Select Language

年始のフラッシュクラッシュでブローカーに甚大な損失

年始のフラッシュクラッシュでブローカーに甚大な損失

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.11.10 13:39
年始のフラッシュクラッシュでブローカーに甚大な損失

update 2022.11.10 13:39

9億4,300万円に上る追証未収金が発生

1月3日東京市場が開く前の早朝に起きた日本円のフラッシュクラッシュは、STP方式を採用する日本のブローカー及び円通貨ペアを取引するトレーダーに甚大な損失をもたらした。

約10分間に発生したこの度のフラッシュクラッシュは、ニュージーランド取引時間では非常に流動性が低い時間帯であったことから、スリッページの拡大と共に、次々にロスカット注文を巻き込み、クロス円主導で全ての主要通貨ペアが急落(日本円は急騰)する形となった。

日本のブローカーは、日本特有の規制枠組みの下で追証なしのゼロカットシステム(negative balance protection)を適用していないことから、甚大な損失を被る結果になったと言えよう。2015年1月に、スイスの中央銀行であるスイス国立銀行がユーロ/スイスフランの上限撤廃を決定したことをきっかけとするスイスフランショックとは影響の度合いが違うとしても、ゼロカットシステムを適用しないブローカーやトレーダーが巨額の損失を負ったという点では同じことを繰り返していると考えられている。

金融先物取引業協会によれば、日本のブローカーは、2019年最初の取引日において、合計9億4,300万円(8,600万ドル、月次速報値)に上るロスカット等未収金が発生しているとのことである。[1]顧客区分別に見ると、個人・法人のロスカット等未収金発生件数はそれぞれ6,389件、209件となり、発生金額にして、個人が8億800万円(740万ドル)、法人が1億3,500万円(120万ドル)に上る。なお、スイスフランショック時のロスカット等未収金額は、合計で約34億円(現在の為替レート換算で3,100万ドル)となり、まさに甚大な損失であったことが見てとれるであろう。

また、日本のブローカーにとっては、FX相場の急変動により再び多額の損失を被った事実から、リスク管理の脆弱性という課題が浮き彫りになったと言える。一方で、海外FXブローカーは、円通貨ペアの取引量がさほど大きくないことから、1月3日のフラッシュクラッシュによる影響は限定的なものであった模様だ。また、マーケットメイキング(値付け)業務を手掛けるブローカーの中には、膨大な利益を上げるところも出ていたようである。

この度のフラッシュクラッシュをきっかけに、金融庁(Japan Financial Services Agency, JFSA)が個人投資家向けのレバレッジ制限やゼロカットシステム適用の有無を議論する可能性が浮上したと考えられる。多額の損失を被ったブローカーにとっては、ゼロカットシステムを適用するか、再び損失を受けることを良しとするか2者択一の選択に迫られている状況だ。なお歴史を振り返れば、ヨーロッパで起きたスイスフランショック以降、リテールブローカーの間でゼロカットシステムを適用する機運が高まったことは確かであろう。

release date 2019.01.31

出典元:

ニュースコメント

フラッシュクラッシュに揺れる相場

1月3日に起きた日本のフラッシュクラッシュでのロスカット未収金として報告された9億4,300万円は、2015年のスイスショックの約34億円、2011年の東日本大震災の約17億円に次ぐ規模となる。2015年、中国人民元の切り下げや中国株の大暴落が要因となって起きたチャイナショックでのロスカット未収金は9億2,200万円と報告されており、今回のフラッシュクラッシュはチャイナショックよりも未収金額が大きいものとなった。このような大規模なボラティリティは頻繁に発生するわけではないものの、Bloombergによれば、日本の3日以上の連休に相場の急変動が起こりやすい傾向にあるのではないかと推測されており、日本では月曜が振替休日になる政策の影響で3連休が多いことに加え、今年は皇位継承に伴う一連の儀式もありゴールデンウィークが10連休になるという長期休暇も控えている。年初のフラッシュクラッシュから始まり、ボラティリティが高くなることが予想されている2019年の相場の動きには今後も注意が必要のようだ。


Date

作成日

 : 2019.01.31

Update

最終更新

 : 2022.11.10

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

FXGTが賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催!

FXGTが2022年12月15日より、賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催します。1位には賞金500万円と副賞が授与される予定です。11月28日よりエントリーの受付が開始されます。
update2022.11.30 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

「サッカー×仮想通貨」で注目のファントークンとは?Binanceでの購入方法も解説

ファントークンとは、ファンとブランドの関係構築を目的とした仮想通貨です。保有者はブランドの方針決定に投票できるなどの特典を得られます。特にサッカークラブでのファントークン活用が注目されています。
update2022.11.21 20:00

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitでは様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」や「クーポン」が配布されることがあります。そこで、この2つのサービス内容と違いを紹介します。
update2022.05.23 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル