Select Language

選挙に向けてメタバースの利用が拡大!各政党が街頭演説などを実施

選挙に向けてメタバースの利用が拡大!各政党が街頭演説などを実施

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.16 15:54
選挙に向けてメタバースの利用が拡大!各政党が街頭演説などを実施

update 2023.03.16 15:54

2022年7月10日、参議院議員選挙が実施されます。これを受け、自民党を始めとする各政党は、メタバースを活用した選挙活動を行なっています。これまで、メタバースはブロックチェーンゲームやライブイベントなどに利用されてきました。さらに、選挙での利用が拡大しています。各政党は若者の関心を惹くことを狙いとしており、Twitter(ツイッター)上でも新しい試みが話題となっています。

本記事では、メタバースの概要や各政党の動きなどを解説します。

メタバースとは

元々、メタバースは、SF作家ニール・スティーヴンスン氏が著作の中で使った造語で、「メタ(超)」と「ユニバース(宇宙)」を合成したものだといわれています。近年ではインターネット上に構築された三次元空間のことを指し、エンターテイメント分野で広がりを見せています。特に最近では、米大手SNSのFacebookが社名を「メタ(Meta)」に変更したことが話題となりました。

メタバースの活用事例

メタバースは、様々な形で存在しています。パソコンやスマホからアクセスできる手軽なものから、VRヘッドセットを使う没入体験型のものまであります。例えば、メタのメタバース「Horizon World」では、自分の分身「アバター」を操作して、創作活動をしたり、ゲームで友人と交流したり、会議室のような空間でオンラインミーティングを行うことも可能です。

Horizon Worldのコンセプト画像

画像引用:Meta Quest

現在の仮想通貨(暗号資産)市場では、メタバースはPlay to Earn分野で主に使われています。有名なものとしては、ゲーム「ザ・サンドボックス」や都市開発が特徴の「ディセントラランド」などがあります。これらのメタバース内では、イベントやショップ、広告などが展開されており、仮想通貨を中心とした経済が成立しています。

point Play to Earnとは

Play to Earnとは、遊んでお金を稼ぐことを指します。すなわち、ブロックチェーンゲームで遊ぶと、NFTや独自仮想通貨などの報酬を得られます。Play to Earnから派生したMove to Earn(運動して稼ぐ)なども、流行しつつあります。

政治にもメタバースの流れ

仮想通貨市場では、メタバースがトレンドとなっており、政治にも利用され始めています。特に、自由民主党はNFT「岸田トークン」を発行すると同時に、メタバース内での街頭演説計画を発表するなど、積極的に活用していく方針です。

point 岸田トークンとは

岸田トークンとは、岸田文雄総理大臣の顔写真付きNFTです。集会への出席証明や記念品としての活用が想定されており、譲渡や売却ができない仕様になっています。2022年5月、岸田トークンはインターネットミーム化して、仮想通貨コミュニティ内で大きな話題となりました。

メタバース関連のイベントも開催される

このような流れの中、2022年5月26日、Facebook Japanが「VRで政治家と話そう」という企画を実施し、「メタバースで政治・選挙はどのように変わるのか」をテーマに日本の若者と政治家が討論しました。この企画では、メタ社が提供するVRヘッドセットとVR会議室「Horizon Workrooms」を活用し、自民党の平将明氏、立憲民主党の中谷一馬氏、日本維新の会の遠藤良太氏の3名が、若年層を代表する参加者と議論を交わしました。

このイベントを通じて、自民党の平氏は「政治活動において、将来的にはメタバース空間に自民党本部をつくることを考えています」としています。また、立憲民主党の中谷氏は「政界でも政治・選挙活動のみならず、10年後、20年後を想定した様々な政策の実証実験などで利用できると考えています」と、メタバースの将来的な利用例などについて言及しました。

各政党がメタバースを活用

参議院議員選挙の投票日が迫っていることから、各政党や候補者がメタバースの利用を表明しています。具体的には、以下のような政党と候補者が取り組みを発表しています。

自民党 河野太郎氏等

2022年6月5日、自民党はバーチャルプラットフォーム「cluster」上で、河野太郎氏を筆頭に、デジタル大臣の牧島かれん氏や小倉將信氏などが街頭演説を行いました。新しい取り組みにもかかわらず、1,000人もの人々がアバターとなって演説に参加しています。演説の中で河野氏は、「自民党は保守政党と言われているが、新しいことを積極的に取り入れないといけない」とコメントしました。

自民党によるメタバース内での街頭演説の風景
knowledge Web3.0を推進する自民党

Web3.0とは、分権化された次世代のインターネット環境を指します。仮想通貨やブロックチェーンの登場で、Web3.0関連の開発活動が活発になっています。これを背景に、自民党は2022年の参議院議員選挙での公約に、ブロックチェーンやNFTに並んで、Web3.0に関する事項を明記しました。

立憲民主党 くりした善行氏

立憲民主党のくりした善行氏は、「選挙とメタバース」をテーマに、VRを活用したメタバースの作成を企画しており、Twitter上にそのデモ動画を投稿しています。その他、メタバースを活用した政治活動を予告した上で、自民党の街頭演説を越えたいとの意気込みを発表しています。

維新の会 石井苗子氏

維新の会の石井苗子氏も、「石井みつこメタバース選挙事務所イベント」と称して、メタバース内での街頭演説を予定しています。日時やゲストとして参加する人物などは、決定次第発表される見通しです。プラットフォーム「ガイアリンク」で開催される予定で、その利用方法などの案内も公開されています。

共和党 たむらまな氏

共和党のたむらまな氏は、参議院議員選挙に東京選挙区から出馬することを決定しています。「出陣式」と題して、メタバース「ギャザータウン」を活用した街頭演説を実施しました。

若年層にリーチできるか

「VRで政治家と話そう」では、インターネットでの調査結果も公開されました。「メタバースやVR空間についてどのくらい関心がありますか?」との問いに対して、66%の回答者が「関心がある」または「やや関心がある」と回答しました。一方、「メタバースやVR空間についてどの程度知っていますか?」との問いに対しては、「知らない」または「あまり知らない」と回答した人が67%存在しました。

新しい技術であるためか、メタバースへの関心は高い一方、知識は乏しいことが分かります。自民党を筆頭に各政党が、ブロックチェーンやNFT、メタバースなどをキーワードに、若年層にリーチを広げようと試み始めています。これが、どのような結果につながるでしょうか。メタバースは2022年以降の選挙の鍵になるかもしれません。


Date

作成日

2022.06.24

Update

最終更新

2023.03.16

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル