプレッドが一定の範囲内で安定して推移しているという結果となりました。

point 夜間は狭いExnessのスプレッド

Exnessのスタンダード口座は、取引量の多くなる日本時間の16時〜20時前後までは非常に低いスプレッド水準で推移しています。他のFX業者よりもスプレッドの変動は激しいですが、時間帯によっては最も有利なブローカーといえます。

早朝はスプレッドの変動幅が大きい

取引量が減少する日本時間の早朝の時間帯は、スプレッドが大きく開く傾向があります。2022年4月22日の午前5時〜午前8時ごろのスプレッドを調査し、スプレッドの最大値と平均値を比較しました。

早朝スプレッド比較 ドル円
海外FX業者 最大値 公表平均スプレッド
Exness
(スタンダード口座)
8.7 Pips 1.1 Pips
FXGT
(スタンダード口座)
9.5 Pips -
XMTrading
(スタンダード口座)
10.6 Pips 1.6 Pips
Titan FX
(スタンダード口座)
9.9 Pips 1.33 Pips
HFM
(プレミアム口座)
12.3 Pips 1.7 Pips
Exness(スタンダード口座)
最大値 8.7 Pips
公表平均スプレッド 1.1 Pips
FXGT(スタンダード口座)
最大値 9.5 Pips
公表平均スプレッド -
XMTrading(スタンダード口座)
最大値 10.6 Pips
公表平均スプレッド 1.6 Pips
Titan FX(スタンダード口座)
最大値 9.9 Pips
公表平均スプレッド 1.33 Pips
HFM(プレミアム口座)
最大値 12.3 Pips
公表平均スプレッド 1.7 Pips

通常、夏時間でスプレッドが開く時間は午前6時頃ですが、Exnessは午前5時頃にスプレッドが広がっています。各FXブローカーを比較してみると、多くのFXブローカーが午前7時ごろにスプレッドが落ち着く中で、Exness(エクスネス)は午前8時ごろまでスプレッド幅が広くなっているのが特徴的です。

HFM(旧HotForex)は最もスプレッドの開きが大きく、12.3 Pipsを記録しました。一方、Exnessは8.7 Pipsにとどまりました。

HFMやXMTrading(エックスエムトレーディング)は30分から1時間程度でスプレッド幅が緩やかに落ち着いているのが分かりました。また、午前8時には比較した全てのブローカーが通常スプレッドに戻っていることが確認できました。

point スリッページが重要

FX会社の良し悪しを評価するには、スプレッドだけでなくスリッページも重要です。極端に言えば、見かけのスプレッドが狭くても、取引の都度スリッページが発生するFX会社だと、結果的に取引コストが高くなってしまいます。しかし、スリッページがどの程度発生するかについては、比較する方法が限られています。一つの方法として、Myforexでは、自分がリアル口座で実際に行った取引についてどの程度スリッページが発生したかを記録できるインディケータ、「スリッページ記録ツール」を無料で提供しています。

まとめ

今回の調査では、昼間の時間帯については、Exness以外のブローカーでは変動幅0.02〜0.03 Pipsの範囲で推移していました。一方、Exnessは非常に大きな変動幅となっています。

しかし、ロンドン市場が始まる日本時間午後4時以降の取引量の多い時間帯で比較すると、最も狭いスプレッドを提供しているのはExnessのスタンダード口座であり、Exnessは取引量によってスプレッドが大きく左右されるということが分かります。

早朝のスプレッドは大きく開きやすい傾向があり、スプレッドの広がりによるストップロス注文の約定などには十分注意が必要です。

マイフォレックスのスプレッド比較ツールでは、通貨ペアやFX業者ごとのリアルタイムのスプレッドを比較することができます。また、リアルタイムだけでなく過去のデータをもとに最小値、最大値、平均値なども算出できるほか、時間帯によってのスプレッドの変動幅も調べることができます。

今回はドル円でしたが、今後も様々な通貨ペアごとの時間帯や経済指標発表時の調査を行います。


Date

作成日

2022.05.02

Update

最終更新

2022.08.10

Myforex編集スタッフーFX担当ー

FXトレード歴7年で、海外FX業者の利用経験が豊富。テクニカル分析を用いた短期トレードが得意で、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)を取得。テクニカル分析からFX業者比較まで、FX関連の幅広い記事の執筆を行う。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨取引所Zoomexと人気漫画「インベスターZ」のコラボが決定!

仮想通貨取引所のZoomex(ズームエックス)が、人気漫画「インベスターZ」とのコラボを発表しました。当記事では、Zoomexと「インベスターZ」のコラボ発表に関する内容や、Zoomexの取引所としての特徴などを解説します。
update2023.09.22 21:00

Alpha|ビットコイン(BTC)版friend.tech|その将来性や始め方を解説

Alpha(アルファ)は、New Bitcoin Cityが手掛ける新しいSocialFiアプリです。ビットコイン(BTC)版friend.techと呼ばれており、日本国内でも話題となっています。
update2023.09.21 21:00

Jitoとは?MEV報酬をもらえるリキッドステーキングの仕組み・使い方を解説

Jitoとは、Solana(ソラナ)のリキッドステーキングプロダクトで、ステーキング報酬に加えてMEV報酬をもらえます。MEVの課題を解決するという点でも注目されています。
update2023.09.21 20:00

仮想通貨NIDT(ニッポンアイドルトークン)の価格が高騰から暴落!急落の要因と再浮上する可能性を考察

仮想通貨NIDT(ニッポンアイドルトークン)は、2023年9月初旬から急激に価格が高騰した後、9月中旬に価格が暴落しています。当記事では、仮想通貨NIDTが暴落した要因と再浮上する可能性などを解説します。
update2023.09.20 20:30

Galaxy DAOがGBONDを配布|GBONDの管理ページもリリース

Galaxy DAOがGEMFOREXユーザーに、口座残高1ドルに対して1GBONDを配布しました。また同時にGBONDの保有状況が確認できる管理ページもリリースされました。管理ページでは、USDCのレンディング機能も利用できます。
update2023.09.19 21:00

GEMFOREXとSky Web3 Visionの関係は?NFT「Sky Membership Pass」について解説

2023年6月30日、海外FX業者GEMFOREXの支援を受けて設立されたWeb3団体「GEM Web3 Vision」が、「Sky Web3 Vision」に名称を変更しました。Sky Web3 VisionはDeFiサービス提供を目指しており、既にNFTの販売が開始されています。
update2023.09.19 19:00

FX Fairの出金拒否騒動の経緯は?元金のみの返金で実質的な経営破綻か

出金拒否で話題になっていた、新興海外FX業者のFX Fairがついに営業停止を発表しました。今後トレーダーが口座に入れていた資金を分割出金で返金していくとしていますが、実質的な経営破綻の対応のようにも見え、利用者の間に動揺が広がっています。
update2023.09.15 21:00

Bitgetの口座開設方法!本人確認(KYC)の手順も解説

Bitgetではメールアドレスまたは電話番号があれば、数分ほどで口座開設ができます。入出金や取引にはKYCが必要です。登録手順や本人確認の手順、登録後に利用したいキャンペーンについて解説します。
update2023.09.15 20:00

Axon MarketsはGEMFOREX運営が立ち上げたブローカーなのか

Axon Marketsは、GEMFOREXとの関連が噂されている海外FX業者です。GEMFOREXは2023年に出金遅延問題で破綻した海外FX業者で、事業はGalaxy DAOに引き継がれています。これまでにMyforexがAxon Marketsに関して調査した内容をまとめました。
update2023.09.14 21:00

PBRレンディングは怪しい?評判や利用する上でのリスクなどを解説

PBRレンディングは、最大年利12%を提供する仮想通貨レンディングサービスです。一部のユーザー間で注目されていますが、SNS上では「怪しい」という声もあります。当記事では、PBRレンディングの怪しいと思われるポイントやリスクなどを解説します。
update2023.09.14 19:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル