Select Language

イーサリアム財団が新技術の導入を検討

イーサリアム財団が新技術の導入を検討

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:27
イーサリアム財団が新技術の導入を検討

update 2021.08.31 15:27

研究開発に1,500万ドルの投資が必要となる

イーサリアム(Ethereum)のコンセンサスアルゴリズムをPoW(プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移行が計画されている大規模アップデートのセレニティ(Serenity)に向けて、イーサリアム財団がVerifiable Delay Functions【以下、VDFと称す】と呼ばれる新しい技術の導入に関して研究を行っていることが明らかとなった。[1]

イーサリアム財団が注目しているVDFとは、より強力な乱数を生成するテクノロジーで、乱数のランダム性の向上によって、イーサリアムの暗号化システムを強化することが予想されている上、プラットフォーム上で運用される分散型アプリケーション(Dapps)でも利用可能になると考えられている。しかし、VDFの研究開発にはおよそ1,500万ドルの費用が必要となると見積もられており、イーサリアム財団の研究者であるJustin Drake氏は、このプロジェクトが成功するかどうかを正確に見極めるため、十分な基礎研究を行った上で、プロジェクトを遂行するかどうかを決定したいとコメントしている。

Drake氏によると、セレニティによるアップデートにこのVDFが採用されるためには、コミュニティから広く支持されることに加えて、複数のテストをクリアすることが不可欠であるという。これらのテストの中には、数百人規模の個人の協力を募り、VDFの安全性を検証するRSAセレモニーや、VDFの計算を実行するため、ASIC(特定の用途に向けて設計された集積回路)向けのファームウェア開発及びテストを、参加者に課して行うサーキットコンペティション等が含まれる。

VDFの開発を計画しているのはイーサリアム財団だけではなく、分散型アプリケーション向けのネットワークを開発するChiaも、合計10万ドルの参加者報酬を割り当てた第1ラウンドのサーキットコンペティションを完了しており、すでに第2ラウンドに向けた準備を進めているようだ。ほかにも、イーサリアムのサイドチェーンであるPOAネットワークが、Gitcoin(オープンソースプロジェクトを促進する目的のプラットフォーム)を通してVDFの開発に関連するプログラムの実施を計画している。また、ファイルストレージシステムを開発するFilecoinやスマートコントラクトプラットフォームのTezos、分散型アプリケーションネットワークのNEARプロトコルやThunderCoreなど、現在およそ10社のブロックチェーン企業がVDF技術の開発を検討しているようだ。

一部の報道では、イーサリアム財団が他プロジェクトと協力してVDF開発を進める可能性があると伝えられており、昨年11月、Filecoinが、研究開発にかかるコストを分担することに合意して、VDFの活用を現実のものとするために必要なファームウェア開発を進めるかについて再検討していることが明らかにされていた。この件に関して、Filecoinの研究者は、イーサリアム財団との協業を喜ばしく思うと前置きした上で、現時点では、VDF開発はあくまでもひとつのオプションであり、Filecoinにとって本当に必要なものなのかわからないとコメントする一方で、Filecoinが今後数か月以内に第三者機関に共同出資する可能性もあるともほのめかしている。

Drake氏によると、いままでの所、イーサリアム財団は単独で動いており、様々な方面より1万ドルから2万5,000ドルの資金提供を受けて、独自に開発を進めているとのことだ。Drake氏は、VDFを実装するかについての判断時期に関しては、4か月以内に十分な研究結果に基づいた決断を下すことができると予想している。

release date 2019.02.08

出典元:

ニュースコメント

安定したシステムの稼働を支えるVDF

仮想通貨の暗号化システムでは、乱数がセキュリティ上の重要な役割を担っており、例えば、イーサリアムが移行を計画しているPoSにおいても、ブロックの承認者を選定する際に乱数による割り当てを行うことで公平性が保たれている。しかしながら、コンピューターが通常生成する乱数は、ノイズが含まれていることもあり完全な乱数とは言い難く、ブロックチェーンを基礎とした仮想通貨システムでは偏りや不完全性を招く要因となっているといわれている。その解決策として、VDFが、多くの仮想通貨プロジェクトから注目されており、各所で開発が進められているというわけだ。VDFは理論上、情報処理速度の分散が少なく、安定したシステムの稼働が期待できるとされている。イーサリアム財団は、研究開発にかかるコストの高さを懸念しているようだが、果たして、VDF技術を導入するかどうかどのような判断を下すか注目していきたい。


Date

作成日

2019.02.08

Update

最終更新

2021.08.31

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル