Select Language

ESMA、Euroclear UK & Irelandに第三国CCPとしての認可を与える方針

世界のFXニュース

ESMA、Euroclear UK & Irelandに第三国CCPとしての認可を与える方針

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:33
ESMA、Euroclear UK & Irelandに第三国CCPとしての認可を与える方針

update 2021.08.31 15:33

同社は2021年1月1日より6ヶ月にわたりEU圏内でサービスの提供が可能

欧州証券市場監督局(The European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】は12月11日、ベルギー・ブリュッセルを拠点とする国際証券決済機関Euroclear傘下のEuroclear UK & Ireland Limited【以下、EUIと称す】に対し、ブレグジットの移行期間終了後に第三国中央清算機関(Third-Country CCP)【以下、第三国CCPと称す】としての認可を与える方針であることを発表した。[1]

ブレグジットの移行期間終了後、英国を拠点とする中央清算機関によるEU圏内でのサービス提供を認めると共に、監督及び同等性評価に関する協調体制を構築すべく、ESMAはイングランド銀行(Bank of England)と覚書(MoU)を締結した。これにより、英国のハードブレグジット(合意なき離脱)が起きたとしても、EUIは2021年1月1日より6ヶ月間、EUを拠点とするプラットフォームへ保有証券を移管するまで、欧州28か国においてサービス展開できるようになるという。尚、2020年9月末、ESMAは英国CCP3社に第三国CCPとしての認可を与える方針を示していた。その際、同局はICE Clear Europe LimitedとLCH Limited及びLME Clear Limitedを第三国CCPとして選定している。

他方で、欧州と英国金融当局との間では、複数の分野で相違点が解消されていない状況だ。例えば、ESMAがEU上場株式は欧州市場圏内で取引しなければならないとする一方、FCAはSTOに係るガイドラインを公表し、英国企業がEU圏内の証券取引所へアクセスすることを認めている。また直近では、ESMAはDTOに係る声明文を公表し、ブレグジットの移行期間終了後も現行のデリバティブ取引義務を継続適用する方針を示している。

ブレグジット交渉が混迷を極める中、海外FXブローカーを始めとする市場プレーヤーが、ハードブレグジットに対して万全の体制を構築することに期待したい。

release date 2020.12.16

出典元:

ニュースコメント

間近に迫るハードブレグジットに備える金融サービスプロバイダー

ブレグジットの移行期間が終了する2020年12月31日まであと2週間ほどに迫るが、英国と欧州当局の間からポジティブな結果が出てきていない。ブレグジット交渉の先行きに不透明感が高まる中、多くの金融サービスプロバイダーがハードブレグジットに備えるべく、対応に追われている状況だ。例えば、モルガンスタンレーは英国に拠点を置く欧州本社が保有する資産の一部をドイツ・フランクフルトに移管する計画を明らかにしている。また、ゴールドマンサックスがフランスに株式取引ハブを開設する方針である他、JPモルガンチェースやバンクオブアメリカ・メリルリンチといった大手金融機関も、英国から経営資源のシフトを進めている。海外FXブローカー動向に目を転じると、直近では、Pepperstoneがドイツ法人を始動し、ドイツ語圏を中心に欧州市場の開拓を試みている。英国と欧州が依然として複数の分野で対立する中、ブレグジット交渉がどのような結末を迎えるのか、引き続き政府及び当局の動向を見守りたい。


Date

作成日

 : 2020.12.16

Update

最終更新

 : 2021.08.31

著者情報

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arw
Peranakanka

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

関連記事

アクセスランキング

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンがBybitに上場!トークン配布イベントも実施中

2021年9月28日、BybitにBITトークンが上場しました。上場したのは現物取引市場で、取引可能なペアはBIT/USDTです。BITトークンは、自立分散型組織(DAO)BitDAOのガバナンストークンです。
update2021.09.29 20:00

話題のDAO、BitDAOを徹底解説!参加するメリットは?

2021年6月、DAO(自立分散型組織)であるBitDAOが活動を開始しました。大手仮想通貨取引所のBybitが継続的に出資をしていることで、活動開始前から現在に至るまでSNS等で注目を集めています。
update2021.09.10 20:00

BITトークンがBybitに上場へ!大規模イベント開催で値上がりか?

大手仮想通貨取引所Bybitが、9月28日にBITトークンを上場させる予定であることを発表しました。BITトークンは、Bybitが支援するBitDAOが発行したトークンで、いずれBybitに上場する可能性が濃厚だと噂されていました。しかし、Gate.ioなど、BITトークン発行後すぐに上場させた仮想通貨取引所から1ヶ月半ほど遅れての上場となりました。
update2021.09.21 20:00

Bybit、秋の3大感謝祭で最大800万BIT獲得のチャンス!

大手仮想通貨取引所Bybitは、9月28日に控えるBITトークンの上場に先立って、BITトークンの配布イベント「秋の3大感謝祭」を開催すると発表しました。秋の3大感謝祭では、3つのイベントが日本時間9月22日9:00から10月16日9:00にかけて順次開催されます。
update2021.09.22 20:00

Titan FXが3通貨・6ペアの仮想通貨銘柄を追加

Titan FX(タイタンFX)は2021年7月末に仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」「UNI(ユニスワップ)」「XTZ(テゾス)」のJPY・USD建て銘柄を追加しました。TitanFXが仮想通貨の取り扱いを開始した2021年6月から、わずか1ヶ月で早くもサービスを拡大したことになります。
update2021.09.30 20:00

Huobi、Banxaが提供する手数料無料の決済サービスを統合

大手仮想通貨取引所のHuobi(フォビ)は、オーストラリアの決済サービスプロバイダーであるBanxaの仮想通貨決済サービスを統合し、手数料無料で同取引所のプラットフォームから利用可能になったことを発表した。
update2020.10.16 13:00

bitwallet、GMOあおぞらネット銀行での入金取り扱いを停止

オンラインウォレットサービスのbitwallet(ビットウォレット)を運営するBitwallet Pte. Ltd.は、GMOあおぞらネット銀行との提携終了に伴い、2021年6月15日より同行のbitwallet口座への入金取り扱いを停止している。
update2021.06.21 14:09

BitDAOのデリゲート方法は?BITトークンの入手方法やホルダーができることも解説

現在注目を集めている自立分散型組織BitDAOでは、組織の運営方針をコミュニティのメンバーの投票で決定できます。投票には独自トークン「BIT」を保有している必要がありますが、それだけでは投票権を得ることができません。投票権を得るためには、トークン保有者のウォレットのアドレスが代表者権を任命される必要があります。
update2021.10.05 20:00

バイナンス、マイニング収益を最適化するSmart Poolサービスを開始

大手仮想通貨取引所のBinance【以下、バイナンスと称す】は、同社のマイニングプールであるBinance Poolでより高い収益性を確保するためのSmart Poolサービスを開始したことを発表した。
update2020.06.24 12:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する