Select Language

過熱する英国のCFD市場

過熱する英国のCFD市場

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:23
過熱する英国のCFD市場

update 2021.08.31 15:23

英国におけるCFD取引量、前年比21%の増加

1日の平均取引量が2兆4,000億ドルにも及ぶ、世界最大規模の外為マーケットをもつ英国では、昨年に引き続き、CFD分野において著しい成長を遂げている。英国のCFD取引量は前年比21%の大きな伸びをみせた。英国のFX・CFDブローカーであるPlus500UK Ltd(本社:45 Moorfields | London EC2Y 9AE)【以下、Plus500と称す】の大きな発展がこの成長を支えたと言われている。

英国のレバレッジ取引リポートを発行しているInvestment Trends(本社:Level 2, New London House, 6 London St, London EC3R 7LP, UK)のリサーチディレクターであるIrene Guiamatsia氏は、引き続きCFD業界が大きく成長していくことを期待しており、次のようにコメントしている。

Plus500の台頭は、CFD業界に革新をもたらしました。もはやCFDは英国で伝統的に人気の高い、スプレッドベッティングの利用者数に並ぶ勢いです。英国のトレーダーは世界的に見てブローカーが提供するサービスに対して満足度が高いです。CMC Marketsの業績やサービスの向上も目覚ましく、今後も間違いなく業界全体がさらに大きく成長していくことでしょう。

Irene Guiamatsia, Research Director of Investment Trends

またFXや、CFD、スプレッドベッティングを提供している金融オンライン取引サービスプロバイダーであるIG Index Limited and IG Markets Limited(本社:Cannon Bridge House 25 Dowgate Hill London EC4R 2YA UK)【以下、IG Groupと称す】は、英国市場で3分の1以上のシェアを占め、業界トップの地位を維持している。業界2番手であるCMC Markets UK plc(本社:133 Houndsditch London)【以下、CMC Marketsと称す】の4倍のシェアを誇り、業界をけん引する揺るぎない地位を築いている。

先のIrene Guiamatsia氏も、IG Groupの確固たるブランドの存在は、業界のリーダーシップを築く上で必要であると語る。今年の5月に13,800人を超えるトレーダーと投資家を対象に実施した調査から、英国のトレーダーは、ブローカーが提供する顧客サービスに対し非常に満足していることが伺える。CMC Marketsの顧客は、サービス全体に満足しており、IG Groupの顧客は、サービスに加え、教育ツールや、取引プラットフォーム、関連機能等に大変満足していることが調査で明らかになった。

IG Groupは、金融オンライン取引サービスのプロバイダーで、1998年に初めてスプレッドベッティングのオンライン取引システムを導入した。日本を含む17か国にオフィスを持ち、140カ国以上の顧客にサービスを提供している。

CMC Marketsは、FCAの認可以外にも、フランス金融市場庁など、EUの複数の規制当局の認可を得たブローカーである。英国、オーストラリア、ドイツ、シンガポールなど14カ国にオフィスを構え、リテール顧客や法人顧客を対象に、FXやCFD、株式などの取引を提供している。

release date 2017.07.17


Date

作成日

 : 2017.07.17

Update

最終更新

 : 2021.08.31

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

【SNSで話題】解説本『いちばんやさしいWeb3の教本』が炎上

『いちばんやさしいWeb3の教本』に批判が集まっています。なぜ、批判が集まったのでしょうか。そして、出版元は、この批判を受けてどのように対応したでしょうか。その経緯等を紹介します。
update2022.07.25 20:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00

STEPNアップデートで価格は上昇する?暴落後の動向に注目

STEPNは、2022年6月以降に大幅なアップデートを複数回実行しました。そこで、その内容やGST価格動向を紹介します。
update2022.08.04 20:30

TKO木本氏のトラブルで問題視されるポンジスキームとは?

TKOの木本武宏氏の投資トラブルが、大きな話題となっています。仮想通貨絡みだという噂もあります。そこで、ポンジスキームとともに、他の詐欺手法についても解説します。
update2022.07.29 21:00

FXGTがスワップフリーに!取引条件が大幅改善

FXGTが、スワップフリー導入を発表しました。すべての口座において対象銘柄のスワップが廃止されます。一部の銘柄はスワップフリーの対象外となるため注意が必要です。
update2022.08.02 19:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

日本発のNFTプロジェクトTokyo Mongz Hills ClubがNFT販売実施を発表

日本発のNFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」がNFT販売を発表しました。今後、このプロジェクトはどこに向かっていくのでしょうか。そして、ユーザーの反応はどんな感じでしょうか。
update2022.07.20 20:00

Bybitの流動性マイニングとは?メリット・デメリットや始め方を解説

2022年5月、Bybitが流動性マイニングのサービスを開始しました。このサービスに仮想通貨を提供すると、手数料を受け取れます。また、独自の特徴としてレバレッジがあり、資金効率を高めつつ稼ぐこともできます。そこで、メリットやデメリット、そして使い方を紹介します。
update2022.06.13 20:30

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

日本で人気の仮想通貨IOST、2022年前半の重大発表や動向を解説

IOSTは、2022年の重大発表を契機にしてSNSで話題になるとともに、価格が上昇しました。そこで、重大発表の内容や価格動向を紹介します。
update2022.07.06 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル