Select Language

BitDAOのデリゲート方法は?BITトークンの入手方法やホルダーができることも解説

世界のFXニュース

BitDAOのデリゲート方法は?BITトークンの入手方法やホルダーができることも解説

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.10.11 16:24
BitDAOのデリゲート方法は?BITトークンの入手方法やホルダーができることも解説

update 2021.10.11 16:24

現在注目を集めている自立分散型組織BitDAOでは、組織の運営方針をコミュニティのメンバーの投票で決定できます。投票には独自トークン「BIT」を保有している必要がありますが、それだけでは投票権を得ることができません。

投票権を得るためには、トークン保有者のウォレットのアドレスが代表者権を任命される必要があります。代表者に任命されるためには、BITを保有しているウォレットの認証(デリゲート)をしなければなりません。

この記事では既にBITを保有している方に向け、ウォレットのデリゲート方法を解説します。トークンホルダーができることも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ウォレットをデリゲートする方法

ウォレットをデリゲートするには、下記3種類の方法があります。[1]

  • BitDAOの公式サイトでデリゲートする
  • イーサスキャン(Etherscan)でデリゲートする
  • グノーシス・セイフ(Gnosis Safe)でデリゲートする

このうち、最後のGnosis Safe(グノーシス・セーフ)は、イーサリアムのマルチシグウォレットです。この方法でデリゲートを行うには、Gnosis Safe専用のウォレットが必要となり、新しく作る場合は約0.04ETH(1ETH=40万円のとき16,000円)がかかります。

かなりのコストがかかるため、この記事では、他の2つの方法を紹介します。

BitDAOの公式サイトでデリゲートする

BitDAO公式サイトにアクセスし、ウォレットを接続することでデリゲートが可能です。

BitDAO公式サイトを開く link

まずは「Get Started」をクリックしてください。

BITトークンのデリゲート方法 BITトークンのデリゲート方法

その後、接続するウォレットを選択するポップアップが出てきます。BITを保有しているウォレットを選択してください。

ウォレット接続 ウォレット接続

今回はMetamaskを例に解説します。ポップアップでMetamaskを選択すると、以下の画面に遷移するので、デリゲートしたいウォレットアドレスを選択してください。

ウォレット選択

「次へ」を押すと、以下の画面に遷移するので、そのまま「接続」をタップします。

Metamask接続

接続が完了すると、自動でポップアップが閉じ、BitDAOの公式サイトに戻ります。接続に成功すれば、画面右上に接続したウォレットのアドレスと、保有するBITの金額が反映されます。

ウォレットの情報が反映されているのを確認したら、再度「Get Started」をクリックします。

metamask接続 metamask接続

デリゲートするウォレットのアドレスを入力します。この時、先ほど選択したウォレットのアドレスを入力したい場合は赤文字の「Delegate to yourself」をクリックすることで、自動的にアドレスが入力されます。

BITトークンのデリゲート開始

アドレスを入力後「Delegate Votes」をクリックすると、トランザクション(取引)の確認を待つ画面がポップアップで現れます。

トランザクションの確認画面

ポップアップで手数料の確認画面に遷移するので、まず「DATA」タブで情報を確認します。「Contract」、「Method or Function」、「Method ID」の3つの情報が公式ページに記載されているものと一致しているかを確認してください。

こちらにも表でまとめてあります。

番号

項目名

内容

1

Contract

0x1A4b46696b2bB4794Eb3D4c26f1c55F9170fa4C5

2

Method or Function

Delegate

3

Method ID

0x5c19a95c

デリゲート情報確認画面

確認が終わったら「詳細」タブに移動し、「確認」をタップしてください。

caution ETHの残高も必要

デリゲートを行うにはためには、手数料としてイーサリアム(ETH)を支払う必要があります。このため、BITトークンの送金を行うウォレットには、ETHの残高も必要です。

手数料確認

リクエストが正しく送信されると、トランザクション(取引)の確認を待つ画面がポップアップで現れます。取引が実行されれば、デリゲートの完了です。

取引実行画面

イーサスキャン(Etherscan)でデリゲートする

イーサスキャンはイーサリアム上のトランザクションやトークンの情報を調べることができるサイトです。ここでもBitDAOのデリゲートが可能となっています。

まずはイーサスキャン上にあるBitDAOのページにアクセスしてください。

イーサスキャンを開く link

中央にある「Connect to Web3」をクリックします。

ウォレット接続 ウォレット接続

その後、出てきたポップアップから自身のウォレットをイーサスキャンへ接続します。

イーサスキャンにウォレットを接続

今回はMetamaskを例に解説します。上記でMetamaskをクリックすると、下記の画面に遷移します。接続したいウォレットを選択して、「次へ」を押してください。

Metamaskに接続

「接続」をクリックすれば、接続が完了します。

Metamaskに接続(確認画面)

ウォレットを接続後、イーサスキャンのページ内「4.delegate」をクリックしてポップアップを出現させ、デリゲートしたい自身のウォレットのアドレスを入力後、「Write」をクリックしてください。

イーサスキャンでBITトークンをデリゲートする方法 イーサスキャンでBITトークンをデリゲートする方法

ポップアップで手数料の確認画面に遷移するので、BitDAO公式サイトでデリゲートする方法と同様、まず「DATA」タブで情報を確認します。「Contract」、「Method or Function」、「Method ID」の3つの情報が公式ページに記載されているものと一致しているかを確認してください。

こちらにも表でまとめてあります。

番号

項目名

内容

1

Contract

0x1A4b46696b2bB4794Eb3D4c26f1c55F9170fa4C5

2

Method or Function

Delegate

3

Method ID

0x5c19a95c[2]

デリゲート情報確認画面

確認が終わったら「詳細」タブに移動し、「確認」をタップしてください。

caution ETHの残高も必要

デリゲートを行うにはためには、手数料としてイーサリアム(ETH)を支払う必要があります。このため、BITトークンの送金を行うウォレットには、ETHの残高も必要です。

手数料確認

これで、BITトークンのデリゲートは完了です。

BITトークンを持っているとできること

BITトークンを持っていると、BitDAOの活動に関する投票ができます。具体的には、以下のような活動の是非に対し、自分の意見を投票できます。[3]

BitDAOの投票の仕組み
  • 現行、または今後のプロジェクトに対するトークンスワップ
  • 各種活動方針についての予算割り当て
  • パートナーのプロジェクトに対する流動性の提供
  • BitDAOやパートナーのプロダクト開発に携わる開発チームや研究機関に対する、助成金やマイルストーン達成報酬の付与
  • ブロックチェーン製品や教育プログラム、その他ブロックチェーン関連公共財への助成金の付与
  • BitDAOのコアプロトコルのアップデート
point トークンスワップとは?

トークンスワップとは、一般的に「任意の量の仮想通貨を直接別の通貨へと交換すること」または「既存のブロックチェーン上に記録されている仮想通貨を、別のブロックチェーンへ移し変えること」のいずれかを指します。BitDAOのプロジェクトでは、後者の意味となります。

このように、BITトークンホルダーはBitDAOの活動に直接関わることができます。参加者全員で組織を運営するのが、BitDAO、およびDAOの醍醐味と言えますね。

BITトークンの今後

BitDAOは今年活動を開始したばかりの、まだ新しい組織です。そのため今後の活動方針に関する情報は多くありません。しかしBITトークンに関しては、次のような声明を出しています。

まずはBITトークンを利用した、BitDAO独自のブロックチェーンの開発です。直近は運営体制の確立や基金の管理、DeFiプロダクトの開発に注力するものの、今後はBitDAO独自のブロックチェーン(レイヤー1または2)の開発に取り掛かる意向であるとのことです。

BitDAOの目指すところは産業の発展であり、可能なところに有用なソリューションを提供したいと発表しています。

もう一つはマルチチェーン展開です。マルチチェーンとは、複数のブロックチェーン上でアプリケーションを稼働させる技術を指します。BitDAOはまずはイーサリアム上にブロックチェーンを展開し、活気あるエコシステムの実現のため、今後は他のブロックチェーン上でも展開する所存であることを発表しています。[4]

より良い社会の実現を目指す自立分散型組織のBitDAO。その活動の有益性が認められれば、BitDAO自体だけでなく、コミュニティメンバーの資産価値向上も見込めます。BitDAOに参加することで、社会とWin-Winの関係が築けるかもしれませんね。

出典元:

  1. BitDAO公式HP「How to Delegate」

    https://docs.bitdao.io/litepaper-1/how-to-delegate
  2. BitDAO公式HP「How to Delegate」

    https://docs.bitdao.io/litepaper-1/how-to-delegate
  3. BitDAO公式HP 「Governance Overview」

    https://docs.bitdao.io/litepaper-1/governance-overview
  4. BitDAO公式HP「FAQ」

    https://docs.bitdao.io/additional-documents/faq

Date

作成日

 : 2021.10.05

Update

最終更新

 : 2021.10.11

関連記事

アクセスランキング

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンがBybitに上場!トークン配布イベントも実施中

2021年9月28日、BybitにBITトークンが上場しました。上場したのは現物取引市場で、取引可能なペアはBIT/USDTです。BITトークンは、自立分散型組織(DAO)BitDAOのガバナンストークンです。
update2021.09.29 20:00

話題のDAO、BitDAOを徹底解説!参加するメリットは?

2021年6月、DAO(自立分散型組織)であるBitDAOが活動を開始しました。大手仮想通貨取引所のBybitが継続的に出資をしていることで、活動開始前から現在に至るまでSNS等で注目を集めています。
update2021.09.10 20:00

BITトークンがBybitに上場へ!大規模イベント開催で値上がりか?

大手仮想通貨取引所Bybitが、9月28日にBITトークンを上場させる予定であることを発表しました。BITトークンは、Bybitが支援するBitDAOが発行したトークンで、いずれBybitに上場する可能性が濃厚だと噂されていました。しかし、Gate.ioなど、BITトークン発行後すぐに上場させた仮想通貨取引所から1ヶ月半ほど遅れての上場となりました。
update2021.09.21 20:00

Bybit、秋の3大感謝祭で最大800万BIT獲得のチャンス!

大手仮想通貨取引所Bybitは、9月28日に控えるBITトークンの上場に先立って、BITトークンの配布イベント「秋の3大感謝祭」を開催すると発表しました。秋の3大感謝祭では、3つのイベントが日本時間9月22日9:00から10月16日9:00にかけて順次開催されます。
update2021.09.22 20:00

Titan FXが3通貨・6ペアの仮想通貨銘柄を追加

Titan FX(タイタンFX)は2021年7月末に仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」「UNI(ユニスワップ)」「XTZ(テゾス)」のJPY・USD建て銘柄を追加しました。TitanFXが仮想通貨の取り扱いを開始した2021年6月から、わずか1ヶ月で早くもサービスを拡大したことになります。
update2021.09.30 20:00

Huobi、Banxaが提供する手数料無料の決済サービスを統合

大手仮想通貨取引所のHuobi(フォビ)は、オーストラリアの決済サービスプロバイダーであるBanxaの仮想通貨決済サービスを統合し、手数料無料で同取引所のプラットフォームから利用可能になったことを発表した。
update2020.10.16 13:00

bitwallet、GMOあおぞらネット銀行での入金取り扱いを停止

オンラインウォレットサービスのbitwallet(ビットウォレット)を運営するBitwallet Pte. Ltd.は、GMOあおぞらネット銀行との提携終了に伴い、2021年6月15日より同行のbitwallet口座への入金取り扱いを停止している。
update2021.06.21 14:09

BitDAOのデリゲート方法は?BITトークンの入手方法やホルダーができることも解説

現在注目を集めている自立分散型組織BitDAOでは、組織の運営方針をコミュニティのメンバーの投票で決定できます。投票には独自トークン「BIT」を保有している必要がありますが、それだけでは投票権を得ることができません。投票権を得るためには、トークン保有者のウォレットのアドレスが代表者権を任命される必要があります。
update2021.10.05 20:00

バイナンス、マイニング収益を最適化するSmart Poolサービスを開始

大手仮想通貨取引所のBinance【以下、バイナンスと称す】は、同社のマイニングプールであるBinance Poolでより高い収益性を確保するためのSmart Poolサービスを開始したことを発表した。
update2020.06.24 12:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する