Select Language

アクシーインフィニティ(AXS)運営会社、ハッキング被害の補填に向けて資金調達実施

アクシーインフィニティ(AXS)運営会社、ハッキング被害の補填に向けて資金調達実施

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.16 15:54
アクシーインフィニティ(AXS)運営会社、ハッキング被害の補填に向けて資金調達実施

update 2023.03.16 15:54

ブロックチェーンゲームのアクシーインフィニティ(AXS)は、Ronin Networkと呼ばれるブロックチェーン上で稼働します。2022年3月、そのRonin Networkがハッキングされて多額の仮想通貨を盗まれてしまったため、この2つを運営するスカイメイビスは、ユーザーの損失補填のために資金調達しました。

アクシーインフィニティは、アクティブユーザー数が1日あたり300万人近くで世界最大級であり、日本でも人気です。このため、Ronin Networkがハッキング被害を受けた事実は、国内の仮想通貨(暗号資産)コミュニティにも大きな衝撃となりました。

今回、スカイメイビスはユーザーに損失補填する予定です。では、具体的にどのような対応になるでしょうか。

アクシーインフィニティとは

アクシーインフィニティはPlay-to-Earn分野のブロックチェーンゲームであり、プレイヤーはモンスター「アクシー」を使って仮想通貨を稼ぎます。一般的にPlay-to-Earnのブロックチェーンゲームは、独自の仮想通貨を発行したり、NFTでゲーム内アイテムを発行したりします。アクシーインフィニティも、同様のシステムを採用しています。

knowledge Play-to-Earn

Play-to-Earnとは「遊びながら稼ぐ」という意味であり、この要素を取り入れたゲームが人気です。Play-to-EarnのゲームはNFTと親密な関係にあることが多く、ゲームアイテムはNFTで作られ、そのアイテムをマーケットプレイスで売却して現金化することもできます。

アクシーインフィニティ

画像引用:アクシーインフィニティ

アクシーを手に入れる方法は2種類あり、購入するか、アクシーを持っている人から借りるかです。そして、特定のゲームをクリアしたり他のプレイヤーとの戦いに勝利したりすることで、AXSやSLPと呼ばれるトークンを獲得します。これらのトークンは、取引所で売却して現金化することもできます。

ちなみに、アクシーインフィニティは、パソコンだけでなくスマホでも気軽に遊べるので人気です。また、アクシーを買うには資金が必要ですが、他人から借りれば無料で始められますので、初心者でも始めやすいです。

約6億ドルのハッキング被害発生

2022年3月23日、Ronin Networkがハッカーの攻撃を受け、約6億2,000万ドル相当の仮想通貨を盗まれました。3月29日、スカイメイビスは、イーサリアム(ETH)とUSDコイン(USDC)が盗まれたと正式に報告しています。

Ronin Networkは、イーサリアムを基盤とするブロックチェーンネットワークであり、主な機能は、専用ウォレットのRonin Wallet、DEX(分散型取引所)のKatana、クロスチェーンブリッジのRonin Bridgeです。これらの機能を使って、アクシーインフィニティの報酬受け取り・売却・入金などを、より安価かつ高速に実行できます。

Ronin Networkの機能説明

今回、犯人はRonin Bridgeをハッキングして仮想通貨を盗み出しました。調査の結果、犯人は2回にわけて17万3,600ETHと2,550万USDCを外部に送金したことが明らかになっています。なお、RON(Ronin Networkのネイティブトークン)、AXS、SLPなどの仮想通貨に被害はなく、アクシーインフィニティ自体にも影響はありません。

補填用に1.5億ドルの資金調達

この被害を受けて、スカイメイビスは、被害を受けたユーザーへの資金返却を約束しています。2022年4月初旬、スカイメイビスは補填に向けた資金調達を実施しており、アニモカ・ブランドなどの投資ファンドから合計1億5,000万ドルを得ました。また、不足があれば同社の資産を使用する方針です。

一方、スカイメイビスは流出資金の奪還も目指しており、複数の政府機関やブロックチェーン分析会社「Chainanalysis」などと協力して犯人を追っています。しかし、資金を取り戻すには困難が予想されます。

セキュリティ強化を実施

当記事執筆時点で、アクシーインフィニティは通常通りサービスを継続しています。しかし、被害拡大を防ぐためにRonin Bridgeは停止中です。これに伴い、Binanceなどの取引所も、Ronin Networkとのクロスチェーンブリッジを無効にしています。安全性が確保できれば再稼働するでしょうが、まずはRonin Networkのセキュリティ強化が求められています。

point クロスチェーンブリッジ

クロスチェーンブリッジとは、複数のブロックチェーンをつないで、規格の異なる仮想通貨を利用可能にする技術です。この技術が普及すれば、ブロックチェーンをまたいで仮想通貨をやり取りできます。現在、多数のブロックチェーンが稼働しておりクロスチェーンブリッジは重要ですが、その脆弱性を狙ったハッキングが起きているのも事実です。

Ronin Bridgeにおけるサービス停止の通知

画像引用:Ronin Bridge

既にスカイメイビスは、セキュリティ強化に向けてバリデータノードの承認を厳格化しました。これまで、Ronin Networkで入出金するには、9つのバリデータノードのうち5つの承認が必要でした。この必要な承認数を、8つに引き上げました。加えて、バリデータノードの総数を増やす予定です。

point バリデータノード

バリデータノードは、報酬と引き換えに取引を検証してブロックを生成します。このシステムは主にPoS(プルーフ・オブ・ステーク)のブロックチェーンで採用されており、従来のブロック生成方法よりも効率的だと考えられています。

Ronin Networkのバリデータノードの基準値変更

今回、犯人はシステムの穴を突いて送金に必要な情報を入手し、5つのバリデータノードを乗っ取って仮想通貨を盗みました。よって、この穴が修正されれば正常化すると予想できます。その上で、バリデータノードの承認プロセスを厳格化しますので、セキュリティは以前よりも向上するでしょう。

セキュリティ以外の懸念点

Play-to-Earnのゲームはその発展が期待されている一方、セキュリティ以外にも解決すべき問題を抱えています。その問題とは、稼ぐ機会の継続性です。過去の例を見ると、主要なブロックチェーンゲームでさえ、時間の経過とともに報酬システムを維持できなくなり、「稼げないゲーム」になってしまう例が多数あります。

アクシーインフィニティも、例外ではありません。フィリピンでは報酬で家を建てたプレイヤーが現れるなど好調でしたが、ユーザーの収益性は低下し続けています。これは、SLPトークンの価格を見ると明白です。SLP価格は2021年5月に0.35ドルを上回って史上最高値を更新しましたが、2021年7月頃から右肩下がりとなっています。

SLPと米ドルの価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

Play-to-Earnのゲームにおいて、新規参入するプレイヤーはトークンを買いますが、ゲームでトークンを稼いだ人は売って現金化しようとします。すなわち、ゲーム参加者が多くなればなるほど、売り圧力が強くなってしまいます。

アクシーインフィニティの場合、ゲーム開始時に買うNFTは高額であり、資金を回収できない可能性があります。無料でNFTを借りることもできますが、NFTの持ち主に使用料を支払う必要があります。ハッキング被害の影響もあって、アクシーインフィニティは日間アクティブユーザー数を大幅に減らしています。持続可能な環境を構築するためには、適切な収益性の維持が重要です。

AXSの買い方

日本国内の取引所はAXS(アクシーインフィニティ)を取り扱っていません。そのため、AXSを購入するならBinance(バイナンス)やBybit(バイビット)などの海外取引所を利用することになります。

日本語対応の海外取引所でのAXSの取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。

取引所 現物 デリバティブ
Binance(バイナンス)
Bybit(バイビット)
Gate.io(ゲート)
CoinEX(コインイーエックス)
MEXC(メクシー)
BingX(ビンエックス)
Bitget(ビットゲット)

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ
binance bybit gate.io mexc

海外取引所は日本語対応が充実しているBybit(バイビット)がおすすめです。

苦難を乗り越えられるか

Ronin Networkが大規模なハッキング被害を受けたことは、アクシーインフィニティにとって大きな痛手です。しかし、この苦難を乗り越えれば、アクシーインフィニティはより洗練されたゲームになるかもしれません。Play-to-Earnの流行を牽引する存在だけに、スカイメイビスには迅速な対応が求められています。


Date

作成日

2022.04.14

Update

最終更新

2023.03.16

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル