Select Language

Spotware、cTraderデスクトップ4.1をリリース

Spotware、cTraderデスクトップ4.1をリリース

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.04.20 12:28
Spotware、cTraderデスクトップ4.1をリリース

update 2022.04.20 12:28

ドル建て表記へのスイッチ機能や仮想通貨入金などが利用可能に

Spotware Systems【以下、Spotwareと称す】は、cTraderデスクトップ4.1をリリースしたことを発表した。[1]

新バージョンでは、取引やポジション管理などができるトレードウォッチ(Tradewatch)内で、ビットコイン(Bitcoin)などの口座残高や有効証拠金、必要証拠金、評価損益をドル建てで表示できるようになった。また、トレードウォッチの口座残高(バランス)バーに新たなメニューが加わった他、法定通貨から変換する必要なく、仮想通貨(暗号資産)を直接入金することが可能になり、更に利便性が高まっている。

顧客第一をモットーとするSpotwareは、更なるトレーディングエクスペリエンスの向上に向けた取り組みを推進している状況だ。最近では、SpotwareはcTraderコミュニティリーダープログラムを開始し、基幹製品であるcTraderをPRするインフルエンサーに様々な報酬を付与する体制を構築した。また、ユーザーの間で人気の高いフィボナッチやピッチフォーク、ギャン描画ツールをリリースした他、2021年4月にはcTraderモバイルの最新版もリリースするなど、継続的に機能面の改善を図っている。

Spotwareは利便性向上に繋がるcTraderデスクトップ4.1をリリースすることで、更なる顧客基盤の拡大が期待できそうだ。

release date 2021.08.04

出典元:

  1. Spotware(cTrader)

    https://ctrader.com/forum/announcements/36665

ニュースコメント

comment

cTraderのメリット・デメリットを概観


cTraderのメリット・デメリットを概観したい。同取引プラットフォームは使い勝手の良さに定評があり、ユーザーは詳細に説明書を読みこまなくても直感的に操作できる。また、cTraderは日本語に対応しており、設定を日本時間に切り替えることもできるため、日本人ユーザーにとって利便性の高い取引ツールと言える。更に、cTraderには板情報や複数ポジションの同時決済機能といった、スキャルピングなどの短期裁量トレードに向いた機能が備わっている他、ECN方式を採用しているため、リクオートのない透明性の高い取引ができる。一方、同取引プラットフォームのデメリットとしては、cTrader用のEA(自動売買システム)であるcTrader Automateやインディケータが日本語に対応しておらず、数も豊富ではないため、EAメインのユーザーにとっては不向きかもしれない。また、同取引プラットフォームを利用できる海外FXブローカーが限定的であるため、ユーザーは限られた選択肢から自身にマッチした業者を選択しなければならない。有力海外FXブローカーの中では、7月31日より仮想通貨の24時間取引を開始したFxProや、ハイスペックなトレード環境が売りのTradeview(トレードビュー)がcTraderを提供している。尚、最大200%の入金ボーナスを開催中のMYFX Marketsも、同取引プラットフォームの導入を検討しているという。多くの日本人ユーザーが、cTraderの特徴を踏まえつつ、これらの海外FXブローカーを通じて取引を活性化することに今後も期待したい。


Date

作成日

2021.08.04

Update

最終更新

2022.04.20

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル