Select Language

Admiral Markets AS、エストニア当局の罰金に異議を申し立てる可能性

Admiral Markets AS、エストニア当局の罰金に異議を申し立てる可能性

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.04.12 17:13
Admiral Markets AS、エストニア当局の罰金に異議を申し立てる可能性

update 2022.04.12 17:13

当局は市場全体の環境を考慮していないと反論

英国・ロンドンを拠点とする海外FX・CFDブローカーであるAdmiral Markets Group(本社:60 St. Martins Lane, Covent Garden, London, United Kingdom, WC2N 4JS United Kingdom[1])【以下、Admiral Marketsと称す】傘下のエストニア法人であるAdmiral Markets ASが、エストニア金融監督庁(Estonian Financial Supervision and Resolution Authority)【以下、EFSAと称す】による3万2,000ユーロの罰金に対して異議を申し立てる可能性があることが明らかになった。[2]

2020年4月、WTI(West Texas Intermediate)原油先物価格が史上初めてマイナス圏に沈んだ際に、Admiral Markets ASは金融商品の取引条件を変更していたが、EFSAは2021年2月9日、同社の透明性欠如を理由として罰金を科した。同庁によると、Admiral Markets ASは条件変更に際し、顧客に対して事前に通知を行っていない他、取引条件の変更は顧客の利益に資していないという。一方、同社はEFSAが市場全体の環境を考慮していないと指摘している。

EFSAによる罰金命令に際し、Admiral Markets ASのCEOを務めるSergei Bogatenkov氏は以下のようにコメントしている。

我々は常にお客様の最善の利益に資することにコミットしております。原油先物価格が史上初めてマイナス圏に沈む市場環境下において、我が社はお客様への影響を抑え、安定的に取引サービスを提供すべく、取引条件を変更するに至りました。我々は常に最高水準のサービスを提供すると共に、お客様やパートナーとオープンにコミュニケーションをとり、クオリティリーダーとなることを目指しております。我が社はお客様に対し、金融市場で生じ得るアノマリーを早期に伝え、慎重を期するよう注意を促しておりました。

Sergei Bogatenkov, CEO at Admiral Markets AS - Finance Magnatesより引用

Admiral Markets ASは当局による罰金命令に対して異議を申し立てるかどうか、最終的に決定していない模様であり、今後も同社の動向を見守りたい。

release date 2021.02.12

出典元:

ニュースコメント

サービスの刷新が求められるAdmiral Markets

ブレグジットを機に、英国・ロンドン市場で取引縮小懸念がくすぶると共に、今回Admiral Marketsのエストニア法人が取引条件の変更に関連して罰金を命じられており、グローバル展開するAdmiral Marketsにとっては、サービス提供体制の見直しを図る時期にあると言えそうだ。2月15日よりAdmiral Marketsは株式・ETFのCFD取引手数料無料サービスを廃止することを発表した。またReddit(レディット)投資家が主導する形で、GameStop(ゲームストップ)などの一部銘柄が乱高下する中、ペニー株(低位株)を原資産とする株式CFDの購入も禁止するなど、Admiral Marketsは既にサービス刷新に向けた取り組みを始めている模様だ。一方、オーストラリア・シドニーを拠点にデジタル証券取引プラットフォームを提供するStakeが英国でブローカレッジサービスを開始するにあたり、投資初心者を呼び込むべく、当初は取引手数料を無料としている。また、取引手数料無料の投資アプリを提供するBUXはドイツのユーザー数が10万人を突破するなど、現在のブローカレッジ業界では取引手数料無料サービスを提供するブローカーの勢いが増している。少額投資が可能な端株取引も提供する海外FXブローカーや、フィンテック企業などとの競争が激化する中、サービス刷新を求められるAdmiral Marketsが画期的なソリューションを講じることに期待したい。


Date

作成日

 : 2021.02.12

Update

最終更新

 : 2022.04.12

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

FXGTが賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催!

FXGTが2022年12月15日より、賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催します。1位には賞金500万円と副賞が授与される予定です。11月28日よりエントリーの受付が開始されます。
update2022.11.30 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

「サッカー×仮想通貨」で注目のファントークンとは?Binanceでの購入方法も解説

ファントークンとは、ファンとブランドの関係構築を目的とした仮想通貨です。保有者はブランドの方針決定に投票できるなどの特典を得られます。特にサッカークラブでのファントークン活用が注目されています。
update2022.11.21 20:00

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitでは様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」や「クーポン」が配布されることがあります。そこで、この2つのサービス内容と違いを紹介します。
update2022.05.23 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル