Select Language

仮想通貨BabyDogeの将来性は?独自DEXでのステーク方法も紹介

仮想通貨BabyDogeの将来性は?独自DEXでのステーク方法も紹介

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.04.11 14:16
仮想通貨BabyDogeの将来性は?独自DEXでのステーク方法も紹介

update 2023.04.11 14:16

仮想通貨(暗号資産)BabyDogeは、DogeCoinから派生したミームコインです。DogeCoinが爆発的な人気で有名になってから多様なミームコインが誕生しており、BabyDogeはその中でも代表的です。

当記事では、BabyDogeの概要や特徴、将来性などについて解説していきます。

仮想通貨BabyDogeとは

BabyDogeは、Baby Doge Coinが発行する仮想通貨で、ミームコインの一種です。ミームコインはインターネットミーム(主にSNSで流行したネタなど)を元にしており、ジョークや遊びとして作られた仮想通貨全般を指します。

仮想通貨黎明期にDogeCoinが高騰したこともあり、DogeCoinを意識した犬のロゴのミームコインが大量にリリースされました。

BabyDogeはDogeCoinの赤ちゃんという位置付けで、BNBチェーンの仮想通貨として登場しました。可愛らしさやミーム性を追求すると同時に、投資家へのリターン提供を目的としています。

knowledge 高騰するミームコイン

過去にミームコインは幾度となく高騰してきました。例えば、DogeCoinは話題になるたびに価格が上昇しており、2021年5月には200倍を超える値上がりを記録しています。また、DogeCoinを模倣した柴犬コイン(SHIBA)は、2021年だけで最大50万倍に高騰しました。これらの仮想通貨以外にも、大きな値動きを見せるものがあります。

イーロン・マスク氏がSNSで言及

BabyDogeは、2021年に7月にテスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏がTwitter(ツイッター)で言及したことで、一躍有名となりました。

その内容は、「Baby Shark」という子供向けの楽曲の歌詞をもじって「BabyDoge」の単語を当てはめただけでしたが、仮想通貨コミュニティは熱狂する結果となりました。

マスク氏は、仮想通貨市場で最大のインフルエンサーとなっており、数あるミームコインの中でも、BabyDogeは高い知名度を得ることに成功しました。BabyDogeのTwitter公式アカウントは180万人を超えるフォロワーを獲得しており、Telegram(テレグラム)のメンバーは20万人近くに達しています。

仮想通貨BabyDogeの評判・口コミ

BabyDogeはコミュニティが活発で、Twitter(ツイッター)上でも積極的にコミュニケーションが取られています。

どのようなことが話題になっているのでしょうか。2023年1月から3月の日本人ユーザーの評判・口コミを中心に紹介します。

バーンの話題

もっとも話題になっているのは、公式から頻繁に発表されるバーン(焼却)の話題です。2023年2月の価格急騰も公式による積極的なバーンの影響を受けたと見られており、継続的なバーンへの期待が高まっています。

knowledge 仮想通貨のバーン

仮想通貨のバーンとは、仮想通貨を永久に使えないようにする行為を指します。バーンは日本語で「焼却」という意味であり、バーンされた仮想通貨は焼却されたお金と同じように永久に使用できません。バーンアドレスと呼ばれる「秘密鍵は開発者を含めて誰も分からないウォレット」に送ることで行われます。

2月13日には「Burn Portal」がリリースされ、ここでユーザーがBabyDogeをバーンすると、独自DEX(Baby Doge Swap)での手数料が安くなる仕様となりました。さらに公式は、4月1日までBurn Portalでユーザーがバーンした量の5倍をバーンすると発表しており、さらなる流通量の低下が期待されています。

自動分配

後述のとおり、BabyDogeには取引で使われた手数料の5%をトークン保有者に自動分配する仕組みがあります。この仕組みのおかげで、ユーザーはBabyDogeをウォレットに保管しているだけで、分配分を受け取れます。

他の仮想通貨のようにステーキングなどをしなくても、勝手に数量が増えていくことに対する好意的な口コミが複数ありました。

大手取引所への上場期待

現在、BabyDogeはBinance(バイナンス)やConbase(コインベース)、Kraken(クラーケン)といった大手取引所には上場していません。積極的なバーンで価格が上昇した中で、大手取引所への上場でさらに飛躍することを期待する口コミもありました。

イーロン砲

BabyDogeが最初に注目を浴びたのは、2021年のイーロン・マスク氏のツイートがきっかけでした。2023年2月5日には、イーロン・マスク氏が「420」とつぶやいたことで、BabyDogeの価格が上昇したといわれています。

「420」が、BabyDogeの総発行枚数である「420,000,000,000,000,000(42京)」のことを指しているのではないか、という推測によるもののようです。

このように、犬系コインはイーロン・マスク氏の言動で価格が大きく変動することが多いため、さらなるイーロン砲に期待する人も多いようです。

BabyDogeの価格チャート

続いて、仮想通貨(暗号資産)BabyDogeの価格チャートを見てみましょう。前提としてBabyDogeは、総供給数が他の仮想通貨と比較して桁外れに多く、価格がとても小さくなっています。

2021年前半、BabyDogeは、0.000000000001円以下の価格で推移していました。その後、マスク氏のツイートで注目を集めたこともあり、幾度かの高騰を記録しています。

BabyDogeと日本円の価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

上のチャートの左端に、極端に上昇している部分があります。これはイーロン・マスク氏がツイッターで言及した付近の値動きです。

その異常値的になっている部分を除くと、過去最高は2022年1月ですが、そこからは緩やかな下落と横ばいな動きを続けていましたが、2023年2月の急騰では2022年1月以来、約1年ぶりの高値をつけています。

仮想通貨BabyDogeの特徴

BabyDogeは投資家にリターンを提供する手段として、3つの施策を採用しています。

自動的なバーン(焼却処理)

BabyDogeは自動的なバーンを取り入れています。BabyDogeを取引すると、手数料から一定の割合をバーンすることが決まっており、2023年1月末時点で総供給量の約48%がバーンされています。

なお、BabyDogeの最大供給量は42京通貨(1,000兆の420倍)であり、当記事執筆時点(2023年3月)において、その27%程度が仮想通貨市場で流通しています。

自動的なバーンが行われるからといって、BabyDoge価格は右肩上がりというわけではありませんが、供給が減少することで上昇しやすい環境が整います。少なくとも追加のバーンが発表される度に、BabyDogeは上昇する傾向があります。

手数料の自動分配

BabyDogeの取引には、10%の手数料がかかります。その内、半分の5%はBabyDogeの保有者に自動的に再分配されます。

BabyDogeを保有していれば、ウォレットの残高が増える仕組みになっているので、放っておくだけで利益を得ることができます。

なお、手数料は保有割合に応じて分配されるため、より多くのBabyDogeを保有すると、より多くの報酬を得ることが可能です。

流動性の提供

手数料の10%のうち、残り半分の5%は、BNBチェーンの代表的なDEXであるPancakeSwapにおける流動性提供に役立てられます。

正確には、2.5%がBNBチェーンの基軸通貨BNBと交換され、残り2.5%のBabyDogeとともに流動性プールに送金されます。こうすることで、BabyDogeとBNBの通貨ペアの流動性を潤沢にできます。

投資家にとっては、よりBabyDogeが取引しやすい環境が整うので、間接的なメリットになります。

Baby Doge Coinが提供するサービス

Baby Doge Coinには、いくつかの機能が実装されています。

Baby Doge Swap

Baby Doge Swapは、Baby Doge Coin独自のDEX(分散型取引所)で、BNBチェーン上の様々な仮想通貨を取引できます。他のDEXと同じようにAMMを採用しており、ブロックチェーンを介した仮想通貨取引を実現しています。また、仮想通貨を預け入れて流動性を提供すると、報酬を獲得できます。

point AMM(自動マーケットメイカー)とは

AMMとは仮想通貨取引を完全自動化する機能です。システム管理者を必要としないため従来型の取引所に比べて低コストで運用可能となり、それが取引手数料の安さに反映されています。

BabyDogeを使った資産運用方法については、別の項目でより詳しく説明しています。

Baby Doge Bridge

Baby Doge Bridgeは、BNBチェーンとイーサリアムブロックチェーンを接続する機能です。この機能はクロスチェーンブリッジと呼ばれ、多様な仮想通貨が取引可能になります。

point クロスチェーンブリッジとは

クロスチェーンブリッジとは、複数のブロックチェーンをつないで規格の異なる仮想通貨を相互に利用可能にする技術です。この技術が普及すれば、ブロックチェーンを跨いで仮想通貨をやり取りできます。ブロックチェーンが乱立している現在、クロスチェーンブリッジは重要な存在です。

Baby Doge NFT

Baby Doge Coinは、オリジナルのNFTコレクションを展開しており、OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで取引されています。その収益の一部は、動物保護の目的で寄付されています。

OpenSeaにおけるBaby Doge NFTコレクション

画像引用:OpenSea

このNFTを保有するユーザーは、独自のコミュニティに参加できるだけでなく、特典を得ることが可能です。例えば、このNFTを90日以上ステーキングすると、メタバースで利用可能な3DNFTを獲得できます。

また、Baby Doge NFTは、人気メタバース「Decentraland(ディセントラランド)」でウェアラブルアイテムとして利用することも可能です。

BabyDogeを預けて報酬を得る方法

独自DEX(分散型取引所)のBaby Doge Swapでは、BabyDogeトークンを用いた資産運用も可能です。「Pools」または「Farms」にアクセスし、トークンを預けると報酬がもらえます。

BabyDogeの資産運用は外部サービスでも行えます。ここでは、初心者でも利用しやすい中央集権型取引所のレンディングサービスについても紹介します。

point 仮想通貨レンディングとは

仮想通貨レンディングとは、保有する仮想通貨を貸し出して金利を得られるサービスです。仮想通貨を貸し出すだけでなく、金利を支払って借り入れることもできます。

プール(Pools)

プールでは、1種類の仮想通貨をステークして(預け入れて)報酬を獲得できます。預け入れる仮想通貨や報酬として受け取る仮想通貨は、BabyDogeに限定されません。執筆時点(2023年3月)では、50種類以上のプールが用意されています。

例として、以下のようなプールがあります。

通貨ペア(預け入れ / 報酬)
APR
(年換算利回り)
BabyDoge / BabyDoge 4.9%
BabyDoge / SWEEP 42.0%
SWEEP / SWEEP 6.7%
FLOKI / FLOKI 1.6%

プールに預け入れを行うには、下記のリンクからサービスページにアクセスします。

Baby Doge Swapのプールへ link

言語設定は画面右上の球体のマーク、詳細設定は歯車マークから行えます。

サービスを利用するには、画面右上にある「ウォレットを接続」をクリックして、メタマスクなどのBNBチェーン(BSC)に対応したウォレットを接続し、ステークしたいプールの右端の「詳細」をクリックしてください。

その後、「デポジット」をクリックすると設定画面が表示されるので、預け入れる数量を入力し「確認」をクリックして手続きを進めます。

BabyDogeのステークプール画面

なお、Baby Doge Swapは「Zap」というベータ版の機能を搭載しており、これを利用するとスワップをせずとも、任意のトークンによって流動性提供を行えます。例えば、上記画面のようにBNBを使って、BabyDogeのプールへの流動性提供ができるようになります。

使い方はこちらの公式ドキュメントからも確認できます。

ファーム(Farms)

ファームでは、2種類の仮想通貨を預け入れて報酬を得る「イールドファーミング」が行えます。預け入れる仮想通貨や報酬として受け取る仮想通貨の組み合わせには、BabyDogeを含むものだけでなく、含まないものもあります。

当記事執筆時点(2023年3月)では、50種類以上の流動性プールが用意されており、人気の流動性プールには下記のようなものがあります。

通貨ペア
APR
(年換算利回り)
預け入れ:BNB / BabyDoge
報酬:BabyDoge
35%
預け入れ:USDT / BUSD
報酬:BabyDoge
8.3%
預け入れ:USDT / BNB
報酬:BabyDoge
27%
預け入れ:BNB / BUSD
報酬:BabyDoge
27%

前項のプールと比べると、報酬が高くなっております。しかし、イールドファーミングにはプールにはない、「変動損失(インパーマネントロス)」と呼ばれる固有のリスクがあります。

流動性プールから仮想通貨を引き出す際は、実際に預けた枚数ではなく、預け先である流動性プール内の構成比率に応じた額が引き出し額となります。その結果、現物で保有していた場合と比べて損失が出る可能性があり、この損失のことを変動損失と呼びます。

預け入れる場合には、十分リスクを理解して利用しましょう。

イールドファーミング機能を利用するには、はじめに下記のリンクからサービスページにアクセスします。

Baby Doge Swapのファームへ link

ファームページへのアクセス後は、プールへの預け入れと同じように操作すると、流動性の提供が行えます。

使い方はこちらの公式ドキュメントからも確認できます。

中央集権型取引所でのレンディング

仮想通貨を預け入れて稼ぐには、中央集権型取引所のレンディングサービスを利用するという方法もあります。大手の中央集権型取引所は、チャットでサポートなどを提供しており、初心者でも利用しやすいことが特徴の1つです。

BabyDogeのレンディングに対応している海外取引所は下記のとおりです。

現状では、Gate.ioのみが対応しています。

仮想通貨BabyDogeの将来性

BabyDogeの将来性はエコシステムの拡大にかかっています。BabyDogeでは開発活動が活発で、いくつかの製品のリリースが期待されていますので、ここではその一部を紹介します。

また、BabyDogeを含めたミームコインに共通した注意点についても解説します。

NFTマーケットプレイス

Baby Doge Coinは独自のNFTマーケットプレイスを開発しています。通常のNFTマーケットプレイスと同じく、クリエイターがオリジナルのNFTを発行したり、売買したりできます。クリエイターは、売上の一部を自動的に寄付にまわすこともできます。

未公開のため詳細不明な部分もありますが、BabyDoge最大のプロジェクトと考えられます。

Baby Doge Card

Baby Doge Cardは、iOSとAndroidで利用可能なクレジットカードで、統合的な機能を備える見通しです。例えば、銀行振込で法定通貨を入金したり、仮想通貨を法定通貨で売買したり、他のウォレットに送金することが可能となります。

Baby Doge Cardが実現すれば、BabyDogeの利便性が飛躍的に向上するかもしれません。

今後のロードマップ

Baby Doge Coinは、ロードマップ(開発計画)を公開しており、5段階でアップグレードが行われます。最終段階の「Jump」では、NFTマーケットプレイスの立ち上げや、テスラ社の製品のプレゼント企画、動物保護の目的での寄付、クロスチェーンブリッジの強化などが掲げられています。

最終的にBabyDoge保有者を30万人まで増加させ、コミュニティを拡大させることを目標としています。

ミームコインは危険?

BabyDogeを始めとするミームコインは、他の仮想通貨とは異なります。

イーサリアム(ETH)など多くのプロジェクトは、技術的な価値を作り出して投資家にリターンを提供することを目指しています。例えば、イーサリアムはDApp(分散型アプリ)のプラットフォームとしての機能を提供しており、価値を高めています。

一方、ミームコインの場合、知名度を高めたり、通貨発行の仕組みだけでエコシステムを成立させたりしようとするものが多くあります。その結果、ポンジスキーム的だと批判されることもあります。

point ポンジスキームとは

ポンジスキームとは、投資詐欺の一種です。出資金運用と配当を約束してお金を集め、しかし実際は運用せず、集めた資金の一部を原資に配当金を分配します。自転車操業のシステムなので、新規の出資者を獲得できなければ、最後には配当金を分配できなくなって破綻してしまいます。

仮想通貨市場には、トークンセールで資金調達したものの、開発活動を行わずに廃止となるプロジェクトが山のように存在します。とりわけミームコインは、技術の開発を目的としないので、新しい銘柄が出ては消えての繰り返しです。

ミームコインの中には、運良く巨大なコミュニティが形成されて仮想通貨の価値が保たれる例もありますが、ほんのひと握りです。

仮想通貨価格が何百倍や何万倍に跳ね上がる可能性もゼロではないので、ミームコインへの投資はハイリスク・ハイリターンになりがちです。

仮想通貨BabyDogeの買い方

BabyDogeは国内取引所で売買できませんので、海外取引所で購入します。日本語対応の海外取引所における、BabyDogeの取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ
×

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ
× ×

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ
×

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ
×

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ
×

海外の取引所であれば、日本語対応が充実しているBybit(バイビット)がおすすめです。

BybitでBabyDogeを購入する方法

Bybitでは、3つの手順でBabyDogeを購入できます。

  1. 購入ページにアクセス
  2. 購入条件を入力
  3. 内容を確認して購入

手順1

まずは以下のリンクをクリックし、BabyDogeの購入ページ(BABYDOGE/USDT)にアクセスします。

BybitのBABYDOGE購入ページへ link

なお、Bybitを利用するには口座を開設しておく必要があります。

手順2

ここでは最もシンプルな「成行」での購入方法を紹介します。成行でBabyDogeを購入するには、以下のように操作をして「BABYDOGEを買う」をクリックします。

Bybitで成行でBabyDogeを購入する方法 Bybitで成行でBabyDogeを購入する方法

番号

項目名

説明

1

「買い」または「売り」

通貨ペアの左の通貨を買って右の通貨を売るなら「買い」、左の通貨を売って右の通貨を買うなら「売り」を選びます。

2

注文方法

成行を選びます。

3

注文価格

購入したい数量を入力します。

BabyDogeはUSDTを支払って購入します。そのため、USDTの残高が十分でない場合は、入金や両替が必要です。

手順3

内容を確認して「BABYDOGEを買う」をクリックします。注文は即座に確定し、購入したBabyDogeは現物アカウント残高に反映されます。

BybitでのBabyDogeの成行購入確認画面

以下の記事では、買い方に関してより詳しく説明しています。有利な価格を指定する「指値」の使い方なども解説しています。

コミュニティの発展に期待

ミームコインは、コミュニティのサポートとともに規模を拡大していきます。ミームコインとして頂点にあるDogeCoinは、インターネットミームとして有名になってから、数多くのインフルエンサーの支持を受けて影響力を増しています。今では、主要な仮想通貨の仲間入りを果たしています。

BabyDogeはDogeCoinの関連通貨として、その地位を築きつつあります。コミュニティが発展すれば、DogeCoinに次ぐ存在となる可能性もあるでしょう。


Date

作成日

2022.11.01

Update

最終更新

2023.04.11

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨SUI(スイ)に対応したウォレットの作り方|ウォレットの種類や機能も解説

Mysten Labsが開発するレイヤー1ブロックチェーン「Sui Network」上では、さまざまなWeb3アプリが開発・提供されています。アプリを利用する際に必要となるのが、SUIウォレットです。主なSUIウォレットの種類や機能、作り方、SUIウォレットのリスクなどを解説します。
New
update2024.04.12 20:00

仮想通貨SAGAの将来性は?Web3開発者向けプラットフォームの評判や仕組みを解説

仮想通貨(暗号資産)SAGAは、レイヤー1プロトコルSagaのネイティブトークンです。Sagaは、開発者がWeb3プロジェクトを簡単にローンチできるプラットフォームとして機能します。
update2024.04.11 20:00

Titan FXが上限額なしのGW無限キャッシュバックキャンペーンを開催!

Titan FX(タイタンエフエックス)が2024年4月22日から「GW無限キャッシュバック」キャンペーンを開催します。入金額と取引量の条件を満たしたユーザーが、期間内であれば条件を満たす度に何度でも、上限額なしで無制限にキャッシュバックを受け取れるという内容です。
update2024.04.05 21:00

Mantle Rewards Stationとは?MNTステーキングの仕組みやmShardsについて解説

Mantleが「Mantle Rewards Station」というキャンペーンを開催しました。ユーザーは仮想通貨MNTをステーキングすると、mShardsというレシートトークンを獲得でき、将来的に仮想通貨ENAと交換できます。
update2024.04.05 20:30

IS6FXがウェルカムボーナスをリニューアル!

IS6FXが、新規ユーザーを対象とするウェルカムボーナスのリニューアルを発表しました。従来のウェルカムボーナスとは異なり、リニューアル後は初回から3回目の入金までボーナスが付与されます。
update2024.04.05 20:00

TradingViewで複数条件のアラート設定は可能?活用例を紹介

TradingViewで「2つ以上の条件を同時に満たした時に通知するアラートを設定する」にはPineスクリプトの編集が必須です。一方で「いずれかの条件が当てはまる場合のアラート通知」は、プランのアップグレードで対応可能です。
update2024.04.05 19:00

利下げ期待の高まりで上値が重くなる展開!現役トレーダーポンドマンが4月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、4月のポンド相場を解説します。円安圧力と介入警戒から、ポンド円はレンジ予想です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.04.04 21:00

バイナンスジャパンのシンプルアーンとは?仮想通貨の運用方法や各銘柄の利率を解説

国内取引所のバイナンスジャパンでは、シンプルアーンと呼ばれる仮想通貨(暗号資産)の運用サービスを利用できます。当記事では、シンプルアーンの特徴や取扱い銘柄、利用方法などを解説します。
update2024.04.04 19:30

Land Primeが春の100%SPボーナスを開催!

Land Primeが、2024年4月1日から春の100%SPボーナスを開催します。キャンペーン期間は5月31日までの2ヶ月間です。期間中にボーナス対象口座へ入金すると、100%のクレジットボーナスを最大100万円まで受け取れます。ただし、ボーナスの申請には条件があります。
update2024.04.03 20:30

仮想通貨(暗号資産)関連のセミナーは怪しい?詐欺手口や被害に遭わないための対策を解説

近年、仮想通貨関連の詐欺が増えており、セミナーに参加させて仮想通貨への投資を勧誘する事例もあります。この記事では、セミナーを利用した詐欺手口や事例、詐欺に遭わないための対策、詐欺に遭ってしまった場合の対処法を解説していきます。
update2024.04.03 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル