Select Language

仮想通貨TSUGT(ツバサガバナンストークン)の将来性は?キャプテン翼 -RIVALS-の評判や特徴を解説

仮想通貨TSUGT(ツバサガバナンストークン)の将来性は?キャプテン翼 -RIVALS-の評判や特徴を解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.02.03 20:15
仮想通貨TSUGT(ツバサガバナンストークン)の将来性は?キャプテン翼 -RIVALS-の評判や特徴を解説

update 2024.02.03 20:15

2023年11月14日、ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」の仮想通貨(暗号資産)、TSUGT(ツバサガバナンストークン)がBITPOINTに上場しました。

BITPOINTはSBIグループの仮想通貨取引所です。この度、TSUGTが初めて国内取引所に上場したことで、仮想通貨コミュニティで話題になっています。

この記事では、仮想通貨TSUGTの将来性やキャプテン翼 -RIVALS-の特徴などを解説していきます。

仮想通貨TSUGTとは

キャプテン翼

画像引用:キャプテン翼 -RIVALS-

TSUGTは、ブロックチェーンゲームの「キャプテン翼 -RIVALS-」が発行する仮想通貨(暗号資産)で、ポリゴン(MATIC)ブロックチェーン上で発行されました。

TSUGTは、主にゲーム内のキャラクターの育成やゲームメカニクスの強化などに利用されます。

「キャプテン翼」のNFTゲーム

キャプテン翼 -RIVALS-は、言わずと知れたサッカー漫画のパイオニア「キャプテン翼」のブロックチェーンゲームです。

キャプテン翼は、1981年に集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載がスタートしました。日本国内での単行本・文庫本累計発行部数は計7000万部を突破しており、世界でも20か国語以上に翻訳され、多くのサッカーファンに親しまれています。

キャプテン翼 -RIVALS-は、そんな大人気漫画に登場するライバル達と対戦しながら、キャラクターNFTの育成・強化を楽しむことをテーマにしています。

気軽に楽しめるカードゲーム

PvEモード

画像引用:キャプテン翼 -RIVALS-

キャプテン翼 -RIVALS-はターン制のNFTカードゲームで、パソコンのブラウザやスマートフォンからプレイ可能です。

基本的なルールは、以下の通りです。

  • 6枚のカードの中からカードを選択
  • 自分のポイントと対戦相手のポイントを比較し、上回った場合はターン勝利、下回った場合はターン敗北
  • 3ターンで勝敗を決定

PvE(ライバルモード)では、原作に登場するライバルたちと対決して報酬獲得を目指します。報酬には、宝箱(5種類のレアリティ)やPvP参加チケットなどが用意されています。

長友佑都選手らが公式アンバサダー

キャプテン翼 -RIVALS-は、公式アンバサダーとしてアンドレス・イニエスタ選手と長友佑都選手を起用しました。

プロサッカー界で輝かしい実績を残してきた両選手は、キャプテン翼 -RIVALS-を全面的にサポートする姿勢を見せています。

イニエスタ選手は「私を日本に引っ張ってきたのは、『キャプテン翼』の主人公である翼だと言っても間違いではないでしょう」と原作への熱意を語っています。

また長友選手は、「テレビ番組の企画で、キャプテン翼には長友佑都本人役として登場させていただいたことがあり(中略)また携われることを光栄に思います」としました。

SNS上での評判

キャプテン翼 -RIVALS-は、近日中にスマホアプリ版をリリース予定です。当記事執筆時点(2023年11月21日)時点で事前登録者は5万人に達しており、X(旧Twitter)で注目を集めています。

なかには「仮に5万人居なくても1万人アクティブいるBCGは良い意味でヤバ過ぎるw」との声もありました。

仮想通貨TSUGTの価格チャート

仮想通貨TSUGTの価格は、当記事執筆時点(2023年11月21日)で20円を超えています。6〜7円台でレンジ相場を形成したのち、BITPOINT上場を受けて高騰を続けています。

TSUGTのチャート
TSUGTのチャート

画像引用:CoinMarketCap

仮想通貨TSUGTの価格が暴落

BITPOINTへの上場発表以降も、​​仮想通貨TSUGTの価格はしばらく上昇を見せました。2023年11月26日には、過去最高値(ATH)となる約36円を記録しています。

point ATHとは

ATHは「All Time High」の略語で、過去最高値を指す言葉です。投資の世界で広く使われ、特に成長著しい仮想通貨市場でよく目にします。

TSUGTの最新チャート TSUGTの最新チャート

画像引用:CoinMarketCap

しかし、11月28日以降、​​TSUGTの価格は大きく下落している状況です。12月4日には、最高値から60%以上もの下落となる、約13円までの暴落を見せました。短期間で急激な価格上昇を見せたため、含み益が出たユーザーによる利確売りなどが暴落の原因となった可能性があります。

当記事執筆現在(2023年12月6日)では、そこから少し反発を見せ、15円付近を推移しています。

仮想通貨TSUGTの将来性

仮想通貨TSUGTの将来性に関しては、以下の点が挙げられます。

  • 10億円の資金調達に成功
  • 開発会社はモバイルゲームの実績豊富
  • スマホアプリは事前登録者5万人

10億円の資金調達に成功

キャプテン翼 -RIVALS-の開発は、Web3ゲーム関連会社のMint TownおよびBLOCKSMITH&Co.が行っています。

2023年7月、Mint Townはジャフコグループなどから10億円を資金調達しました。また、同年11月、BLOCKSMITH&Co.はSBIグループなどから資金調達しています。同社は、Web3関連企業としては異例の株式上場を目指している模様です。

キャプテン翼-RIVALS-の投資家

画像引用:キャプテン翼 -RIVALS-

さらに、ベンチャーキャピタルのAnimoca Brandsや、ブロックチェーンゲームギルドのYield Guild Gamesも投資家として名を連ねています。

AnimocaとYGGはWeb3ゲーム業界の代表的な存在で、キャプテン翼 -RIVALS-には力強いバックがついていることがわかります。

開発会社はモバイルゲームの実績豊富

キャプテン翼 -RIVALS-を開発するBLOCKSMITHは、モバイルオンラインゲームを配信するKLab株式会社の子会社として設立されました。

Klabはこれまで「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」「BLEACH Brave Souls」などの人気タイトルをリリースしており、豊富な開発実績を持っています。

スマホアプリは事前登録者5万人

アプリ化記念キャンペーン

画像引用:キャプテン翼 -RIVALS- X公式アカウント

キャプテン翼 -RIVALS-は近日中にスマホアプリ版をリリース予定です。2023年11月16日の公式発表によると、事前登録者はすでに5万人を達成しました。

当記事執筆時点(2023年11月21日)で、キャプテン翼 -RIVALS-は招待制のシステムで、事前にNFTを購入しなければプレイできません。

今後はFree-to-Playモードにて、無料で遊べるようになる予定です。さらに、クレジットカード決済の導入も予定しており、ますます盛り上がりを見せそうです。

仮想通貨TSUGTのトークミクス

2023年11月21日時点で、仮想通貨TSUGTの時価総額はおよそ42億円、FDV(完全希薄化後時価総額)はおよそ235億円です。総供給量のうち、現在市場に出回っている割合は18%程度です。

TSUGTのトークン配分比率はコミュニティが40%を占めており、ゲームプレイヤーへのインセンティブを重視しているようです。

トークン配分比率

画像引用:キャプテン翼 -RIVALS- ホワイトペーパー

なお、チームやアドバイザーに配布されるトークンは、発行後1年間ロックアップされます。その後、2年かけて徐々にロック解除される予定です。

項目 数量(単位:億枚) 割合(%)
開発チーム(*1) 1.5 15
アドバイザー(*1) 0.2 2
大口投資家(*1) 2.0 20
コミュニティ 4.0 40
マーケティング 0.5 5
プロジェクト費用 1.8 18
合計 10.0 100

(*1)ロックアップ期間12か月、べスティング24か月

point ロックアップとべスティング

ロックアップとは、仮想通貨配布後、市場で売却できない期間を指します。その後、一定のルールに従って徐々に売却可能になります。徐々に売却可能にする条件をべスティングといいます。

TSUGTの使い道

ゲーム内で獲得できる仮想通貨TSUGTには、以下の使い道があります。

キャラクターの育成

TSUGTは、キャプテン翼 -RIVALS-のキャラクターを育成するために使用します。具体的には、以下の通りです。

  • レベルアップ
  • グレードアップ
  • サポートキャラのアップデート
  • ゲームメカニクスの強化

様々なホルダー特典

TSUGTの保有により、様々なホルダー特典を受けられます。例えば、以下の通りです。

  • ホルダー向けのNFT獲得
  • ファンミーティングへの参加
  • ゲーム内アイテムの定期配信
  • 特別グッズの抽選券

TSUGTはガバナンストークンといえるか

ホワイトペーパーによると、TSUGTはガバナンストークンとして位置づけられています。しかし、その機能は特典の付与に限定されており、ゲームの運営そのものへの直接的な関与はできません。

一般的にガバナンストークンとは、DAO(分散型自立組織)やDapp(分散型アプリ)で発行され、保有数量に応じて組織の意思決定に関与できるトークンを指します。

TSUGTはガバナンストークンとされているものの、ユーティリティトークンとして把握するほうが理解しやすいかもしれません。

TSUBASAUTとTSUGTの違い

TSUBASAUTはキャプテン翼 -RIVALS-内で発行されるユーティリティトークンで、以下の用途があります。

  • ゲーム報酬
  • フィジカルコンディション(ゲーム内機能の一種)の回復
  • 選手のレベルアップ

TSUGTもゲーム内で使用される一方、ファンミーティングへの参加やホルダー向けNFTがもらえる特典があり、TSUBASAUTよりも用途が広くなっています。

Play to Earn銘柄の価格推移

キャプテン翼 -RIVALS-はゲームで仮想通貨を稼げるという特徴があり、これは「Play to Earn」のカテゴリに属します。Play to Earnにはアクシーインフィニティなど著名なゲームがいくつも登場したものの、トークン価格は苦戦を強いられているのが現状です。

TSUBASAUTの価格推移

TSUBASAUTの価格推移
TSUBASAUTの価格推移

画像引用:CoinMarketCap

TSUBASAUTの価格も、他のPlay to Earn銘柄と同様に苦戦しています。CoinMarketCapに登録された時点が最高値で、その後の価格は下落し続けていることがわかります。

比較のために、同期間のビットコインの値動きを確認しますと、下の通りです。ビットコイン価格は全体として右肩上がりで推移しており、TSUBASAUTとは逆の値動きです。

ビットコインの価格推移
ビットコインの価格推移

画像引用:CoinMarketCap

キャプテン翼 -RIVALS-の公式サイトでは、稼げる側面を大きく扱わず、ゲーム性やキャプテン翼というキャラクターそのものに焦点を当てています。Play to Earnの過去に学び、改善を試みているのかもしれません。

当サイトが調べた範囲では、Play to Earnで価格が上昇し続けている銘柄を見つけることはできませんでした。今後、キャプテン翼 -RIVALS-が成功を収め、TSUGTやTSUBASAUTの価格が中長期的に上昇するのか、注目です。

キャプテン翼 -RIVALS-の特徴

キャプテン翼 -RIVALS-の運営チームは、長くゲームを楽しんでもらうために仮想通貨TSUGTの価格維持が大切だと考えています。これを達成するために、ゲーム内では以下の工夫が施されています。

  • PvPによるトークン需要の喚起
  • トークン獲得量の調整
  • トークンのバーン

PvPによるトークン需要の喚起

キャプテン翼 -RIVALS-は、2023年9月にPvP対戦モードの「ARENA(アリーナ)」をリリースしました。アリーナは11人の選手で対戦するモードであり、選手NFTに対する需要が高まると予想されます。

選手の育成にはTSUGTが使用されるので、トークンの需要も高まる可能性があります。

PvP対戦モード「ARENA(アリーナ)」

画像引用:キャプテン翼 -RIVALS-

トークン獲得量の調整

キャプテン翼 -RIVALS-では、TSUGTの長期的な価値向上のために以下の状態を目指しています。

「TSUGTの消費 > TSUGTの報酬」

ゲーム内で使われるTSUGTの量が、報酬として配布される量を上回るようにし、トークンが供給過多にならないようにバランス調整します。

その一方、ユーザーへの報酬はアイテムの形式で増やします。ユーザーは入手したアイテムを売買することで、リターンを得ることが可能です。

トークン供給量の調整

画像引用:キャプテン翼 -RIVALS- ホワイトペーパー

トークンのバーン

開発チームは、キャプテン翼 -RIVALS-で利用されたTSUGTを、積極的にバーン(焼却)するとしています。

TSUGTがゲーム内のキャラクター育成などに利用されるたびに、マーケットに流通する総量が減少し、希少性が向上していきます。

point バーンとは

バーンとは、仮想通貨を永久に使えなくする行為を指し、仮想通貨を特定のウォレットに送ることで実行できます。そして、そのウォレットの秘密鍵は開発者を含めて誰も知りません。すなわち、送金したら最後、その中の仮想通貨は二度と使えなくなるため、あたかも紙幣が焼却(バーン)されたのと同様になります。

キャプテン翼 -RIVALS-の今後に期待

キャプテン翼 -RIVALS-は、2023年1月のリリース以降、様々な方面から注目を集めてきたブロックチェーンゲームです。

これまで紆余曲折はあったものの、ガバナンストークンのTSUGTが国内取引所のBITPOINTに上場したことで、今再び勢いを増してきています。

キャプテン翼というトップクラスのIPを使っている点や、イニエスタ選手などをアンバサダーに起用している点が差別化となっています。

今後キャプテン翼 -RIVALS-が、より多くの一般ゲーマー層をブロックチェーンゲームに呼び込んでいくことを期待しましょう。


Date

作成日

2023.11.21

Update

最終更新

2024.02.03

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

2017年に初めてビットコインを購入し、2020年より仮想通貨投資を本格的に開始。国内外のメディアやSNSなどを中心に、日々最新情報を追っている。ビットコインへの投資をメインにしつつ、DeFiを使って資産運用中。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル