Select Language

日本金融庁、FXレバレッジの引き下げ案は見送りへ

日本金融庁、FXレバレッジの引き下げ案は見送りへ

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:23
日本金融庁、FXレバレッジの引き下げ案は見送りへ

update 2021.08.31 15:23

ブローカーへの規制を強化する方向に転換

日本金融庁(Japan Financial Services Agency,JFSA)は、かねてから検討していた、FX取引のレバレッジ10倍への引き下げ案を、現行の25倍に据え置く方針を固めた。

関係者の話では、レバレッジ10倍への引き下げ案は、見送り見込みとなったようで、金融庁は、ブローカーへの規制を強化する方向で検討を進めているとのことである。

金融庁は、有識者検討会において、トレーダーのリスクを軽減するために、FXブローカーのストレステストの厳格化や、日々の取引データの報告義務等を課す案などを新たに提案したとしている。規制強化により、増資等の対応ができない事業者が出てきた場合、事業者毎にレバレッジの上限を設定し、リスクとのバランスを取る余地を残すようだ。

店頭FX取引は、年4000兆円の規模まで拡大しており、2015年に起こったスイスフランショックのような、相場の急激な変動の際、個人投資家の注文が殺到し、ブローカーの財務健全性の悪化にとどまらず、カバー先の金融機関も巻き込みかねないという理由から、利用者保護の目的で金融庁はレバレッジの引き下げを検討してきた。

しかし、ブローカーや個人投資家の間での反対の声が多く、金融庁は、レバレッジ規制ではなく、ブローカーへの規制や監督を強める方針に転換したようだ。

release date 2018.5.29


Date

作成日

 : 2018.05.29

Update

最終更新

 : 2021.08.31

著者情報

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
Peranakanka

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

関連記事

アクセスランキング

SNSで話題のエバードームとは? 火星が舞台のメタバースプロジェクト

メタバースプロジェクトのエバードーム(EVERDOME)が、トークンセール実施を発表しました。そこで、トークンセールの概要に加えて、エバードームとは何か、注意点は何かなどについて解説します。
update2022.01.20 20:00

Bybitで「元素騎士オンライン-META WORLD-」の独自トークンMVを無料でプレゼント!

Bybitが「元素騎士オンライン-META WORLD-」のガバナンストークン「MV(メタバーストークン)」のプレゼントキャンペーンを開催中です(1月26日まで)。配布総数は13,500,000MV、もらえるチャンスは3つあります。
update2022.01.20 21:00

収益が毎日振り込まれる!Bybitに積立ステーキングサービスが新登場

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

モンスター対戦ゲームのトークンGGMがBybitローンチパッドに登場!

2022年1月10日、Bybitがローンチパッド開催を発表しました。今回もらえるトークンは、Play-to-Earnゲーム「Monster Galaxy P2E」で使われるトークン「GGM」です。
update2022.01.11 20:00

シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)がBybitの積立ステーキングに新登場

2021年12月2日、Bybitはシンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)を積立ステーキング(預け入れるだけで毎日仮想通貨をもらえるサービス)に採用しました。
update2021.12.07 21:00

BybitのNFTマーケットプレイスオープン記念でモンスター対戦ゲームのNFTプレゼント!

仮想通貨取引所Bybit(バイビット)は、2022年1月20日の「NFTマーケットプレイス」のオープンを記念して、モンスター対戦ゲーム「Monster Galaxy P2E」の特製NFTやゲーム内暗号通貨「GGM」を受け取れるキャンペーンを開催します。
update2022.01.19 20:00

仮想空間の「メタトーキョー」で土地の販売が開始

2021年12月、TOKAUは独自のメタバース空間「MetaCity」内にある土地「MetaTokyo」の販売を開始しました。ユーザーは、その土地を売買したり貸し出したりしてトークンを稼ぐことができます。そこで、セールの内容や仕組みを紹介します。
update2021.12.24 20:40

日本発のブロックチェーンAstar Network(ASTR)の立ち上げが完了

ポルカドットで構築された日本発のブロックチェーン、Astar Networkの立ち上げが完了しました。そこで、インターオペラビリティ(相互運用性)を重視したこのプロジェクトの内容や、将来性を紹介します。
update2022.01.21 20:00

BybitのNFTマーケットプレイスがオープン!

BybitがNFTマーケットプレイスを公開しました。クリエイター向けの特典や格安な手数料(購入者は無料)、総額20,000USDTのオープニングキャンペーン(1月31日まで)もありますので、具体的な仕様などを紹介します。
update2022.01.21 21:00

リップル社会長、仮想通貨のコンセンサスアルゴリズム移行を提言

Ripple, Inc.【以下、リップル社と称す】の共同創設者兼会長であるChris Larsen氏は、ビットコイン(Bitcoin)を始めとする仮想通貨(暗号資産)がPoW(プルーフ・オブ・ワーク)から脱却し、効率的で環境負荷の低いコンセンサスアルゴリズムに移行すべきだとの考えを示した。
update2021.04.26 18:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル