Select Language

dYdXのiOS版スマホアプリでの入金方法|メタマスクの接続方法も

dYdXのiOS版スマホアプリでの入金方法|メタマスクの接続方法も

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.11.29 14:32
dYdXのiOS版スマホアプリでの入金方法|メタマスクの接続方法も

update 2022.11.29 14:32

分散型取引所のdYdX(ディーワイディーエックス)は、iOS版のスマートフォンアプリでも利用可能です。他のアプリと同じようにApp Storeからダウンロードして利用します。

基本的な使い方はPC版のdYdXと同じですが、インターフェースが異なる部分もあります。そこで当記事では、dYdXのiOS版アプリにメタマスクを接続する方法、入金の方法を紹介します。

dYdXのスマホアプリの取得方法

dYdX(ディーワイディーエックス)は分散型取引所(DEX)ですが、活発な開発活動に支えられており、スマートフォンアプリでも利用できます。

point Android版アプリには未対応

2022年11月現在、dYdXが提供しているスマホアプリはiOS版のみとなっております。Android版は、2022年初旬にリリースされる見通しです。

手順1

以下のリンクからdYdXの公式HPにアクセスし、App Storeをタップします。

dYdXアプリダウンロードページ link
dYdXアプリ紹介ページ

手順2

App Storeにてダウンロードを進めます。完了したら「開く」をタップします。

App StoreのdYdXアプリ紹介ページ

dYdXのスマホアプリへの入金方法

dYdXを利用するには、まず個人ウォレットから資金を送る必要があります。ここでは、MetaMask(メタマスク)からdYdXへ入金する方法を紹介します。

point メタマスクを用意しておく

メタマスクで接続するには、スマホアプリのインストールと初期設定をしておく必要があります。すでにアカウントがある場合、シードフレーズを入力すると利用可能になります。

PC版のdYdXも使っている場合、PCに表示させたQRコードをスマホアプリで読み取って利用することも可能です。この方法ならアプリのインストールは不要です。この方法を使う場合、アプリのウォレット選択画面で「デスクトップとの同期」を選択します。

メタマスクをコネクトする

手順1

Apple dYdXのアプリを開き、画面下部の「人型マーク」をタップします。

dYdXスマホアプリのアカウントページアクセス

手順2

「接続」をタップします。

dYdXスマホアプリとメタマスク接続画面

手順3

「始める」をタップします。

dYdXスマホアプリとメタマスク接続開始画面

手順4

ウォレットを選択するページで、「MetaMask」を選択します。

dYdXスマホアプリに接続するウォレット選択画面
point デスクトップとの同期

PCからdYdXを利用している場合、「デスクトップとの同期」を選択すれば、スマホ版のウォレットを用意することなくアクセスできます。

この方法を利用するには、「デスクトップとの同期」を選択して「OK、取得しました。」をタップします。QRコード取得画面になったらスマホ操作を停止し、PC版dYdXの右上にあるメタマスクのロゴをクリックして「モバイルにサインインする」を選択します。

dYdXのスマホアプリをデスクトップと同期する方法 dYdXのスマホアプリをデスクトップと同期する方法

PC上で「続く」をクリックすると、QRコードが表示されますので、スマホアプリでそのコードを取得します。

手順5

「リンクウォレット」をタップし、手続きを進めます。

dYdXスマホアプリのリンクウォレット画面

手順6

メタマスクのアプリに遷移したら、「接続」をタップします。

dYdXスマホアプリのリンクウォレット接続

手順7

「署名」をタップします。

dYdXスマホアプリのリンクウォレットの署名

手順8

再度「署名」をタップします。

dYdXスマホアプリのリンクウォレットの2つ目の署名

手順9

メタマスクとの接続が完了すると、アカウントページのウォレットにメタマスクのマークが表示されます。

dYdXスマホアプリへのメタマスク接続確認

メタマスクから入金する

手順1

画面下部の一番左のアイコンをタップしてポートフォリオページを開き、画面上部の送金をタップします。

dYdXスマホアプリのポートフォリオ画面

手順2

入金する仮想通貨(暗号資産)の銘柄を選択し、数量を入力した上で「入金確認」をタップします。なお、USDC以外の通貨を選択すると、ERC20規格のトークン等の交換ができる「0x Protocol」により、選んだ通貨はUSDCに両替されます。

dYdXスマホアプリのポートフォリオ画面

番号

項目名

説明

1

資産

入金する仮想通貨(暗号資産)の銘柄を選択します。

2

数量

入金したい数量を入力します。

point 入金時の手数料

入金時の手数料は入金方法によって変わります。

仮想通貨入金の場合、ETHでガス代を支払います。外部の決済プロバイダー経由でUSDCを購入する場合、決済プロバイダーに手数料を払います。決済プロバイダー経由の場合、交換レートが不利な点も考慮しなければいけません。

手数料を抑えるなら仮想通貨入金のほうがおすすめです。

手順3

入金をするためにメタマスクへ接続します。「ウォレットへ接続」をタップします。 Protocol」により、選んだ通貨はUSDCに両替されます。

dYdXスマホアプリのウォレット接続開始画面

手順4

メタマスクのアプリへ遷移するので、「接続」をタップします。

dYdXスマホアプリのウォレット接続画面

手順5

dYdXへ初めて入金をする銘柄に関しては、最初の一度だけ銘柄の有効化の手続きをする必要があります。今回はUSDCを入金するため、USDCへのアクセス許可ページにて「承認」をタップし、USDCを有効にします。

dYdXスマホアプリのUSDCアクセス許可ページ

手順6

手続きを完了させるために必要なガス代を確認し、「確認」をタップします。

dYdXスマホアプリのガス代確認画面

手順7

入金処理が開始され上部のゲージが進みます。手続きが完了すると「完了」ボタンをタップできる状態になります。

dYdXスマホアプリの入金手続き処理画面

手順8

ポートフォリオに資産が反映されます。

dYdXスマホアプリの入金完了画面
point ポートフォリオ評価額とフリー担保

ポートフォリオページでは、さまざまな数値を確認できます。画面左上の「ポートフォリオ評価額」は、残高にポジションの含み益・含み損を含んだ数値です。また、画面中段の「フリー担保」は、証拠金として利用していない資産の残高です。

CEXに近い感覚で利用できる

dYdX(ディーワイディーエックス)は、iOS版アプリへの対応だけでなく、PC版ではTradingViewのチャートを見れるなど、利便性向上に向けた取り組みを行っています。

資産を自分自身で管理しながら、中央集権型取引所(CEX)に近い感覚で使えるのは、dYdXの魅力ですね。


Date

作成日

2022.11.01

Update

最終更新

2022.11.29

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

2017年に初めてビットコインを購入し、2020年より仮想通貨投資を本格的に開始。国内外のメディアやSNSなどを中心に、日々最新情報を追っている。ビットコインへの投資をメインにしつつ、DeFiを使って資産運用中。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル