Select Language

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.10.02 15:27
Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

update 2022.10.02 15:27

Bybit(バイビット)では様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」が配布されることがあります。

ボーナスは、デリバティブ取引の証拠金や取引手数料として利用することができ、ノーリスクでトレードができる人気のサービスです。Bybitには類似サービスとして「クーポン」もありますが、ボーナスの方が使い勝手のいいものになっています。

この記事では、Bybitのボーナスの仕組みや注意点、受け取り方法を紹介します。

Bybitのボーナスとは?

Bybit(バイビット)のボーナスとは、取引の証拠金として利用したり、取引手数料の支払いに充てたりすることができるバーチャルな資金です。Bybitが開催するキャンペーンに参加したり、提示されるタスクをクリアしたりすると入手できます。

ボーナスの一例

初めて口座開設・入金をした人を対象に配布されることが多く、口座開設後すぐは受け取るチャンスです。

ボーナスは下記のような様々な用途に利用できます。

  • デリバティブ取引の証拠金
  • 取引で生じた損失の補填
  • 取引手数料の支払い
  • 資金調達料の支払い

特に人気があるのは、デリバティブ取引の証拠金として利用する方法です。

デリバティブ取引の証拠金

デリバティブ取引の証拠金として利用する場合、例えば、自分の口座に100ドルを入金して10USDTのボーナスを受け取ると、口座残高が110ドル相当となります。このため、入金額だけで取引するよりも大きな取引量のトレードが可能です。

自己資金分を現物アカウントなどに移し、受け取ったボーナスだけでトレードをすることもできます。この場合、トレードで失敗しても自己資金は減りませんので、ノーリスクで取引できるというメリットがあります。

取引で損失が生じた場合、ボーナスから優先的に差し引かれますので、自己資金の損失を抑えることができます。

point 海外FXのボーナスとは違う

海外FX業者が提供するボーナスでは、自己資金とボーナスを両方保有した状態で損失が発生した場合、自己資金から先に損失が差し引かれます。一方、Bybitでは、ボーナスが優先的に損失に充てられます。その点では、Bybitのボーナスの方が使い勝手がよいといえます。

取引手数料・資金調達料の支払い

ボーナスは、取引手数料・資金調達料の支払いにも充てられます。こちらはボーナスを保有していると自動で差し引かれますので、特別な手続きは不要です。

point 資金調達料とは?

資金調達料とは、無期限契約で一定時間(Bybitは8時間)ごとに口座から差し引かれる、または付与される料金のことです。無期限契約の価格と現物価格の差を調整するためのもので、買いポジションか売りポジションの保有者がどちらかからもう一方に資金調達料を支払うことで価格を現物価格に近づけます。買いポジションと売りポジションのどちらが支払いになるかは、その時点の価格差で決定されます。

ボーナスを得た利益は出金可能

ボーナスそのものは出金できませんが、ボーナスを使って得た利益は出金可能です。ただし、仮想通貨ごとにトランザクション手数料と最低出金額が設定されていますので、出金するためには、この2つの合計金額以上がウォレットに入っている必要があります。

主な仮想通貨のトランザクション手数料・最低出金額は以下の通りです。(2022年5月19日現在)

仮想通貨 トランザクション手数料 最低出金額
BTC 0.0005BTC 0.001BTC
USDT 10USDT(ERC20) 20USDT
ETH 0.005ETH(ERC20) 0.02ETH

BTC

トランザクション手数料 0.0005BTC
最低出金額 0.001BTC

USDT

トランザクション手数料 10USDT(ERC20)
最低出金額 20USDT

ETH

トランザクション手数料 0.005ETH(ERC20)
最低出金額 0.02ETH

ボーナスとクーポンの違い

Bybitで付与される特典には、「ボーナス」と「クーポン」の2種類があります。

「ボーナス」は取引の証拠金・資金調達料としても使えますが、「クーポン」は取引手数料の支払いにしか利用できません。Bybitでは「クーポン」が付与されるキャンペーンの方が多く、「ボーナス」がもらえるチャンスは貴重です。

ボーナスとクーポンの違いは、以下の通りです。

ボーナス クーポン
証拠金として使えるか ×
取引手数料の支払いに使えるか
出金できるか × ×
出金手数料の支払いに使えるか × ×
他の仮想通貨と交換できるか × ×
他の仮想通貨と交換する際の手数料に使えるか × ×
資金調達料の支払いに使えるか ×

証拠金として使えるか

ボーナス
クーポン ×

取引手数料の支払いに使えるか

ボーナス
クーポン

出金できるか

ボーナス ×
クーポン ×

出金手数料の支払いに使えるか

ボーナス ×
クーポン ×

他の仮想通貨と交換できるか

ボーナス ×
クーポン ×

他の仮想通貨と交換する際の手数料に使えるか

ボーナス ×
クーポン ×

資金調達料の支払いに使えるか

ボーナス
クーポン ×
point 取引手数料はクーポンから

Bybitは常時複数のキャンペーンを開催しており、ボーナスとクーポンの両方が手に入ることがあります。この場合、取引手数料はまずクーポンから自動的に支払われます。次にボーナスが使われ、最後にユーザーの自己資金が使われます。

ボーナスの受け取り方法

ボーナスは自動で付与されますが、「マイ特典」ページより受け取り手続きをする必要があります。

caution 付与タイミングに注意

キャンペーンでボーナスが付与される場合、条件を満たしたら即ボーナスが受け取れるとは限りません。「キャンペーン終了後30日以内」など、各キャンペーンで付与タイミングが設定されている場合、ボーナスを受け取れるまでにタイムラグが発生します。

マイ特典ページの表示方法

ログイン後に画面右上のアイコンにマウスポインタを合わせ、表示されるプルダウンメニュー内にある「マイ特典」を選択します。

マイ特典 マイ特典

ボーナスの確認方法

受け取ったボーナスは、「資産」ページ内のデリバティブアカウントの対応する仮想通貨の欄に表示されます。

Bybitボーナス表示 Bybitボーナス表示
point ボーナスにはBTCとUSDTが多い

どの仮想通貨で付与されるかはボーナスごとに異なりますが、ビットコイン(BTC)かテザー(USDT)で付与される場合が多いです。

ボーナスの注意点

ボーナスの主な注意点は、3点です。

  • 入金時期
  • 有効期限
  • 出金

入金時期

キャンペーンでボーナスが付与される場合、条件を満たしたら即ボーナスが受け取れるわけではありません。「キャンペーン終了後30日以内」など、各キャンペーンで設定されたタイミングで付与されます。

有効期限

ボーナスを使わないまま、受け取った日から21日間が経過すると、失効してしまいます。期限内に取引するとボーナスは有効化され、有効期限が無期限になります。

そのため、ボーナスを貯めて一気に使うのではなく、ボーナスをもらうたびに取引しましょう。

出金

ある仮想通貨のボーナスを保有した状態で出金しようとすると、ボーナスが消滅しますので注意が必要です。

ボーナスはビットコイン(BTC)やテザー(USDT)など、どの仮想通貨で付与されるかが決まっています。ビットコインのボーナスを持った状態でイーサリアム(ETH)など他の仮想通貨を出金するのは問題ありませんが、ビットコインを出金しようとすると、ビットコインで付与されていたボーナスは消滅しますので、注意しましょう。

ボーナスは口座開設時がチャンス

Bybit(バイビット)のボーナスは複数の使い道があり、人気のサービスです。しかし、特典はクーポンで配布されることが多く、ボーナスを受け取れるチャンスはなかなかありません。

新規口座開設時はチャンスが多く、一定のタスクをクリアすると、ボーナスを受け取れます。

通常よりも多いボーナスを受け取れる「入金応援祭」も頻繁に開催されていますので、有効活用しましょう。


Date

作成日

 : 2022.05.23

Update

最終更新

 : 2022.10.02

こば

暗号資産ライター

arrow
こば

暗号資産の短期トレードから始めるも、中長期的に堅実に稼ぐステーキングやイールドファーミングに切り替える。
日本ではまだ認知が広まっていない暗号資産の投資手法をいち早くキャッチすることが得意。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル