Select Language

Titan FXがマイクロ口座のリリースを発表!100通貨単位での取引に対応

Titan FXがマイクロ口座のリリースを発表!100通貨単位での取引に対応

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.06.13 16:52
Titan FXがマイクロ口座のリリースを発表!100通貨単位での取引に対応

update 2023.06.13 16:52

優れた取引環境で人気を集める海外FX業者のTitan FX(タイタンエフエックス)は、2023年2月27日よりマイクロ口座の提供を開始することを発表しました。Titan FXでは手数料無料のスタンダード口座と、スプレッド重視のブレード口座を提供しています。

Titan FXの従来の口座の最小取引量は1,000通貨に設定されていますが、マイクロ口座では最小100通貨での取引が可能です。少額でFX取引を始めたい方や、テスト用の口座を探している方は詳細をチェックしておきましょう。

Titan FXのマイクロ口座の特徴

Titan FXのマイクロ口座では、従来の口座の契約サイズよりも小さなマイクロロットが採用されています。

取扱銘柄
【FX/通貨ペア】:34
【CFD/貴金属】:2
【CFD/仮想通貨】:1
取引手数料 無料
最大レバレッジ 1,000倍(仮想通貨は100倍)
契約サイズ 1,000通貨/マイクロロット
最小取引ロット 0.1ロット(100通貨)
ロスカット 20%
ゼロカット あり

最大レバレッジは1,000倍で、FXと貴金属、仮想通貨の取引に対応しています。Titan FXは1ユーザーにつき最大15口座まで開設することができます。すでに15口座に達している場合は、審査を受けなければマイクロ口座を開設できないので注意しましょう。

人気の銘柄を網羅

マイクロ口座では、全37種類の銘柄を取引できます。

TitanFXマイクロ口座の銘柄
FX
ドルストレート:8
円クロス:6
ユーロクロス:6
ポンドクロス:5
その他:9(*1)
貴金属
ゴールド
シルバー
仮想通貨 ビットコイン

(*1)分類が重複するものは1回のみカウントしています

マイクロ口座では34種類のFX銘柄の取引に対応しています。貴金属はゴールドとシルバーの2種類、仮想通貨はビットコインドルのみです。

スタンダード口座やブレード口座と比較すると、マイクロ口座の銘柄数は少なくなっています。銘柄数を重視するユーザーには不向きな口座といえますが、メジャーな銘柄は網羅しているので不満を感じるユーザーは少ないでしょう。

100通貨単位での取引に対応

Titan FXのスタンダード口座とブレード口座のFXの契約サイズは、1ロット10万通貨に設定されています。マイクロ口座には、従来の口座の10分の1の契約サイズであるマイクロロットが採用されています。

銘柄 契約サイズ 最小ロット 最大ロット
FX 1,000 0.1 100
ゴールド 10 0.01 50
シルバー 500 0.01 50
ビットコイン 0.1 0.01 10

FX

契約サイズ 1,000
最小ロット 0.1
最大ロット 100

ゴールド

契約サイズ 10
最小ロット 0.01
最大ロット 50

シルバー

契約サイズ 500
最小ロット 0.01
最大ロット 50

ビットコイン

契約サイズ 0.1
最小ロット 0.01
最大ロット 10

マイクロ口座のFXの契約サイズは1,000通貨で、最小取引サイズは100通貨です。貴金属の契約サイズはゴールドが10、シルバーが500となっています。ビットコインは10に設定されています。

従来の口座よりも少額で取引できるので、EAのテストにも活用できるでしょう。

knowledge EAとは

EAとは、MetaQuotes社の開発したチャートソフトであるMetaTrader4(MT4)や、その次世代版であるMetaTrader5(MT5)で動作する自動売買プログラムのことで、「Expert Advisor」の略称です。一定のルールに従って機械的なトレードをすることをシステムトレードといいますが、EAはそれをプログラムとして自動化したものです。

最大レバレッジは1,000倍

スタンダード口座やブレード口座の最大レバレッジは500倍に設定されていますが、マイクロ口座の最大レバレッジは1,000倍です。従来の口座よりも高いレバレッジが適用される点もマイクロ口座の特徴です。

口座タイプ
スタンダード口座
ブレード口座
マイクロ口座
FX 500倍 1,000倍
仮想通貨 100倍
貴金属 500倍 1,000倍

FX

スタンダード口座
ブレード口座
500倍
マイクロ口座 1,000倍

仮想通貨

スタンダード口座
ブレード口座
100倍
マイクロ口座

貴金属

スタンダード口座
ブレード口座
500倍
マイクロ口座 1,000倍

仮想通貨の最大レバレッジは、すべての口座で100倍に固定されています。ただし、金曜の閉場1時間前と月曜の開場後15分は貴金属は100倍にレバレッジが制限されます。

また、何らかの理由でアカウント自体にレバレッジ制限がかけられている場合は、制限以上のレバレッジを利用することはできないので注意しましょう。

Titan FXの口座を比較 link

マイクロ口座の取引コスト

マイクロ口座では手数料がかからないため、取引コストはスプレッドとスワップポイントの2つです。スワップポイントに関しては、スタンダード口座やブレード口座と同じ条件が適用されます。

マイクロ口座のスプレッドは、スタンダード口座よりもやや広くなっています。Titan FXのほかの口座と比べると、マイクロ口座の取引コストは若干割高な水準にあるといえるでしょう。

しかし、Titan FXの優れた取引環境に魅力を感じる人も多いはずです。マイクロ口座は少額取引用の口座を、取引環境重視で選びたい人に向いている口座といえるでしょう。

Titan FXとは

Titan FXは、狭いスプレッドや強固なインフラなど、取引環境を重視するトレーダーに人気の海外FX業者です。

口座タイプ
スタンダード口座
ブレード口座
マイクロ口座
最大レバレッジ
スタンダード口座・ブレード口座:500倍
マイクロ口座:1,000倍
取扱銘柄
【FX/通貨ペア】:59
【CFD/貴金属】:11
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/株価指数】:21
【CFD/株式】:100
【CFD/仮想通貨】:34
【CFD/ソフトコモディティ】:10
取引ツール
MetaTrader4(MT4)
MetaTrader5(MT5)
サポート対応 24時間対応(年中無休)

なお、上記は2023年6月1日時点の情報です。

TitanFXの最新情報に関しては以下をご参照ください。

Titan FXではボーナスを提供していませんが、スプレッドが狭いため取引コストで取引できます。そのため、スキャルピングなどの取引回数が多い取引スタイルを採用しているトレーダーに人気です。

最近では、VPSに対応したり、コピートレードサービス「Titan FX Social」をリリースするなど、サービスをさらに充実させています。EAやコピートレードなどの自動売買に興味があるユーザーにも向いているブローカーといえるでしょう。

低リスクでの取引が可能に

マイクロ口座のリリースによって、従来よりも少額での取引が可能になります。マイクロ口座は、低リスクで取引したい方や大きな損失を避けたい方に向いている口座といえるでしょう。

従来の口座と同様にEAを利用することもできるので、メインの口座でEAを稼働させる前にリアル口座でテストを実施したい時にも活用できます。Titan FX初の少額取引向け口座ということもあり、今後はFX初心者や小口トレーダーの注目を集めることになるでしょう。


Date

作成日

2023.02.27

Update

最終更新

2023.06.13

Myforex編集スタッフーFX担当ー

短期が中心のトレーダーや中長期が中心のトレーダー、元プロップトレーダー、インジケーターやEAの自作を行うエンジニアなどが在籍。資金を溶かした失敗や専業トレーダーに転身した経験など、実体験も踏まえてコンテンツを制作している。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル