Select Language

アービトラム(Arbitrum)でイーサリアムの送金手数料を抑える

アービトラム(Arbitrum)でイーサリアムの送金手数料を抑える

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.04.26 23:12
アービトラム(Arbitrum)でイーサリアムの送金手数料を抑える

update 2022.04.26 23:12

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代(送金手数料)高騰問題を解決するために開発されたレイヤー2ソリューションです。具体的には、イーサリアム(レイヤー1)で送金すると数千円以上のガス代が必要なのに対し、アービトラムでイーサリアムを送金すると大幅に安くできるため人気を集めています。

アービトラムの主な活用方法

アービトラム(Arbitrum)を利用する最大のメリットは、イーサリアム(ETH)を安い手数料で送金できる点にあります。

例えば、仮想通貨取引所Bybit(バイビット)からイーサリアムを出金する場合、イーサリアムネットワーク(レイヤー1)を使うと0.005ETHのトランザクション手数料(送金手数料)が必要となりますが、Arbitrum Oneネットワークであれば0.003ETHと安くなります。

特にDeFi関連のサービスでは、承認を要するそれぞれの作業でガス代が必要となるため、イーサリアムを安く移動可能なレイヤー2のアービトラムは便利な存在となっています。

point レイヤー2

メインとなるブロックチェーンであるレイヤー1に対して、それを基礎に構築され、情報処理を手助けする副次的なブロックチェーンをレイヤー2と呼びます。レイヤー2は、ブロックチェーンの処理を高速化し、取引承認の遅延や手数料高騰などのスケーラビリティ問題を緩和することに貢献しています。

アービトラム対応の取引所等

このように送金手数料を抑えられるアービトラムは多くの取引所等で採用されており、主な例は下の通りです(2022年2月16日現在)。

  • Binance(バイナンス)
  • Bybit(バイビット)
  • Gate.io(ゲート)
  • MEXC(メクスシー)
  • MetaMask(メタマスク)
  • TrustWallet(トラストウォレット)
  • Uniswap(ユニスワップ)
  • 1inch(ワンインチ)
  • AnySwap(エニースワップ)
  • Arbitrum Bridge(アービトラム・ブリッジ)

上に挙げた名称を見ますと、中央集権型取引所(CEX)だけでなく分散型取引所(DEX)もありますし、各種ウォレットにも対応しています。また、上の表にはありませんが、アービトラムに対応したブロックチェーンゲームもあります。

よって、Bybit等でイーサリアムを購入してアービトラムを使ってメタマスクに送金し、各種ゲームやDefiプロジェクト等を楽しむことができます。

アービトラムの利用方法

以下、メタマスクのアービトラム設定方法とBybit(バイビット)からの送金方法を確認します。なお、設定方法には2種類あり、メタマスクに直接設定する方法と、Chainlist(チェーンリスト)と呼ばれるツールで簡単に設定する方法があります。

メタマスクに直接設定する方法

手順1

メタマスクを起動し、トップページ右上にある丸いアイコンをクリックして設定画面を表示します。

メタマスクトップ画面 メタマスクトップ画面

手順2

メニューが表示されますので、一番下にある「設定」を選択します。

メタマスクの設定画面 メタマスクの設定画面

手順3

設定画面左側にある「ネットワーク」をクリックし、画面右上に表示される「Add a network」を選択します。

メタマスク設定ネットワーク画面 メタマスク設定ネットワーク画面

手順4

メタマスクに新規ネットワークを追加するための画面が表示されるので、アービトラムネットワークの設定を入力した後、「保存」をクリックします。

アービトラムネットワークの設定

  1. ネットワーク名:Airbitrum One
  2. 新規 RPC URL:https://arb1.arbitrum.io/rpc
  3. チェーンID:42161
  4. 通貨記号:ETH
  5. ブロックエクスプローラーのURL:https://arbiscan.io
メタマスクネットワーク追加画面 メタマスクネットワーク追加画面

番号

入力項目

説明

1

ネットワーク名

Airbitrum One

2

新規 RPC URL

https://arb1.arbitrum.io/rpc

3

チェーンID

42161

4

通貨記号

ETH

5

ブロックエクスプローラーのURL

https://arbiscan.io

手順5

「保存」ボタンを選択後にメタマスクトップ画面に自動的に戻りますので、画面右上のネットワーク名に「Airbitrum One」と表示されていれば設定完了です。

メタマスクトップページ メタマスクトップページ

Chainlistを使って設定する方法

メタマスクに直接アービトラムネットワークを追加する方法以外に、Chainlist(チェーンリスト)で簡単に設定する方法もあります。Chainlistを使うと、アービトラムだけでなく他のブロックチェーンも簡単に追加できますので便利です。

手順1

Chainlistにアクセスし、「Search Networks」の横の検索バーに「arbitrum」と入力します。

Chainlist検索画面 Chainlist検索画面

手順2

検索結果の中から「Arbitrum One」の「Connect Wallet」を選択します。

Chainlist検索画面 Chainlist検索画面

手順3

Connect Walletを選択するとメタマスクの承認画面が表示されますので、ネットワーク名に「Arbitrum One」とあるのを確認して「承認」ボタンを選択します。

メタマスクの承認画面

手順4

承認後に表示される画面で「ネットワークの切り替え」を選択します。

メタマスクのネットワーク切り替え画面

メタマスクの画面右上のネットワーク名部分に「Airbitrum One」と表示されていれば設定完了です。

メタマスクトップページ メタマスクトップページ

Bybitからメタマスクに出金

2022年1月31日、仮想通貨取引所Bybit(バイビット)でアービトラムを使ったイーサリアム(ETH)の出金が可能となりました。

手順1

Bybitにログインし、画面右上の「資産」にマウスポインタを当てると表示される「現物アカウント」をクリックします(手順2に進みます)。

Bybitトップページ Bybitトップページ

「資産」の表示がない場合は、画面左上にあるメニューボタンを選択します。

Bybitトップページ Bybitトップページ

表示されたメニューから「資産」の「現物アカウント」を選択します。

Bybitのメニュー Bybitのメニュー

手順2

現物アカウントの資産状況画面が表示されたら、画面左上にある「出金」を選択します。

Bybitの現物アカウント画面 Bybitの現物アカウント画面

手順3

表示された出金画面で、「ウォレットアドレスを追加する」を選択して送金先のメタマスクのアドレスを追加します。

Bybitの出金画面

手順4

ウォレットアドレスの追加画面が表示されるので、画面右側にある「+追加」を選択します。

Bybitのウォレットアドレス追加画面 Bybitのウォレットアドレス追加画面

手順5

「コイン」欄で「ETH」を選択、チェーンタイプで「Arbitrum One」を選択し、アドレス部分に送金先メタマスクのアドレスを入力、そして「アドレス名」に任意のアドレス名を設定し、「確定」をクリックします。

追加ウォレットアドレス画面

番号

入力項目

説明

1

コイン

出金する仮想通貨を選択します。今回はETHです。

2

チェーンタイプ

Arbitrum Oneを選択します。

3

アドレス

メタマスクの0からはじまるアドレスを入力します。

4

アドレス名

識別用に、名前を自由に設定します。

手順6

先ほどの出金画面に戻り、コインを「ETH」、チェーンタイプを「Arbitrum One」、ウォレットアドレスで先ほど設定したアドレスを選び、出金したいETHの数量を設定し、提出を選択すると送金できます。

Bybitの出金画面

番号

入力項目

説明

1

コイン

出金する仮想通貨(ETH)を選択します。

2

チェーンタイプ

Arbitrum Oneを選択します。

3

ウォレットアドレス

追加したメタマスクのアドレスを選択します。

4

数量

出金したい仮想通貨の数量を入力します。

イーサリアムのレイヤー2として主流のネットワークに

DeFiの登場とともに取引量が増加しガス代が高騰したイーサリアムネットワークでは、様々なレイヤー2プロジェクトが開発されています。その中でもアービトラム(Arbitrum)は取引量が多く、人気があるレイヤー2ソリューションです。

また、アービトラムに対応したブロックチェーンゲームやDapps(分散型アプリケーション)の開発も進んでおり、今後もアービトラムの動向に注意を払う価値があるでしょう。


Date

作成日

 : 2022.02.17

Update

最終更新

 : 2022.04.26

トレーダーF | Trader F

現役トレーダー兼ライター

arrow
トレーダーF

会社員時代に10万円を元手にFXをはじめるが、カンに頼るトレードで退場。
テクニカル分析を学ぶがそれでも上手く行かない中、趣味でやっていた暗号資産の利益が増大。
戦いのメインをFXと暗号資産の2本(DeFiやNFT)にすることで、会社員から独立し現在は専業トレーダーとして活躍。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00

STEPNアップデートで価格は上昇する?暴落後の動向に注目

STEPNは、2022年6月以降に大幅なアップデートを複数回実行しました。そこで、その内容やGST価格動向を紹介します。
update2022.08.04 20:30

【SNSで話題】解説本『いちばんやさしいWeb3の教本』が炎上

『いちばんやさしいWeb3の教本』に批判が集まっています。なぜ、批判が集まったのでしょうか。そして、出版元は、この批判を受けてどのように対応したでしょうか。その経緯等を紹介します。
update2022.07.25 20:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

FXGTがスワップフリーに!取引条件が大幅改善

FXGTが、スワップフリー導入を発表しました。すべての口座において対象銘柄のスワップが廃止されます。一部の銘柄はスワップフリーの対象外となるため注意が必要です。
update2022.08.02 19:00

TKO木本氏のトラブルで問題視されるポンジスキームとは?

TKOの木本武宏氏の投資トラブルが、大きな話題となっています。仮想通貨絡みだという噂もあります。そこで、ポンジスキームとともに、他の詐欺手法についても解説します。
update2022.07.29 21:00

日本で人気の仮想通貨IOST、2022年前半の重大発表や動向を解説

IOSTは、2022年の重大発表を契機にしてSNSで話題になるとともに、価格が上昇しました。そこで、重大発表の内容や価格動向を紹介します。
update2022.07.06 20:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

日本発のNFTプロジェクトTokyo Mongz Hills ClubがNFT販売実施を発表

日本発のNFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」がNFT販売を発表しました。今後、このプロジェクトはどこに向かっていくのでしょうか。そして、ユーザーの反応はどんな感じでしょうか。
update2022.07.20 20:00

イーサリアム(ETH)がハードフォークで分裂する可能性

イーサリアム(ETH)が、ハードフォークを経て分裂する可能性があります。2022年9月に大型アップグレード「マージ」を控え、従来のシステムを維持したい勢力が登場しています。
update2022.08.09 14:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル