Select Language

Bybitローンチパッドにゲームプロジェクト「Land of Conquest」のトークン「SLG」が登場!

Bybitローンチパッドにゲームプロジェクト「Land of Conquest」のトークン「SLG」が登場!

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.09.27 11:18
Bybitローンチパッドにゲームプロジェクト「Land of Conquest」のトークン「SLG」が登場!

update 2022.09.27 11:18

2022年7月11日、仮想通貨(暗号資産)取引所のBybit(バイビット)は、トークン「SLG」をローンチパッドで配布すると発表しました。

SLGとは、オンラインバトル戦略ゲーム「Land of Conquest」で使用されるトークンです。また、ローンチパッドとはBybitの独自サービスで、Bybitに上場予定の仮想通貨を先行購入できます。

SLGの上場予定日時は、2022年7月19日午後9時です。ローンチパッドで上場直前に購入して、上場直後の上昇を狙って売り抜けることも可能です。

Land of Conquest(SLG)とは

Land of Conquest(SLG)は、より深いゲームプレイの仕組みを追求した新しい世代のPaly to Earnゲームです。

Land of Conquestのイメージ画像
point Play to Earnとは

Play to Earnとは、遊んでお金を稼ぐことを指します。すなわち、ブロックチェーンゲームで遊ぶと、NFTや独自仮想通貨などの報酬を得られます。

プレイヤーは土地の所有者となって、その土地で建設や開拓、トレーニング、資源の生産を行うことができます。また、ヒーローとなって、PVE(ひとりで遊べる戦闘モード)やPVP(他のプレイヤーと遊ぶ戦闘モード)を通じて資源の獲得を争うことも可能です。

Land of Conquestは多人数でプレイする戦略ゲームです。プレイヤーは他のプレイヤーと共闘して他の土地に攻め入ったり、時には対戦相手と交渉することが推奨されています。世界中の人々がプレイすることが想定されていますが、他言語翻訳システムが実装されているので、言語の違いに関しては心配する必要はありません。

Land of Conquestでは、限られた土地を所有可能にするランドNFTや、戦闘に必要なヒーローNFT、防衛や都市の発展に貢献するメカNFTなどが発行されています。

Land of Conquestは、BNBチェーン上(BNB)チェーン上に構築されています。このゲームは2022年第4四半期までにリリースされ、Webブラウザ版だけでなく、iOSやAndroid向けのアプリからもプレイ可能となる見通しです。

SLGの使い道

Land of Conquestはデュアルトークンシステムを採用しており、SLGとXTALと呼ばれるトークンを発行しています。

XTALが報酬やゲーム内通貨として機能するのに対して、SLGはガバナンストークンとしての役割を持っています。従って、SLGの保有者はゲーム開発の計画などに関する提案に投票することが可能となります。

その他、SLGはヒーローNFTやメカNFTの購入とアップグレードに消費することができるだけでなく、ステーキングを通じて更なる収益を稼ぐ手段として利用することが可能です。

SLGの最大供給量は10億通貨に制限されています。Land of Conquestのゲームプレイが活発になり、NFTの購入やアップグレードによる需要が高まれば、SLG価格も上昇すると考えられます。将来的にはDeFi(分散型金融)関連サービスの統合も予定されているので、SLGは今後が楽しみな仮想通貨だといえるでしょう。

ローンチパッドの詳細と参加方法

Bybit(バイビット)のローンチパッドは、以下の2種類のいずれかの方法で参加可能です。

預け入れトークン トークン購入方法
BIT 自分と他のユーザーのBIT数量の比率によって、購入可能数量が決まる
USDT 抽選に当たったら購入できる

預け入れトークンとトークン購入方法

BIT 自分と他のユーザーのBIT数量の比率によって、購入可能数量が決まる
USDT 抽選に当たったら購入できる

なお、ローンチパッドに参加するには、Bybitのアカウントと本人確認レベル1(KYC)が必要です。

BITを使って購入する

1つ目の参加方法は、BITトークン(BIT)をBybitに預け入れて、自分と他のユーザーの預け入れたBITの比率によって購入可能額が決定します。

ローンチパッドの開催期間は、2022年7月14日午前9時から2022年7月19日午後8時59分までです(日本時間)。3つの期間に分かれており、それぞれで必要な手続きが異なります。

計測期間 2022年7月14日午前9時~2022年7月19日午前8時59分
コミット期間 2022年7月19日午後0時30分~午後7時59分
配布期間 2022年7月19日午後8時~午後8時59分

計測期間とは、SLGをどれだけ購入する資格があるかを決定する期間です。そして、コミット期間中に、得られた資格の範囲内でSLGの購入に使用したいBIT数量を入力します。

以下、各期間で必要な手続きを解説します。

計測期間

5日間にわたって、保有しているBITの数量を計測します。計測対象になるのは、Bybitの現物アカウント・デリバティブアカウント・資産運用アカウント(旧ByFiアカウント)です。日々の残高は、日本時間の午後0時に更新されます。

point 計測対象外に注意

資産運用アカウントに入金されているBITのうち、ローンチプールと積立ステーキングの残高が集計対象になります。デュアル資産投資(旧二重資産マイニング)など、他のサービスに預け入れているBITは計測されません。

計測期間前または期間中に、Bybitの現物取引でBITを購入して参加できます。

コミット期間

コミットできるBIT数量の上限は、計測期間中の日次平均BIT残高に応じて異なります。つまり、コミット期間が始まる日だけBITを保有していても、期待通りの数量でコミットできない可能性があります。

コミット期間になると、ローンチパッドのページで「今すぐコミット」ボタンが押せるようになります。そこで、「コミット」と書かれたオレンジ色の枠内にある「今すぐコミット」ボタンを押して、交換するBITの量を入力します。コミットするためには、現物アカウントにBIT残高が必要です。

今すぐコミットボタン 今すぐコミットボタン
caution 片方のみ選択できる

参加方法は2種類ありますが、どちらか片方のみ参加できます。希望する参加方法の「今すぐコミット」ボタンを押してください。

なお、「今すぐコミット」ボタンは、コミット期間以外は灰色で表示されており、押すことができません。

コミット期間に関する注意点は、以下の2つです。

  • コミット期間は7時間半のみであること
  • コミットしたBITはロックされ、期間終了まで出金や取引を含む全ての操作ができなくなること

配布期間

コミットしたBITの量に応じて、SLGが配布されます。なお、獲得できる最大数量は1人あたり13,000SLGであり、以下の計算式に基づいて算出されます。

(獲得できるSLGの数量) =
(自分がコミットしたBIT ÷ 参加者全員がコミットしたBIT) × (本イベントに割り当てられたSLG数量)

獲得できるSLGの数量が決定すると、コミットしたBITから対応する数量が差し引かれます。1SLG=0.03米ドルとして計算され、SLGとBITの交換レートはコミット期間開始時に確定します。

BITトークンとの引き換え

獲得できるSLGの数量は、他の参加者がコミットしたBITに対する割合に応じて決まります。自身がコミットした数量でない点に注意が必要です。ただし、より多くのBITをコミットすると、より多くのSLGを購入できます。SLGを多く獲得したい人は、積極的にBIT保有量を増やすと良いでしょう。

なお、ローンチパッドとは、新規上場の仮想通貨を購入できる制度です。すなわち、株式で考えると新規株式公開にあたります。ローンチパッドも新規株式公開と同様に、先行購入では安く買え、価格が上がりやすい傾向があります。以前開催されたローンチパッドに登場したトークン「KASTA」は、上場から1週目の平均収益率が2,089%を記録しました。

過去の高利回りプロジェクト

USDTを使った抽選で購入

もう一つの参加方法は、USDTを預け入れて、購入の権利を抽選で得る方法です。抽選券を獲得したユーザーの中から、ランダムで当選者が決定されます。

参加条件 計測期間中のUSDTの日次平均残高が100USDT以上
コミット金額 100USDT
当選者数 10,000人
割り当て 300SLG

参加条件は、計測期間中のUSDTの日次平均残高が100USDT以上であることです。

抽選券は、100USDTのコミットで1人1枚まで獲得可能です。当選者数は10,000人と定められており、当選すれば300SLGを購入できます。仮に50,000人が参加した場合、当選確率は20%です。

なお、トークン「APEX」を使った過去のローンチパッドでは、BIT利用の参加者数は5万名以上、USDTでの参加者は1万2,000人台でした。そのため、当選確率も39%と高めになり、お得なキャンペーンでした。

USDTを預け入れて抽選に参加する場合も、以下3つの期間に分かれています。

計測期間 2022年7月14日午前9時~2022年7月19日午前8時59分
コミット期間 2022年7月19日午後0時30分~午後7時59分
配布期間 2022年7月19日午後8時~午後8時59分

計測期間

5日間にわたって、ユーザー保有のUSDTの数量を計測します。計測対象となるのは、Bybitの現物アカウント・デリバティブアカウント・資産運用アカウント(旧ByFiアカウント)です。記録された日々の残高は、日本時間の午後0時に更新されます。

5日間のUSDTの日次平均残高が100USDT以上であれば、参加条件を満たします。BIT預け入れの場合とは異なり、100USDT以上あれば、日次残高の額そのものはいくらでも構いません。

point 計測対象外に注意

資産運用アカウントに入金されているUSDTのうち、ローンチプールと積立ステーキングの残高が集計対象になります。デュアル資産投資(旧二重資産マイニング)など、他のサービスに預け入れているUSDTは計測されません。

コミット期間

コミット期間になると、ローンチパッドのページで「今すぐコミット」ボタンが押せるようになります。そこで、「抽選」と書かれた緑色の枠内にある「今すぐコミット」ボタンをクリックします。コミットするためには、現物アカウントにUSDT残高が必要です。

今すぐコミットボタン 今すぐコミットボタン

なお、「今すぐコミット」ボタンは、コミット期間外は灰色で表示され、押すことができません。

caution 片方のみ選択できる

参加方法は2種類ありますが、どちらか片方のみ参加できます。希望する参加方法の「今すぐコミット」ボタンを押してください。

コミット期間に関する注意点は、以下の2つです。

  • 期間が7時間半のみであること
  • コミットしたUSDTトークンはロックされ、期間終了まで出金や取引などを含むいかなる操作もできなくなること

配布期間

抽選に当選した場合、配布期間中に300SLGが自動的に現物アカウントに付与され、コミットした100USDTから300SLG分のUSDTが差し引かれます。残ったUSDTは、現物アカウントに払い戻されます。

なお、抽選に当選しなかった場合、コミットした100USDTは全額現物アカウントに払い戻しされます。

BITトークンでの参加が人気

過去のローンチパッドを振り返りますと、直近のOBXを除いて、BIT利用者数はUSDT利用者数よりも多く、BIT人気の方が高いです。

一方、直近のOBXを見ますと、USDT利用者の方が多くなりました。すなわち、USDTでの参加が有利と判断したユーザーが多かったと予想できます。

まとまった数量のBITを保有している場合は、BITを利用するとSLGをたくさん購入できます。一方、BITを持っていない、または少額のみ保有している場合は、USDTの抽選で参加する方が有利になります。ご自身の状況を踏まえつつ、参加方法を選択できるのがメリットです。


Date

作成日

 : 2022.07.12

Update

最終更新

 : 2022.09.27

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル