Select Language

イーサリアム財団が新技術の導入を検討

世界のFXニュース

イーサリアム財団が新技術の導入を検討

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:27
イーサリアム財団が新技術の導入を検討

update 2021.08.31 15:27

研究開発に1,500万ドルの投資が必要となる

イーサリアム(Ethereum)のコンセンサスアルゴリズムをPoW(プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移行が計画されている大規模アップデートのセレニティ(Serenity)に向けて、イーサリアム財団がVerifiable Delay Functions【以下、VDFと称す】と呼ばれる新しい技術の導入に関して研究を行っていることが明らかとなった。[1]

イーサリアム財団が注目しているVDFとは、より強力な乱数を生成するテクノロジーで、乱数のランダム性の向上によって、イーサリアムの暗号化システムを強化することが予想されている上、プラットフォーム上で運用される分散型アプリケーション(Dapps)でも利用可能になると考えられている。しかし、VDFの研究開発にはおよそ1,500万ドルの費用が必要となると見積もられており、イーサリアム財団の研究者であるJustin Drake氏は、このプロジェクトが成功するかどうかを正確に見極めるため、十分な基礎研究を行った上で、プロジェクトを遂行するかどうかを決定したいとコメントしている。

Drake氏によると、セレニティによるアップデートにこのVDFが採用されるためには、コミュニティから広く支持されることに加えて、複数のテストをクリアすることが不可欠であるという。これらのテストの中には、数百人規模の個人の協力を募り、VDFの安全性を検証するRSAセレモニーや、VDFの計算を実行するため、ASIC(特定の用途に向けて設計された集積回路)向けのファームウェア開発及びテストを、参加者に課して行うサーキットコンペティション等が含まれる。

VDFの開発を計画しているのはイーサリアム財団だけではなく、分散型アプリケーション向けのネットワークを開発するChiaも、合計10万ドルの参加者報酬を割り当てた第1ラウンドのサーキットコンペティションを完了しており、すでに第2ラウンドに向けた準備を進めているようだ。ほかにも、イーサリアムのサイドチェーンであるPOAネットワークが、Gitcoin(オープンソースプロジェクトを促進する目的のプラットフォーム)を通してVDFの開発に関連するプログラムの実施を計画している。また、ファイルストレージシステムを開発するFilecoinやスマートコントラクトプラットフォームのTezos、分散型アプリケーションネットワークのNEARプロトコルやThunderCoreなど、現在およそ10社のブロックチェーン企業がVDF技術の開発を検討しているようだ。

一部の報道では、イーサリアム財団が他プロジェクトと協力してVDF開発を進める可能性があると伝えられており、昨年11月、Filecoinが、研究開発にかかるコストを分担することに合意して、VDFの活用を現実のものとするために必要なファームウェア開発を進めるかについて再検討していることが明らかにされていた。この件に関して、Filecoinの研究者は、イーサリアム財団との協業を喜ばしく思うと前置きした上で、現時点では、VDF開発はあくまでもひとつのオプションであり、Filecoinにとって本当に必要なものなのかわからないとコメントする一方で、Filecoinが今後数か月以内に第三者機関に共同出資する可能性もあるともほのめかしている。

Drake氏によると、いままでの所、イーサリアム財団は単独で動いており、様々な方面より1万ドルから2万5,000ドルの資金提供を受けて、独自に開発を進めているとのことだ。Drake氏は、VDFを実装するかについての判断時期に関しては、4か月以内に十分な研究結果に基づいた決断を下すことができると予想している。

release date 2019.02.08

出典元:

ニュースコメント

安定したシステムの稼働を支えるVDF

仮想通貨の暗号化システムでは、乱数がセキュリティ上の重要な役割を担っており、例えば、イーサリアムが移行を計画しているPoSにおいても、ブロックの承認者を選定する際に乱数による割り当てを行うことで公平性が保たれている。しかしながら、コンピューターが通常生成する乱数は、ノイズが含まれていることもあり完全な乱数とは言い難く、ブロックチェーンを基礎とした仮想通貨システムでは偏りや不完全性を招く要因となっているといわれている。その解決策として、VDFが、多くの仮想通貨プロジェクトから注目されており、各所で開発が進められているというわけだ。VDFは理論上、情報処理速度の分散が少なく、安定したシステムの稼働が期待できるとされている。イーサリアム財団は、研究開発にかかるコストの高さを懸念しているようだが、果たして、VDF技術を導入するかどうかどのような判断を下すか注目していきたい。


Date

作成日

 : 2019.02.08

Update

最終更新

 : 2021.08.31

著者情報

Zero(ゼロ) | Zero

金融ライター

arw
Zero

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。金融ライターとして独立後は、仮想通貨およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

関連記事

アクセスランキング

収益が毎日振り込まれる!Bybitに積立ステーキングサービスが新登場

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

Bybitが遂に「柴犬コイン(SHIB)」の取り扱いを開始

2021年10月21日より、仮想通貨取引所Bybitのデリバティブ取引で通貨ペア「SHIB1000/USDT」の取引が開始されました。この記事では、これに加えて、柴犬コインとその他6つの新たに取り扱いが始まった通貨について解説しています。
update2021.10.28 21:00

Bybitが国内銀行振込手数料無料キャンペーンを実施

Bybit(バイビット)は11月8日より、「国内銀行振込」での日本円での仮想通貨の購入に際して手数料無料のキャンペーンを開始しました。期間限定のキャンペーンで、12月8日午後2時30分(日本時間)まで開催されるということです。
update2021.11.12 21:00

仮想通貨ネム&シンボルがハードフォーク実施へ、その内容と価格への影響を解説

2021年11月、ネム(NEM)とシンボル(Symbol)がハードフォークする予定です。そこで、ネムとシンボルとはどのような仮想通貨でハードフォークの目的は何なのか、その後の運用体制等はどうなるのかについて確認します。
update2021.11.12 22:00

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンがBybitに上場!トークン配布イベントも実施中

2021年9月28日、BybitにBITトークンが上場しました。上場したのは現物取引市場で、取引可能なペアはBIT/USDTです。BITトークンは、自立分散型組織(DAO)BitDAOのガバナンストークンです。
update2021.09.29 20:00

BITトークンがBybitに上場へ!大規模イベント開催で値上がりか?

大手仮想通貨取引所Bybitが、9月28日にBITトークンを上場させる予定であることを発表しました。BITトークンは、Bybitが支援するBitDAOが発行したトークンで、いずれBybitに上場する可能性が濃厚だと噂されていました。しかし、Gate.ioなど、BITトークン発行後すぐに上場させた仮想通貨取引所から1ヶ月半ほど遅れての上場となりました。
update2021.09.21 20:00

Bybitがローンチパッド第2弾を開催!BITの保有量に応じてCBXを配布

Bybitが2021年10月25日、Bybitに上場予定の通貨を先行して配布するローンチパッドの第2弾を開催することを発表しました。「CropBytes」という農場ゲームで使われるトークン、CBXです。
update2021.10.26 21:00

Binanceがポルカドットのパラチェーンスロットオークションに対応

ポルカドット(DOT)がスロットオークションを開催しています。バイナンス(Binance)経由で参加するとメリットが大きいので、DOTスロットオークションとは何か、参加するにはどうすれば良いのかについて確認しましょう。
update2021.11.18 20:00

BinanceがNFTマーケットプレイスに新機能を追加

大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)が、NFTマーケットプレイスに新機能を追加しました。NFTの取引情報を可視化する機能や、ランキング機能などが追加されています。
update2021.11.24 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する