Select Language

話題沸騰のSTEPNがアシックスとコラボ!STEPNの収益性や注意点をチェック

話題沸騰のSTEPNがアシックスとコラボ!STEPNの収益性や注意点をチェック

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.16 15:54
話題沸騰のSTEPNがアシックスとコラボ!STEPNの収益性や注意点をチェック

update 2023.03.16 15:54

2022年4月、STEPNがアシックスとのコラボでNFTの限定販売を開始しました。このNFTは、Binance(バイナンス)のNFTマーケットプレイスで販売されています。STEPNとアシックスのコラボは仮想通貨コミュニティで大きな話題となっており、これを機にSTEPNを始めたいというユーザーも多く出てきそうです。

STEPNとは

STEPNは、「Move to Earn」のゲームです。Move to Earnとは「運動して稼ぐ」をコンセプトにしたゲームであり、ユーザーは歩いたり走ったりすることで報酬の仮想通貨を得られます。

knowledge Move to Earnが秘める可能性

「ポケモンGO」や「ドラゴンクエストウォーク」などの登場により、スマートフォンのアプリ市場で位置情報ゲームが流行しています。これらのゲームは、旅行業界や地方自治体のイベントに利用されるなど、ゲームの枠を超えて新しい価値を提供しています。Move to Earnは仮想通貨やNFTなどを活用できるため、さらに大きな可能性を秘めています。

STEPNは、ソラナ(SOL)のブロックチェーン上に構築されており、ガバナンストークン「GMT」とゲーム内トークン「GST」を発行しています。また、他のアプリと同じくiOSやAndroidのスマートフォンに対応しており、初心者でも扱いやすいです。

STEPNはどのぐらい稼げる?

STEPNは、エネルギーと呼ばれるシステムを採用しています。基本のエネルギー上限はNFTスニーカーの所有数で異なり、1足だと2エネルギー、3足で4エネルギー、9足で9エネルギーが上限などとなっています。そして、1エネルギーあたりのプレー時間は5分間であり、移動してエネルギーを消費することで報酬を稼ぎます。また、減ったエネルギーは6時間ごとに徐々に補充され、レア度の高いスニーカーを所有すると、エネルギーの上限を上げることができます。

なお、1エネルギーあたりの報酬は、NFTスニーカーの種類やパラメータに基づいて決められます。一番低いWalkerの場合、1エネルギーあたり4GST前後です。当記事執筆時点のGST価格は4ドル台ですので、1つのNFTスニーカーで毎日32ドル以上稼げる計算です。スニーカーの機能性維持のために別途GSTを消費しますので、全てが純粋な利益になるわけではありませんが、魅力的な額です。

GSTと米ドルの価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

なお、ゲームをしていると、GST以外にもミステリーボックス(宝箱)を獲得できます。NFTのパラーメータによって、ミステリーボックスを獲得できるか、そして良い報酬を得られるかが決まりますので、購入時のパラメータ確認が大切になります。

さらに、GSTを消費してNFTスニーカーのレベルを上げていくと、新しいNFTスニーカーをミント(生成)でき、それを売却して稼ぐこともできます。ミントするにはNFTスニーカー2足が必要で初期投資額が大きくなりますが、レアリティの高いスニーカーをミントできれば大きな利益となります。

当記事執筆時点で、基本的な報酬として最低でも1日数十ドルを獲得でき、さらにミステリーボックスやミントで稼ぐことが可能です。直近でGST価格は上昇を続けていて、これが人気を支える要因となっています。

NFTスニーカー購入のポイント

STEPNのNFTスニーカーは、それぞれデザインや用途が異なり、安価なものでも日本円で十数万円します。属性やクオリティなどで価値が決まりますので、これらはNFTスニーカーを購入する際の重要な情報となります。

属性【Attributes】

STEPNのNFTスニーカーには4つの属性があり、全ての属性が高いNFTスニーカーが理想です。

属性 内容
Efficiency
(効率性)
数字が大きいほど、GSTを得やすくなります。
Luck(運) 数字が大きいほど、ミステリーボックス出現頻度が高くなります。
Comfort
(快適さ)
数字が大きいほど、GMTを得やすくなります。
Resilience
(耐久性)
数字が大きいほど、スニーカーの摩耗がゆっくりになります。

全属性の数値を高くすると、高額なスニーカーになります。よって、資金量や利用頻度など、購入者の状況に合わせて購入します。

大きな報酬を得たいなら、Efficiencyに注目します。しかし、収益性を維持するには、耐久性にも注意する必要があります。耐久性はゲームを通じて徐々に低下していき、その値が50以下になると報酬が90%になります(10%の減少)。そして20以下になると、報酬は10%になります(90%の減少)。

クオリティ【Quality】

クオリティとはスニーカーの希少性であり、クオリティが高いと収益性が良くなります。クオリティは低い順に「Common」「Uncommon」「Rare」「Epic」「Regendary」の5種類で、クオリティが高いNFTスニーカーは効率的に報酬を得られますので高額になります。

種類【Type】

STEPNのNFTスニーカーは、運動する強度に応じて異なる種類があります。時速1キロから6キロのウォーキングには「Walker」、時速4キロから10キロのジョギングには「Jogger」、時速8キロから20キロのランニングには「Runner」、時速1キロから20キロの多目的な運動には「Trainer」のNFTスニーカーが必要になります。報酬は速く走るほど多くなるので、収益性はTrainerとRunnerが高く、Jogger、Walkerの順に低くなります。

種類 標準的な時速
Walker 1km~6km
Jogger 4km~10km
Runner 8km~20km
Trainer 1km~20km
NFTスニーカーの種類を示した時速と収益性のメトリックス

レベル【Level】

NFTスニーカーにはレベルがあり、最大30レベルまで上げられます。レベルを上げるにはGSTが必要で、レベルアップごとにポイントを獲得し、そして獲得したポイントをEfficiencyなど各パラメータに好みで割り振ります。下の表の通り、CommonのNFTスニーカーであってもレベルを上げれば報酬を大きくできます。この点も考慮しながら、どのNFTスニーカーを購入するか決定します。

クオリティ ポイント
Common 4
Uncommon 6
Rare 8
Epic 10
Regendary 12

STEPNの将来性とリスク

当記事執筆時点で、STEPNはひとりでプレイするソロモードのみ利用可能です。これに加えて、開発チームはマラソンモードの開発に着手しています。このマラソンモードは定期的に開催され、上位入賞者には報酬としてNFTのバッジやGSTが贈られます。また、ロードマップ(開発計画)にはNFTのレンタルなど新サービスが記載されており、今後のアップグレードに期待が集まっています。

一方、多くのPlay to Earnゲームが収益性を失って詐欺的だと批判されており、STEPNも同様になるかもしれないと指摘されています。当記事執筆時点でGST価格は好調な値動きですが、それがいつまで続くか誰にもわかりません。ゲームとしての完成度、トークンの新規発行数量とバーン数量。これらのバランスが、今後の値動きの鍵を握ります。

STEPNのNFTスニーカーは10万円以上の値をつけるなど高額です。このため、収益性が失われると初期投資を回収できず損になる可能性がありますので、注意が必要です。

GMT、GSTの買い方

GMTとGSTは、日本国内の取引所で取り扱いはありません。そのため、Binance(バイナンス)などの海外取引所で取引することになります。

GMTを売買できる取引所

日本語対応の海外取引所でのGMT取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は、下記の通りです。

取引所 現物 デリバティブ
Binance(バイナンス)
Bybit(バイビット)
Gate.io(ゲート)
CoinEX(コインイーエックス)
MEXC(メクシー)
BingX(ビンエックス)
Bitget(ビットゲット)

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ

GSTを売買できる取引所

日本語対応の海外取引所でのGST取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は、下記の通りです。

取引所 現物 デリバティブ
Binance(バイナンス) × ×
Bybit(バイビット) ×
Gate.io(ゲート)
CoinEX(コインイーエックス) ×
MEXC(メクシー)
BingX(ビンエックス) ×
Bitget(ビットゲット) ×

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ
× ×

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ
×

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ
×

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ
×

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ
×
binance bybit gate.io mexc

海外取引所は、日本語対応が充実しているBybit(バイビット)がおすすめです。

ブームの火付け役となるか

その収益性の高さとコンセプトの優秀さから、STEPNは投資に関心のあるユーザー層の取り込みに成功しています。2022年第1四半期時点で100万人のユーザー、10万人を超える日間アクティブユーザー数を獲得しており、今後もパートナーシップだけでなく、プロモーションやイベントにも力を入れる予定です。STEPNはMove to Earnブームの火付け役となるでしょうか。


Date

作成日

2022.04.21

Update

最終更新

2023.03.16

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル