Select Language

SWIFT 海外送金状況がリアルタイムで確認可能な追跡サービスを開始

SWIFT 海外送金状況がリアルタイムで確認可能な追跡サービスを開始

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:24
SWIFT 海外送金状況がリアルタイムで確認可能な追跡サービスを開始

update 2021.08.31 15:24

追跡機能、国際送金に関する改革案であるSWIFT gpiの中枢に

5月23日、国際銀行間通信協会(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)【以下、SWIFTと称す】は、海外送金状況をリアルタイムに追跡できるツールをリリースしたことを発表した。

SWIFTは、多数の金融機関が所有する協同組合であり、世界各国の銀行間取引の情報インフラを担っている。現在、銀行間の海外送金は、SWIFTを介して決済されている。

既に追跡システム事業を幅広く展開していたSWIFTだが、今回の新しい追跡機能では、海外送金時に生じやすいギャップの部分が改善されているとのことである。新たな追跡ツールはオープンAPIを通じて提供され、世界中の金融機関のシステムからアクセス可能である。

リアルタイムに正確な情報を追跡できる追跡ツールが加わることで、銀行間の海外送金の利用者が増えることに期待が高まると同時に、SWIFTが2015年に策定した国際送金に関する改革案であるグローバル・ペイメント・イノベーション・イニシアティブ(Global Payments Innovation Initiative)【以下、gpiと称す 】 の柱を形成することにもなる。

SWIFT gpiは、国際送金に革新的な変化をもたらし、コルレス銀行の業務を改善することを目的としており、具体的な内容には、 即日決済による資産の流動化、手数料の開示、決済の追跡等が含まれている。SWIFT gpiサービスは、2017年1月より一部の大手銀行にて導入され始めており、取引銀行からは高い評価を得ているようである。

今回の新たなサービス開始について、SWIFT最高マーケティング責任者のChristian Sarafidis氏、及び、SWIFT gpiプログラム責任者のWim Raymaekers氏より、次のコメントが発表されている。

今日の発表は、世界中の企業にとって革新的な重要な一歩となります。 適切なプレイヤーが、適切な技術を、適切なタイミングで活用することによって、SWIFTは、コルレス銀行業務が一つの節目を迎えるサポートをしてきました。

Christian Sarafidis , CMO of SWIFT

SWIFTgpiは、まだ始まったばかりです。我々はブロックチェーンのような新技術を求め、より付加価値のある送金サービスを提供し、海外送金における環境を変えていきます。環境の改革により、国際貿易をさらに加速させることができるでしょう。

Wim Raymaekers , Programme Manager of SWIFT gpi

release date 2017.05.23

ニュースコメント

SWIFTの課題

銀行間の海外送金は、複数の銀行が関わるため、手数料も高く、着金までに時間がかかる等、デメリットが多い。しかし、仮想通貨等のフィンテック企業による新たな送金方法の登場により、危機感を募らせた金融機関達は、サービスの改革に乗り出し始めている。ビットコイン等の仮想通貨を使うと、銀行間の海外送金とは比較できない程、低コストかつ迅速な海外送金が実現してしまう。低コストかつ迅速な送金を実現したフィンテック企業に対抗し、SWIFTも地位を保つべく、利便性の向上を図っていく最中なのであろう。

SWIFTを介した決済は、世界中で1万1000社以上の金融機関によって使用されている。最も安全だと考えられていたSWIFTであるが、近年、SWIFTの金融システムにサイバー攻撃が行われる等、銀行へのハッキング問題が取り上げられている。2016年2月には、バングラデシュ中央銀行が米ニューヨーク連邦準備銀行に持つ口座から、9億5100万ドルの不正送金が試みられ、内8100万ドルの資金が盗み出されるという事件が起きた。北朝鮮のハッカー集団による仕業だと噂になっているが、SWIFTの決算ネットワークに不正アクセスを行っていたことが明らかになった。SWIFTは、事件後迅速かつ積極的なセキュリティ対策を講じたものの、今後もサイバー攻撃に備えたセキュリティ強化の必要に迫られている。利便性の向上以外にも、SWIFTや金融機関の課題はまだまだ多い。


Date

作成日

 : 2017.05.23

Update

最終更新

 : 2021.08.31

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

FXGTが賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催!

FXGTが2022年12月15日より、賞金総額3,000万円のトレードコンテストを開催します。1位には賞金500万円と副賞が授与される予定です。11月28日よりエントリーの受付が開始されます。
update2022.11.30 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

「サッカー×仮想通貨」で注目のファントークンとは?Binanceでの購入方法も解説

ファントークンとは、ファンとブランドの関係構築を目的とした仮想通貨です。保有者はブランドの方針決定に投票できるなどの特典を得られます。特にサッカークラブでのファントークン活用が注目されています。
update2022.11.21 20:00

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitでは様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」や「クーポン」が配布されることがあります。そこで、この2つのサービス内容と違いを紹介します。
update2022.05.23 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル