Select Language

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!BTCとBITが対象

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!BTCとBITが対象

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.16 15:30
Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!BTCとBITが対象

update 2023.03.16 15:30

2023年1月20日から2023年2月28日まで、Bybit(バイビット)では、クレジットカードによる購入手数料無料キャンペーンが開催されています。対象となるのはクレジットカードを利用し、BTCまたはBITを購入した際の手数料です。

Bybitはクレジットカード決済機能の改善を行っています。4月29日には、外部決済プロバイダーの経由なしでUSDTを購入できるようになりました。そのため、他の海外取引所のように逐一本人確認をする手間が不要となりました。

Bybitはさまざまなキャンペーンを開催していますが、クレジットカード手数料無料のキャンペーンは、中でも注目度の高いものとなっています。

手数料無料キャンペーンの詳細

キャンペーン画像

今回開催されるBybit(バイビット)の手数料無料キャンペーンの内容は、以下の通りです。

期間 2023年1月20日午前10時〜2月28日午前9時59分(日本時間)
対象 日本円でのBTCまたはBITの購入を行う日本在住のユーザー
対応カードブランド Mastercard、VISA

2023年1月20日の午前10時から2月28日の午前9時59分までと、期間は1ヶ月以上です。比較的長期のキャンペーンなので使いやすいですね。

購入手数料が無料となるのは、BTCまたはBITを購入した際の手数料です。

対応しているクレジットカードは?

Bybitが対応しているカードブランドは、「Mastercard」と「VISA」です。しかし、MastercardやVSAのカードなら、どのカードでも利用できるというわけではありません。

「Mastercard」や「VISA」などの名称は「クレジットカードブランド」と呼ばれ、同じクレジットカードブランドでも発行会社はそれぞれ異なります。このクレジットカード発行会社が海外の仮想通貨取引所での利用を禁止している場合があり、その場合は購入できません。

Bybitが推奨しているカードには、以下があります。推奨外のカードを使うと、入金できない場合もあります。

  • エポスカード
  • トヨタファイナンシャルサービス
  • Revolut
  • MUFG
  • 住信SBIネット銀行
  • ヤフージャパン
  • ライフカード
  • セブン・カードサービス
  • Aplus
  • Minato Card
  • りそなカード
  • 琉球銀行
  • あおぞら銀行
  • ポケットカード
  • 株式会社東京クレジットサービス
  • 中部しんきんカード

キャンペーンで無料になる手数料とは?

クレジットカードを使ってBybitで仮想通貨を購入する場合、通常はカードブランドによって異なる以下の手数料が課されます(日本のクレジットカードの場合)。

カードブランド 手数料
Visa 3.05%
Mastercard 2.7%

今回の手数料無料キャンペーンでは、この手数料が無料になりますので、交換レート差のコストのみで入金することが可能です。

point クレジットカード入金リニューアル

Bybit(バイビット)では元々外部の決済サイトを利用しないとクレジットカード入金ができませんでした。しかし、2022年4月29日より、Bybitのサイト上でUSDTが直接購入できるようになり、利便性が大きく向上しています。これまでBybitのクレジットカード入金は本人認証などの手間がかかっていましたが、現在は日本円での入金をより簡単に行えます。

Bybitのクレジットカード入金の仕組み

Bybit(バイビット)では、日本円を直接取引口座に入金することができません。そのため、クレジットカードでの入金は、日本円で仮想通貨を購入する形で行われます。

日本円からテザーへの交換

Bybit(バイビット)のクレジットカードで購入することができるのは、以下の20種類の仮想通貨です。

  • USDC
  • USDT
  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • EOS
  • ADA
  • SOL
  • DOGE
  • DOT
  • DAI
  • TRX
  • AVAX
  • MATIC
  • LINK
  • ATOM
  • ETC
  • BIT
  • LUNA
  • USTC
  • KCAL
point BITとは

BIT(BITトークン)とは、BitDAOが発行する仮想通貨です。BitDAOは「DAO」と呼ばれる組織形態を取っており、BITの保有者全員で運営方針を決定しています。

BITを保有していると、BitDAOの運営方針を決める投票に加えて、Bybitの人気サービスであるローンチパッドやローンチプールなどにも参加できるようになります。

市場価格と交換レートは異なる

クレジットカードでBTCまたはBITを購入する場合、購入時のレートは市場価格と異なります。そのため、手数料が無料でもレート差がコストとなることには注意が必要です。

2023年1月23日現在の市場価格とクレジットカードのレートでBTCまたはBITを購入する場合のレートを比較してみます。

市場価格
BTC:2,936,984円
BIT:68.14円
クレカ購入時のレート
BTC:3,142,885円
BIT:74.59円

クレジットカード利用時の購入レートは、7%から10%ほど不利になることがわかります。今回のキャンペーンでは、このレート差がそのまま購入コストとなります。キャンペーン期間外では、これに手数料を加えた額が購入コストです。

2023年1月時点では、Bybitでは4種類の入金方法が利用できますが、コストを重視する場合は仮想通貨入金のほうがおすすめです。

2回目以降の購入はKYCが必要

クレジットカードでは、初回の300ドル未満の購入以外では本人確認(KYC)が必要です。

具体的なKYCの要件は以下の通りです。

購入額 KYC
初回の購入(300ドル未満) なし
初回の購入(300ドル以上) レベル1
2回目以降の購入
2枚目以降のカード追加
1回の購入限度額 (3,000ドル以上) レベル2

また、日別や週別などでの累計購入額が高くなると、KYCレベル2が必要となりますので、注意が必要です。

累計購入額 KYC
日別(5,000ドル以上) レベル2
週別(15,000ドル以上)
月別(30,000ドル以上)
年次(50,000ドル以上)
合計(100,000ドル以上)

購入金額を上げたり、継続して入金したりする場合にはKYCが必須となります。

口座開設、KYCの方法は以下の記事で解説しています。

クレジットカード入金の手順

ここからは、Bybit(バイビット)でクレジットカード入金を行う方法を紹介します。

point 購入手続きがさらにシンプルに

以前は、クレジットカードまたはデビットカードを最初に登録し、その後に購入手続きを行う必要がありました。しかし、2023年1月時点では、登録手続きと購入手続きがまとめられ、さらに手順が短縮化されました。

手順1

Bybit公式ページを開き、ログインします。

手順2

左上にある「暗号資産を購入」にカーソルを合わせ、「ワンクリック購入」をクリックします。

Bybitホーム画面 Bybitホーム画面

手順3

購入の条件を入力します。その後、カードでの購入が初めての場合は「カードを追加」、カードが登録されている場合は「JPYで購入」をクリックします。

Bybitのクレジットカード購入画面 Bybitのクレジットカード購入画面

番号

項目

詳細

1

支払い

支払い通貨を選択し、支払い金額を入力します。手数料無料キャンペーンを利用するには、「JPY」を選択します。

2

受取

購入したい銘柄を選択します。今回のキャンペーンを利用したい場合は「BTC」または「BIT」を選択します。

3

決済方法

カードでの購入が初めての場合は「Credit Card」、すでに登録されたカードがある場合は登録済みのカードを選択します。

手順4

初めてカードを利用する場合は、カード情報の入力画面になります。入力が完了したら、チェックボックスにチェックを入れ、「続行」ボタンをクリックします。

Bybitでのクレジットカード情報登録画面

番号

項目

詳細

1

メール

メールアドレスを入力します。

2

名・姓

「名」には名前、「姓」には苗字を入力します。

3

カード番号

仮想通貨の購入に利用したいカード番号を入力します。

4

有効期限

有効期限を入力します。左側の枠には有効期限の月を2ケタで入力します。右側の枠には有効期限の年の下2ケタを入力します。

5

CVV/CVV

カードの裏に記載されている3ケタの暗証番号を入力します。

手順5

表示された購入条件を確認し、問題なければ「確認」ボタンをクリックします。なお、クレジットカード番号が表示された欄をクリックすると、別のクレジットカードを選択することや、新しいクレジットカードを追加することができます。

Bybitでのクレジットカード購入確認画面

手順6

注文が処理されて以下のような決済画面となりますので、手続きを進めます。以下では、電話番号宛てに届いたSMS記載の認証コードを画面に入力し、「認証する」をクリックしています。

/Bybitのクレジットカード決済画面 /Bybitのクレジットカード決済画面

手順7

購入手続きが完了したかどうかはメールで確認できます。

Bybitのクレジットカード購入完了メール

手順8

購入できたかどうかは、購入履歴ページの「ステータス」列でも確認できます。購入履歴を表示させるには、こちらをクリックしてください。

Bybitのワンクリック購入履歴画面 Bybitのワンクリック購入履歴画面

幅広い入金手段を用意

Bybit(バイビット)では、クレジットカードも含め日本円での入金に関して、幅広い手段を用意しています。P2P取引では、国内銀行送金やLINE Payを利用して、一部の仮想通貨を購入することも可能です。

クレジットカードを活用すれば、国内取引所を介することなくBybitへの入金が可能です。デメリットもあるので一概におすすめできませんが、Bybitは日本人にも使いやすいような取り組みがされている取引所と言えます。


Date

作成日

2023.01.20

Update

最終更新

2023.03.16

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

FXや株などをメインに取引し、2020年より仮想通貨投資を開始。自身が情報を得づらかった経験から、仮想通貨初心者でも分かりやすい解説を心掛ける。草コインへの投資やステーキングなどをメインに運用。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

仮想通貨GPT(CryptoGPT)とは|将来性やAI分野との関連を解説

CryptoGPTはAI発展への寄与を目標としており、ユーザーは自分自身のデータを使って収益を得られます。DAO MakerでIDOが実施され、話題の仮想通貨となっています 。
update2023.02.28 20:00

Bybitローンチプールに「Monopoly Millionaire Game」 のトークン「MMC」が登場!

2022年7月22日、仮想通貨(暗号資産)取引所のBybit(バイビット)は、GameFiプラットフォーム「Monopoly Millionaire Game」 のトークンである「MMC」をローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。
update2022.07.25 21:00

DAOのビジネスモデルを解説、民主的な仕組みを活かした利用例が拡大

仮想通貨(暗号資産)市場ではDAOが一般的で、多くのプロジェクトが取り入れています。また、DAOは投票での意思決定が特徴的で、Web3.0を実現する手段のひとつとして期待されています。
update2022.12.28 20:40

スイスフランショックとは?その原因と影響

2015年1月15日、スイス国立銀行(スイスの中央銀行)が金融政策を突然変更し、スイスフランが暴騰して複数のFX会社が経営破綻しました。これをスイスフランショックと呼びます。
update2022.10.03 19:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?やり方やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2023.01.20 19:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

​​仮想通貨でよく聞くEVMとは?その仕組みやEVM対応のメリットを解説

EVMはイーサリアムがDAppプラットフォームであるために必要な技術であり、この技術によりスマートコントラクトの実行や管理が可能になります。
update2022.11.01 20:15

仮想通貨ARBの将来性は?独自トークンのエアドロップで話題のアービトラム

アービトラム(Arbitrum)が、独自仮想通貨(暗号資産)ARBのリリースを発表しました。ARBは取引所への上場に先立ち、エアドロップで配布されます。エアドロップの対象はアービトラムの利用歴のあるユーザーです。
update2023.03.22 21:00

OASをOasys Hubで手軽にステーキング|やり方や特徴を紹介

ブロックチェーン「Oasys(オアシス」ではステーキングが可能であり、仮想通貨OASを預けると年10%の利回り(APY)を受け取れます。
update2023.02.08 19:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル