Select Language

BigBossコイン、1月11日に上場決定!

BigBossコイン、1月11日に上場決定!

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.02.14 15:06
BigBossコイン、1月11日に上場決定!

update 2023.02.14 15:06

2022年12月29日、海外FX業者BigBoss(ビッグボス)の独自トークン「BigBossコイン(BBC)」が、BigBossの運営する仮想通貨(暗号資産)取引所「CRYPTOS(クリプトス)」に上場することを発表しました。CRYPTOSへの上場予定日は2023年1月11日となっています。

過去にはプレセールやエアドロップでBBCを参加者限定で受け取ることができましたが、上場によって誰でもBBCを保有できるようになります。BBCを保有することで、クレジットボーナスが利用できたり、手数料が割引かれたりと様々な特典を受けることができます。

海外FX業者がこのような独自仮想通貨を発行する例は珍しく、また上場もすることから、今後さらにBigBossの特徴としてBBCが注目されることが予想されます。

BigBossコイン上場は1月11日

BigBossコイン(BBC)の上場は1月11日に行われます。仮想通貨の「上場」とは、ある取引所で取引ができるようになることです。新しい仮想通貨がリリースされると、通常は「無料配布」や「販売」の形式での提供が行われ、その後仮想通貨取引所で自由に取引できるようになります。

BigBossコイン(BBC)も、過去に手に入れられるキャンペーンがいくつか開催されました。

2022年10月には、参加者が限定されたプライベートセール、取引数量に応じてBBCが配布されるエアドロップキャンペーンが実施されました。次に、BigBossのガチャで配布されたトークンセール参加券を持っていると参加できるプレセールが11月24日に行われ、開始数十分で完売するほどの人気をみせました。

プレセール後には、上場前にBBCを手に入れる最後の機会として、誰でも参加できる一般的な販売IEO(新規取引所公開)が12月13日に開始されました。

そして2023年1月11日、BigBossコイン(BBC)が上場することが決定しました。上場後は誰でもCRYPTOS(クリプトス)にてBBCの購入、取引が可能になります。

上場後の値上がりに注目

新しくリリースされる仮想通貨は通常、先行して購入するほど有利な条件で購入できます。BigBossコイン(BBC)でも、プレセールの価格より、後に行われたIEOの価格の方が高く設定されていました。

イベント名 期間 条件
プライベートセール
2022年10月25日20時~
(日本時間)
参加者限定
エアドロップキャンペーン
2022年10月17日20時~
(日本時間)
決済取引0.1ロットあたり、0.1BBCを獲得
プレセール
2022年11月24日20時~
(日本時間)
販売価格:0.7ドル
販売枠:100万BBC
IEO
2022年12月13日20時~
(日本時間)
販売価格:1ドル
販売枠:200万BBC
上場 2023年1月11日 CRYPTOS口座の保有

プライベートセール

期間 条件
2022年10月25日20時~
(日本時間)
参加者限定

エアドロップキャンペーン

期間 条件
2022年10月17日20時~
(日本時間)
決済取引0.1ロットあたり、0.1BBCを獲得

プレセール

期間 条件
2022年11月24日20時~
(日本時間)
販売価格:0.7ドル
販売枠:100万BBC

IEO

期間 条件
2022年12月13日20時~
(日本時間)
販売価格:1ドル
販売枠:200万BBC

上場

期間 条件
2023年1月11日 CRYPTOS口座の保有

初めて仮想通貨取引所に上場する場合、その後の値上がりを期待して購入する人も多く、初日に大きな値上がりが発生することもあります。

ただし、初日に大幅に値上がりした後、値を戻すケースも多くありますので、購入タイミングには注意が必要です。

BigBossコインの購入方法

BigBossコイン(BBC)は、上場後CRYPTOS(クリプトス)口座にて購入、取引します。

CRYPTOS口座は、BigBoss(ビッグボス)が既存の現物仮想通貨取引所をリニューアルさせたもので、リリース時にBigBossユーザー全員に自動的に口座が開設されています。

メールで口座情報を確認

BigBossユーザーであれば、全員CRYPTOS口座の口座を保有していますので、登録メールアドレス内にアカウント情報が入ったメールがないかご確認ください。BigBossの新規ユーザーは口座開設時に同時に開設され、既存ユーザーは2022年8月より順次CRYPTOSの口座が開設されています。

既存ユーザーに送付されたメールの件名は、「CRYPTOS口座開設のお知らせ」となっています。

BigBoss・CRYPTOS口座情報の確認

成行注文か指値注文で購入

CRYPTOSで可能な注文方法は、指値注文と成行注文の2種類です。Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)などの有名取引所で使える、逆指値注文には対応していないことには注意が必要です。

BigBoss・CRYPTOS取引画面 BigBoss・CRYPTOS取引画面

BigBossコインとは?

BigBossコイン(BBC)は、BigBoss(ビッグボス)グループの仮想通貨プロジェクトの一環として導入されました。BigBossは20万人以上のユーザーを抱え、年間1兆ドルを超える取引量を誇ります。

仮想通貨市場で多くのプロジェクトが失敗に終わる中、BBCはBigBossユーザーに恩恵をもたらすという明確な目的の下、開発が進められています。

BigBossコインを保有するメリット

BigBossコイン(BBC)保有のメリットとして、BigBossでの各種優遇があります。ホワイトペーパーで公開されている特典は、以下の通りです。

  • クレジットボーナス(証拠金として使用可)
  • レバレッジ引き上げ
  • ユーザーグレードプログラムで有利に
  • ステーキング報酬
  • 各種プロモーションへの参加
  • 口座維持手数料の免除
  • ガチャやブルベアマーケットへ優先的に参加
  • 取引しなくても、休眠口座扱いにならない
  • 手数料軽減
point ステーキングとは

ステーキングの意味は、主に2種類あります。一つは、PoSを採用する仮想通貨のブロック承認作業に参加し、対価として報酬を貰える仕組みです。もう一つは、BigBossのステーキングのように、仮想通貨保有の対価として報酬を貰える仕組みです。こちらの場合、ブロック承認作業に参加しません。

上場後には、BBC入金や、BBC入金を利用時のクレジット付与特典、BBCトークンのゲームコンテンツなど、BBC関連の様々なサービスを実装予定です。

またBBC関連サービス以外にも、ログインやミッション達成をするとボーナスポイントを付与する機能や、ブルベアマーケットの実装も予定されています。

BigBossコインの将来性

BBCはイーサリアム(ETH)ベースの仮想通貨で、総供給量は1億BBCに設定されています。また、焼却処理(バーン)が計画されており、流通枚数は最終的に半減します。バーンの原資はBigBossの利益で、四半期毎のバーンにより、継続的な価格上昇を狙っています。

point バーン(焼却処理)とは

バーンとは、仮想通貨を永久に使えなくする行為を指します。仮想通貨を特定のウォレットに送ることで、実行できます。そのウォレットの秘密鍵は、開発者を含めて誰も知りません。すなわち、送金したら最後、その中の仮想通貨は二度と使えなくなるため、あたかも紙幣が焼却(バーン)されたのと同様になります。

また、初期段階での運営側による売り逃げを防ぐために、運営会社や開発者チームの保有分に12カ月間の売却禁止期間を設け、36カ月間にわたって徐々にそれを解除していくルールを採用しています。

point 大手取引所への上場が鍵か

BBCは複数のチェーンへの対応や各種DEXへの上場を予定しており、それにより使い勝手の向上を期待できます。一方、BigBossの世界的な知名度は高いとは言えません。このため、Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)などの大手取引所への上場が鍵になるかもしれません。

BigBossの仮想通貨取引条件

BigBoss(ビッグボス)は2013年6月に創業したFXブローカーで、豪華なボーナスキャンペーンや仮想通貨(暗号通貨)の取扱いの豊富さが特徴です。この他にも、CFD銘柄のスプレッド縮小やカスタマーサポートの延長といったサービス強化を行っています。

取引条件 スタンダード口座 CRYPTOS口座
レバレッジ 50倍(固定) 現物取引
ボーナス あり なし
取引手数料 原則無料(*1) メイカー手数料:0.09%~0.18%
テイカー手数料:0.1%~0.2%
口座タイプ スタンダード口座
MASSスタンダード口座
1つの口座タイプのみ
仮想通貨銘柄数 30銘柄 9銘柄
取引時間 24時間365日 24時間365日

(*1)5分以内に決済された取引については片道0.2%の短期決済手数料が発生

レバレッジ

スタンダード口座 CRYPTOS口座
50倍(固定) 現物取引

ボーナス

スタンダード口座 CRYPTOS口座
あり なし

取引手数料

スタンダード口座 CRYPTOS口座
原則無料(*1) メイカー手数料:0.09%~0.18%
テイカー手数料:0.1%~0.2%

(*1)5分以内に決済された取引については片道0.2%の短期決済手数料が発生

口座タイプ

スタンダード口座 CRYPTOS口座
スタンダード
MASSスタンダード
1つの口座タイプのみ

仮想通貨銘柄数

スタンダード口座 CRYPTOS口座
30銘柄 9銘柄

取引時間

スタンダード口座 CRYPTOS口座
24時間365日 24時間365日

BigBossでは、スタンダード口座とプロスプレッド口座の2つの口座タイプを用意していますが、このうち仮想通貨銘柄の取引ができるのはスタンダード口座のみです。スタンダード口座では、仮想通貨CFD30銘柄に加えて、FX通貨、貴金属CFD、株価指数CFD、原油CFDの取引も可能です。

また、この2つの口座タイプとは別に、仮想通貨の現物取引専門のCRYPTOS口座も提供しています。海外FX業者の仮想通貨取引はほとんどが差金決済取引(CFD)ですので、現物取引ができるのは非常に珍しいといえます。しかし、こちらはFXなど他の銘柄の取引はできず、現物取引のみの口座タイプとなります。

BBCを誰でも獲得できるようになる

BigBossコイン(BBC)の保有には、様々なメリットや特典があるため、BBCに関心を持つユーザーも増えていることでしょう。以前まではエアドロップやプレセールの形でBBCが提供されており、限定的な参加者しか手にすることができませんでした。しかし、1月11日にBBCがCRYPTOSに上場することで誰でもBBCを保有、取引できるようになります。

過去、Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)などの仮想通貨取引所に、新規仮想通貨が上場した際、大きな値動きが発生したケースが多くみられました。今回のBBC上場時にも同様に大きな値動きが発生すると考えられるため、値動きに巻き込まれないように注意が必要です。

BigBossの口座保有者は、全員BBCが取引できるCRYPTOS(クリプトス)口座を持っているため、BBCに興味があるという方は、上場を期に取引をしてみてはいかがでしょうか。


Date

作成日

2023.01.04

Update

最終更新

2023.02.14

Myforex編集スタッフーFX担当ー

短期が中心のトレーダーや中長期が中心のトレーダー、元プロップトレーダー、インジケーターやEAの自作を行うエンジニアなどが在籍。資金を溶かした失敗や専業トレーダーに転身した経験など、実体験も踏まえてコンテンツを制作している。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル