Select Language

シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)がBybitの積立ステーキングに新登場

シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)がBybitの積立ステーキングに新登場

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.12.23 15:34
シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)がBybitの積立ステーキングに新登場

update 2021.12.23 15:34

2021年12月2日、Bybit(バイビット)はシンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)を新たに積立ステーキングの銘柄に追加すると発表しました。シンボル(XYM)の最大年間利回りは9%、ジャスミー(JASMY)は8%に設定されており、ステーキング開催期間は2021年12月2日午前10時~2022年3月2日午前8時59分(日本時間)です。

なお、積立ステーキングとは、ビットコイン(BTC)などのメジャーなものからトレンドとなっている新興の仮想通貨までを対象に預け入れて、預貯金のように仮想通貨を毎日もらえるBybitのサービスです。

過去にはザ・サンドボックス(SAND)やアクシー・インフィニティ(AXS)といったメタバース系の銘柄を取り扱ったこともあり、その際は年率50%の高利率が設定されていました。

シンボル、ジャスミーとは

シンボル(XYM)とは、ネム(XEM)からハードフォークして誕生した仮想通貨であり、ネムに比べて処理速度やセキュリティ面が改善されています。また、与沢翼氏が積極的に情報発信を行なったことから、名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。

Bybitでは11月23日に現物取引に上場しています。

一方ジャスミー(JASMY)は、ジャスミー株式会社が発行する日本発の仮想通貨で、イーサリアム上で開発されたトークンです。「データの民主化(個人情報を本来持つべき個人の元に戻し、安全に分散管理すること)」をテーマに、ブロックチェーンとIoTを組み合わせた「ジャスミーIoTプラットフォーム」で流通します。

knowledge IoTとは

IoTとはInternet of Thingsすなわち「モノのインターネット」であり、PC同士の接続という従来のインターネットの範囲よりも広く、各種家電やドローンなど様々な媒体を通じて音声・画像などデータが相互に交換される仕組みを指します。

こちらも11月24日にBybitの現物取引に上場しました。

積立ステーキングの参加方法

積立ステーキングの開始方法は、以下の通りです。

手順1

Bybit(バイビット)の「ByFiセンター」ページから「積立ステーキング」をクリックします。

ByFiセンターを開く link
積立ステーキング 積立ステーキング

このサービスの人気は高く、シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)のステーキング枠は開始後まもなく完売となってしまいました。Bybitは、両銘柄ともステーキング枠の拡大を検討中とのことで、シンボルについては12月7日時点でステーキング受付が再開しました。ジャスミー(JASMY)についても再開が期待されますね。

シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)の積立ステーキング

手順2

ステーキングしたい仮想通貨の「今すぐステーキングする」ボタンをクリックします。今回はUSDTを例に解説しますが、どの仮想通貨でも操作は同じです。

積立ステーキング

手順3

金額欄にステーキングしたい仮想通貨の数量を入力し、サービス規約に同意(チェック)の上、「今すぐステーキングする」を押せばステーキングが完了します。あとは毎日、利回り分の仮想通貨が口座に振り込まれるのを待ちます。

積立ステーキング購入画面
point ByFiアカウントに残高が必要

ステーキングに参加するには、ByFiアカウントに資金が入っている必要があります。あらかじめ現物やデリバティブアカウントからの振替でByFiアカウントに入金できます。

銘柄追加の情報はいち早くキャッチ

Bybit(バイビット)の積立ステーキングで公開されるトレンドの仮想通貨は、ステーキングの開催期間が短い場合があります。また、注目度の高い仮想通貨は開始後すぐに完売するケースもあります。

そのため、積立ステーキングでうまく資産を増やすには、Bybitのメルマガに登録したり、公式Twitterをフォローしたりして、最新情報を素早くキャッチすることがポイントです。


Date

作成日

 : 2021.12.07

Update

最終更新

 : 2021.12.23

著者情報

こば

暗号資産ライター

arrow
こば

暗号資産の短期トレードから始めるも、中長期的に堅実に稼ぐステーキングやイールドファーミングに切り替える。
日本ではまだ認知が広まっていない暗号資産の投資手法をいち早くキャッチすることが得意。

関連記事

アクセスランキング

SNSで話題のエバードームとは? 火星が舞台のメタバースプロジェクト

メタバースプロジェクトのエバードーム(EVERDOME)が、トークンセール実施を発表しました。そこで、トークンセールの概要に加えて、エバードームとは何か、注意点は何かなどについて解説します。
update2022.01.20 20:00

Bybitで「元素騎士オンライン-META WORLD-」の独自トークンMVを無料でプレゼント!

Bybitが「元素騎士オンライン-META WORLD-」のガバナンストークン「MV(メタバーストークン)」のプレゼントキャンペーンを開催中です(1月26日まで)。配布総数は13,500,000MV、もらえるチャンスは3つあります。
update2022.01.20 21:00

収益が毎日振り込まれる!Bybitに積立ステーキングサービスが新登場

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)がBybitの積立ステーキングに新登場

2021年12月2日、Bybitはシンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)を積立ステーキング(預け入れるだけで毎日仮想通貨をもらえるサービス)に採用しました。
update2021.12.07 21:00

モンスター対戦ゲームのトークンGGMがBybitローンチパッドに登場!

2022年1月10日、Bybitがローンチパッド開催を発表しました。今回もらえるトークンは、Play-to-Earnゲーム「Monster Galaxy P2E」で使われるトークン「GGM」です。
update2022.01.11 20:00

賞金総額は100億SHIB!Bybitがお年玉キャンペーンを開催

Bybitが総額100億SHIBのプレゼントキャンペーンを開催中(2022年1月14日まで)。取引高に応じて分配額が増えますが、取引しなくても登録だけでSHIBをもらえます。
update2022.01.06 20:00

仮想空間の「メタトーキョー」で土地の販売が開始

2021年12月、TOKAUは独自のメタバース空間「MetaCity」内にある土地「MetaTokyo」の販売を開始しました。ユーザーは、その土地を売買したり貸し出したりしてトークンを稼ぐことができます。そこで、セールの内容や仕組みを紹介します。
update2021.12.24 20:40

メタバース銘柄「DEVT」がBybit積み立てステーキングに登場!

仮想通貨取引所のBybit(バイビット)は、2021年12月23日より、メタバース銘柄のトークン「DEVT」を積立ステーキングの対象にすると発表しました。DEVTトークンは12月10日に現物取引に上場したばかりの銘柄です。
update2021.12.24 20:00

メタバース銘柄「DEVT」がBybitで無料配布!

2021年12月7日、Bybitは、預け入れたUSDT数量に比例してトークン「DEVT」がもらえるBybitローンチプール開催を発表しました。また、USDTを預け入れなくてもDEVTがもらえるキャンペーンを同時に開催します。そこで、その条件等をご案内します。
update2021.12.09 20:00

BybitのNFTマーケットプレイスオープン記念でモンスター対戦ゲームのNFTプレゼント!

仮想通貨取引所Bybit(バイビット)は、2022年1月20日の「NFTマーケットプレイス」のオープンを記念して、モンスター対戦ゲーム「Monster Galaxy P2E」の特製NFTやゲーム内暗号通貨「GGM」を受け取れるキャンペーンを開催します。
update2022.01.19 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル