Select Language

Bybitのローンチプールに決済サービスのトークン「ZBC」が登場!

Bybitのローンチプールに決済サービスのトークン「ZBC」が登場!

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.04.20 12:18
Bybitのローンチプールに決済サービスのトークン「ZBC」が登場!

update 2022.04.20 12:18

2022年3月14日、仮想通貨(暗号資産)取引所のBybit(バイビット)は、連続決済プロトコル「Zebec Protocol」のネイティブトークン「ZBC」をローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。ローンチプールは、特定の仮想通貨を預け入れることで新規上場トークンが毎日無料で配布されるBybitのサービスです。

ZBCは2022年3月16日にBybitに新規上場した仮想通貨で、ローンチプール期間中にBITトークン(BIT)を預け入れると、総額900万ZBCから報酬を受け取ることができます。

Zebec Protocolとは

Zebec Protocol(ZBC)は、DeFi(分散型金融)関連サービスを開発するプロジェクトです。現在、Zebec Protocolはソラナ(SOL)ブロックチェーン上にZebec Payと呼ばれるDApp(分散型アプリケーション)を展開しており、それを軸にした仮想通貨(暗号資産)の決済ソリューションを提供しています。

Zebec Payは、「ストリーミングペイメント」と呼ばれる特徴的な決済方法を実装しています。ストリーミングペイメントは、継続的に資金を少しずつ送金して決済を完了させる方法で、事業者が時間ベースでの労働契約を結ぶ従業員への給与支払いなどに利用可能です。また、この支払は、対象のウォレットアドレスと支払う仮想通貨、期間を選択するだけで簡単に設定できます。

例えば、事業者が1ヶ月分の給与を分割してテザー(USDT)で支払うとZebec Pay上で設定すれば、テザーが徐々に従業員のウォレットに送金されます。この場合、10日時点で約3分の1、20日時点で約3分の2、月末の30日時点で全ての支払いが完了することになります。

ストリーミングペイメントの説明画像

ちなみに事業者は、いつでもストリーミングペイメントを停止することができるので、Zebec Payは契約の不履行や従業員が途中で辞めてしまうケースなどにも柔軟に対応可能です。

ZBCとは

Zebec ProtocolはネイティブトークンとしてZBCを発行しており、商品やサービスの対価支払いでの利用と、プロジェクト運営に関する投票機能という2つの役割を担っています。

Zebec Protocolは複数のサービスを展開していますが、これを利用するユーザーは手数料を支払う必要があり、ZBCがその支払いに充てられます。また、ガバナンストークンとしてのZBCは、DAO(自立分散型組織)での提案に投票する権利を保有者に付与し、ブロックチェーンのアップグレードや各種報酬の調整、代表者の選出などの決定を手助けします。

それ以外のZBCの使い道として、ステーキングの導入計画があります。既に複数の海外取引所がZBCトークンの取り扱いを開始しているので、今後これらの取引所もステーキングサービスに対応する可能性がありそうです。

knowledge 取引所によるステーキングサービス

通常、仮想通貨のステーキングは、専用のウォレットやポータルサイトなどを通じて行われます。しかし、ウォレットの設定や仮想通貨の移動などが手間になることから、あまり初心者向きではありません。これに対し、BinanceやBybitなどの大手取引所は、簡単な操作で利用できる独自のステーキングサービスを提供しています。

ローンチプールとは?

ローンチプールは、Bybit(バイビット)が提供するステーキングサービスです。対象の仮想通貨を預け入れることで、期間中毎日、新規上場したトークンを受け取ることができます。

Bybitローンチプール Bybitローンチプール

今回のZBCローンチプールは、BITトークンを預け入れることで参加可能です。なお、預け入れた仮想通貨はいつでも払い戻すことができます。

point BITトークンとは?

BITトークンはDAO(自立分散型組織)である「BitDAO」のガバナンストークンです。また、BybitはBitDAOの筆頭の支援者であり、Bybitの提供する「積立ステーキング」、「ローンチパッド」などのサービスの参加条件でBITが使われています。

ZBCローンチプールの詳細

ZBCローンチプールの詳細は以下の通りです。

賞金総額 900万ZBC
預け入れ資産 BIT
期間 2022年3月15日午後7時
~3月22日午後7時
(日本時間)
参加条件 ・BITの保有
・KYC(本人確認)レベル1
利回り発生タイミング 預け入れた翌日から
利回りの配布 利回りが発生した翌日

BITトークン(BIT)を預け入れることで、総額900万ZBCの報酬を受け取ることができます。期間は2022年3月15日から3月22日までの7日間で、ローンチプールに参加するにはBITの保有とKYC(本人確認)レベル1が必要です。

報酬発生タイミングは預け入れた日の翌日以降毎日、報酬配布は利回りが発生した翌日で、ByFiアカウントに毎日配布されます。

利回りの計算方法

ZBCの利回りは、ユーザーと全参加者が預け入れたBITの総数と報酬総額によって決定します。参加者が預け入れた総数が多ければ多いほど年間利回りは低くなるため、一定の利回りを貰い続けられるわけではありません。

ZBCローンチプールの利回り計算方法は、以下の通りです。

ZBC報酬 =
(ユーザーが預け入れたBIT数量 ÷ 全参加者が預け入れたBIT総数) × 900万ZBC

このステーキングで配布される総額は900万ZBCであり、ステーキングできる数量は100BIT~30,000BITです。

預け入れトークン BIT
報酬枚数 900万ZBC
最小ステーキング数量 100BIT
最大ステーキング数量 30,000BIT

Bybitローンチプールの参加方法

ローンチプールに参加するには、以下のリンクよりByFiセンターのローンチプールを開きます。

ローンチプールを開く link

次に、ローンチプール内の「ZBC」の項目から、BIT Poolの「今すぐステーキングする」をクリックします。

ローンチプールの参加 ローンチプールの参加

計測開始時間や予測年間利回りなどの情報が表示されますので、ステーキングする数量を入力します。その後、「Bybitサービス規約を読み、同意しました」のチェックボックスにチェックを入れ、「今すぐステーキングする」をクリックします。

Bybitローンチプールのステーキング詳細

ステーキングが完了したら、「購入が完了しました」というメッセージが表示されます。これで、Bybitローンチプールへの参加手続きは完了です。ステーキング状況を確認したい場合は、「注文を見る」ボタンをクリックすると、ByFiアカウント内のローンチプール専用ページに遷移します。

Bybitローンチプールのステーキング完了

決済を柔軟に変える

Zebec protocolは、素早い支払決済を可能にするDeFiテクノロジーです。zebecPayが提供するリアルタイムな支払い機能により、給与支払いや投資、モノ・サービスの購入といった様々な決済が柔軟にカスタマイズ可能になります。

また、Zebecは2021年11月にローンチしてから2022年2月までに2,100万ドルを調達するなど、投資家から大きな注目を集めているプロジェクトです。

Zebec protocol上のプロジェクトが広く使われればZBCの値上がりを期待できるため、将来性を感じた方は長期的なキャピタルゲインを目指してZBCを購入し、短期的にローンチプールで利益を得るといった運用が検討できます。


Date

作成日

2022.03.16

Update

最終更新

2022.04.20

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル