Select Language

MetaQuotes、iOS用MT5モバイルアプリをアップデート

MetaQuotes、iOS用MT5モバイルアプリをアップデート

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:26
MetaQuotes、iOS用MT5モバイルアプリをアップデート

update 2021.08.31 15:26

多機種に対応させると共に、QRコードなど様々な機能を追加

ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.【以下、MetaQuotesと称す】は、iOSに対応したMetaTrader5【以下、MT5と称す】モバイルアプリケーションをアップデートしたことを発表した。[1]

最新のMT5モバイルアプリは、iPhone シリーズXやXS、XS Max、XRの全4種のモデルで利用ができ、トレード履歴タブがアップデートされ、入出金手続きをそれぞれ別画面に表示させて処理することが可能になったという。また、新規アカウント登録に従来より素早く効率的な本人確認(KYC)プロセスを導入し、取引数量に関しても最小0.00000001ロット(小数点以下8ケタ)まで表示させる機能を追加したとのことだ。

加えて、今回のアップデートでは、デスクトップ版プラットフォーム内の口座開設ウィンドウから、スマートフォンカメラでQRコードを読み込むことで、簡単にMT5アカウントへログインすることが可能になる。また、普及が進むMT5チャット機能の新サービスが最適化され、添付ファイルのダウンロードを高速化し、メッセージ内のビデオファイルをMT5モバイルアプリ上で直接視聴できるようになった。更に言語選択機能を付帯させることで、より効果的にターゲットユーザーを定めることが可能になるようだ。

なお、MetaQuotesはTradaysに4か国を追加した他、ワードプレス上にTradaysを提供するなど様々なサービス提供を積極的に展開しており、継続的にサービス機能を高めていこうとする確固たる姿勢がうかがえる。そして今回、最新版のモバイルアプリに様々な機能やサービスを追加し、使い勝手の良さを向上させることで、利用ユーザーの拡大も期待できそうだ。

release date 2019.06.04

出典元:

ニュースコメント

スマートフォンアプリでのFX取引

スマートフォンでのFX取引は、場所を選ばず取引できることや、PC用の取引ツールと比較してチャート表示や操作性の面で平易にデザインされており、投資初心者からプロ投資家まで、あらゆる取引顧客層の需要が高い。その反面、画面サイズが小さいためチャートが見にくく、指で操作することにより誤操作が起きやすいデメリットがある他、通信環境に制限される場合もあり、デイトレードやスキャルピングには不向きであると言える。従来のiOS版MT5アプリでのログイン方法では、ブローカーから送付されたログイン情報をアプリに直接入力する必要があり、入力ミス等によるログインエラーが取引開始の障壁となっていた。今回のアップデートによってログイン時の煩わしさが軽減されたことにより、ユーザビリティの改善が見込まれている。また、MT5にはチャット機能が搭載されており、MT5を導入するブローカーのテクニカルサポートチームや、MT5を利用しているユーザー同士で、アプリ上で直接やりとりすることができる。今回チャットが最適化されたことで、アプリ上で動画ベースの情報交換が可能となり、iOS版アプリで提供されるトレード環境がデスクトップ版の環境へとさらに近づいたと言えよう。世界のスマートフォンシェア率を見ると、iPhoneが20%前後であるのに対し、Android(アンドロイド)は全体の50%以上を占めている。今回はiOS版MT5のアップデートが発表されたが、より多くの潜在的な新規顧客を抱えるAndroid版MT5のアップデートが期待される。


Date

作成日

 : 2019.06.04

Update

最終更新

 : 2021.08.31

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

FXGTが賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催!

FXGTが2022年12月15日より、賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催します。1位には賞金500万円と副賞が授与される予定です。11月28日よりエントリーの受付が開始されます。
update2022.11.30 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

「サッカー×仮想通貨」で注目のファントークンとは?Binanceでの購入方法も解説

ファントークンとは、ファンとブランドの関係構築を目的とした仮想通貨です。保有者はブランドの方針決定に投票できるなどの特典を得られます。特にサッカークラブでのファントークン活用が注目されています。
update2022.11.21 20:00

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitでは様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」や「クーポン」が配布されることがあります。そこで、この2つのサービス内容と違いを紹介します。
update2022.05.23 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル