Select Language

FCA、永続的なCFD取引規制を導入する意向

FCA、永続的なCFD取引規制を導入する意向

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.01.27 17:13
FCA、永続的なCFD取引規制を導入する意向

update 2022.01.27 17:13

複雑なデリバティブ商品取引を規制し、個人投資家保護を徹底

英国金融行動監視機構(The Financial Conduct Authority)【以下、FCAと称す】は12月7日、2年ほど前に初めて導入計画が示された一時的な措置であるCFD取引規制策[1]を、永続的なものにする方針である旨の声明を発表した。

複数の企業より規制の緩和が望まれていたものの、FCAは当初導入した規制枠組みを変更しない決断を下した。FCAが規制強化を図るのは、一部の企業による不正行為が散見されており、非常にハイリスクな取引が行われているため、投資家保護を強化する狙いがある。CFDばかりかバイナリーオプション取引禁止措置に関しても、永久的に禁止する意向を示している。

FCAは、この度の規制策を講じることにより、英国の個人投資家の年間損失が、CFDに関しては2億6,740万ポンドから4億5,070万ポンドほど減少、バイナリーオプションについては1,700万ポンド低減する試算を打ち出している。FCAがこれらの金融商品に対し非常にネガティブな印象を抱いていることが伺えるとともに、未認可ブローカーによるCFDやバイナリーオプションといった金融商品の提供こそが唯一の問題であるとの認識を示していることも注目したいところだ。

さらにFCAでは、金融機関が個人投資家に提供する複雑なデリバティブ商品群も規制対象に含めており、最大レバレッジ30倍の商品から2倍のものに至るまで、アセットクラスに応じてレバレッジ制限を設けている。FCAでは、2019年第1四半期に、仮想通貨CFD取引に関して検討する予定とのことである。なおFCAは2018年初頭に、デジタル通貨を現物取引に用いることを規制する方針を打ち出したことから、仮想通貨関連商品の取引に関しても、更なる規制強化の方向へ進むことが予想されよう。

永続的なCFD取引規制策を導入する意向を表明したことに際し、FCAのストラテジー・コンペティション(戦略・競争)部門でエグゼクティブディレクターを務めるChristopher Woolard氏は、以下のようにコメントしている。

これまで、数年間から現在に至るまで、監督業務に注力し、企業による不正行為を取締り、公正な取引環境の実現に努めて参りました。そのような経験の中で、我々は、投資経験の浅い個人投資家に対し、未認可ブローカーなどが複雑なデリバティブ商品を設計・提供することに懸念を抱いております。

Christopher Woolard, Executive Director of Strategy & Competition at FCA - FCAより引用

FCAでは、新たに導入する意向のCFD取引規制に加え、先物取引等その他のデリバティブ商品取引に関しても規制強化を図るべきか否か検討しているという。なお、新規制を課せられる企業に対して、CFDとバイナリーオプションは2019年2月まで、その他のデリバティブ商品規制措置に関しては2019年3月まで、広くフィードバックを求めるとのことである。

release date 2018.12.7

出典元:

ニュースコメント

顧客保護になるか、モラル・ハザードになるか

ESMAの新規制が導入されてから、一部のトレーダーは、欧州の規制の網にかからないオフショア市場へ移行している。2018年11月頭にESMAがバイナリーオプションの規制期間を延長することを発表し、各国規制当局も永続的なバイナリーオプション取引の規制を行っていく動きが見られている。11月下旬にはドイツ連邦金融監督局(Die Bundesanstalt für Finanzdien Stleistungsaufsicht, BaFin)が、個人投資家向けバイナリーオプション取引提供を永久に禁止する決断を下したことが報じられた。このようなことから、FCAやBaFinといった各国欧州当局は勿論、欧州域内全体をカバーする規制枠組みが、今後も更に強化されることが予想されよう。一方で、バイナリーオプションやCFDの規制が強化されるにしたがって、豊富な選択肢が可能なオフショアブローカーへの資金の流入や、レバレッジ制限のため初期投資が多額となり経済的な負担増などのデメリットも指摘されており、厳しすぎる規制はモラル・ハザードを招く原因となるのではないかとの懸念も上がっている。


Date

作成日

2018.12.07

Update

最終更新

2022.01.27

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル