Select Language

TwitFi(ツイートファイ)がステーキングを実装|BNBチェーン版のリリースやゲームシステムの変更点などを解説

TwitFi(ツイートファイ)がステーキングを実装|BNBチェーン版のリリースやゲームシステムの変更点などを解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.16 15:30
TwitFi(ツイートファイ)がステーキングを実装|BNBチェーン版のリリースやゲームシステムの変更点などを解説

update 2023.03.16 15:30

TwitFi(ツイートファイ)はTwitter(ツイッター)を使ったブロックチェーンゲームで、「Tweet to Earn(ツイートして稼ぐ)」の一種です。

日本で特に流行しているものの、独自仮想通貨(暗号資産)TWTの価格が暴落しており、収益性が落ちています。このため、ステーキングの導入やBNBチェーン版のリリース、ゲームシステムの変更などを行い、収益性を維持しようとしています。

TwitFi(ツイートファイ)とは

TwitFi(ツイートファイ)はPlay to Earnのブロックチェーンゲームです。

TwitFiのコンセプト画像

画像引用:TwitFi

point Play to Earnとは

Play to Earnとは、遊んでお金を稼ぐことを指します。すなわち、ブロックチェーンゲームで遊ぶと、NFTや独自仮想通貨などの報酬を得られます。Play to Earnから派生したMove to Earn(運動して稼ぐ)なども、流行しています。

TwitFiはTwitter(ツイッター)で投稿するだけで稼げる「Tweet to Earn(ツイートして稼ぐ)」をコンセプトとしています。専用のNFTを保有して、ハッシュタグ「#TweetFi」を付けてツイートすると、報酬として独自仮想通貨のTWTを稼げます。

2022年末に話題となってユーザー数を増やしており、ゲームシステムなどにも改善が加えられています。

TWTのチャート

TWTは報酬として配布される仮想通貨です。TwitFi(ツイートファイ)のユーザーはTWTの現金化を急いでおり、右肩下がりで推移しています。

TWTと日本円の価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

CoinMarketCapに登録された2023年1月中旬時点で、2円を超えていましたが、当記事執筆時点(2023年2月18日)では0.4円付近まで下げています。途中、ゲームシステムの改善で取引量が急上昇する局面があったものの、Play to Earnの典型的な値動きになっています。

knowledge Play to Earnの独自仮想通貨

多くのPlay to Earnは報酬として独自仮想通貨を発行しており、発行枚数が多くなり過ぎて価格が崩壊する傾向にあります。

TwitFiが実装したステーキングとは

TwitFi(ツイートファイ)は、新たな試みとしてTWTのステーキングを実装しました。

TWTのステーキング画像

画像引用:TwitFi

point ステーキング

ステーキングとはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の仮想通貨で採用される仕組みで、ブロックチェーンの維持に貢献する対価として報酬を得ることを指します。また、仮想通貨を貸し出して報酬を得られるサービスをステーキングと呼ぶこともあります。

ステーキング開始に先駆けて、TwitFiは2023年2月4日から2月11日にかけてプレステーキングを実施し、報酬として独自ポイントのTポイントやバードNFTなどを配布しました。

プレステーキング期間終了後もステーキングを継続すればTポイントが付与され、1,000TWTにつき1時間で0.1ポイントが付与されます。

当記事執筆時点(2023年2月18日)で、TwitFiにおける本番ステーキングの発表はありません。近日中に詳細が分かる見込みです。

ステーキング報酬

詳細は明らかではありませんが、獲得したTポイントに応じて以下の報酬を獲得できる見込みです。

イーサリアム(ETH)

TwitFiはNFTや広告の売上をETHに変えてステーキング報酬として分配します。より多くのTポイントを獲得すれば、多くのETHが付与されると見込まれます。

TWTとbTWT

TWTはイーサリアムベースの仮想通貨です。TwitFiはBNBチェーン版のDApp(分散型アプリ)をリリースする予定で、その際に、BNBチェーンベースのTWTである「bTWT」の発行を計画しています。

イベントへの参加権

TwitFiはアイテム抽選会などのイベントを実施する予定です。ステーキング報酬としてその参加権が付与されます。

レアなエッグNFT

エッグNFTを孵化させると、ゲームに必要なバードNFTを獲得できます。ステーキングするとその報酬として、BNBチェーン版のTwitFiで利用可能なレアリティの高いエッグNFTや、そのホワイトリストが抽選で配布されます。

point ホワイトリストとは

ホワイトリストとは、参加申し込みのようなものです。NFTゲームは公開前にゲームに必要なNFTを売り出します。ホワイトリストに参加できれば、割安な価格または無料でNFTを獲得できます。

ステーキングに関する注意事項

TWTのステーキングに関する注意事項として、以下の点などが挙げられます。

引き出し手数料

TWTのステーキングは、いつでもやめて引き出し可能です。ただし、通常の引き出しには7日間が必要で、すぐに引き出すと50%の手数料が必要です。

Tポイントのリセット

TWTのステーキングを止めると、これまで獲得したTポイントが無効になります。保有するTポイントの量によって報酬が変わってきますので、ステーキングを止める場合には注意が必要です。

BNBチェーン版をリリース

TwitFi(ツイートファイ)は2023年3月にBNBチェーン版をリリースする予定です。

knowledge マルチチェーン対応するブロックチェーンゲーム

人気ブロックチェーンゲームはマルチチェーン対応が標準的です。ブロックチェーンが乱立していることから、マルチチェーン対応はユーザー数を増やすために有効です。

現行のイーサリアム版と比較して、安価な手数料で利用できるメリットがあり、ユーザーの獲得に貢献すると期待されています。

Tポイント配布のスナップショット

BNBチェーン版のリリースに向け、既存ユーザーの優遇策としてTポイントが配布されます。運営は特定時点のユーザーの状況を把握し(スナップショット)、その時点でユーザーが保有するバードNFTの種類やレベル、数に応じてTポイントが配布されます。

1回目のスナップショットは2023年1月27日、2回目は2月18日、3回目はBNBチェーン版リリースの直前となっています。

TPショップの開設

また、TwitFi(ツイートファイ)はTポイントを使う場所として、TP(Tポイント)ショップを開設しました。

TPショップ開設の告知バナー

画像引用:TwitFi

これまで、TWTを消費してアイテムを購入していましたが、TPショップでTポイントを使ってワクチンや薬を購入できるようになりました。ちなみに、ワクチンはバードNFTのウイルス感染を防ぐアイテムで、薬はウイルス感染を治すアイテムです。

knowledge バードNFTのウイルス感染

バードNFTは、一定確率でウイルスに感染する仕様になっており、ウイルスに感染すると感染期間中は報酬を獲得できなくなります。合計20回ウイルスに感染すると、そのバードNFTはバーンされて消滅します。

TwitFi Skyの立ち上げ

さらに、TwitFi(ツイートファイ)はTwitFi Skyというサービスを新しく立ち上げました。

TwitFi Skyのイメージ画像

画像引用:TwitFi

TwitFi Skyとは、TwitFiコミュニティの力を利用して提携企業を支援する仕組みです。例えば、提携企業はTwitFiに料金を支払うのと引き換えに、ユーザーにWebサイトを閲覧してもらったり、指定のハッシュタグを拡散してもらったりできます。

ユーザーはタスクを完了すると、一定の確率でTWTやアイテム、エッグNFTなどの報酬を獲得できます。また、6時間ごとに何度でも挑戦することができます。

なお、TwitFiはTwitFi Skyで得た収益の65%をステーキング報酬、10%を流動性プール、25%を運営チームに分配することを約束しています。

ゲームシステムの変更点

2023年1月末からTwitFi(ツイートファイ)は新しいバージョンである「TwitFi2.1」を稼働させています。当記事執筆時点(2023年2月18日)で、以下が主な変更点として公表されています。

DEXにおけるTWTの売却手数料

DEX(分散型取引所)でTWTを売却する際に、4.5%の手数料がかかるようになりました。これらの手数料はバーンされたり、イーサリアムのガス代を減額するために利用されたり、ゲームプレイの報酬に割り当てられたりします。

バードNFTの保有上限撤廃

10体を超えるバードNFTを保有してTweet to Earnができるようになりました。保有枠を増やすには、11体目から15体目までで50,000TWT、16体目から20体目までで75,000TWT、21体目から25体目までで100,000TWT、それ以降も同様にコストを支払う必要があります。

エッグNFTの売上

エッグNFTは100ドル相当のETHを支払うことで購入可能です。売上の90%がTWT価格の安定性確保のために、残り10%が運営チームの活動に利用されます。

ウイルス感染とバードNFTの収益性

バードNFTは、ツイート数が増えていくとウイルス感染しやすくなります。新しい仕様では、ウイルス感染毎にバードNFTの収益性が2%ずつ下がります。

例えば、1回のツイートで50TWTを稼いでいる場合、1回の感染で収益性が1TWT減って49となります。以後、2回目の感染でさらに1TWT減少し48TWTとなります。

TWTの消費

エッグNFTの孵化、アイテムのミント(発行)、アイテム購入、ワクチン購入、レベルアップの費用は、50%がロックされたTWT、残りの50%がロックされていないTWTの残高から支払われるようになりました。アイテムを獲得できるミステリーバスケットの開封コストは、ロックされたTWTから100%支払われます。

ハーブの導入

TwitFiは新しいアイテムとしてハーブを導入しました。ハーブはバードNFTのウイルス感染数を減少させることができます。ピンクハーブはウイルス感染数をゼロに、グリーンハーブはウイルス感染数を1回だけ減少させます。ハーブを入手するには、1,000TWTが必要です。

大手取引所とのパートナーシップ

TwitFi(ツイートファイ)は以前からパートナーシップ強化を計画していました。2023年に入ってから立て続けに大手取引所とのパートナーシップを締結しています。

Gate.ioにTWTが上場

2023年2月、大手取引所Gate.ioにTWTが上場しました。Gate.ioはTWTの上場を記念して、1万2,000ドル相当のTWTを賞金とするトレードコンペティションを開催しています。このトレードコンペティションは、2023年2月13日から2月20日まで有効です。

Gate.ioにおけるTWTのトレードコンペティション

画像引用:Gate.io

OKXとTwitFi Skyで提携

TwitFi Sky最初のパートナーとして、大手取引所OKXと提携しました。

Gate.ioにおけるTWTのトレードコンペティションバナー

画像引用:Gate.io

OKXはOKX Walletのハッシュタグを拡散しており、Twitterでのトレンド入りに成功しました。OKX WalletはWeb3.0関連サービスでも利用可能な分散型ウォレットです。OKXとの提携に伴って、TWTはOKX Wallet対応となりました。

point Web3.0

Web3.0とは分権化された次世代のインターネット環境を指します。現代の中央集権型インターネット環境(Web2.0)は、大手IT企業が強い影響力を持っています。その一方、Web3.0では個々のユーザーが重要な役割を担います。

まとめ

TwitFi(ツイートファイ)は2022年末にサービスを開始してから、既に100万ツイートを達成しており、怒涛の勢いで成長しています。しかし、Play to Earnの宿命ともいえるトークン価格の低下が起こっています。企業向けのサービスであるTwitFi Skyが立ち上げられ、外部の資金を取り込む試みにも挑戦していますが、どのような結果を生むのでしょうか。

仮想通貨市場ではTwitFiの復活に期待が高まっており、その去就に注目が集まっています。


Date

作成日

2023.02.20

Update

最終更新

2023.03.16

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル