Select Language

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDTが対象

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDTが対象

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.06.19 10:11
Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDTが対象

update 2022.06.19 10:11

2022年5月19日、大手仮想通貨(暗号資産)取引所Bybit(バイビット)は、クレジットカードでのUSDT購入時に、手数料が無料になるキャンペーンを開催すると発表しました。

6月19日までのキャンペーンで、対象となるのはクレジットカードを利用して日本円でUSDTを購入した際の手数料です。

Bybitは、4月29日にクレジットカード購入機能を大幅アップグレードし、Bybitのサイト上で直接USDTを購入できるようになりました。他の海外取引所では、外部の決済プロバイダー経由での購入となるため逐一本人確認を行わなければならないなど不便な点が目立つクレジットカードでの購入が簡単になります。

今回のキャンペーンは上記アップグレードをプロモーションする一環で行われ、期間中クレジットカードを使ってお得に入金できます。

キャンペーンの詳細

クレジットカードキャンペーン

今回開催されるBybit(バイビット)の手数料無料キャンペーンは以下の通りです。

期間 2022年5月19日9:00〜6月19日8:59(日本時間)
対象 日本円で入金したUSDTの購入
対応カードブランド JCB、Mastercard、VISA

期間は、2022年5月19日の午前9時から6月19日の午前8時59分までの1ヶ月間です。比較的長期のキャンペーンなので使いやすいですね。

手数料無料の対象となるのは、日本円入金でUSDTを購入した際の手数料です。入金できるクレジットカードブランドは、「JCB」「Mastercard」「VISA」が対応しています。

caution カード発行会社によっては入金不可

「JCB」や「VISA」などの名称は「クレジットカードブランド」と呼ばれ、同じクレジットカードブランドでも発行会社はそれぞれ異なります。このクレジットカード発行会社が海外の仮想通貨取引所での利用を禁止している場合があり、その場合は購入できません。

Bybitは、エポスカード、三菱UFJニコス、三井住友銀行、ヤフージャパン、楽天、クレディセゾン、トヨタファイナンシャルサービス、UCカード、JALカード、Revolutが発行するカードを使用することを推奨していますが、推奨のカード会社を利用しても入金できない場合もあります。

通常、クレジットカードを使ってBybitでUSDTを購入する場合、カードブランドによって異なる以下の手数料が課されます(日本のクレジットカードの場合)。

カード会社 手数料
Visa 3.05%
Mastercard 2.7%
JCB 4.5%

今回の手数料無料キャンペーンでは、この手数料が無料になりますので、交換レート差のコストのみで入金することが可能です。

point クレジットカード入金リニューアル

Bybit(バイビット)では元々外部の決済サイトを利用しないとクレジットカード入金ができませんでした。しかし、2022年4月29日より、Bybitのサイト上でUSDT直接購入できるようになり、利便性が大きく向上しています。これまでBybitのクレジットカード入金は本人認証などの手間がかかっていましたが、現在は日本円での入金をより簡単に行えます。

Bybitのクレジットカード入金の仕組み

Bybit(バイビット)では、日本円を直接取引口座に入金することができません。そのため、クレジットカードでの入金は、日本円で仮想通貨を購入する形で行われます。

日本円からテザーへの交換

Bybit(バイビット)のクレジットカードで購入することができる仮想通貨は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)テザー(USDT)の3種類です。

この中でUSDTのみBybitのサイト上でのクレジットカード購入が可能で、BTCとETHは外部の決済サイトを利用する必要があります。

今回キャンペーンの対象となっているUSDTは、Bybitで使われる最も基本的な通貨なので、入金すれば、すぐに様々な取引に利用可能です。

point テザー(USDT)とは

テザー(USDT)はTether社が発行する仮想通貨(暗号資産)で、価値が米ドルと等しくなるように調整されているものです。開発・運営主体が明確な中央集権型の仮想通貨で、特定の資産とペッグ(価格固定)するステーブルコインの一種です。

市場価格と交換レートは異なる

クレジットカードでUSDTを購入する場合、購入時のレートは市場価格と異なります。そのため、手数料が無料でもレート差がコストとなることには注意が必要です。

2022年5月19日現在のUSDT市場価格とBybitクレジットカードでUSDTを購入する場合のレートを比較してみます。

市場価格 128.52円
クレカ購入時のレート 135.39円

5%ほどBybitで購入レートのほうが高くなっていることが分かります。今回のキャンペーンでは、このレート差がそのまま購入コストとなります。キャンペーン期間外では、これに手数料を加えた額が購入コストです。

2回目以降の購入はKYCが必要

クレジットカードでは、初回の300ドル未満の購入以外では本人確認(KYC)が必要です。

具体的なKYCの要件は以下の通りです。

購入額 KYC
初回の購入(300ドル未満) なし
初回の購入(300ドル以上) レベル1
2回目以降の購入
2枚目以降のカード追加
1回の購入限度額 (3,000ドル以上) レベル2

また、日別や週別などでの累計購入額が高くなると、KYCレベル2が必要となりますので、注意が必要です。

累計購入額 KYC
日別(5,000ドル以上) レベル2
週別(15,000ドル以上)
月別(30,000ドル以上)
年次(50,000ドル以上)
合計(50,000ドル以上)

購入金額を上げたり、継続して入金したりする場合にはKYCが必須となります。

口座開設、KYCの方法は以下の記事で解説しています。

クレジットカード入金の手順

ここからは、Bybit(バイビット)でクレジットカード入金を行う方法を紹介します。

新しく使うクレジットカードをまずは登録し、その後実際に入金したい金額を入力する流れです。

クレジットカードの登録方法

手順1

Bybit公式ページを開き、ログインします。

手順2

左上にある、「暗号資産の購入」にカーソルを合わせ、「今すぐ購入」をクリックします。

Expressの選択 Expressの選択

手順3

初めてクレジットカード入金をする場合や、別のクレジットカードを使いたい場合は、「カード追加」をクリックします。

カードを追加をクリックする カードを追加をクリックする

手順4

メールアドレスを確認または入力して、チェックボックスにチェックを入れ、「続行」をクリックします。メールアドレスは、Bybitにメールアドレスを登録していれば、自動で入力されます。

新規カードを追加

手順5

カード情報を入力し、「Validate card & proceed」をクリックします。

カード内容を入力

番号

入力項目

詳細

1

CARD NUMBER
(16 DIGITS)

16桁のカード番号をハイフンなしで入力します。

2

EXPIRY

カードの有効期限を月/年でそれぞれ入力します。

3

CVV/CVC

クレジットカードのセキュリティコードを入力します。

4

CARDHOLDER NAME

カードの名義を入力します。

手順6

カード認証のために、少額の入金(300円)を行います。この入金金額は、認証完了後に返金されますので、実際の負担にはなりません。認証は、カード発行会社によって手続き方法が異なりますので、画面の指示に従ってください。

手順7

「カード認証が完了しました」のメッセージが表示されたら、「続行」をクリックします。

Bybitカード認証完了

クレジットカードでの購入方法

カードが登録できたら、実際の入金を行います。

手順1

下記の項目を入力・確認し、「JPYで購入」をクリックします。

Bybitカード購入金額入力

番号

項目

詳細

1

支払い

支払い金額を入力し、支払い通貨を選択します。手数料無料キャンペーンを利用するには、支払い通貨に「JPY」を選択します。

2

受取

交換レートを適用した後の受け取り金額と受け取り仮想通貨が表示されますので、確認します。手数料無料キャンペーンを利用するには、受け取り仮想通貨に「USDT」を選択します。

3

決済方法

使用したいカードの下4桁のカード番号が表示された「Credit Card」を選択します。

手順2

入金金額等の確認画面が表示されますので、「確認」ボタンをクリックします。なお、30秒ごとに交換レートが更新されます。

Bybitクレジットカード入金確認画面

手順3

セキュリティコード(CVV/CVC)を入力し、「Validate card & proceed」ボタンをクリックします。こちらも時間がかかるとレートが変動し、やり直しになってしまいますので、すぐに入力を完了させましょう。

Bybitクレジットカードセキュリティコード入力画面

手順4

「トランザクション完了」と表示されたら、クレジットカード入金は完了です。「資産を見る」ボタンをクリックすると、「資産」ページの「資金調達アカウント」に遷移し、入金が反映されているかどうかを確認できます。

Bybitクレジットカード入金完了画面

手順5

クレジットカードで入金した資金は「資金調達アカウント」に反映されますので、ここから右端の「振り替える」をクリックし、現物アカウントやデリバティブアカウントなどへの資金移動を行ってください。

Bybit資金調達アカウント Bybit資金調達アカウント

幅広い入金手段を用意

Bybit(バイビット)では、クレジットカードも含め日本円での入金に関して、幅広い手段を用意しています。

銀行送金では、海外送金での対応が多い海外の仮想通貨取引所の中では珍しく、国内銀行送金が利用可能です。

クレジットカードや国内銀行送金を活用すれば、特に手間なくBybitに入金できますので、日本人にも使いやすい取引所と言えます。


Date

作成日

 : 2022.05.24

Update

最終更新

 : 2022.06.19

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

FXや株などをメインに取引し、2020年より仮想通貨投資を開始。自身が情報を得づらかった経験から、仮想通貨初心者でも分かりやすい解説を心掛ける。草コインへの投資やステーキングなどをメインに運用。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00

STEPNアップデートで価格は上昇する?暴落後の動向に注目

STEPNは、2022年6月以降に大幅なアップデートを複数回実行しました。そこで、その内容やGST価格動向を紹介します。
update2022.08.04 20:30

【SNSで話題】解説本『いちばんやさしいWeb3の教本』が炎上

『いちばんやさしいWeb3の教本』に批判が集まっています。なぜ、批判が集まったのでしょうか。そして、出版元は、この批判を受けてどのように対応したでしょうか。その経緯等を紹介します。
update2022.07.25 20:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

FXGTがスワップフリーに!取引条件が大幅改善

FXGTが、スワップフリー導入を発表しました。すべての口座において対象銘柄のスワップが廃止されます。一部の銘柄はスワップフリーの対象外となるため注意が必要です。
update2022.08.02 19:00

TKO木本氏のトラブルで問題視されるポンジスキームとは?

TKOの木本武宏氏の投資トラブルが、大きな話題となっています。仮想通貨絡みだという噂もあります。そこで、ポンジスキームとともに、他の詐欺手法についても解説します。
update2022.07.29 21:00

日本で人気の仮想通貨IOST、2022年前半の重大発表や動向を解説

IOSTは、2022年の重大発表を契機にしてSNSで話題になるとともに、価格が上昇しました。そこで、重大発表の内容や価格動向を紹介します。
update2022.07.06 20:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

日本発のNFTプロジェクトTokyo Mongz Hills ClubがNFT販売実施を発表

日本発のNFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」がNFT販売を発表しました。今後、このプロジェクトはどこに向かっていくのでしょうか。そして、ユーザーの反応はどんな感じでしょうか。
update2022.07.20 20:00

イーサリアム(ETH)がハードフォークで分裂する可能性

イーサリアム(ETH)が、ハードフォークを経て分裂する可能性があります。2022年9月に大型アップグレード「マージ」を控え、従来のシステムを維持したい勢力が登場しています。
update2022.08.09 14:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル