Select Language

Damusは流行する?Twitterキラーとして期待される分散型SNSアプリ

Damusは流行する?Twitterキラーとして期待される分散型SNSアプリ

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.11.11 00:21
Damusは流行する?Twitterキラーとして期待される分散型SNSアプリ

update 2023.11.11 00:21

Damus(ダムス)は分散型SNSでTwitterと同じような機能を採用しており、Twitterに取って代わる可能性を期待されています。

2023年2月にiOSデバイス向けにリリースされたばかりですが、ダウンロードランキングで上位にランクインするなど、早くも話題となっています。また、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏を筆頭に、多くのインフルエンサーに注目されており、日本国内ではブロガーやYouTuberとして活動するマナブ氏が言及しています。

当記事では、DamusでできることやTwitterと比較した特徴などを解説していきます。

Damusとは

Damusは分散型ネットワーク「Nostr」上で構築されており、TwitterのようなSNSです。Twitterに取って代わる可能性があることからTwitterキラーと呼ばれています。

Damusの公式ホームページトップ画像

画像引用:Damus

従来のSNSと異なり、分散型の環境でサービスを提供しています。また、「SNSを自分でコントロールしよう」をコンセプトにしており、セキュリティやプライバシー、仮想通貨との親和性の高さを強みとしています。

なお、Twitterと見た目や機能が似ていて日本語にも対応していますので、初めて使う人でも分かりやすいです。スマホやタブレット用のアプリがiOS向けに提供されており、Appストアからダウンロードできます。

Android版はAmethyst

DamusはiOS向けですがAndroid版もあり、アプリ名はAmethyst(アメジスト)です。DamusとAmethystは開発者が異なるので別アプリですが、Nostrで作られているという点で同じです。

Android版アプリAmethyst

画像引用:Google Play

世界的な注目を集めるDamus

Damusは新しいサービスですが、世界的な注目を集めています。公開後まもなく5万ダウンロードを達成し、ダウンロードランキングの上位に食い込んでいるとの報告もあります。

DamusがAppストアの申請成功について報告したツイートには、当記事執筆時点(2023年2月9日)で3,000以上のいいねがついており、その注目度の高さがうかがえます。また、フォロワー数は3万人を超えており、コミュニティの強力なサポートを得ています。

インフルエンサーのマナブ氏が言及

日本国内の仮想通貨コミュニティでは、インフルエンサーのマナブ氏がTwitterで紹介して話題となっています。同氏はDamusのアカウントを作成して公開しており、これにフォロワーが反応してDamusに登録する人が出ています。

ジャック・ドーシー氏が支援

DamusにはTwitterの創業者ジャック・ドーシー氏も早くから注目していました。2023年2月1日にアプリがAppストアに公開された際には、Damusが利用可能になったことをツイートしています。

また、ドーシー氏はDamusの基盤となるNostrを支援するために、14BTC(約4,200万円)を開発資金として提供しました。

以前からビットコイン(BTC)がインターネットの基軸通貨になると発言しており、Damusがビットコインの投げ銭に対応していることも、ドーシー氏がDamusに関心を寄せる要因のひとつになったと考えられます。

中国で人気急上昇も利用禁止に

Damusは中国内でユーザー数が急増した模様です。中国はインターネットを厳しく規制しており、多くの人々が言論の自由を求めて流入したと考えられています。

しかし、Damusは中国政府機関の要請で中国版Appストアから排除されました。「中国内で違法なコンテンツが含まれており、Appストアのガイドラインに準拠していない」ことが原因だと説明されています。

knowledge 仮想通貨市場の監視を強める中国政府

中国政府は仮想通貨取引や仮想通貨マイニングなどを全面的に禁止しています。中国内の仮想通貨コミュニティは、海外取引所やP2P取引、DEX(分散型取引所)などのDAppを利用することで仮想通貨市場に参加してきました。中国政府は監視を強めており、国内からのアクセスを遮断したり、運営会社に圧力をかけるなどの強硬策を講じることもあります。

本格的に流行する可能性は?

当記事執筆時点(2023年2月9日)において、Damusはダウンロード数が伸びていますが、Twitterには遠く及びません。テクノロジーに敏感なユーザーやプライバシーを重要視するユーザーなど、一部のTwitterユーザーが流入していると考えられます。

Damusは既存のSNSと異なり、秘密鍵の管理が必要で技術的なハードルがあります。このため、本格的に流行するには、Damusの前にWeb3.0関連サービスが広く一般に普及する必要があるかもしれません。

point Web3.0

Web3.0とは分権化された次世代のインターネット環境を指します。現代の中央集権型インターネット環境(Web2.0)は、大手IT企業が強い影響力を持っています。その一方、Web3.0では個々のユーザーが重要な役割を担います。

なお、仮想通貨市場では、PhaverやPeepethなどSNSをテーマとしたDAppが続々と登場しており、競争が激化していくと予想されます。

Web3.0の主要なSNSプラットフォームロゴ

その中でもDamusは注目を集めており、新機能の実装などが順調ならば競争で優位に立てる可能性があります。

ユーザーへの報酬システムを実装へ

Damusは近日公開予定のアップグレードで、報酬システムを実装する予定です。詳細は不明ですが、ユーザーは投稿のエンゲージメント(いいねやリポスト、表示回数)などに応じて、報酬としてSatoshiをもらえる見込みです。

point Satoshiとは

Satoshiはビットコインの最小単位です。0.00000001BTC=1Satoshi となっており、少額のビットコインのやり取りなどに用いられます。

このような仕組みは、分散型SNSによく見られます。コンテンツをシェアして稼ぐという意味で「Share to Earn」などと呼ばれることもあります。DamusがShare to Earnの報酬システムを導入すれば、それが後押しとなってユーザー数が増える可能性があります。

Damusでできること

当記事執筆時点(2023年2月9日)で、Damusは簡易版Twitterのようなイメージです。

NFTのプロフィール画像

NFTをプロフィール画像として利用できます。

コンテンツの投稿と閲覧

Twitterのツイートと同じように自身のコンテンツを発信でき、Damusではこれをポスト(Post)と呼びます。また、タイムライン上でフォロワーやその他ユーザーのコンテンツを閲覧できます。

フォロー、いいね、再投稿

Twitterの「フォロー」「いいね」「リツイート」に相当する機能を使って、他のユーザーと交流します。

ダイレクトメッセージ

他のユーザーにプライベートなメッセージを送れます。暗号化されますので、第三者には漏れません。

BTCによる投げ銭

ライトニングネットワークを使って、気に入ったユーザーにBTCで投げ銭ができます。

point ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークとは、ビットコインブロックチェーンの負荷を軽減し、取引速度や手数料の問題を解決するために開発された技術です。この技術を使うと、ごく少額な決済ができます。

Twitterと比較したDamusの特徴

DamusはTwitterキラーと呼ばれ、Web3.0版の代替サービスとして期待されています。Twitterと比較したDamusの特徴として、以下のようなものが挙げられます。

分散型の構造

既存のアプリは運営企業によって管理されています。TwitterはTwitter社によって運営されており、会社の都合でルールを変更したりデータを削除したりできます。

一方、Damusは分散型ネットワークを基礎に構築されています。特定の管理者はおらず、リレーサーバーで管理します(Dappとは構造が異なります)。

検閲に強い

Twitter現CEOのイーロン・マスク氏は、2022年にTwitter買収を表明した際に、同社による検閲を問題視しました。従来のTwitterは、特定の投稿を弾くアルゴリズムを導入したり、好ましくない人物のアカウントを凍結したりしてきました。

knowledge マスク氏によるTwitterの経営改革

イーロン・マスク氏は、Twitterを買収してCEOに就任してから経営改革を行なっています。ニュースのキュレーションを廃止するなど勢力的に動いており、仮想通貨関連機能の実装も進めている模様です。

一方、Damusは「SNSを自分でコントロールしよう」をコンセプトにしており、投稿が第三者に検閲されることはなくNostrに記録されます。

個人情報は不要

Twitterで登録する際、電話番号やメールアドレスなどの個人情報の登録が求められます。Twitterアカウントはこれらの情報に紐付けられて管理されます。

一方、Damusでは登録時に公開鍵と秘密鍵が発行され、この2つの鍵で管理しますので個人情報は不要です。すなわち、個人情報がアカウントから漏れるリスクはありません。ただし、IPアドレス等の検証等は可能ですので、完全に匿名というわけではありません。

TwitterとDamusのアカウント管理方法の違い
knowledge 公開鍵と秘密鍵

公開鍵と秘密鍵は情報の暗号化や復号のために使われ、仮想通貨では送金やDAppへアクセスするために利用します。なお、公開鍵はID(識別番号)のようなもので開示しても構いませんが、パスワードとなる秘密鍵は誰にも知られないように保管します。

暗号化されたメッセージ

Damusのダイレクトメッセージは、暗号化されて送信されるので内容が外部に漏れることがありません。ただし、秘密鍵が外部に漏れていないことが前提です。

Damusにおけるダイレクトメッセージのイメージ画像

Damusの利用上の注意点

Damusは新しいサービスであり、既存のSNSと大きく異なります。利用する上での懸念点としては以下のようなものが挙げられます。

検閲のない環境がマイナスに働く可能性

Damusは検閲がないことがひとつの売りとなっています。検閲がないので自由にコンテンツを発信できますが、それが仇となる可能性もあると考えられます。

既存のSNSは、運営企業が不適切なアカウントを凍結したり、コンテンツを削除したりできます。Damusでは、フィルタを使うことで不要な投稿を受け取らないようにできます。

アクセスできなくなる可能性

秘密鍵を無くしてしまった場合、自分のアカウントへのアクセスを失ってしまいます。

Damusのアカウントは個人情報などと紐付いていないので、復旧できません。この場合、公開鍵と秘密鍵のペアを発行して、新しいアカウントを開設します。

もし、秘密鍵が第三者の手に渡ればアカウントを乗っ取られる可能性もあり、自身のアカウントが詐欺などに利用されるリスクもあります。

まとめ

当記事執筆時点において、DamusはTwitterと比較して機能面で劣るので、継続的な開発活動が必要になるでしょう。近日中のアップグレードでは、報酬システムの実装が予定されていますが、これが流行のきっかけとなるのでしょうか。日本でも認知が高まっているので、分散型SNSに興味があれば、Damusを使ってみるのも良いかもしれません。


Date

作成日

2023.02.10

Update

最終更新

2023.11.11

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル