Select Language

シバリウムのベータ版がリリース!シバイヌ(SHIB)のレイヤー2を解説

シバリウムのベータ版がリリース!シバイヌ(SHIB)のレイヤー2を解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.04.20 07:57
シバリウムのベータ版がリリース!シバイヌ(SHIB)のレイヤー2を解説

update 2023.04.20 07:57

仮想通貨(暗号資産)のシバイヌ(SHIB)が、レイヤー2「シバリウム(Shibarium)」のベータ版をリリースしました。

シバイヌ(SHIB)はドージコイン(DOGE)から派生したミームコインで、大規模なコミュニティを形成しています。当記事では、シバリウムの特徴などを解説していきます。

シバリウムのベータ版がリリース

2023年3月8日、シバイヌはレイヤー2「シバリウム(Shibarium)」のベータ版リリースを発表し、当記事執筆時点(2023年3月24日)で公開中です。

シバリウムのベータ版リリースの画像

画像引用:Shiba Inu Ecosystem

point レイヤー2

多くのブロックチェーンは、異なる役割を持つブロックチェーンが階層別に独立して相互通信する「レイヤー構造」になっています。基礎的な役割を担うブロックチェーン層をレイヤー1と呼び、レイヤー1の情報処理を助ける層をレイヤー2と呼びます。

シバリウムのベータ版は「PUPPYNET(パピーネット)」と呼ばれ、ベータ版での調整後に本番環境で公開されます。

シバリウム公開とトークン価格

シバイヌ関連の仮想通貨について、シバリウムのベータ版公開発表前後の値動きを1か月チャートで確認します。市場はどのように評価したでしょうか。

SHIB

SHIBのチャート

画像引用:CoinMarketCap

真ん中あたりの強調部分が、シバリウム公開発表を受けた値動きです。少し上昇したものの下落トレンドが変わることはありませんでした。

LEASH

LEASHのチャート

画像引用:CoinMarketCap

LEASHは、シバイヌへの貢献度が高いユーザーに配布される特別なトークンで、総発行枚数は107,646枚です。シバイヌと同じく、少し上昇したものの下落トレンドが変わることはありませんでした。

BONE

BONEのチャート

画像引用:CoinMarketCap

BONEは独自DEX「ShibaSwap」のガバナンストークンです。また、シバリウムの取引手数料の支払いやステーキング報酬で利用されます。SHIBよりも大きな反応でしたが、こちらも下落トレンドに変化はありませんでした。

シバリウム開発については以前から情報公開されており、市場参加者はベータ版公開を冷静に受け止めたことが分かります。

仮想通貨シバイヌとは

シバイヌ関連の仮想通貨について、シバリウムのベータ版公開発表前後の値動きを1か月チャートで確認します。市場はどのように評価したでしょうか。

仮想通貨シバイヌのロゴバナー

画像引用:Shiba Token

シバイヌはミームコインの一種です。ドージコイン(DOGE)の流行に乗って大量のミームコインがリリースされており、その中でもシバイヌはドージコインに次ぐ時価総額となっています。

point ミームコインとは

ミームコインはインターネットミーム(主にSNSで流行したネタなど)を元にしており、ジョークや遊びとして作られた仮想通貨全般を指します。

シバイヌはイーサリアム(ETH)を基礎に発行されており、独自のコミュニティを形成しています。

シバイヌのコミュニティ

シバイヌの特徴は、コミュニティの大きさです。当記事執筆時点(2023年3月24日)で、Tiwtterのフォロワー数が350万人を超えているだけでなく、SNSアカウントの合計インプレッション(観覧数)が月間5,000万回から1億回を記録しています。

また、多数の取引所に上場しており、投資しやすい環境が整っています。

シバイヌのサービス

シバイヌには以下のサービスがあります。

ShibaSwap

ShibaSwapはシバイヌのDEX(分散型取引所)です。仮想通貨のスワップ(交換)だけでなく、ステーキングや流動性マイニングなど総合的なサービスを提供しています。

point 流動性マイニング

流動性マイニングとは、DEXなどに2種類の仮想通貨をペアで貸し出して流動性を提供することです。イールドファーミングとほぼ同義の言葉として使われることもあります。流動性の提供と引き換えに独自仮想通貨を報酬として獲得できる一方、価格変動で損失を被ることもあります。

Shiba Inu Games

対戦型カードゲーム「Shiba Eternity」がアプリで公開されています。

Shiba Eternityのイメージ画像

画像引用:Google Play

Shiboshis Collection

Shiboshis CollectionはシバイヌのNFTコレクションで、1万種類のNFTが発行されています。保有者は開発チームと直接意見交換できるなど、特典がいくつか用意されています。

OpenSeaに出品中のShiboshis Collection

画像引用:OpenSea

knowledge NFTの使い道

デジタルアートNFTの中には、コレクションとしてだけでなく、Discord(ディスコード)などコミュニティへの入場券となっているものもあります。NFTはコミュニティを構築する手段としても利用されています。

シバリウムのメリット

シバリウムが導入されると、以下のメリットがあります。

トランザクションの高速化

レイヤー2はトランザクションを高速化する技術なので、よりスムーズにシバイヌのサービスを利用できるようになります。

取引手数料の低減

レイヤー2の取引手数料はメインのブロックチェーンよりも安く、シバイヌでも取引手数料が安くなると予想されています。

プロジェクト構築

シバリウムでプロジェクトを展開したり、シバリウム開発チームとコラボしたりできるようになります。このため、面白いプロジェクトが開発されるかもしれません。

仮想通貨を稼ぐ

シバリウムはコンセンサスアルゴリズムとしてDPoSを採用しています。ブロックチェーンの維持に参加すると、報酬として仮想通貨を稼げます。

シバリウムの将来性

シバリウムは高機能なため、様々なサービスが登場する可能性があります。

メタバースの実現

シバイヌのメタバース

画像引用:Shiba Inu Ecosystem

シバイヌ開発チームはメタバース「SHIB the Metaverse」を開発しています。Decentraland(ディセントラランド)などと同じく、メタバース空間でエンタメやゲーム、ビジネスなどを展開できる見込みです。

point メタバース

メタバースとは、インターネット上に構築された三次元空間を指し、主にコミュニケーションツールやゲームとして利用されています。

当記事掲載時点(2023年3月)で開発中であり、動画が公開されていたりNFTで発行される土地が販売されていたりします。

DApp開発が本格化

シバイヌのDApp(分散型アプリ)には、ShibaSwapやShiba Eternityなどがあります。シバリウムがリリースされれば、DApp開発がさらに活発になると期待されています。

point DApp開発とレイヤー2

これまで、DAppはイーサリアムなどメインとなるブロックチェーン上に構築されてきました。しかし、高性能なレイヤー2(L2)が登場したことで、L2上でもDApp開発が活発になっています。

仮想通貨の需要が拡大

ShibaSwapがシバリウムを採用してさらに使いやすくなれば、仮想通貨の流動性やユーザービリティ(有用性)が高まり、需要が拡大するかもしれません。

シバリウムの特徴

シバリウムのその他の特徴を紹介します。

コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用

シバリウムは、コンセンサスアルゴリズムとしてDPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)を採用しています。

point コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックを生成するためのルールです。PoWやPoSに加え、DPoSやPoIなどがあります。それぞれ長所や短所があり、開発思想によって使い分けられています。

DPoSでは、ネットワーク参加者が投票で委任者(デリゲート)を選出し、デリゲートがブロックを検証します。PoSに比べて、投票プロセスがある分、より民主的なシステムだと考えられます。参加するには、担保としてBONEをブロックチェーンに預け入れます。

DPoSの説明画像

新仮想通貨TREATを発行

シバイヌのエコシステムでは、SHIB、LEASH、BONEの3種類の仮想通貨が発行されています。

これに加えて、シバリウム立ち上げ時に「TREAT」を発行する予定です。詳細は不明ですが、ネットワーク参加者への報酬として利用されるようです。

knowledge TREATの詐欺に注意

当記事執筆時点(2023年3月)でTREATは未発行であり、TREATへの投資を呼びかける詐欺に注意が必要です。

脱ミームコインとなるか

シバイヌはミームコインとしての地位を確立しており、シバリウム公開後はシバイヌのユースケースが拡大すると予想されています。

レイヤー2であるシバリウムの導入でどのように発展するか、期待が膨らみます。


Date

作成日

2023.03.24

Update

最終更新

2023.04.20

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル