Select Language

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.16 15:30
メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

update 2023.03.16 15:30

メタマスクは仮想通貨(暗号資産)市場最大の分散型ウォレットで、月間ユーザー数は2,000万人を超えます。そのメタマスクが、ユーザーデータを収集します。これを受けて、Twitter(ツイッター)などのSNS上では、メタマスクの安全性を危惧する声があがっています。

当記事では、メタマスクの変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説していきます。

メタマスクとは

メタマスクは分散型ウォレットです。BinanceなどCEX(中央集権型取引所)のウォレットと異なり、管理者が存在しないシステム上で仮想通貨を保有できます。

また、パソコンやスマホアプリで仮想通貨を管理でき、イーサリアム(ETH)などさまざまな仮想通貨に幅広く対応しています。仮想通貨の保管だけでなく、送金したり仮想通貨同士をスワップ(交換)したりする機能もあります。

Web3.0移行で鍵を握る

メタマスクなどの分散型ウォレットは、Web3.0の入り口だと考えられます。例えば、DEX(分散型取引所)やブロックチェーンゲームなどにメタマスクを接続すると、サービスが利用可能になります。

分散型ウォレットはWeb3.0発展の鍵を握っており、その中でもメタマスクは主要な存在です。

point Web3.0とは

Web3.0とは、分権化された次世代のインターネット環境を指します。現代の中央集権型インターネット環境(Web2.0)は、大手IT企業が強い影響力を持っています。その一方、Web3.0では、個々のユーザーが重要な役割を担います。

CEXの信用問題で需要が拡大

2022年11月、大手取引所FTXが経営破綻したことを受け、CEXへの不信感が高まっています。結果的に、メタマスクを始めとする分散型ウォレットの需要が高まっています。

分散型ウォレットを使うと企業等に頼らず自分自身で運用・管理できるため、CEXのように出金停止となることはありません。

knowledge FTXの経営破綻

FTXはハイリスクな経営を行っており、手持ち資金が枯渇して顧客資産を払い出せない状況に陥りました。競合のBinanceが買収による救済を模索しましたが、結局失敗に終わっています。この影響は仮想通貨市場全体に波及しており、CEXの信頼が揺らいでいます。

メタマスクがIPアドレスを収集へ

メタマスクはコンセンシス社(ConsenSys)が開発しており、2022年11月23日、メタマスクの基盤となるInfuraのプライバシーポリシーを改定しました。それによると、メタマスクでInfuraを使用する場合、ユーザーのIPアドレスとウォレットアドレス情報が収集されます。

Infuraは、DApp(分散型アプリ)を稼働させる機能を提供しています。具体的には、RPCという機能を提供しており、アプリ開発者は独自ノードを構築しなくても、DAppとブロックチェーンの間で情報通信させることができます。

Infuraは、同社のRPCでのユーザーデータ収集を明示しました。第三者のRPCで稼働するメタマスクに関しては対象外ですが、メタマスクのRPCはInfuraがデフォルトで設定されており、ほとんどのユーザーが気づかない可能性があります。

メタマスクとInfuraの関係性

ちなみに、Infuraは業界で広く利用されており、イーサリアムの他にもアバランチ(AVAX)など複数のブロックチェーンで用いられています。また、UniSwapやBrave BrowserなどもInfuraを採用しています。その影響力は強く、開発者コミュニティは40万人を超えています。

メタマスクの利用はリスクか?

InfuraはユーザーのIPアドレスとウォレットアドレスを収集します。では、これはユーザーにとってリスクになるでしょうか。

IPアドレスは、インターネットにおける住所のような存在で、アクセス元の相手を識別するために利用されます。市町村レベルの大まかな利用地域や、加入しているインターネットプロバイダなどを知ることができますが、正確な住所やそれ以上の個人情報の特定はできません。

よって、IPアドレスがウォレットアドレスと紐づいても、直接的な危険はないと考えられます。

それでも、ある仮想通貨投資家はウォレットアドレスとIPアドレスから個人を特定され、誘拐・強盗事件が発生した例もあるので、危険がゼロというわけではありません。

コンセンシスの説明

米国を拠点にするコンセンシスは、この変更に関して違法行為への対策や法令遵守のためでもあると説明しています。

仮想通貨市場ではハッキングやマネーロンダリングなどが問題となっており、各国の規制当局が頭を悩ませています。プライバシーポリシーによると、KYC(顧客確認)やAML(マネーロンダリング防止対策)の観点から必要な場合に、ユーザーの情報を使用する可能性があります。

その後、仮想通貨コミュニティから批判を受けたことで、コンセンシスはこのプライバシーポリシーの変更が規制当局の問い合わせに対応するものではないと説明しています。

仮想通貨コミュニティからの批判

コンセンシスがプライバシーポリシーを変更したことに対して、仮想通貨コミュニティからは批判の声が挙がっています。

メタマスクはWeb3.0を推進する分散型ウォレットなのに、既存のWebサービスのように個人情報を収集しかねないことに批判が集まっています。

Yearn FinanceなどのDeFiプロトコル開発に携わる@fubuloubu氏は、「サービスのためにデータを集めたいのであれば、IPアドレスとウォレットアドレスを紐付けるのではなく、匿名性が保たれた方法で行うべきだ」とTwitter上で主張しています。

また、Cinneamhain Venturesのパートナーであるコクラン氏は、「メタマスクは長い間、無料で優れたサービスを提供してきました。しかし、IPアドレスを記録してトランザクションに関連付けるという決定は受け入れられない」と批判しています。

その他、日本の仮想通貨コミュニティでも、メタマスクに対する否定的な投稿が数多く見られます。

プライバシーを守るための対策

データがある程度収集されても構わないのであれば、メタマスクを利用し続けても大きな問題はないといえそうです。しかし、プライバシーを守りたい場合は対策が必要です。

その方法は簡単で、RPCの設定をデフォルトから変更するだけです。初期設定ではInfuraに設定されていますが、任意のRPCを入力できます。

メタマスクのRPCを変更するには、メニューから「設定」「ネットワーク」の順に進んで「新しいRPC URL」にURLを入力すれば完了です。新しいRPCの候補としては、Ankr(ANKR)やAlchemyなどが挙げられます。

メタマスクのRPC設定画面

RPCを変更する上での注意点

プライバシーポリシーの更新に関して、コンセンシスはメタマスクのRPCが変更可能であることを教育する目的もあったとしています。すなわち、コンセンシス自身もRPC変更をひとつの手段として認めているわけですが、注意すべきこともあります。

RPCはイーサリアムブロックチェーンのノードであれば、指定することができます。しかし、そのノードがどのような企業や団体、個人によって運営されているか、そしてどのようなプライバシーポリシーを持っているのかについて、ユーザー自身で確認しなければなりません。

信頼できるノードであれば問題ありませんが、信頼できないノードを利用すべきではないでしょう。

point ノードとは

ノードとはブロックチェーンのネットワークを構成するコンピュータを指し、パソコンやスマホなどを含みます。ブロックチェーンを稼働させるために、ブロックの検証だけでなく取引情報の記録や情報伝達などの機能を提供します。

メタマスクに代わる分散型ウォレット

仮想通貨市場には、メタマスク以外にも分散型ウォレットが存在します。独自ノードを利用する分散型ウォレットの例としては、以下のようなものがあります。

SafePal

SafePalは多機能な分散型ウォレットです。ユーザーは、仮想通貨の保管や送金などに加え、クレジットカードによる購入、NFT取引、DeFi関連サービスなどを利用できます。安全性にも優れており、独自のハードウェアウォレットも販売しています。

point ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨の秘密鍵をインターネットから切り離して保管できるウォレットです。USBタイプのデバイスで、コンピュータに差し込んで利用します。

Trust Wallet

Trust Walletは、大手取引所Binanceが買収して話題となった分散型ウォレットです。スマホ版とデスクトップ版のアプリをリリースしており、幅広い用途で利用できます。

特徴としては、DeFi関連サービスとの連携性が高く、手軽に仮想通貨を運用できる点が挙げられます。その他、Trust Wallet内に仮想通貨を保有するだけで、収入を得ることが可能です。

FTXが経営破綻した際、BinanceのCEOチャンポン・ジャオ氏が、CEXのウォレットから分散型ウォレットに資産を移行するよう言及したことで注目が集まりました。その結果、Trust Walletの独自仮想通貨TWTは、300円を超える高値を更新しました。

TWTと日本円の価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

ユーザー離れが心配なメタマスク

メタマスクは仮想通貨市場最大の分散型ウォレットです。しかし、Infuraのプライバシーポリシーが変更されたことで、ユーザー離れが起こるのではないかと心配されています。多くのインフルエンサーがメタマスクの動きに否定的な意見を表明しており、代替となる分散型ウォレットの利用を促しています。

プライバシーを気にしないのであれば、メタマスクを使い続けるのも選択肢ですが、別の分散型ウォレットを検討してみるのも良いかもしれません。


Date

作成日

2022.11.28

Update

最終更新

2023.03.16

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル