Select Language

Bybitがローンチパッド第5弾を開催!保有BITとの交換でSISを配布

Bybitがローンチパッド第5弾を開催!保有BITとの交換でSISを配布

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.04.20 12:08
Bybitがローンチパッド第5弾を開催!保有BITとの交換でSISを配布

update 2022.04.20 12:08

2021年11月25日、Bybit(バイビット)がローンチパッド第5弾の開催を発表しました。ローンチパッドとは、Bybitに上場予定の仮想通貨を先行して配布する、Bybit独自のプラットフォームです。[1]

第1弾は2021年9月に行われ、配布対象はBITトークンでした。今回の配布対象は分散型取引所(DEX)の「Symbiosis Finance」で使われるトークン、SISです。SISは2021年12月2日にBybitに上場する予定で、この上場を記念してキャンペーンが行われます。

キャンペーンの詳細と参加方法

今回のローンチパッドはBITトークンの保有量に応じて、BITトークンと交換でSISが配布されます。SISはまだ知名度のないトークンなので、ほとんどの方が初耳でしょう。しかし、Bybit(バイビット)でキャンペーンを展開するため、今後急激に知名度を上げる可能性もある仮想通貨です。

ローンチパッド

なお、ローンチパッドの開催期間は11月27日午後9時から12月2日午後8時59分まで(いずれも日本時間)で3つの期間に分かれており、それぞれで必要な手続きが異なります。

  • 計測期間(11月27日午後9時〜12月2日午前8時59分)
  • コミット期間(12月2日午後12時30分〜12月2日午後7時59分)
  • 配布期間(12月2日午後8時〜午後8時59分)

以下、各期間で必要な手続きを解説します。

計測期間

5日間にわたって、Bybitの現物アカウントとByFiアカウントに保有しているBITトークンの数量を計測します。具体的には、以下の計算式で1時間ごとにBIT残高をスナップショットとして記録します。

(日次平均BIT残高) =
(毎時間記録された合計のBIT残高) ÷ 24

point 計測対象外に注意

計測対象となるBITは3種類で、現物アカウント、ByFiアカウント、ByFiアカウントでローンチプールに預け入れているものであり、ByFiアカウントでも二重資産マイニング等に預け入れているBITトークンは対象外ですので注意が必要です。また、デリバティブアカウントも対象外です。

BITトークンは、Bybitが2021年9月から行った大規模なキャンペーンで無料配布されたため、持っているBybitユーザーも多いでしょう。キャンペーンで受け取っていない人やもっと保有量を増やしたい人は、Bybitの現物取引で購入して今回のキャンペーンに参加できます。

コミット期間

今回のローンチパッドでは、保有するBITトークンと交換することでSISを入手できます。そのため、このコミット期間中に、交換するBITトークンの数量を入力する必要があります。

なお、コミットできるBIT数量の上限は、計測期間中の日次平均BIT残高に応じて異なります。つまり、コミット期間が始まる11月27日だけBITを保有していても、コミットはできないということです。

コミット期間になるとローンチパッドのページに「今すぐコミット」ボタンが現れますので、このボタンを押してから交換するBITトークンの量を入力します。コミット期間に関する注意点は、以下の2つです。

  • 期間が7時間半のみであること
  • コミットしたBITトークンはロックされ、期間終了まで出金や取引などを含むいかなる操作もできなくなること

配布期間

コミットしたBITの量に応じて、SISが配布されます。なお、獲得できる最大数量は1人あたり500SISであり、以下の計算式に基づいて算出されます。

(獲得できるSISの数量) =
(自分がコミットしたBIT ÷ 参加者全員がコミットしたBIT) × (本イベントに割り当てられたSIS数量)

獲得できるSISの数量が決定すると、コミットしたBITトークンから対応する金額が差し引かれます。1SIS=1米ドルとして計算され、コミット期間前のSISとBITトークンの交換レートが使用されます。

純粋にコミットした数量ではなく、他の参加者がコミットしたBITトークンに対する割合に応じて獲得できるSISの数量が決まる点に注意が必要です。ただし、より多くのBITトークンをコミットした方が、もらえるSISの量も増えることは間違いないので、SISを多く獲得したい人は積極的にBIT保有量を増やすと良いでしょう。

SISはどんな仮想通貨?

SISは分散型取引所(DEX)の「Symbiosis Finance」で使用されるトークンです。Symbiosis Financeはドット絵のデザインが特徴のDEXですが、まだテストネットの段階で正式リリースされていません。

Symbiosis Finance公式ページ
Symbiosis Finance公式ページ

DEXは既に数えきれないほど公開されていますので、今後発展するかどうかは、従来型との違いが評価を得られるかどうかにかかっています。

Symbiosis FinanceはマルチチェーンタイプのDEXであり、一つのプラットフォームで複数のブロックチェーン上の取引が可能です。

従来、あるブロックチェーン上でトークンを交換する場合、そのブロックチェーンに対応するプラットフォームに移動したり、そのブロックチェーンのトークン(BNB、MATICなど)を保有したりする必要がありました。その結果、複数のブロックチェーン上で取引する場合には、ユーザーの意図に関わらず数多くのトークンを管理する必要がありました。

Symbiosis Financeは、この方式のDEXからの脱却を図っています。具体的には、特定のプラットフォームで様々なブロックチェーン上の取引ができるようにすること、Symbiosis Financeが対応している全てのブロックチェーンを監視してユーザーに最良の価格を提示すること、そして、異なるブロックチェーンでのガス代支払いのためにいくつものトークンを保有しなければならない現状を打破することなどを目標にしています。

日本語もモチーフに

Symbiosis Financeは特に日本とのつながりはないようですが、分散型取引所(DEX)として有名なSushiSwapと同様、一部のサービスの名称に日本語が使われているようです。

公式ツイッターでは「Konnichiwa Fuji!(こんにちは、Fuji!)」のフレーズでテストネットの運用開始が告知されており、「フジ」がテストネットの名称とされているようです。

現在は英語表示のみ対応ですが、日本人にも愛されるDEXになる可能性もありますね。


Date

作成日

 : 2021.11.26

Update

最終更新

 : 2022.04.20

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00

STEPNアップデートで価格は上昇する?暴落後の動向に注目

STEPNは、2022年6月以降に大幅なアップデートを複数回実行しました。そこで、その内容やGST価格動向を紹介します。
update2022.08.04 20:30

【SNSで話題】解説本『いちばんやさしいWeb3の教本』が炎上

『いちばんやさしいWeb3の教本』に批判が集まっています。なぜ、批判が集まったのでしょうか。そして、出版元は、この批判を受けてどのように対応したでしょうか。その経緯等を紹介します。
update2022.07.25 20:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

FXGTがスワップフリーに!取引条件が大幅改善

FXGTが、スワップフリー導入を発表しました。すべての口座において対象銘柄のスワップが廃止されます。一部の銘柄はスワップフリーの対象外となるため注意が必要です。
update2022.08.02 19:00

TKO木本氏のトラブルで問題視されるポンジスキームとは?

TKOの木本武宏氏の投資トラブルが、大きな話題となっています。仮想通貨絡みだという噂もあります。そこで、ポンジスキームとともに、他の詐欺手法についても解説します。
update2022.07.29 21:00

日本で人気の仮想通貨IOST、2022年前半の重大発表や動向を解説

IOSTは、2022年の重大発表を契機にしてSNSで話題になるとともに、価格が上昇しました。そこで、重大発表の内容や価格動向を紹介します。
update2022.07.06 20:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

日本発のNFTプロジェクトTokyo Mongz Hills ClubがNFT販売実施を発表

日本発のNFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」がNFT販売を発表しました。今後、このプロジェクトはどこに向かっていくのでしょうか。そして、ユーザーの反応はどんな感じでしょうか。
update2022.07.20 20:00

イーサリアム(ETH)がハードフォークで分裂する可能性

イーサリアム(ETH)が、ハードフォークを経て分裂する可能性があります。2022年9月に大型アップグレード「マージ」を控え、従来のシステムを維持したい勢力が登場しています。
update2022.08.09 14:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル