Select Language

EU規制下ブローカーの顧客の損失の割合が明らかに

EU規制下ブローカーの顧客の損失の割合が明らかに

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.11.10 14:06
EU規制下ブローカーの顧客の損失の割合が明らかに

update 2022.11.10 14:06

ESMAの新規制により損益割合のデータ開示が義務付けられる

欧州証券市場監督局(The European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】は、8月より個人投資家保護を目的としたレバレッジや広告掲載に関する新しい規制を実施しているが、その中で、利益/損失発生口座の割合に関するデータを開示することもブローカーに義務付けている。

この度、大手海外FXブローカー30社において、利益/損失発生口座の割合に関するデータが開示されたが、これらのデータが規制強化の下、ハイレバレッジを提供するブローカー探しに躍起になるトレーダーにとって有益な情報であることは間違いなく、同時にブローカーにとっても今後の顧客獲得に向けた戦略を立てる上で貴重なデータであるといえる。

下記データが示す通り、利益発生口座の割合が多い上位5社は、AETOS、eToro、GBE Brokers、Darwinex、XMであることがわかるが、ソーシャルトレードやコピートレードを提供しているeToro(35%)やDarwinex(31%)が上位に位置付けていることから、ソーシャルトレードやコピートレードのようなトレード手法が顧客にとって有効であることを裏付けているといえる。なお、これらの数値は、各社が提供するサービスの質に比例するものではない点に注意していただきたい。

ブローカー名利益率損失率
AETOS36.3%63.7%
eToro35%65%
GBE brokers32.2%67.8%
Darwinex31%69%
XM Markets30.6%69.4%
Saxo Bank29%71%
HotForex29%71%
Teletrade28%71%
Markets.com27%72%
City Credit Capital26.9%73%
UFX.com25.3%73.1%
Think Markets25.3%74.7%
JFDBrokers25%75%
FXDD25%75%
FX Primus24.2%75.8%
CMC Markets22%78%
AVA Trade22%78%
IG Group21%79%
FxPro21%79%
Tickmill20.8%79.2%
FXCM20.2%79.8%
GAIN Capital20%80%
ActivTrades20%80%
Admiral Markets20%80%
Plus50019.4%80.6%
XTB18%82%
GKFX18%82%
EasyMarkets15%85%
HYCM15%85%
Vestle(previously iFORX)14%86%

このように取引実績がデータ化されれば、この情報をもとに誰もが勝率の高いブローカーを選択したいと考えるのは当然のことであろう。しかしながら、同時に損失になる割合が高いことにも留意すべきであり、グラフを見ての通り、70〜80%の顧客において損失が発生していることがわかる。

一方、これらのデータがブローカーにとって、今後のマーケティング戦略を立てる上で、非常に有用なデータとなる。かつては、FXの取引をすることによってお金を稼ぐことができるという魅力的なメッセージを表示させることが、ブローカーにとって非常に訴求率の高い宣伝方法であったが、それは過去のものとなったといえよう。

取引というのは顧客の意思決定で行われるため、ブローカーが顧客の損失を阻止することはできないものの、顧客の勝率を高めるための情報提供や、教育、またツールの提供といったサービスを充実させることが今後のブローカーの課題となることが見えてくる。取引に関する知識が不十分な顧客を持つブローカーは、損失を出す顧客数を増加させ、ひいては顧客獲得において不利な状況となることは明らかである。ブローカーは、このことを念頭に置き、今後のマーケティング戦略に注力していく必要があるだろう。

この度の取引実績のデータ開示により、今後、顧客とブローカーの双方にとって有益な情報に基づいた透明性の高い関係が築かれていくことに期待したい。

release date 2018.8.17


Date

作成日

2018.08.17

Update

最終更新

2022.11.10

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル