Select Language

FCA、CFD規制策の最終版を公表

世界のFXニュース

FCA、CFD規制策の最終版を公表

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:26
FCA、CFD規制策の最終版を公表

update 2021.08.31 15:26

CFDレバレッジ制限は8月1日から適用開始

英国金融行動監視機構(Financial Conduct Authority)【以下、FCAと称す】は1日、個人投資家保護を目的としたCFD取引のレバレッジ制限及びマーケティング規制策の最終版を公表した。[1]

FCAが公表したCFD規制策の最終版においては、欧州証券市場監督局(European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】が2018年8月に導入したCFD規制策と同様に、アセットクラスに応じて最大レバレッジを2倍から30倍に制限する策を8月1日から適用させる方針だ。また、ブローカーは顧客の証拠金維持率が50%を下回った場合はロスカットの対象とし、預入証拠金以上に損失が拡大することを防ぐゼロカットシステムを導入する必要がある。更に、自社サイト内にリスク警告や顧客の損失割合の掲載が求められる他、金銭的であるか否かを問わず全てのインセンティブ供与が禁止されることになる。なお、ブレグジットの影響を鑑み、2019年4月にFCAは最終版となるCFD規制策の発表を延期していたが、今回の公表を受け英国当局のCFD規制方針も明確になったといえよう。加えて、ESMAが規制対象から除外している証券化商品(CFD-Like Options)に関しても、CFD同様の規制策を9月1日から適用させる意向であり、EEA(European Economic Area、欧州経済地域)諸国を拠点とする企業は、英国の個人投資家に対する該当の証券化商品の提供を禁止されることになる。

CFD規制策の最終版の公表に際し、FCAのストラテジー・コンペティション部門でエグゼクティブディレクターを務めるChristopher Woolard氏は、以下のようにコメントしている。

我々は、複数の企業が個人投資家の意向や実情に合致しないハイレバレッジのCFDを積極的に販売することにより、多くの投資家が損失を被っているという事実を確認した上で規制を行っております。EUの規制策は一時的なものでありますが、我々は恒久的に個人投資家を保護していく考えであります。

Christopher Woolard, executive director of strategy and competition at FCA - FCAより引用

伊国家証券委員会がCFD規制策を恒久化した他、ESMAが中東欧3か国の新規制策に同意するなど、欧州全域で規制強化の波が押し寄せている。欧州地域でサービス展開するブローカーにとっては、レグテック(フィンテックを活用して規制対応に関する課題解決を図る技術)の利用も含め、様々な規制に対応する社内体制の構築が急務になっているといえそうだ。

release date 2019.07.02

出典元:

ニュースコメント

CFD規制策を受けたブローカー各社の対応策に注目

CFD取引は、1つの口座で現物株や指数、外国為替、コモディティ等をほぼ24時間取引することができるほか、注文を受けたCFD業者は他の金融機関でのカバー取引によってリスク回避を行うため、トレーダーは通常のオプション取引におけるプレミアム価格等を考慮する必要がなく、シンプルで利便性の高いデリバティブ商品であると言える。しかしながら、相対取引の利益相反を回避するカバー取引はCFD業者の判断に委ねられており、この仕組みを悪用し、カバー取引で損失が出たと見せかけ預託証拠金を騙し取る詐欺行為も多く報告されているようだ。規制強化によって市場の健全化が推し進められる一方、投資環境は縮小傾向にあり、ESMAやFCA等の規制当局はオフショア市場へ流れた投資家を呼び戻すために並行して規制緩和も行っているが、依然として魅力的な投資環境とは言えない。今回CFD規制策の最終版が具体的に公表されたことで、今後活発になることが予想されるブローカー各社の顧客維持策にも注目していきたい。


Date

作成日

 : 2019.07.02

Update

最終更新

 : 2021.08.31

著者情報

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arw
Peranakanka

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

関連記事

アクセスランキング

収益が毎日振り込まれる!Bybitに積立ステーキングサービスが新登場

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

Bybitが遂に「柴犬コイン(SHIB)」の取り扱いを開始

2021年10月21日より、仮想通貨取引所Bybitのデリバティブ取引で通貨ペア「SHIB1000/USDT」の取引が開始されました。この記事では、これに加えて、柴犬コインとその他6つの新たに取り扱いが始まった通貨について解説しています。
update2021.10.28 21:00

Bybitが国内銀行振込手数料無料キャンペーンを実施

Bybit(バイビット)は11月8日より、「国内銀行振込」での日本円での仮想通貨の購入に際して手数料無料のキャンペーンを開始しました。期間限定のキャンペーンで、12月8日午後2時30分(日本時間)まで開催されるということです。
update2021.11.12 21:00

仮想通貨ネム&シンボルがハードフォーク実施へ、その内容と価格への影響を解説

2021年11月、ネム(NEM)とシンボル(Symbol)がハードフォークする予定です。そこで、ネムとシンボルとはどのような仮想通貨でハードフォークの目的は何なのか、その後の運用体制等はどうなるのかについて確認します。
update2021.11.12 22:00

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンがBybitに上場!トークン配布イベントも実施中

2021年9月28日、BybitにBITトークンが上場しました。上場したのは現物取引市場で、取引可能なペアはBIT/USDTです。BITトークンは、自立分散型組織(DAO)BitDAOのガバナンストークンです。
update2021.09.29 20:00

BITトークンがBybitに上場へ!大規模イベント開催で値上がりか?

大手仮想通貨取引所Bybitが、9月28日にBITトークンを上場させる予定であることを発表しました。BITトークンは、Bybitが支援するBitDAOが発行したトークンで、いずれBybitに上場する可能性が濃厚だと噂されていました。しかし、Gate.ioなど、BITトークン発行後すぐに上場させた仮想通貨取引所から1ヶ月半ほど遅れての上場となりました。
update2021.09.21 20:00

Bybitがローンチパッド第2弾を開催!BITの保有量に応じてCBXを配布

Bybitが2021年10月25日、Bybitに上場予定の通貨を先行して配布するローンチパッドの第2弾を開催することを発表しました。「CropBytes」という農場ゲームで使われるトークン、CBXです。
update2021.10.26 21:00

Binanceがポルカドットのパラチェーンスロットオークションに対応

ポルカドット(DOT)がスロットオークションを開催しています。バイナンス(Binance)経由で参加するとメリットが大きいので、DOTスロットオークションとは何か、参加するにはどうすれば良いのかについて確認しましょう。
update2021.11.18 20:00

BinanceがNFTマーケットプレイスに新機能を追加

大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)が、NFTマーケットプレイスに新機能を追加しました。NFTの取引情報を可視化する機能や、ランキング機能などが追加されています。
update2021.11.24 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する