Select Language

FCA、CFD規制策の最終版を公表

FCA、CFD規制策の最終版を公表

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.01.26 13:04
FCA、CFD規制策の最終版を公表

update 2022.01.26 13:04

CFDレバレッジ制限は8月1日から適用開始

英国金融行動監視機構(Financial Conduct Authority)【以下、FCAと称す】は1日、個人投資家保護を目的としたCFD取引のレバレッジ制限及びマーケティング規制策の最終版を公表した。[1]

FCAが公表したCFD規制策の最終版においては、欧州証券市場監督局(European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】が2018年8月に導入したCFD規制策と同様に、アセットクラスに応じて最大レバレッジを2倍から30倍に制限する策を8月1日から適用させる方針だ。また、ブローカーは顧客の証拠金維持率が50%を下回った場合はロスカットの対象とし、預入証拠金以上に損失が拡大することを防ぐゼロカットシステムを導入する必要がある。更に、自社サイト内にリスク警告や顧客の損失割合の掲載が求められる他、金銭的であるか否かを問わず全てのインセンティブ供与が禁止されることになる。なお、ブレグジットの影響を鑑み、2019年4月にFCAは最終版となるCFD規制策の発表を延期していたが、今回の公表を受け英国当局のCFD規制方針も明確になったといえよう。加えて、ESMAが規制対象から除外している証券化商品(CFD-Like Options)に関しても、CFD同様の規制策を9月1日から適用させる意向であり、EEA(European Economic Area、欧州経済地域)諸国を拠点とする企業は、英国の個人投資家に対する該当の証券化商品の提供を禁止されることになる。

CFD規制策の最終版の公表に際し、FCAのストラテジー・コンペティション部門でエグゼクティブディレクターを務めるChristopher Woolard氏は、以下のようにコメントしている。

我々は、複数の企業が個人投資家の意向や実情に合致しないハイレバレッジのCFDを積極的に販売することにより、多くの投資家が損失を被っているという事実を確認した上で規制を行っております。EUの規制策は一時的なものでありますが、我々は恒久的に個人投資家を保護していく考えであります。

Christopher Woolard, executive director of strategy and competition at FCA - FCAより引用

伊国家証券委員会がCFD規制策を恒久化した他、ESMAが中東欧3か国の新規制策に同意するなど、欧州全域で規制強化の波が押し寄せている。欧州地域でサービス展開するブローカーにとっては、レグテック(フィンテックを活用して規制対応に関する課題解決を図る技術)の利用も含め、様々な規制に対応する社内体制の構築が急務になっているといえそうだ。

release date 2019.07.02

出典元:

ニュースコメント

CFD規制策を受けたブローカー各社の対応策に注目

CFD取引は、1つの口座で現物株や指数、外国為替、コモディティ等をほぼ24時間取引することができるほか、注文を受けたCFD業者は他の金融機関でのカバー取引によってリスク回避を行うため、トレーダーは通常のオプション取引におけるプレミアム価格等を考慮する必要がなく、シンプルで利便性の高いデリバティブ商品であると言える。しかしながら、相対取引の利益相反を回避するカバー取引はCFD業者の判断に委ねられており、この仕組みを悪用し、カバー取引で損失が出たと見せかけ預託証拠金を騙し取る詐欺行為も多く報告されているようだ。規制強化によって市場の健全化が推し進められる一方、投資環境は縮小傾向にあり、ESMAやFCA等の規制当局はオフショア市場へ流れた投資家を呼び戻すために並行して規制緩和も行っているが、依然として魅力的な投資環境とは言えない。今回CFD規制策の最終版が具体的に公表されたことで、今後活発になることが予想されるブローカー各社の顧客維持策にも注目していきたい。


Date

作成日

 : 2019.07.02

Update

最終更新

 : 2022.01.26

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

FXGTが賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催!

FXGTが2022年12月15日より、賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催します。1位には賞金500万円と副賞が授与される予定です。11月28日よりエントリーの受付が開始されます。
update2022.11.30 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

「サッカー×仮想通貨」で注目のファントークンとは?Binanceでの購入方法も解説

ファントークンとは、ファンとブランドの関係構築を目的とした仮想通貨です。保有者はブランドの方針決定に投票できるなどの特典を得られます。特にサッカークラブでのファントークン活用が注目されています。
update2022.11.21 20:00

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitでは様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」や「クーポン」が配布されることがあります。そこで、この2つのサービス内容と違いを紹介します。
update2022.05.23 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル