Select Language

Fren Pet(フレンペット)は稼げる?SNSで話題のブロックチェーンゲームの遊び方や将来性

Fren Pet(フレンペット)は稼げる?SNSで話題のブロックチェーンゲームの遊び方や将来性

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.11.24 09:38
Fren Pet(フレンペット)は稼げる?SNSで話題のブロックチェーンゲームの遊び方や将来性

update 2023.11.24 09:38

Fren Pet(フレンペット)は、2023年9月にリリースされたブロックチェーンゲームです。新しいバージョンにアップデートされたのもあり、SNSで話題となっています。Fren Petは「ブロックチェーン版のたまごっち」とも呼ばれるゲームですが、稼げるゲームなのでしょうか。

当記事では、Fren Petの遊び方や将来性、プレイする上での注意点などをまとめて解説します。

Fren Petとは

Fren PetのTwitterバナー

画像引用:Fren Pet

Fren Petは、Base上で開発されたブロックチェーンゲームです。Twitter(ツイッター)上では、「ブロックチェーン版のたまごっち」とも呼ばれています。ユーザーはペットを育てて、戦わせ、ポイントを獲得して、ETHを報酬として獲得できます。

point Baseとは

Baseは、米大手取引所Coinbase(コインベース)が手がけるブロックチェーンです。イーサリアム(ETH)のレイヤー2として機能しており、様々なDApps(分散型アプリケーション)が開発されています。

Fren Petは、クリエイターのCadu氏(@cadu_veloso)とAdam氏(@surfcoderepeat)によって立ち上げられたプロジェクトです。2023年9月にリリースされましたが、新しくv2版が公開され、全面的にアップデートされています。

また、Fren Petは、独自の仮想通貨(暗号資産)であるFPを発行しています。

Twitterでの評判

Fren Petは、注目のブロックチェーンであるBase上のDApps(分散型アプリケーション)ということもあり、Twitter(ツイッター)で話題となっています。

ETHが報酬で手に入ることから、先行者利益を求めて、多数のプレイヤーがFren Petへの参入を表明しています。独自トークンのFPが高騰しているのも相まって、仮想通貨(暗号資産)コミュニティでは、Fren Petへの注目が高まっています。

仮想通貨FPの価格チャート

当記事執筆現在(2023年11月22日)、仮想通貨FPは、DEX(分散型取引所)のBaseSwapとUniSwapに上場しています。

仮想通貨FPの価格チャート
仮想通貨FPの価格チャート

画像引用:GeckoTerminal

point 分散型取引所とは

分散型取引所とはブロックチェーン上で仮想通貨を売買できる取引所であり、中央管理者が存在しません。分散型取引所を意味する「Decentralized Exchange」の頭文字をとってDEXとも呼ばれます。

トークンのリリース以降、仮想通貨FPは一定の価格帯で推移していました。しかし、2023年11月17日から大きな価格上昇を見せ、11月20日には約1.9ドルを記録しています。当記事執筆時点では、約1ドルの価格を付けています。

Fren Petの遊び方

Fren Petのゲームインターフェイス

画像引用:Fren Pet

Fren Petは、ペットの世話をするゲームです。まずはアプリにbase ETHを入金し、10FPでペットNFTをミントします。初期費用はかかりますが、自分よりも後にユーザーがペットをミントすれば、その10FPは返却される仕組みになっています。

ペットに餌を与えたり、ゲームをプレイすると、ポイントが貯まっていきます。獲得したポイントに応じてリーダーボードの順位が上がり、多くのETHを報酬として獲得できます。

餌を与えれば、その餌の種類に応じて、TOD(Time of Death)をリセットできます。TODとは、餌を与えないとペットが死んでしまう時間を意味します。TODがゼロになると、ペットNFTがバーン(焼却)され、使えなくなってしまいます。

point バーンとは

バーンとは、仮想通貨を永久に使えなくする行為を指し、仮想通貨を特定のウォレットに送ることで実行できます。そして、そのウォレットの秘密鍵は開発者を含めて誰も知りません。すなわち、送金したら最後、その中の仮想通貨は二度と使えなくなるため、あたかも紙幣が焼却(バーン)されたのと同様になります。

バトル

Fren Petでは、ペット同士のバトル機能があります。ユーザーは、リーダーボードにおいて自分よりも上位のユーザーを攻撃できます。攻撃を仕掛けたユーザーは40%、仕掛けられたユーザーは60%の確率で戦いに勝利します。

勝利したユーザーには、負けたユーザーから0.5%分のポイントが与えられます。ユーザーは、15分毎に攻撃が可能ですが、1時間以内に攻撃を受けたユーザーを攻撃対象に選択することはできません。

ショップ

ショップは、仮想通貨FPを使って、様々なアイテムを購入できる機能です。攻撃から身を守る「シールド」や、ペットを自動的に蘇生させる「保険」などを購入できます。

ゲーム

Fren Petには、「Spin the Wheel」と「Dice」という2つのゲームが実装されています。

Spin the Wheel

Spin the Wheel

画像引用:Fren Pet

Spin the Wheelは、1日1回無料でルーレットを回して、報酬を獲得できるゲームです。報酬にはポイントやシールド、保険などが含まれます。

Dice

Diceは、サイコロゲームです。6人のプレイヤーが集まってプレイし、100FPを支払って参加できます。ゲームに勝利したユーザーは、500FPを獲得できます。

Fren Petは稼げる?

Fren Petは、始めるだけならほぼコストがかからないゲームです。ペットNFTのミントに10FPかかりますが、後続のプレイヤーがペットをミントすると回収できます。

ただし、Fren Petを継続的にプレイするには、餌などの購入代金がかかります。これらのコストは、仮想通貨FPで支払わなければなりません。従って、Fren Petは、報酬として獲得できるETHが消費するFPを超えれば、稼げるブロックチェーンゲームだといえます。

また、ゲームプレイとは別に、ユーザーはリファラルプログラムでも利益を獲得できます。ユーザーは紹介コードを通じて参加したプレイヤーから、ゲーム内で消費したFPの10%を獲得することが可能です。

ただし、Fren Petが稼げるかどうかは、ゲームのプレイ戦略や、ETHとFPの価格などにも依存します。Fren Petは、まだ始まったばかりのゲームです。継続的に稼げるかどうかわかるには、もう少し時間が必要かもしれません。

仮想通貨FPのトークノミクス

価格追跡サイトのCoingecko(コインゲッコー)の情報によると、仮想通貨FPは最大供給量が1,000万通貨に制限されています。

仮想通貨FPは、分散型取引所のBaseSwapで売買されるたびに、5%の税が引かれる仕組みになっています。その後、徴収した税が1,000FPに達すると、自動的にETHに交換され、ゲーム報酬、開発チームの資金、流動性として分配されます。

また、ゲーム内で消費されたFPは、90%がバーンされ、10%がリファラルの報酬に割り当てられます。

Fren Petの将来性を考察

Fren Petは、持続性のあるPlay to Earnとなる可能性を秘めています。

point Play to Earnとは

Play to Earnとは、遊んでお金を稼ぐことを指します。すなわち、ブロックチェーンゲームで遊ぶと、NFTや独自仮想通貨などの報酬を得られます。Play to Earnから派生したMove to Earn(運動して稼ぐ)なども、流行しています。

従来のPlay to Earnでは、独自の仮想通貨(暗号資産)を報酬として配布するケースがほとんどです。例えば、大人気となったアクシー・インフィニティ(Axie Infinity)は、報酬としてSLP(Smooth Love Potion)を配布しています。

しかしSLPは、利益確定を急ぐプレイヤーの売り圧力に耐えきれず、値崩れを起こして、価格が継続的に下落しています。

SLPと日本円の価格チャート
SLPと日本円の価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

こういった価格下落を防ぐため、ブロックチェーンゲームでは、ゲーム内で消費された独自トークンをバーン(焼却)し、流通量を減らす仕組みが採用されています。しかし、独自トークンの新規発行数量はバーン数量を上回るため、売り圧力が消えることはありません。

また、多くのPlay to Earnでは、新規プレイヤーに依存したトークンエコノミーとなっています。新規プレイヤーは独自トークンやNFTを購入してくれるため、新規プレイヤーが十分な割合で増え続けている間、既存プレイヤーはその恩恵を受けることができます。しかし、新規プレイヤーの増加が鈍化すれば、独自トークンやNFTは需要を失い、トークンエコノミーは崩壊します。

結果的にアクシー・インフィニティは、稼げないゲームとなり、エコシステムが崩壊しています。ほとんどのPlay to Earnで、同じような現象が起きているといえるでしょう。

一方、Fren Petは、報酬としてETHを配布します。BaseSwapにて仮想通貨FPが売買されるたびに5%の税を徴収し、それを原資としてETHを購入し、プレイヤーに配布します。仮想通貨FTを報酬としていないため、一般的なPlay to Earnのように、独自トークンが継続的に下落する現象は起きにくい可能性があります。

ただし、この仕組みは、ユーザーが仮想通貨FPを継続的に売買することを前提に成り立っています。FPを売買する新規・既存ユーザー数が減少すると、報酬の原資も少なくなり、稼げなくなってしまう可能性があります。この点は、従来のPlay to Earnと似ている部分もあると考えられるでしょう。

また、Fren Petは、税として徴収した仮想通貨FPをETHに交換して、ユーザーに報酬を支払います。もし、FPの価格が暴落すると、交換できるETHの数量も少なくなり、十分に稼げなくなってしまう可能性があります。

Fren Petの注意点

Fren Petの注意点としては、以下のようなものが挙げられます。

  • FPの売買には税がかかる
  • FP次第で稼げなくなる可能性
  • ゲームプレイにはコストがかかる

FPの売買には税がかかる

BaseSwapで仮想通貨FPを売買すると、5%分の税がかかります。例えば、1万円分のFPを購入すると、500円分は税として徴収されてしまいます。

売買額が小さければ、あまり問題にならないかもしれませんが、大量のFPを売買するとなると、大きな負担になる可能性があります。

FP次第で稼げなくなる可能性

Fren Petの報酬は、DEXでのFP取引から徴収される税を原資としています。つまり、FPの取引量が鈍化すると、全体の報酬が少なくなってしまいます。話題となっている間はいいかもしれませんが、熱が冷めた時、稼げなくなってしまう可能性があります。

また、FP価格が暴落すると、報酬として交換できるETHが少なくなってしまうので、同様の状態に陥る可能性があります。

ゲームプレイにはコストがかかる

Fren Petを始める際に必要な費用は少額です。しかし、プレイを継続するには仮想通貨FPを保有する必要があります。友人を多数紹介した場合などを除くと、FPを保有するには、DEXで購入しなければいけません。

ゲームで遊ぶ人が増えると、FPを購入する人が増え、その価格が上昇すると考えられます。このようにしてFPの価格が上昇すると、ゲームで遊び続けるコストが高くなります。価格上昇の度合いによっては、このFP購入コストを報酬でまかなうことができず、損をするという事態にもなるかもしれません。

楽しむつもりで始めてみるのも選択肢

Fren Petは始めるだけなら、あまりコストをかけずに始められます。しかし、プレイするにはコストがかかり、継続的に稼げるゲームとなるかは確約されていません。興味がある方は、あまり大きな資金はかけずに、楽しむつもりで始めてみるのもよいでしょう。


Date

作成日

2023.11.22

Update

最終更新

2023.11.24

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル