Select Language

XMがトレードコンテストを開催!優勝者には2万ドルを授与

XMがトレードコンテストを開催!優勝者には2万ドルを授与

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.11.02 15:32
XMがトレードコンテストを開催!優勝者には2万ドルを授与

update 2022.11.02 15:32

海外FX業者XMTrading(エックスエムトレーディング)は2022年10月、収益率など4部門でトレードの成績を競い合うコンテスト、「XMTradingトレードチャンピオン2022」の開催を発表しました。賞金総額は10万ドル(約1,450万円)という大規模なものになっています。

優勝賞金は最も高い「総合ランキング」で2万ドル(約290万円)となっており、賞金を受け取れる人数も合計200人と、チャンスが多いコンテストです。開催期間は10月3日から10月31日までで、入賞者は11月10日に発表されます。

トレードチャンピオン2022に参加するには、スタンダード口座を保有していることと、口座残高が300ドル以上であることの2つの条件を満たす必要があります。6月に開催された前回のコンテストとほぼ同様の条件での開催です。

トレードコンテストの参加条件

今回のXMが企画するトレードコンテスト「XMTradingトレードチャンピオン2022」は、リアル取引口座を保有している、既存および新規ユーザー全てを対象にしたプロモーションです。

XMトレードチャンピオンコンテスト
参加条件 参加口座の口座残高が300ドル以上
対象口座タイプ スタンダード口座
対象銘柄 FX通貨ペア、ゴールド、シルバー
期間 10月3日~10月31日

トレードコンテストに参加するには、300ドル以上の残高と事前エントリーが必須です。対象口座タイプはスタンダード口座のみで、Zero口座やマイクロ口座はコンテストの対象外となりますので注意しましょう。

賞金は、ボーナス(クレジット)ではなく、自由に出金できる口座残高として受け取ることができます。

コンテストの対象銘柄は、FX通貨ペア、ゴールド、シルバーです。コンテストに参加する口座で他のCFD銘柄を取引することはできますが、ランキングの収益計算には反映されません。

コンテストの対象銘柄

開催期間は10月3日~10月31日となっており、期間中はいつでも参加可能です。

3つの部門でトレード勝負!

トレードコンテストで賞金を獲得できるのは3つの部門です。それぞれリアルタイムでランキングが発表され、最終的な入賞者が決定されます。

ランキング 内容
総合ランキング 「収益ランキング」「獲得ピップス数ランキング」「利益取引数ランキング」の順位を合算して決定
収益ランキング 獲得した利益金額で決定
獲得ピップス数ランキング 獲得したピップ数で決定

この他に、利益取引数ランキング(利益を獲得した取引数)もありますが、こちらは総合ランキングの順位決定に使用されるもので、賞金は設定されていません。

総合ランキング

総合ランキングは、賞金を受け取ることができる「収益ランキング」「獲得ピップス数ランキング」の順位と、賞金は設定されておらず総合ランキングの判定だけに利用される「利益取引数ランキング」の3つの順位を合算して判断されます。

賞金を獲得できるのは上位5人で、優勝賞金は3つの部門で最も高い2万ドル(約290万円)に設定されています。

総合ランキングの賞金
1位 2万ドル(約290万円)
2位 1万ドル(約145万円)
3位 8,000ドル(約115万円)
4位 5,000ドル(約73万円)
5位 3,000ドル(約43万円)

総合ランキングに入賞すれば、最低でも数十万円の賞金を受け取ることができます。ぜひトップを目指して、1ヶ月間チャレンジしてみてください。

point 総合ランキングはバランスが大切

総合ランキングの審査は、トレードの利益や利幅の他に、利益取引数ランキングも考慮されます。そのため、トレード全体のバランスが大切です。取引回数を一定以上にする必要があり、利益や獲得利幅でも上位になる必要があるため、上位入賞は狭き門といえるでしょう。ハードルが高い分、高額の賞金が用意されており、挑戦する価値がありそうです。

収益ランキング

収益ランキングは、名前のとおり、トレードで獲得した収益が最も大きい順にランキングされます。収益ランキングでは185位まで賞金を授与。最高賞金額は5,000ドル(約73万円)に設定されており、185位であっても80ドル(約1万円)の賞金が用意されています。

賞金 80〜5,000ドル
(約1〜73万円)
入賞者 185人

取引ロット数が多い方が有利

収益ランキングで上位入賞するには、取引ロット数をある程度大きくする、もしくは、金(ゴールド)のようなボラティリティの大きい銘柄を中心にトレードして大きな利益を出すなどの方法があります。

取引ロットを多くするためには、ある程度資金力も必要になりますので、少額からチャレンジする方は、獲得ピップス数ランキングでの上位入賞を目指すとよいでしょう。

point レバレッジとボーナスを有効活用しよう

XMには、口座開設ボーナスの他に、入金ボーナスやXMロイヤルティポイント(取引ボーナス)のボーナスが用意されています。さらに、最大1,000倍のレバレッジを提供しているため、他のブローカーよりも大きなロット数で取引することができます。

獲得ピップス数ランキング

獲得ピップス数ランキングは、コンテストの期間中にどれだけの利幅(Pips)を獲得できたかで勝負する部門です。取引ロットの量に関わらず利幅は一定なので、資金力に関わりなく、トレード本来の実力で勝負できるという点が特徴です。

賞金 500〜5,000ドル
(約7〜72万円)
入賞者 10人

入賞者は上位10名で優勝賞金は5,000ドル(約72万円)、10位でも500ドル(約7万円)の賞金が授与されます。

Pipsとは、FXで売買されている各通貨ペアで共通に使用されている値動きの単位のことです。単位が違う通貨ペア同士でも、共通単位Pipsを利用することによって、利幅などを比較することが可能となります。

ドル円やユーロ円などのクロス円ペアにおける1pipsは小数点2桁目(1銭)に相当し、ユーロドルなどのその他の通貨ペアにおける1pipsは小数点4桁目に相当します。

Pipsとは

ボラティリティが大きい銘柄が有利

トレードの利幅が大きい順にランキングされるため、ボラティリティが大きい銘柄でトレードするのが有利です。

銘柄によって、ボラティリティは異なっています。例えば、1日のボラティリティを比較すると、執筆時点でドル円は約80Pips、ポンド円は約200Pipsとなっています。もちろん、利益が獲得できることが前提ですが、一定程度のボラティリティがある銘柄だと、1回のトレードの利幅を大きくすることが可能です。

当サイトMyforexでは、各銘柄のボラティリティを確認できるツールを提供しています。

利益取引数ランキング

利益取引数ランキングは、利益を獲得した取引数がカウントされます。このランキングには賞金は設定されておらず、総合ランキングに活用されます。

取引数が多いほど、また勝率が高いほど、ランキングで上位になることが可能です。総合優勝を狙うためには、このランキングでも上位に入る必要があります。

短期取引が有利

利益を獲得した取引数が計測されるため、取引回数が多く勝率の高い短期取引が有利です。ただし、ポジションの最低保有時間が定められており、5分以上ポジションを保有する必要があります。そのため、数秒で決済するようなスキャルピング手法は使用できません。

今回のトレードコンテストでは、エキスパートアドバイザー(EA)の使用も認められていますが、短時間の取引を繰り返すタイプのEAを使用する際も、最低保有時間を下回る可能性があるので注意しましょう。

point スキャルピングとは

スキャルピングとは、わずかな利幅を狙って短期売買をすることです。スキャルピングは狙う利幅が小さいことから、レートが少し動いただけで利益確定をします。そのため、数秒や数分といった超短期売買になることが大半で、短期売買に適しているFXの中でも、最も短い時間軸のトレード手法です。

コンテストに参加する方法は?

トレードコンテストに参加するには、参加登録が必要です。また、参加登録をする前に、XMのリアル口座の開設・有効化と、参加するスタンダード口座の用意を済ませておきましょう。

point XMの口座の有効化とは

口座の有効化とは身分証明書・住所証明書を提出して本人確認を完了することです。口座の有効化が完了すれば取引、ボーナスの受取、出金手続きが可能となります。口座の有効化は最速で30分で完了します。

手順1

リアル口座を保有していない人は、最初にXMの口座開設をします。

XMの口座開設ページを開く link

コンテストに参加できるのはスタンダード口座のみなので、口座開設の際はスタンダード口座を選択してください。

XMスタンダード口座開設 XMスタンダード口座開設

手順2

登録するスタンダード口座に300ドル以上の口座残高があるかを確認します。今回のキャンペーンでは、ドルの条件のみの設定になっているため、円の入金をする場合、為替レートによって入金条件が変動します。執筆時点では300ドル=約4万4,000円となっています。

caution 余裕を持った金額を入金する

今回、入金に必要な日本円の固定額は提示されていません。XMのサポート部門に確認したところ、為替レートを考慮して少し余裕のある金額で入金することを推奨しているとのことです。

300ドル以上の口座資金がない場合は、300ドル以上になるように新規入金します。マイページ内の「資金の入金」というボタンから入金が可能です。

XMマイページ入金画面 XMマイページ入金画面

換金レートは、XMが提供している通貨換算ツールで確認できます。

XMTradingの通貨変換機を利用する link

手順3

XM公式サイトのトレードコンテスト特集ページにアクセスします。

トレードコンテスト特集ページ link

手順4

ページ上部の「今すぐ登録」をクリックすると、プロモーションの詳細が表示されます。内容確認後にボックスにチェックを入れ、「今すぐ登録」をクリックします。

トレードチャンピオン 登録 トレードチャンピオン 登録

なお、参加できるのは1人につき1口座のみで、エントリー後の取引口座の変更はできません。

上記手順の他にも、会員ページ上部の「プロモーション」より参加登録をすることもできます。

マイページのプロモーション選択 マイページのプロモーション選択

XMTradingとは

XMTrading(エックスエムトレーディング)は、知名度が高く、世界展開をする大手海外FX業者です。豪華なボーナス制度が人気で、海外FX業者の代名詞のようなブローカーといえるでしょう。

口座タイプ スタンダード口座
Zero口座
マイクロ口座
ボーナス 口座開設ボーナス
入金ボーナス
XMロイヤルティポイント(取引ボーナス)
最大レバレッジ 1,000倍
取扱銘柄 【FX/通貨ペア】:57
【CFD/仮想通貨】31
【CFD/貴金属】:4
【CFD/株価指数】:24
【CFD/エネルギー】:5
【CFD/コモディティ】:8
日本語サポート ライブチャット:週5日24時間
メール:週5日24時間

近年は仮想通貨取引が人気になってきており、他の海外FX業者も続々と参入しています。XMも2022年5月、注目されている27種類(31銘柄)の仮想通貨の取り扱いを開始しました。

そのほか、主要FX銘柄や貴金属の最大レバレッジを1,000倍に引き上げたり、無料VPSの利用条件を緩和するなど、年々サービスを充実させています。一方で、他のFX業者と比較してスプレッドが広めに設定されているため、スキャルピングなどの小さな値幅を狙った取引には向かない業者といえるでしょう。

小口トレーダーにも上位入賞のチャンス

前回開催された6月のトレードコンテストは、豪華な賞金と手軽さから大きな盛り上がりを見せていました。今回のトレードコンテストも前回とほぼ同じ条件で開催されるため、多くのユーザーから注目が集まるでしょう。

トレード利益のみのランキングだと、どうしても証拠金額が多い方が有利となりますが、「獲得ピップ数ランキング」のカテゴリーも用意されているため、少額で取引しているトレーダーにも高額賞金を獲得できるチャンスがあります。

XMTrading(エックスエムトレーディング)では、イベント以外にも入金ボーナスやポイントプログラムを提供するなど、積極的なプロモーションを展開しています。この機会に、XMTradingの取引環境を体験してみるのもよいでしょう。


Date

作成日

 : 2022.10.12

Update

最終更新

 : 2022.11.02

Myforex編集スタッフーFX担当ー

FXトレード歴7年で、海外FX業者の利用経験が豊富。テクニカル分析を用いた短期トレードが得意で、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)を取得。テクニカル分析からFX業者比較まで、FX関連の幅広い記事の執筆を行う。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨TWTが貰える「TwitFi」とは?やり方やリスクを解説

2022年12月18日、TwitFi(ツイートファイ)と呼ばれるブロックチェーンゲームがリリースされました。Tweet to Earn(ツイートして稼ぐ)という新しいジャンルで、仮想通貨コミュニティで注目を集めています。
update2022.12.21 21:00

仮想通貨FLRの将来性を解説、国内取引所でのエアドロップ配布と取り扱い開始が決定

仮想通貨FLRはブロックチェーン「Flare Network」のネイティブトークンであり、以前はSPARKという名称でした。Flare Networkはリップル向けにスマートコントラクトを開発しています。
update2023.01.10 21:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?やり方やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2023.01.20 19:00

分散型SNSの特徴やメリットを解説!Web3.0時代のSNSとして注目を集める

分散型SNSは従来のSNSと比べて自由で公平なサービスとなっており、FacebookやTwitterにとって代わる存在となることが期待されています。
update2023.01.06 21:00

Titan FXのコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を徹底解説!

海外FX業者のTitan FXがリリースしたコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を解説します。Titan FX Socialの操作は、すべて専用アプリで行います。アプリのダウンロードからコピー方法まで順番に解説します。
update2023.01.31 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

仮想通貨HOOKとは?将来性は?Hooked Protocolが提供するWild Cashも解説

仮想通貨HOOKは、Hooked Protocolのガバナンストークンです。当記事ではHOOKの将来性や、Hooked Protocolが提供するWild Cashなどについて解説します。
update2022.12.13 21:00

仮想通貨BabyDogeとは?DogeCoinから派生したミームコインの特徴や将来性を解説

BabyDogeはBaby Doge Coinが発行する仮想通貨で、ミームコインの一種です。保有するだけでBabyDoge保有量が増えたり、バーンによって総供給量が徐々に減少したりするなど、様々な仕組みがあります。
update2022.11.01 19:30

SoulBound Token(SBT)とは?新しいNFTとして注目が集まる

バイナンスが、 SoulBound Token(ソウルバウンドトークン、SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル