Select Language

ポンド円リアルタイムオーダー=199.00円に売りオーダー

ポンド円リアルタイムオーダー=199.00円に売りオーダー

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
New update 2024.05.21 14:59

update 2024.05.21 14:59

201.00円 超えるとストップロス買いやや小さめ

200.50円 売り小さめ

200.00円 売り・超えるとストップロス買い小さめ

199.80円 売り小さめ

199.50円 売りやや小さめ

199.40円 売り小さめ

199.20円 売り小さめ・超えるとストップロス買い小さめ

199.00円 売り・超えるとストップロス買い小さめ


198.73円 5/21 14:37現在(高値198.91円 - 安値198.44円)


198.30円 割り込むとストップロス売り小さめ

198.00円 買い小さめ

197.60円 割り込むとストップロス売り小さめ

197.30円 割り込むとストップロス売り

197.00円 買い小さめ・割り込むとストップロス売り小さめ

196.90円 買い小さめ・割り込むとストップロス売り小さめ

196.80円 買い小さめ

196.40-50円 買い小さめ

196.00円 買いやや小さめ


(関口)


DZHフィナンシャルリサーチ提供: 2024.05.21

この記事は、Myforexメンバー専用のコンテンツです。
ログインしてからご覧下さい。


Date

作成日

2024.05.21

Update

最終更新

2024.05.21

関連記事


もっと見る

DZHフィナンシャルリサーチ

株や為替を中心とした情報サービス提供企業であり、多くのFX会社にニュースを配信している。
為替分野では、各市場の概況からアナリストの独自分析まで幅広い記事を取り扱う。
ディーラー業務経験者など、経験豊富な専門家を揃えている。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

話題のニュース

新着ニュース

update2024.06.14 (金) 20:30
暗号資産 話題のニュース

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)はPirate Nationの独自トークンであるPIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。ローンチプールは、特定の仮想通貨(暗号資産)を預け入れることで、新規上場トークンが毎日無料で配布されるBybitのサービスです。PIRATEのローンチプールでは、PIRATE、MNT、USDTを預け入れた利用者が総額1,000万PIRATEの報酬を山分けすることになります。開催期間は、2024年6月13日午後1時から6月20日午後1時(日本時間)となっています。目次[非表示]仮想通貨PIRATEとはブロックチェーンゲーム企業のProof of Playが開発仮想通貨PIRATEの使い道ステーキングジェムの購入ローンチプールとは?ローンチプールの詳細配当付与のタイミング利回りの計算方法Bybitローンチプールの参加方法BybitでPIRATEを購入する方法無料で新規上場通貨を獲得できる仮想通貨PIRATEとは仮想通貨(暗号資産)PIRATEは、ブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」の独自トークンです。Pirate Nationのエコシステム内で様々な役割を持つ、ユーティリティトークンとして機能します。画像引用:Pirate NationPirate Nationは、海賊をテーマとしたブロックチェーンゲーム(BCG)です。ゲームスタジオのProof of Playによる独自ブロックチェーン「Apex chain」上で開発されており、フルオンチェーンのBCGとしても知られています。ゲーム自体はロールプレイング形式(RPG)となっており、プレイヤーは海賊を集めて冒険に送り出し、宝物やクラフト用の材料、金などを集めたり、敵とバトルしたりして遊びます。海賊は冒険を通して経験を積むことで、レベルアップしていく仕組みだとされています。画像引用:Pirate Nationブロックチェーンゲーム企業のProof of Playが開発Pirate Nationは、ブロックチェーンゲーム企業のProof of Playによって開発されています。Proof of Playは、ベテランのゲーム開発チームであり、ZyngaやEpic Games、Electronic Artsなど有名ゲーム企業に所属していたメンバーで構成されているようです。2023年9月には、a16zなどの有名VCから3,300万ドルの資金調達を発表しており、Proof of Playには強力な後ろ盾があることがわかります。仮想通貨PIRATEの使い道仮想通貨(暗号資産)PIRATEの使い道として、以下が挙げられます。ステーキングジェムの購入ステーキングPIRATEホルダーは、保有しているPIRATEをステーキングして、Proof of Playポイントを獲得できます。Proof of Playポイントは、エコシステム参加者への新しい報酬システムであり、ポイントを貯めることで特典が得られると考えられます。ジェムの購入ジェムとは、Pirate Nationのゲーム内通貨であり、PIRATEを使って購入できます。プレイヤーは、ジェムで追加エネルギーを購入したり、一部のクエストなどで必要なアイテムを補充したりできます。ローンチプールとは?Bybitローンチプールは、Bybit(バイビット)が提供するステーキングサービスです。指定された仮想通貨(暗号資産)を預け入れると、新規発行されるトークンが無料でもらえます。また、預け入れた仮想通貨はいつでも自由に引き出せ、キャンペーン終了後は全額ウォレットに戻すことができますので、リスクなく参加できます。ローンチプールの詳細今回のPIRATEのローンチプールでは、PIRATEプール、MNTプール、USDTプールが用意されています。PIRATEプールにはPIRATE、MNTプールにはMNT、USDTプールにはUSDTを預け入れることで参加可能です。なお、預け入れた仮想通貨はいつでも払い戻すことができます。PIRATEプールの詳細は以下の通りです。賞金総額300万 PIRATE預け入れ資産PIRATE期間2024年6月13日午後1時〜6月20日午後1時(日本時間)参加条件・PIRATEの保有・KYC(本人確認)レベル1MNTプールの詳細は以下の通りです。賞金総額200万 PIRATE預け入れ資産MNT期間2024年6月13日午後1時〜6月20日午後1時(日本時間)参加条件・MNTの保有・KYC(本人確認)レベル1USDTプールの詳細は以下の通りです。賞金総額500万 PIRATE預け入れ資産USDT期間2024年6月13日午後1時〜6月20日午後1時(日本時間)参加条件・USDTの保有・KYC(本人確認)レベル12023年5月8日以降、Bybitでは入金や取引、資産運用サービスなどの利用には、本人確認(KYCレベル1)が必須となりました。ローンチプールに参加するためにも、事前にKYCレベル1を完了させておきましょう。配当付与のタイミングローンチプールの計測は預け入れたタイミングではなく、日本時間朝9時から始まります。さらにその翌日の朝9時に配当が付与されます。朝9時以降に預け入れた場合、配当付与は翌々日になるということですね。預け入れた通貨はいつでも引き出し可能ですが、引き出した日から配当を受けられなくなりますので注意が必要です。利回りの計算方法ローンチプールの利回りは、「自分が預けた通貨数量」と「全参加者が預け入れた通貨総数」と「報酬総額」によって決定します。参加者が預け入れた総数が多ければ多いほど年間利回りは低くなる仕様であり、一定の利回りを貰い続けられるわけではありません。具体的な利回りの計算方法は、以下のようになります。PIRATEプールの報酬 = (自分が預け入れたPIRATE数量 ÷ 全参加者が預け入れたPIRATE総数) × PIRATEプールの賞金総額MNTプールの報酬 = (自分が預け入れたMNT数量 ÷ 全参加者が預け入れたMNT総数) × MNTプールの賞金総額USDTプールの報酬 = (自分が預け入れたUSDT数量 ÷ 全参加者が預け入れたUSDT総数) × USDTプールの賞金総額Bybitローンチプールの参加方法手順1以下のリンクをクリックし、ローンチプールのぺージを開きます。Bybitローンチプールのページへ手順2ローンチプールのページにアクセスしたら、まずは「参加登録」ボタンをクリックします。手順3参加登録が完了したら、「確認」ボタンをクリックします。手順4「PIRATEプール」「MNTプール」「USDTプール」の枠内にある、「ステーキングして獲得しよう」と表示されたボタンをクリックします。手順5ステーキングする数量を入力します。その後、「私はローンチプール利用規約を読み、内容に同意しました。」のチェックボックスにチェックを入れ、「確定」ボタンをクリックします。手順6ステーキングが完了したら、「ステーキング完了」というメッセージが表示されます。これで、Bybitローンチプールでのステーキングは完了です。ステーキング状況を確認したい場合は、「注文を確認」ボタンをクリックします。その後、ローンチプールでのステーキング履歴を確認できる専用ページに遷移します。BybitでPIRATEを購入する方法Bybit(バイビット)では、3つの手順でPIRATEを購入できます。購入ページにアクセス購入条件を入力内容を確認して購入手順1まずは以下のリンクをクリックし、PIRATEの購入ページ(PIRATE/USDT)にアクセスします。BybitのPIRATE購入ページへ手順2ここでは最もシンプルな「成行」での購入方法を紹介します。成行でPIRATEを購入するには、以下のように操作をして「PIRATEを買う」をクリックします。番号項目説明1「買い」または「売り」通貨ペアの左の通貨を買って右の通貨を売るなら「買い」、左の通貨を売って右の通貨を買うなら「売り」を選びます。2注文方法成行を選びます。3注文価格購入したい数量を入力します。PIRATEはUSDTを支払って購入します。そのため、USDTの残高が十分でない場合は、入金や両替が必要です。手順3内容を確認して「PIRATEを買う」をクリックします。注文は即座に確定し、購入したPIRATEは現物アカウント残高に反映されます。以下の記事では、買い方に関してより詳しく説明しています。有利な価格を指定する「指値」の使い方なども解説しています。無料で新規上場通貨を獲得できるBybit(バイビット)のローンチプールは、新規上場通貨を無料で獲得できるイベントのため人気があります。参加するにはトークンの預け入れが必要となりますが、預け入れた仮想通貨はいつでも払戻しが可能です。そのため、ウォレットに保有するのと同じような感覚で利用できます。ローンチプールは期間限定のイベントなので、開催期間中は上手に活用したいですね。
update2024.06.14 (金) 20:00
暗号資産 話題のニュース

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylon(バビロン)はビットコイン(BTC)のステーキングプロトコルです。ビットコインホルダーは、Babylonでステーキングを行い報酬を得ることができます。2024年5月30日、Babylonの運営チームが7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで、SNS上で注目が集まっています。当記事では、Babylonの特徴や将来性、X(旧Twitter)での評判などを解説します。目次[非表示]Babylonとはビットコインをステーキングできるステーキング報酬としてアルトコインを獲得PoSチェーンのセキュリティを強化X(旧Twitter)での評判Babylonの将来性Binance Labsなどから合計約1億ドルを調達研究者を含む精鋭揃いの運営チームテストネットでは2万人以上が参加85のプロジェクトと提携Babylonの特徴ビットコインの没収による不正防止機能ステーキングの柔軟性リステーキングも開発中Babylonのリスクビットコインステーキングの開拓者となるかBabylonとは画像引用:BabylonBabylonは、ビットコインのステーキングプロトコルです。保有するビットコインを積極的に運用し、報酬を得たいユーザー向けのプラットフォームだといえるでしょう。ビットコインをステーキングできるBabylonでは、保有するビットコインをステーキングすることができます。ビットコインは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のブロックチェーンです。そのため、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)のイーサリアム(ETH)などとは異なり、ビットコインは基本的にステーキングができません。Babylonはこの課題を解決するため、ビットコイン向けのステーキングプロトコルを開発しています。ビットコインホルダーはBabylonにビットコインを預けることで、ステーキング報酬を獲得できます。ステーキング報酬としてアルトコインを獲得画像引用:BabylonBabylonでビットコインをステーキングすると、どのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)チェーンに預けるかを選択できます。そして、預け先のPoSチェーンからステーキング報酬としてアルトコインを受け取れます。当記事執筆時点(2024年6月10日)でBabylonのメインネットはローンチされておらず、テストネットを実施中です。ステーキングで受け取れる報酬の銘柄や利率は明かされていないため、続報に期待しましょう。PoSチェーンのセキュリティを強化Babylonは、ビットコインのステーキングプロトコルであると同時に、セキュリティ共有プロトコルでもあります。ユーザーから預かったビットコインを活用し、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)チェーンのセキュリティを強化します。画像引用:BabylonPoSのブロックチェーンでは、セキュリティを維持するために莫大な資本が必要です。一方で、世界最大の時価総額を誇るビットコインは、そのほとんどが遊休状態にあり活用されていないのが実情です。BabylonはビットコインをPoSチェーン向けにステーキング可能にすることで、ビットコインホルダーがPoSチェーンのセキュリティ維持に貢献できるようにします。X(旧Twitter)での評判ビットコインのステーキングプロトコルBabylonは、2024年5月に資金調達を発表したこともあり、X(旧Twitter)上で話題となっています。中には「BabylonなどのビットコインDeFiは今後数ヶ月間、魅力的なナラティブ(物語)となるだろう」と期待するユーザーも見受けられました。Babylonの将来性Babylonの将来性に関して、以下の4点を踏まえて考察します。Binance Labsなどから合計約1億ドルを調達研究者を含む精鋭揃いの運営チームテストネットでは2万人以上が参加85のプロジェクトと提携Binance Labsなどから合計約1億ドルを調達画像引用:Babylon2024年5月30日にBabylonの運営チームは、7,000万ドルの資金調達を行ったことを発表しました。ParadigmやPolychainなど仮想通貨(暗号資産)業界で有名なベンチャーキャピタルが出資したようです。またBabylonは、2024年2月にBinance Labsからも出資を受けています。大手取引所Binance(バイナンス)の共同創業者であるYi He氏は「ビットコインのステーキングは業界にとって重要なユースケースの導入である」とコメントしています。画像引用:Binance当記事執筆時点(2024年6月10日)で、Babylonの累計調達金額は1億ドルを超えています。仮想通貨関連のスタートアップのなかでも、非常に規模の大きいプロジェクトであることがわかります。研究者を含む精鋭揃いの運営チームBabylonの共同創業者であるDavid Tse氏は、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得し、カリフォルニア大学バークレー校で長年教授を務めた研究者です。現在はスタンフォード大学で教授を務めながら、Babylonの運営に携わっています。同じく共同創業者のFisher Yu氏は、南カリフォルニア大学でブロックチェーンの研究を行っていました。テストネットでは2万人以上が参加画像引用:BabylonBabylonは2024年6月に「テストネット4」を実施しました。このテストネットでは、約2万8,000人のユーザーがビットコインのステーキングに参加したようです。これからBabylonがメインネットに移行することで、より多くのユーザーがビットコインのステーキングに参加することが予想されます。85のプロジェクトと提携Babylonはビットコインを活用して、様々な分散型プロジェクトのセキュリティ維持に貢献する予定です。当記事執筆時点(2024年6月10日)で、Babylonはすでに85のプロジェクトと提携しています。画像引用:Babylon具体的な提携先のプロジェクトとして、ブロックチェーンの相互運用を可能にするCosmos Hubや、金融業界向けレイヤー1のInjective、仮想通貨ハードウェアウォレットのLedgerなどが挙げられます。Babylonの特徴Babylonには、以下のような特徴があります。ビットコインの没収による不正防止機能ステーキングの柔軟性リステーキングも開発中ビットコインの没収による不正防止機能Babylonでは、PoSチェーンを攻撃したステーカーのビットコインをスラッシュ(没収)する仕組みを導入することで、不正行為を防止しています。一般的に、PoSチェーンにおけるステーキングでは、ステーカーが不正を働いた場合、預けている資産の一部が没収されます。そしてこのことが、不正行為に対する抑止力となっています。同様にBabylonでは、ステーカーがPoSチェーンを攻撃した場合、預けているビットコインが自動的に使えなくなる(焼却される)仕組みになっています。この仕組みにより、Babylonでは第三者の介入を必要とすることなく、シンプルかつ安全なステーキングを実現しています。ステーキングの柔軟性Babylonは独自の工夫を取り入れることで、ステーキングしたビットコインの柔軟な引き出しを可能にしています。多くのステーキングプロトコルでは、一度ステーキングした資産を引き出すのに一定時間を要するのが一般的です。これは、ステーキング期間中に資産を自由に動かせてしまうと、システムの安定性が損なわれる恐れがあるためです。一方、Babylonではビットコインネットワークとステーキング先のPoSチェーンとの間で高度な連携技術を用いることで、この課題を解決しています。これにより、ユーザーはステーキングしたビットコインを比較的短期間でロック解除し、柔軟にステーキングの開始や停止を行うことができます。リステーキングも開発中当記事執筆時点(2024年6月10日)で、Babylonはビットコインのリステーキングも開発中のようです。リステーキングは、イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上のプロトコルEigenLayer(アイゲンレイヤー)によって考案された新しい仕組みです。すでに数多くのプロジェクトがリステーキングプロトコルの開発に取り組んでおり、仮想通貨(暗号資産)業界で話題になっています。Babylonがリステーキングを導入することで、ビットコインホルダーにとってさらに新しい運用機会が生まれることになります。BabylonのリスクBabylonのリスクとして、PoSチェーンのスマートコントラクトのハッキングやバグが考えられます。そもそもステーキングとは、プロトコルのスマートコントラクトを信用して資産を「預ける」行為です。BabylonのステーキングではPoSチェーンにビットコインを預けることになるので、PoSチェーンに起因するハッキングやバグの被害にあう可能性があります。ビットコインは非常に堅牢なチェーンとして知られていますが、PoSチェーン側がビットコインと同じように強固なセキュリティを維持できるとは限りません。Babylonを利用する際には、ステーキングで得られる報酬とリスクが見合うかどうかを検討する必要があるでしょう。ビットコインステーキングの開拓者となるかイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)のホルダーと比べると、ビットコインホルダーにとってステーキングはあまり馴染みのない概念だったかもしれません。しかし、Babylonがビットコインのステーキングを実現することで、今後普及していく可能性があります。ステーキングにはリスクが存在するものの、資産を預けておくだけで利回りが得られる点は魅力的です。これからBabylonが順調にメインネットのローンチまで漕ぎ着けるのか、期待しましょう。
update2024.06.14 (金) 19:30
FXブローカー 話題のニュース

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

海外FX業者のMilton Marketsでは、6月にも1万円FXチャレンジを開催します。ランキング上位に入賞したトレーダーには最大100万円の賞金が授与されるので、かなり期待値の高い大会であるといえます。ランキング上位に入賞できなくても、チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。ただしMilton Marketsが定期的に40%入金ボーナスを開催していることからこちらは一押しというほどではありません。また1万円FXチャレンジと同時に、抽選で3名に7月のFXチャレンジ参加費1万円がプレゼントされる「Xリポストキャンペーン」も開催されます。目次[非表示]1万円FXチャレンジの概要FXチャレンジの条件FXチャレンジ口座のスペック敗者復活スペシャルルールランキング入賞者には最大100万円の賞金を授与参加方法1万円FXチャレンジの注意点Xリポストキャンペーンの概要キャンペーンに力を入れるMilton Marketsトレーダーとしての実力を試すチャンス1万円FXチャレンジの概要6月のFXチャレンジの開催期間は、2024年6月17日から6月29日までです。FXチャレンジに参加するには、2024年6月16日午後11時59分までにエントリーを済ませておきましょう。エントリー受付期間2024年6月16日午後11時59分(日本時間)までコンテスト期間2024年6月17日から6月29日マーケットクローズまで参加費用1万円(資金移動可)景品賞金50%入金ボーナスチケット(有効期限2024年7月31日)FXチャレンジに参加する1万円FXチャレンジへはその名の通り、1万円で参加できます。新規入金だけでなく、資金移動をしてチャレンジ資金へ充てられるので、Milton Markets(ミルトンマーケッツ)で普段から取引を行っている方は比較的参加しやすいでしょう。FXチャレンジの条件FXチャレンジの条件は以下の通りです。対象銘柄FX通貨ぺアのみチャレンジ達成条件1ロット以上の取引利益率200%以上ニックネームを登録ニックネームを登録後、キャンペーン期間中に1ロット以上の取引を行い、利益率が200%以上になれば条件達成です。条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが付与されますが、Milton Marketsでは定期的に40%入金ボーナスを開催していることから、ボーナスチケットは一押しというほどではありません。チャレンジ達成の肝になるのは、やはり取引数量と利益率に関する条件です。2週間で1万円の資金をもとに1ロット以上の取引を行わなければならないとなると、かなりハイレバレッジの取引を行うか、短期取引を繰り返すかしなければならないでしょう。またFX通貨ぺアのみが取引対象なので、通貨ぺアで高いボラティリティが発生するかどうかもチャレンジを達成できるかに関わると予想されます。FXチャレンジ口座のスペック1万円FXチャレンジでは、チャレンジ専用の口座を使います。チャレンジ口座のスペックは以下の通りです。口座通貨円レバレッジ口座残高15万円未満:1,000倍口座残高15万円以上:500倍開設可能なチャレンジ口座1ユーザーにつき1口座FXチャレンジ口座は円建ての口座です。またチャレンジがスタートした時点でのレバレッジは1,000倍となっていますが、口座残高が15万円以上になると、レバレッジが500倍に制限されます。5月に開催された同チャレンジでは、ランキング1位に輝いたユーザーでも利益率が約1,100%であったため、基本的に1,000倍のレバレッジで挑戦すると考えてよいでしょう。敗者復活スペシャルルールチャレンジ期間の1週目に90%以上の損失が発生した場合、2週目以降に再エントリーできる敗者復活スペシャルルールが設けられています。2週目以降に新しいチャレンジ口座を開設して、1万円を入金すると再チャレンジできます。ただし再エントリーは承認制です。マイページのプロフィールにある「FXチャレンジ再挑戦」から再度エントリーの申請を行う必要があります。承認されると登録したメールアドレスに新しいチャレンジ口座のパスワードが送信されます。承認メールの受信後、新しい口座に1万円を入金すれば再エントリーは完了です。ランキング入賞者には最大100万円の賞金を授与今回のFXチャレンジでは、最大100万円の賞金が用意されています。賞金を受け取れるのは高い利益を出した上位3名です。順位賞金1位100万円2位50万円3位20万円1位の参加者には100万円、2位の参加者には50万円、3位の参加者には20万円が授与されます。ランキングの対象となるのは、チャレンジ条件を達成したトレーダーであり、高い利益を出していても、取引量が1ロットに満たない場合は対象外となる点には注意が必要です。1万円の資金で20倍以上のリターンを狙える点では、非常に期待値が高いといえます。6月初頭からFXGTでも(エフエックスジーティー)同様のチャレンジが開催されていますが、1位と2位のリターン率はFXGTのチャレンジで1位となるよりも高くなっています。ただし4月、5月に開催された同チャレンジの結果を見る限り、1,000倍のレバレッジをフル活用したギャンブル的なトレードを行わないと上位入賞は厳しいと予想されます。上位3位以内を狙うなら、利益率1,000%以上を目指したいところです。参加方法Milton Markets(ミルトンマーケッツ)の1万円FXチャレンジに参加するには、チャレンジ専用口座を開設して、1万円を入金する必要があります。ここでは、チャレンジ条件の1つであるニックネーム登録の手順も合わせて紹介します。手順1マイページにログインします。Milton Marketsマイページ手順2画面左のメニューにある「FXチャレンジ」をクリックします。手順3「2024年6月1万円チャレンジ」という口座が表示されるので「今すぐ参加」をクリックします。手順4チャレンジ口座の概要が表示されるので、画面下部の「チャレンジ参加者のニックネーム」の「編集」をクリックします。手順5「チャレンジ参加者のニックネーム」にニックネームを入力し、「送信」をクリックします。手順6再びチャレンジ口座の概要が表示されるので、画面上部の「入金」をクリックします。手順7「入金先」のドロップダウンリストから「Challenge」と記載されている口座を選択します。入金方法を選択して「次へ」をクリックします。手順8「入金額」に10,000と入力します。「次へ」をクリックし、金額などに間違いがないか確認して入金を確定します。1万円FXチャレンジの注意点1万円FXチャレンジに参加するにあたって、いくつか注意すべき点があります。コンテスト期間中の入出金、資金移動で失格コンテスト期間中の往復取引がロット数の対象コンテスト終了までにポジションを決済コンテスト期間中にチャレンジ口座での入出金や資金移動があった場合は失格となります。コンテスト期間にチャレンジ口座の資金を動かさないように注意しましょう。チャレンジ達成条件である取引量にカウントされるのは、コンテスト期間中にエントリーして決済した取引です。未決済のポジションは取引量としてカウントされません。コンテスト最終日までに、ポジションを決済しておく必要があるので注意しましょう。Xリポストキャンペーンの概要1万円FXチャレンジと同時に、特別企画としてXリポストキャンペーンも開催されています。Xリポストキャンペーンでは、抽選で3名に7月のFXチャレンジ参加費1万円がプレゼントされます。Xリポストキャンペーンへの参加方法は、以下のとおりです。ミルトンマーケッツ公式XアカウントをフォローFXチャレンジの投稿をいいね、リポストコメント欄にチャレンジ口座番号をポストリポストのスクリーンショットと口座番号をサポートメールに送信6月のFXチャレンジへ参加を予定している方は、Xリポストキャンペーンも活用してみてください。キャンペーンに力を入れるMilton MarketsMilton Markets(ミルトンマーケッツ)では、入金キャンペーンやトレードコンテストをほぼ毎月開催しています。口座タイプフレックス口座エリート口座最大レバレッジフレックス口座:500倍エリート口座:500倍取扱銘柄【FX/通貨ペア】:【CFD/貴金属】:【CFD/株価指数】:【CFD/エネルギー】:【CFD/仮想通貨】:【CFD/株式】:取引ツールMetaTrader4(MT4)(*1)サポートメール・チャットによる日本語対応(月曜)午前 7:00~(土曜)午前 7:00(日本時間)(*1)MetaTrader、MetaTrader 4、MetaTrader 5、MT4、MT5は、MetaQuotes Ltdの商標または登録商標です。なお、上記は2024年6月13日時点の情報です。Milton Marketsの最新情報に関しては以下をご参照ください。参照:Milton Markets(ミルトンマーケッツ)常設の入金ボーナスは提供していませんが、定期的にボーナスキャンペーンを開催しています。ボーナス付与率も高めに設定されるケースが多いです。トレードコンテストも頻繁に開催するなど、プロモーションに力を入れています。また、Milton Marketsでは、日本人スタッフによるメールやチャットのサポートを提供しています。そのため、海外FX初心者にも利用しやすいブローカーといえるでしょう。一方で、取引ツールはMetaTrader4のみとなっており、現状ではMetaTrader5には対応していません。ユーザーによっては不満を感じることもあるでしょう。トレーダーとしての実力を試すチャンス今回のFXチャレンジではスタートの金額が1万円に設定されており、参加しやすくなっています。約2週間で200%以上の利益を達成するのは簡単ではありませんが、敗者復活ルールも用意されているので、1周目で資金を大幅に減らしてしまったとしても再チャレンジできます。上位入賞者の賞金も高額な設定になっているので、トレードの腕に自信がある方は、参加を検討してみると良いかもしれません。すでにMilton Markets(ミルトンマーケッツ)を利用している方はもちろん、自身のトレーダーとしての実力を確認してみたい方はチャレンジしてみると良いでしょう。
update2024.06.12 (水) 20:30
暗号資産 話題のニュース

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨(暗号資産)IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。2024年6月6日には、大手取引所のBinance(バイナンス)がローンチプールでのIOの取り扱いを発表しており、SNS上で注目を集めています。当記事では、仮想通貨IOの将来性やX(旧Twitter)での評判、io.netの特徴などを解説します。目次[非表示]仮想通貨IOがBinanceローンチプールに登場仮想通貨IOとはGPUを集約するDePIN既存プロバイダーより高速かつ安価io.netのプロダクト仮想通貨IOの価格チャートX(旧Twitter)上での評判仮想通貨IOの将来性シリーズAで3,000万ドルの資金調達に成功SolanaやAptosなどの有望なパートナー仮想通貨IOのトークノミクスIOの配分先と比率IOの使い道仮想通貨IOの買い方BybitでIOを購入する方法AI開発を支えるプロジェクト仮想通貨IOがBinanceローンチプールに登場2024年6月6日、大手海外取引所のBinance(バイナンス)が、ローンチプールでの仮想通貨(暗号資産)IOの取り扱いを発表しました。画像引用:BinanceBinanceのローンチプールとは、指定の仮想通貨を預けることで特定のトークンがもらえるイベントです。IOのローンチプールの条件は以下の通りです。期間(日本時間):2024年6月7日午前9時から4日間ステーキング可能銘柄:BNB、FDUSDトークンの最大供給量:8億IOローンチプールでの配布量:2,000万IO(総供給量の2.5%)なお、Binanceへの上場日時は2024年6月11日午後9時(日本時間)で、取引可能な通貨ペアは以下の通りです。IO/BTCIO/USDTIO/BNBIO/FDUSDIO/TRY仮想通貨IOとは仮想通貨(暗号資産)IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォームである「io.net」のネイティブトークンです。画像引用:io.netio.netは、近年話題となっているDePINプロジェクトの一つです。DePINとは、分散型物的インフラネットワーク(Decentralized Physical Infrastructure Network)の略称で、ブロックチェーン技術を活用した各種インフラネットワークを指します。DePINは、世界中に散らばった個人や企業によって構築・維持される特徴があり、効率的なインフラ運用に加えて、特定の大企業による権力集中を防ぐ効果もあるとされています。また、ネットワークを分散的に管理・維持するために、インセンティブとして仮想通貨を付与する仕組みである点も特徴的です。GPUを集約するDePINio.netは、活用されていないGPUリソースを集約するDePINプロジェクトです。GPU(Graphics Processing Unit:グラフィックス処理ユニット)とは、画像を描写するために必要な計算を高速で処理できる電子部品です。ゲームや映画の美しい映像を素早く描くために使われるほか、大規模計算を必要とするAI開発などにも用いられます。私たちが日々利用しているコンピューターに搭載されたGPUはフル活用されておらず、未利用のリソースが存在しています。io.netは、データセンターや仮想通貨マイナー、FilecoinやRenderのようなプロジェクトから100万台以上の未利用GPUリソースを集め、コンピューターパワーへの公平なアクセスを提供することを目指しています。これにより、大規模なコンピューターパワーを必要とするAI開発において、より効率的なGPUリソースの利用を実現します。既存プロバイダーより高速かつ安価io.netと競合するのは、AWS(Amazon Web Services:アマゾンウェブサービス)などのクラウドコンピューティングサービスを提供するプロバイダーです。AWSのようなサービスからGPUの提供を受ける場合、詳細な本人確認が必要であったり、長期契約が要求されたりするなど、スピードとコストの両面で負担が大きくなりがちです。一方、io.netは十分に活用されていないリソースを用いることで、従来のプロバイダーよりも最大90%程度安くGPUリソースを提供できるとしています。また、GPUリソースを利用できるまでにかかる時間も、90秒未満と高速とされています。io.netのプロダクトio.netが提供するプロダクトには、以下のようなものがあります。IO CloudIO WorkerIO ExplorerIO IDIO CloudIO Cloudは、オンデマンドでGPUを使えるようにするサービスです。これにより、ユーザーは高価な機材を購入したり、複雑なインフラを管理したりすることなく、GPUリソースにアクセスできます。IO WorkerIO Workerは、自身の余剰GPUを他人に貸し出すためのウェブアプリケーションです。これにより、AI開発に取り組む第三者にGPUリソースを貸し出して、収益を得ることができます。IO ExplorerIO Explorerは、ユーザーがネットワークの動きを簡単に確認できるようにするツールです。ブロックチェーンエクスプローラーのようなものにあたり、ユーザーはio.netのネットワーク状況を確認することができます。具体的には、io.netのネットワークの活動や統計、データ、報酬のトランザクションなどを監視・分析できます。IO IDIO IDは、収益や支出を管理できる機能です。残高に追加された金額や、仮想通貨での引き出し方法などを確認できます。すべての取引を一元管理するコントロールセンターのようなものにあたります。仮想通貨IOの価格チャート画像引用:CoinMarketCap仮想通貨(暗号資産)IOは、2024年6月11日の上場直後、約730円までの価格上昇を見せました。その後、価格は乱高下し、500円前半〜600円後半の価格帯で推移するレンジ相場となっています。当記事執筆時点(2024年6月12日)では、約616円の価格を記録しています。X(旧Twitter)上での評判X(旧Twitter)では、io.netは市場で最も期待されているDeFiプロジェクトの1つだとする声もあります。ネットワーク機能を拡大し、他のプロジェクトとパートナーシップを築くことでコミュニティを成長させてきた点が評価されているようです。また、トークンの初期流通量の少なさに触れる投稿も見られました。ローンチ直後に流通するトークンの割合が少ないほど、価格は維持されやすい傾向があります。上場後のIOトークンの価格に期待しているユーザーがいることがわかります。仮想通貨IOの将来性仮想通貨(暗号資産)IOの将来性に関わる項目として、以下の2点が挙げられます。シリーズAで3,000万ドルの資金調達に成功SolanaやAptosなどの有望なパートナーシリーズAで3,000万ドルの資金調達に成功2024年3月、io.netはシリーズAの投資ラウンドにて、3,000万ドルの資金調達に成功したことを公表しています。このシリーズAラウンドはHack VCが主導し、Multicoin Capital、Solana Labs、Aptos Labs、Animoca Brandsなどのベンチャーキャピタルが参加しました。また、Solanaの創設者であるAnatoly Yakovenko氏や、Aptos創設者のMo Shaikh氏とAvery Ching氏など、業界の著名人物も同投資ラウンドに参加しています。SolanaやAptosなどの有望なパートナーio.netの公式サイトには、Solana、Aptos、The Render Networkがパートナーとして名を連ねています。画像引用:io.netio.netは、Solana上で展開しているDePINプロジェクトです。Solanaがパートナーに含まれていることは、今後のio.netの成長に寄与するものと考えられます。また、新興レイヤー1ブロックチェーンとして注目を集めるAptosや、分散型GPUレンダリングプラットフォームのThe Render Networkとパートナー関係にある点も、これからのio.netの展開を後押しすることにつながりそうです。仮想通貨IOのトークノミクス仮想通貨(暗号資産)IOの総供給量は8億IOですが、初期流通量はそのうちの5億IOです。残りの3億IOは、ネットワークの成長と普及を促すために、20年かけて徐々に発行される予定です。IOの配分先と比率総供給量の8億IOの配分先と配分比率は、以下の通りです。また、トークンのリリーススケジュールは以下のようになっています。初期流通の5億IOは、2028年中頃までに段階的にロックが解除されます。また、初期に流通しない3億IOは、20年後の2044年までに徐々に発行される予定です。画像引用:BinanceIOの使い道仮想通貨IOの使い道として、主に以下が挙げられます。エコシステム内での支払いステーキングガバナンスエコシステム内での支払いIOは、io.netエコシステム内での支払いや取引手数料に使用されます。具体的には、GPUコンピューティングパワーの購入や提供などに使われます。ステーキングユーザーは、IOのステーキングを通じて、ネットワークのセキュリティ維持に貢献して報酬を獲得できます。自分でノードを運営するだけでなく、他のノードにIOをデリゲート(委任)してステーキングすることも可能です。ガバナンスIOは、io.netにおけるガバナンストークンとしても使用されます。IOホルダーは、提案・投票を通じて、資金の配分やプロジェクトの方向性などに関与できます。仮想通貨IOの買い方2024年6月12日現在、仮想通貨(暗号資産)IOは、日本国内の取引所では取り扱われていません。そのため、取引は海外取引所で行います。各海外取引所におけるIOの取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。仮想通貨取引所現物デリバティブ(バイビット)〇〇(バイナンス)〇〇(ゲート)〇〇(メクシー)〇〇(ビンエックス)〇〇(ビットゲット)〇〇(コインイーエックス)〇×(ズーメックス)××Bybit(バイビット)現物デリバティブ〇〇Binance(バイナンス)現物デリバティブ〇〇Gate.io(ゲート)現物デリバティブ〇〇MEXC(メクシー)現物デリバティブ〇〇BingX(ビンエックス)現物デリバティブ〇〇Bitget(ビットゲット)現物デリバティブ〇〇CoinEX(コインイーエックス)現物デリバティブ〇×Zoomex(ズーメックス)現物デリバティブ××海外の取引所であれば、日本語対応が充実しているBybit(バイビット)がおすすめです。BybitでIOを購入する方法Bybitでは、3つの手順でIOを購入できます。購入ページにアクセス購入条件を入力内容を確認して購入手順1まずは以下のリンクをクリックし、IOの購入ページ(IO/USDT)にアクセスします。BybitのIO購入ページへなお、Bybitを利用するには口座を開設し、本人確認(KYC)レベル1を完了させておく必要があります。手順2ここでは最もシンプルな「成行」での購入方法を紹介します。成行でIOを購入するには、以下のように操作をして「IOを買う」をクリックします。番号項目名説明1「買い」または「売り」「買い」を選びます。2注文方法成行を選びます。3注文価格購入したい数量を入力します。IOはUSDTを支払って購入します。そのため、USDTの残高が十分でない場合は、入金や両替が必要です。手順3内容を確認して「IOを買う」をクリックします。注文は即座に確定し、購入したIOは現物アカウント残高に反映されます。以下の記事では、買い方に関してより詳しく説明しています。有利な価格を指定する「指値」の使い方なども解説しています。AI開発を支えるプロジェクトAI開発が急速に進んでいる昨今、開発に必要なGPUの確保や、未使用GPUの有効活用は重要な課題です。その中で余剰GPUを集約し、AIスタートアップ等にリソースを提供できるio.netは、今後さらに注目される可能性があります。また、IOトークンをすべて発行するまでに20年もの年月をかけることから、長期目線での運営を考えているプロジェクトでもあります。今後のAIの動向に興味がある方は、io.netにも注目しておくとよいかもしれません。
新着ニュース一覧
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル