Select Language

Bybitがスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)とシンボル(XYM)の上場を発表

Bybitがスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)とシンボル(XYM)の上場を発表

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.04.20 12:18
Bybitがスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)とシンボル(XYM)の上場を発表

update 2022.04.20 12:18

2021年11月19日、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybit(バイビット)は、スムーズ・ラブ・ポーション(SLP)をデリバティブ取引に上場し、さらに同月23日、現物市場にシンボル(XYM)を上場したことを発表しました。[1][2]

Bybitは70種類以上の仮想通貨を取り扱う人気取引所で、継続的に現物市場やデリバティブ取引に銘柄を追加しています。

スムーズ・ラブ・ポーションを上場

Bybit(バイビット)は既に現物市場でスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)を取り扱っていますが、今回、USDT無期限契約でも上場しました。

SPLPUSDTデリバティブのバナー
point USDT無期限契約とは

無期限契約は、仮想通貨そのものを保有する現物取引ではなく、売買差損益のみ口座残高に反映させる取引形態で、一般的にレバレッジ取引と呼ばれます。Bybitでは、テザー(USDT)を証拠金とする「USDT無期限契約」と、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を証拠金とする「インバース無期限契約」の2種類で取引可能です。

Bybitはビットコイン(BTC)の無期限契約では最大レバレッジ100倍を提供していますが、その他の仮想通貨については50倍と25倍のレバレッジに設定されています。スムーズ・ラブ・ポーションは最も低いレバレッジ25倍に設定されていますので、大きなポジションを取り過ぎないよう注意が必要です。

メタバース関連銘柄として注目

スムーズ・ラブ・ポーション(SLP)は、アクシー・インフィニティと呼ばれるブロックチェーンゲーム内で利用できる仮想通貨で、ゲーム内の戦いに勝利したりクエストをクリアしたりすると入手できます。また、獲得したスムーズ・ラブ・ポーションは取引所で売却可能であり、メタバース分野が盛り上がりを見せていることから、関連銘柄として注目を集めています。

knowledge 成長が期待されるメタバース関連銘柄

メタバースとは、インターネット上に構築された三次元の仮想空間を指し、アクシー・インフィニティやディセントラランドなどのブロックチェーンゲームに利用されています。これらのブロックチェーンで発行される仮想通貨は、メタバース関連銘柄として分類され、今後の成長が期待されています。

下記の記事では、話題になっているメタバース関連の仮想通貨を紹介しています。

なお、スムーズ・ラブ・ポーションのチャートを見ますと、2021年5月や7月に価格が一気に上昇した後に元の水準に戻っている様子が分かります。アクシー・インフィニティではスムーズ・ラブ・ポーションの他にAXSトークンも発行されており、そちらは価格が継続的に上昇していますので、今後の反転上昇が期待できるかもしれません。

SLPのチャート

現物市場にシンボルを上場

また、Bybit(バイビット)は過去2ヶ月間にわたってシンボルの仮想通貨関連プロジェクトとしての内容を精査し、同プロジェクトのネイティブトークンであるジムを上場しました。

SLPのチャート

元々、シンボルは人気仮想通貨プロジェクトのネム(NEM)から派生して誕生したブロックチェーンであり、その後ネムとシンボルはハードフォークを実施して、仮想通貨関連プロジェクトとしての方針を刷新しました。特に、シンボルは企業や公共機関などによる利用を想定したプラットフォームとして開発が進められており、その進捗に合わせて価格上昇が期待されています。

2021年9月に10円台だったジム価格は、当記事執筆時点で40円前後まで上昇しています。また、Bybitが上場を発表した11月23日には一時的に60円弱まで高騰するなど、更なる上昇の兆しも見せています。

XYMのチャート

続々と仮想通貨を上場するBybit

2018年に設立されたBybit(バイビット)は、投資家の期待に応えて続々と仮想通貨を上場しています。これに加えて、Bybitはデリバティブ取引の提供を拡大しており、投資家に魅力的なサービスを実現しています。

スムーズ・ラブ・ポーションとシンボルは、仮想通貨市場で話題となっている銘柄だけに、Bybitの発表は非常にタイムリーなものになったといえるでしょう。


Date

作成日

 : 2021.11.26

Update

最終更新

 : 2022.04.20

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00

STEPNアップデートで価格は上昇する?暴落後の動向に注目

STEPNは、2022年6月以降に大幅なアップデートを複数回実行しました。そこで、その内容やGST価格動向を紹介します。
update2022.08.04 20:30

【SNSで話題】解説本『いちばんやさしいWeb3の教本』が炎上

『いちばんやさしいWeb3の教本』に批判が集まっています。なぜ、批判が集まったのでしょうか。そして、出版元は、この批判を受けてどのように対応したでしょうか。その経緯等を紹介します。
update2022.07.25 20:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

FXGTがスワップフリーに!取引条件が大幅改善

FXGTが、スワップフリー導入を発表しました。すべての口座において対象銘柄のスワップが廃止されます。一部の銘柄はスワップフリーの対象外となるため注意が必要です。
update2022.08.02 19:00

TKO木本氏のトラブルで問題視されるポンジスキームとは?

TKOの木本武宏氏の投資トラブルが、大きな話題となっています。仮想通貨絡みだという噂もあります。そこで、ポンジスキームとともに、他の詐欺手法についても解説します。
update2022.07.29 21:00

日本で人気の仮想通貨IOST、2022年前半の重大発表や動向を解説

IOSTは、2022年の重大発表を契機にしてSNSで話題になるとともに、価格が上昇しました。そこで、重大発表の内容や価格動向を紹介します。
update2022.07.06 20:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

日本発のNFTプロジェクトTokyo Mongz Hills ClubがNFT販売実施を発表

日本発のNFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」がNFT販売を発表しました。今後、このプロジェクトはどこに向かっていくのでしょうか。そして、ユーザーの反応はどんな感じでしょうか。
update2022.07.20 20:00

イーサリアム(ETH)がハードフォークで分裂する可能性

イーサリアム(ETH)が、ハードフォークを経て分裂する可能性があります。2022年9月に大型アップグレード「マージ」を控え、従来のシステムを維持したい勢力が登場しています。
update2022.08.09 14:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル