Select Language

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.11.15 10:18
イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

update 2022.11.15 10:18

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、およそ1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。

SNS上ではステーキングに関する話題が溢れており、その中でもイーサリアム保有に関する投稿が数多く見受けられます。

ステーキングは仮想通貨で稼ぐ手段の一つとして、投資家の間で浸透しつつあります。イーサリアム2.0のステーキングとは、どのようなものでしょうか。そして、年率何%の報酬を期待できるでしょうか。

イーサリアム2.0とは

イーサリアム2.0とは、イーサリアムの次世代ブロックチェーンとして開発が進められているものです。

イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)に次ぐ規模を誇り、日本でも絶大な支持を集めています。このイーサリアムの基盤となるのがイーサリアムブロックチェーンであり、イーサリアムの発行や送金などに必要なシステムを構成しています。

PoSへのコンセンサスアルゴリズム移行

従来、イーサリアムはコンセンサスアルゴリズムとしてPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の採用方針を示してきました。これはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)と比較すると、電力効率やシステムの拡張性に優れています。

レイヤー2に比べてレイヤー1のコンセンサスアルゴリズム変更は難易度が高く、イーサリアムはPoSへの移行を何度も延期してきました。しかし、2022年9月15日、アップグレード「マージ」が完了し、PoSへの移行が完了しました。

knowledge コンセンサスアルゴリズムとは

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックを生成するためのルールです。PoWやPoSに加え、DPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)やPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)などが存在します。それぞれ長所や短所があり、開発思想などの違いによって採用するコンセンサスアルゴリズムが変わってきます。

優秀なDAppプラットフォーム

イーサリアムブロックチェーンは、DApp(分散型アプリケーション)のプラットフォームとして利用されてきました。DAppとは、レンディングやゲームなどのアプリケーションを利用できる機能です。

イーサリアムのDApp

イーサリアム2.0では、より優れたDAppプラットフォームとなるために、様々な機能が強化されます。その結果、DApp開発が活性化して高品質なサービスが増加すると期待されています。

ステーキングに参加して報酬獲得

イーサリアム2.0では、ステーキングで報酬を得ることができます。そこで、一般的なステーキングを紹介しつつ、イーサリアム2.0のステーキングに参加する方法や注意点を解説していきます。

ステーキングとは

ステーキングとはブロックを生成するための機能の一つで、PoSを採用するブロックチェーンで利用されています。PoSを採用しているブロックチェーンには、カルダノ(ADA)やコスモス(ATOM)などがあります。

そして、ブロックを作るコンピュータをバリデータと呼びます。バリデータになるには、必要な機器等を揃えた上で、ブロックチェーン上に対象の仮想通貨を預け入れます。これをクリアすれば、バリデータとしてブロックを承認して報酬を得られます。2022年10月現在、稼働しているバリデータ数は44万以上です。

point バリデータと預け入れ資産

バリデータが不正を働けば、ブロックチェーンの健全性が損なわれて仮想通貨価格が暴落する可能性があります。そこで、預け入れ資産は保証金のような性質を持っています。

イーサリアムのステーキング参加方法

イーサリアムではバリデータを募集しており、預け入れ資産が増加しています。では、どうすればイーサリアムのステーキングに参加できるでしょうか。その方法を紹介します。

自分でノードを運用する

32ETH以上を保有している場合、専用のソフトを用いてノードを運用し、ステーキング報酬を獲得することができます。ノードを運用するには、自身でコンピュータの設定や管理などを行う必要があるので、上級者向けの方法です。

point ノードとは

ノードとは、ブロックチェーンのネットワークを構成するコンピュータ(パソコンやサーバ、スマホなどを含む)を指します。ノードはブロックの検証だけでなく、取引情報の記録や情報伝達などの機能を提供します。

ステーキングプールを利用する

ステーキングプールとは、仮想通貨を預かってステーキングを代行するサービスです。ステーキングプールにステーキングを委任すれば、預け入れた仮想通貨の額に応じて報酬を得ることができます。

イーサリアム2.0に対応するステーキングプールは、公式ウェブサイトで確認できるだけでも30以上存在します。そこで、幅広い選択肢から良い条件のプールを選んで委任可能です。

ステーキングプールにステーキングを依頼してしまえば、放置しても自動的に報酬を獲得できますので、初心者にも利用しやすいサービスです。

取引所のステーキングサービス

ステーキングサービスを提供する取引所もあります。国内取引所では利用できず、Binance(バイナンス)やコインベースなどが対応しています。口座で保有しているイーサリアムを使って、簡単な手続きでステーキングできることが特徴です。

ステーキングの報酬は年率何%?

では、ステーキングに参加すればどれくらい稼げるでしょうか。イーサリアムのステーキング報酬の大きさは、世界中でステーキングされたイーサリアムの総数によって変化します。

下のグラフは、ステーキング総数と利率の関係を描いています。横軸はイーサリアムのステーキング総数、縦軸は利率です。ステーキング数量が増えれば増えるほど、利率が低下する様子が分かります。

当記事執筆時点(2022年10月)において、ステーキング総数は1,500万ETHほどで利率は4%となっています。

イーサリアムのステーキング報酬率

では、ステーキングプールや取引所のサービスを利用すると、年率でどれくらい稼げるでしょうか。2022年10月13日時点の数字は、以下の通りです。公式サイトに掲載されている数字を転記しています。

名称 種類 年率
Binance 取引所 ~5.20%
MEXC 取引所 4.00%
StakeWise ステーキングプール 5.63%
Rocket Pool ステーキングプール ~4.20%
Lido ステーキングプール 4.9%
Ankr Staking ステーキングプール 4.7%

Binance(バイナンス)

種類 年率
取引所 ~5.20%

MEXC(メクシー)

種類 年率
取引所 4.00%

StakeWise

種類 年率
ステーキングプール 5.63%

Rocket Pool

種類 年率
ステーキングプール ~4.20%

Lido

種類 年率
ステーキングプール 4.9%

Ankr Staking

種類 年率
ステーキングプール 4.7%

BinanceとMEXCを比較しますと、Binanceが断然有利に見えます。しかし、実際にはほぼ変わりないと想定できます。Binanceの5.2%は最大値であり実勢値は不明である一方、MEXCは実勢値を掲載しているからです。

それ以外にも、預け先によって数字が大きく異なります。しかし、イーサリアムブロックチェーンは、特定の取引所やステーキングプールを優遇することはありません。このため、短期的には預け先によって数字が上下動することがあっても、中長期的にはほぼ同じ数字に落ち着くと想定できます。

他の仮想通貨のステーキング報酬

イーサリアム以外にも、PoSを採用する仮想通貨は多数あります。そのうち、時価総額が大きく、一般ユーザーでもステーキング可能な仮想通貨のステーキング利率は、以下の通りです(2022年10月13日時点)。

仮想通貨 年率
ADA(Cardano) 4.6083%
ATOM(Cosmos) 9.7%

ATOMはインフレ通貨です。すなわち発行済総数が増えていきますので、実質的な年率はこの数字よりも小さくなります。また、上の数字は公式が発表しているもので、ステーキングプールによって利率は異なります。

単純に数字を比較すると、イーサリアムはやや見劣りするかもしれません。しかし、数字の低さは信用度・信頼度の高さを示しているともいえそうです。仮想通貨の将来性も併せて考えて、どの仮想通貨でステーキングするかを決めることになります。

イーサリアムのステーキングのリスク・注意点

イーサリアムは、大型アップグレード「Merge」(マージ)を成功させてPoSに移行しました。これに関して、イーサリアム公式から8つの注意喚起が出されています。この注意喚起には、ステーキング関連で重要な点がいくつかあります。

PoS採用後も引き出せない

おそらく最も重要なのは、マージでPoSを採用した後も、ステーキングしたイーサリアムの引き出しはできないという点です。次の大型アップグレードであるShanghai(上海)の後に、引き出し可能となります。

このShanghaiは、2023年に実行される見込みです。しかし、マージのアップグレードの際には、繰り返し延期された末に2022年9月にようやく実現しました。Shanghaiも同様になる場合、引き出し可能になる日はいつなのか分かりません。

そこで、手元のイーサリアムのうち、少なくとも数年程度は使用予定がないという範囲内でステーキングするのが安全です。

Shanghai後も一度に全部を引き出せない

ステーキング開始以降、多くの人がイーサリアムを引き出せないまま、長い時間が経過しています。この状態でShanghaiが成功して引き出し可能になると、引き出し要請が殺到するかもしれません。

この場合、イーサリアムブロックチェーンが不安定になる可能性が懸念されます。特に攻撃者にとって、このような機会は絶好のチャンスになり得ます。

そこで、Shanghai完了後しばらく、一度に全額を引き出せないルールが採用される見込みです。ステーキング総額によって引き出し許容額が設定される見込みです。

リキッドステーキング

ひとたびステーキングすると、いつ引き出せるか分からず、待ち時間は年単位になるかもしれません。それでは、ステーキングするのを躊躇してしまいます。このデメリットを解決する方法として、リキッドステーキングがあります。

これは、イーサリアムをステーキングすると、代わりにリキッドステーキングトークンというトークンをもらえる仕組みです。これを使って送金したり、各種DeFiで利用したりできます。

ステーキングしたイーサリアムを自由に引き出せるようになったら、リキッドステーキングトークンと引き換えにイーサリアムをもらうことができます。

イーサリアムの値動き

イーサリアムとビットコインと比べますと、価格水準は異なるものの概ね似たような値動きをしてきました。2021年末の最高値と現在値を比較しましても、下落率は概ね同じです。下のチャートは、上側がイーサリアム、下側がビットコインです。

この2つの仮想通貨は、それぞれ主な用途が異なります。今後も同様の値動きになるのか、それともそれぞれ独自の値動きをするようになるのか、注目できます。

イーサリアムのチャート

画像引用:CoinMarketCap

ビットコインのチャート

画像引用:CoinMarketCap

イーサリアムの買い方

イーサリアムは、ビットコインと並んでどの仮想通貨取引所でも売買可能です。日本語対応の海外取引所における、イーサリアムの取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ

CoinEx(コインイーエックス)

現物 デリバティブ
bybit binance gate coinex

海外取引所なら、日本語対応が充実しているBybit(バイビット)がおすすめです。

イーサリアムの将来性に期待

イーサリアムはPoSへの移行が無事に完了し、次の大幅アップデート「Shanghai」に向けて動いています。将来的には、送金速度が劇的に改善して使いやすくなると見込まれていますので、今後の動向に注目です。


Date

作成日

 : 2022.10.14

Update

最終更新

 : 2022.11.15

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル