Select Language

Exclusive Markets、Mac版MT4/MT5アプリをリリース

世界のFXニュース

Exclusive Markets、Mac版MT4/MT5アプリをリリース

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.09.02 11:10
Exclusive Markets、Mac版MT4/MT5アプリをリリース

update 2021.09.02 11:10

Mac版デスクトップを含む全てのアプリが利用可能に

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)ブランドを運営するExclusive Markets Ltd【以下、Exclusive Marketsと称す】は5月26日、MacOSに対応したMetaTrader4【以下、MT4と称す】/MetaTrader5【以下、MT5と称す】アプリをリリースした。[1]

MT4/MT5の開発元であるMetaQuotesが、最新のMacOS対応インストーラーをリリースしたことにより、ユーザーはMT4/MT5共に、デスクトップ(Windows版、Mac版)やモバイル(iOS版、Android版)、ウェブトレーダーといった全てのアプリを利用できるようになった。これまで、Exclusive MarketsではMT4/MT5を利用する際のアプリが異なっていたが、これにより一層の利便性向上が期待できそうだ。同社の各種トレーディングアプリを利用する場合には、Exclusive Marketsのプラットフォームページもしくは、クライアントポータルよりダウンロードができる。尚、同社のプラットフォームページでは、MT4/MT5の機能を比較した一覧表も掲載されており、投資初心者にとっては取引プラットフォームを選択する際の参考となりそうだ。

また、Exclusive Marketsは高機能が付帯されたMT5の利用を促進するための取り組みを実施している。例えば、同社はMT4に対応したインジケーターやEA(自動売買システム)を無料でMT5版へ変換する、他社と差別化を図った画期的なサービスを提供している。直近では、5月22日と23日にMT5サーバーのシステムアップグレードを実施した。

Exclusive Marketsはセーシェルの金融サービス局(Financial Services Authority, FSA)の規制下において、2020年12月より日本人顧客の受け入れを開始した新進気鋭の海外FXブローカーだ。日本市場の開拓にコミットする同社は、顧客の利便性向上のために矢継ぎ早にサービスを拡充している。例えば、Exclusive Marketsは日本語チャットサービスを再開[2]した他、出金手数料を無料化したり、入金方法にSTICPAYを導入したりしている。[3]

Exclusive Marketsは多くの顧客が愛用するMT4/MT5の利便性を改善することで、更なる取引の拡大が期待できそうだ。

release date 2021.05.28

ニュースコメント

comment

一層利便性が増すMT4/MT5


これまで、2019年にリリースされたCatalina以降のMacOSでは、MT4/MT5をインストールすることができず、両取引プラットフォームでインジケーターやEAを活用しているMacユーザーにとっては、使い勝手が良くない環境であった。しかしながら、MetaQuotesが最新のMacOS対応インストーラーをリリースしたことで、この問題は解消され、利便性の大幅な改善が期待できる。日本人ユーザーから絶大な人気を誇るXMTrading(エックス エム)も、2020年11月に最新のMac対応MT4/MT5をリリースしている。他方で、MetaQuotesは顧客ニーズにマッチした機能改善を継続的に行っている状況だ。直近では、MetaQuotesはMT5ビルド2920ベータ版をリリースした他、MT4の新バージョンとなるビルド1335もリリースした。投資家の間で高機能取引プラットフォームの利用需要が高まる中、ドイツを拠点とするフィンテック企業のNAGAがMT5を導入するなど、新興ブローカーはMT5を選好する傾向にあるようだ。MetaQuotesがMetaTraderシリーズの最新版となるMT5を中心に、顧客の利便性向上に繋がる革新的なソリューションを提供することに今後も期待したい。


Date

作成日

 : 2021.05.28

Update

最終更新

 : 2021.09.02

著者情報

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arw
Peranakanka

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

関連記事

アクセスランキング

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンがBybitに上場!トークン配布イベントも実施中

2021年9月28日、BybitにBITトークンが上場しました。上場したのは現物取引市場で、取引可能なペアはBIT/USDTです。BITトークンは、自立分散型組織(DAO)BitDAOのガバナンストークンです。
update2021.09.29 20:00

Bybitがローンチパッド第2弾を開催!BITの保有量に応じてCBXを配布

Bybitが2021年10月25日、Bybitに上場予定の通貨を先行して配布するローンチパッドの第2弾を開催することを発表しました。「CropBytes」という農場ゲームで使われるトークン、CBXです。
update2021.10.26 21:00

Bybitローンチプール第2弾の開催決定!Go to BITキャンペーンも同時開催

Bybitは、BITトークンを預け入れると追加のBITトークンを受け取ることができる、Bybitローンチプール第2弾の開催を決定しました。この記事では、Bybitローンチプールのキャンペーンや、同時開催されたGo to BITキャンペーンについて解説します。
update2021.10.14 21:00

BybitのCEOがBitDAOやBITトークンについて語る!今後の見通しは?

Bybit(バイビット)は9月16日、ユーザーからの質問に答えるセッションを初めて開催しました。BybitのCEOであるBen Zhou氏らが質問に答え、BitDAOやBITトークンについても情報が明らかにされました。
update2021.10.15 20:00

話題のDAO、BitDAOを徹底解説!参加するメリットは?

2021年6月、DAO(自立分散型組織)であるBitDAOが活動を開始しました。大手仮想通貨取引所のBybitが継続的に出資をしていることで、活動開始前から現在に至るまでSNS等で注目を集めています。
update2021.09.10 20:00

Binanceが「販売所」に39ペア追加!手軽さが魅力の「販売所」とは?

世界最大の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBinanceが、日本の仮想通貨取引所での「販売所」サービスにあたる「Convert & OTC Portal」に仮想通貨39ペアを新たに追加したと発表しました。
update2021.09.16 20:00

ESMA、リバース・ソリシテーションに係るガイドラインを公表

欧州証券市場監督局(The European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】は、リバース・ソリシテーション(投資家主導の販売活動)に係るガイドラインを公表した。
update2021.01.15 12:00

TradingView、MacOS対応デスクトップでアップルのM1をサポート

ウェブベースのチャート作成ツールを提供するTradingViewは5月19日、MacOS対応のデスクトッププラットフォームで、これまでのIntel【以下、インテルと称す】のアーキテクチャに加え、Apple【以下、アップルと称す】の M1プロセッサーをサポートしたことを発表した。
update2021.05.31 15:03

イーサリアム2.0におけるステーキング向けの預け入れ資産が急増!参加方法や報酬を解説

人気仮想通貨(暗号資産)イーサリアム(ETH)の次世代ブロックチェーンであるイーサリアム2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が急増しており、その額が約250億ドル相当の770万ETHを超えたことが明らかになりました。
update2021.09.28 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する