Select Language

Titan FXが3通貨・6ペアの仮想通貨銘柄を追加

世界のFXニュース

Titan FXが3通貨・6ペアの仮想通貨銘柄を追加

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.10.07 17:13
Titan FXが3通貨・6ペアの仮想通貨銘柄を追加

update 2021.10.07 17:13

Titan FX(タイタンFX)は2021年7月末に仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」「UNI(ユニスワップ)」「XTZ(テゾス)」のJPY・USD建て銘柄を追加しました。TitanFXが仮想通貨の取り扱いを開始した2021年6月から、わずか1ヶ月で早くもサービスを拡大したことになります。

  • BNB(海外大手仮想通貨取引所バイナンスで利用できるトークン)
  • UNI(分散型取引所大手のUniswapが発行しているトークン)
  • XTZ(次世代のシステムに適した設計を取り入れた仮想通貨)

いずれも2021年9月現在で時価総額ランキング30位以内に入っている人気の仮想通貨です。

この記事では、Titan FXが追加した仮想通貨の詳細や、直近の海外FX業者による仮想通貨CFDを取り巻く動向について解説します。

BNB・UNI・XTZが取引可能に

Titan FX(タイタンFX)では、元々9種類(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュ、ポルカドット、チェーンリンク、ステラルーメン、イオス)の仮想通貨が取引可能でしたが、今回「BNB(バイナンスコイン)」「UNI(ユニスワップ)」「XTZ(テゾス)」の3種類が追加されました。

Titan FXでBNB・UNI・XTZ追加

これから、Titan FXで取引可能になった各銘柄について詳しく解説していきます。

これから、Titan FXで取引可能になった各銘柄について詳しく解説していきます。こちらに正式名称、通貨ペア、時価総額(2021年9月末時点)をまとめていますのでご覧ください。

正式名称 通貨ペア 時価総額
(2021年9月末時点)
バイナンスコイン(BNB) BNB/JPY
BNB/USD
約529億ドル
ユニスワップ(UNI) UNI/JPY
UNI/USD
約118億ドル
テゾス(XTZ) XTZ/JPY
XTZ/USD
約51億ドル
正式名称
バイナンスコイン(BNB)
通貨ペア 時価総額
(2021年9月末時点)
BNB/JPY
BNB/USD
約529億ドル
正式名称
ユニスワップ(UNI)
通貨ペア 時価総額
(2021年9月末時点)
UNI/JPY
UNI/USD
約118億ドル
正式名称
テゾス(XTZ)
通貨ペア 時価総額
(2021年9月末時点)
XTZ/JPY
XTZ/USD
約51億ドル

BNBの概要と特徴

BNB(バイナンスコイン)は、世界最大級の海外仮想通貨取引所である「Binance(バイナンス)」が中心となって開発したトークンです。BNBは2021年9月末の時点で、世界5番目の時価総額を誇ります。2021年2月から5月にかけて急騰し、一時は77,000円の最高値を付けました。約5ヶ月で1580%以上の上昇となりました。

BNBのチャート

ローンチされた当初はイーサリアムネットワークで動作するトークンとして利用されていましたが、後にBinance独自のブロックチェーン「BSC(バイナンス・スマートチェーン)」上で動作させる仕様に変更され、現在は主にBSCの基軸通貨として利用されています。

binance

BSCはイーサリアム同様、スマートコントラクトを実装したプラットフォームの特質を持つブロックチェーンです。BSCの大きな強みは処理速度が早いという点が挙げられます。処理が高速というメリットを活用してBSCを利用したさまざまなサービスが多数開発されており、Pancakeswap・VenusといったBSC系DeFiが誕生しています。

point DeFi(ディーファイ)とは?

Defiとは、「Decentralized Finance」の略で分散型金融という意味です。ブロックチェーンが利用している、中央管理者のいない金融サービスを指します。有名なのはDEX(分散型取引所)で、仮想通貨を預け入れて運営に貢献すると、DEXが取引で得た手数料の一部を受け取ることができるサービスが特徴です。

DeFiでトランザクション(取引などの処理)をする際に支払う手数料にBNBが活用されており、BNBの需要が急激に高まっています。また、BSCはイーサリアムと比較すると、ガス代が抑えられる、処理速度が高速であるといったメリットがあり、イーサリアムの代替として利用されることもあります。

今回追加されたTitan FXの仮想通貨CFD銘柄の中では最も時価総額が大きいですが、ボラティリティが大きいため安定性があるとは言い難いのが現状です。

UNIの概要と特徴

UNI(ユニスワップ)は、イーサリアムブロックチェーンを利用したDEX(分散型取引所)である「Uniswap」の独自トークンです。Uniswapは、AMM(自動マーケットメーカー)を実装したDEXのパイオニアで、これまで流動性が低く実用性が低かったDEXの存在感を大きく向上させました。

DEXとは、ユーザー同士が直接取引することができる仮想通貨取引所です。仲介を行う業者が存在しない仕組みを利用した「分散型取引所」で、人件費などがほとんど発生しないため、取引コストを大幅に削減できるというメリットがあります。

DEXの図解
point AMMで自動取引が可能に

AMM(自動マーケットメーカー)とは、このDEXで使われる、アルゴリズムによって自動的に注文が成立する取引システムのことです。AMMには流動性プールという概念があり、取引の際はユーザーがあらかじめ預け入れた仮想通貨のプールの中の仮想通貨と交換が行われます。この仕組みは、流動性プールに資金を提供した人に報酬を与えることによって成立しています。

Uniswapをきっかけに多数のAMMを実装したDEXがローンチされており、SushiSwap(スシスワップ)やPancakeSwap(パンケーキスワップ)といった有名なDEXの原点となりました。

Uniswapを模倣したものや、Uniswapに付加価値を付与したDEXが多数登場していますが、現在でもUniswapはDeFiサービスの中で圧倒的な存在感があります。そんなUniswapが発行しているトークンがUNIです。

UNI自体に大きな価値は無いものの、Uniswapのガバナンスなどに影響力を持つことから、Uniswapの取引量・影響力の大きさによって価格が変動します。UNIは、一般的な原資産と比較すると非常にボラティリティが大きくなっており、投資家の力量が問われやすい銘柄であるといえます。

XTZの概要と特徴

今回、Titan FXが追加する銘柄の中で、最も時価総額が低いのがXTZ(テゾス)で、2021年9月現在では30位に位置しています。

XTZは、ブロックを生成する際に独自のプロセス「LPoS(リキッド・プルーフ・オブ・ステーク)」という仕組みを導入しています。この仕組みによって、より多くのユーザーがブロック生成に関与できます。

また、外部からの攻撃に強い設計となっているため、スマートコントラクトを利用するDeFiとの相性が良いことで知られています。時価総額で見ると、まだまだ成長の余地がある仮想通貨であり、DeFiの人気が高まっている状況を考えると、期待できる仮想通貨の一つといえます。国内仮想通貨取引所での上場も相次いでおり、ビットフライヤー・GMOコインなどで取り扱いを始めました。

しかし、時価総額の規模小さい仮想通貨なので、BNB・UNIと比較しても、ボラティリティは高めです。Titan FXの仮想通貨CFD取引であれば、買い・売りのどちらからでもポジションを持てるので、利益を出せるチャンスが広がるでしょう。

Titan FXの仮想通貨CFD取引条件

Titan FX(タイタンFX)は、複数のCFDを扱っていますが、最近は、特に仮想通貨CFDに力を入れています。Titan FXの仮想通貨CFDの取引条件は以下のとおりです。

Titan FX(タイタンFX)は、複数のCFDを扱っていますが、最近は、特に仮想通貨CFDに力を入れています。Titan FXの仮想通貨CFDの取引条件はこちらの表のとおりです。

レバレッジ 原則20倍
取引手数料 なし
銘柄数 12種類/24ペア
取引時間 月~金24時間
(マイナー通貨は一部制限あり)
数量制限 1銘柄につき最大20ロット(1ポジションでは最大10ロット、仮想通貨CFD全体で200ポジション)
ゼロカットシステム 有り

海外FX業者にしてはレバレッジが低いと感じるトレーダーもいますが、ボラティリティが大きい仮想通貨CFDはレバレッジが低めに設定されている海外FX業者が多く、一般的な取引条件といえます。

注意したい点として、金曜日の閉場1時間前~月曜日の開場15分後の時間帯に新規約定したポジションは、レバレッジ5倍に制限されます。該当時間外に約定したポジションはレバレッジ20倍が適用され続けるため、週末にポジションを持ち越しても心配ありません。

各仮想通貨CFD銘柄の最大ロット数は買い・売りのそれぞれで20ロットとなっています。つまり、買いポジション/売りポジション(両建て)合わせて最大40ロットまで保有できます。また、ポジション数の制限もあり、最大200ポジションまでとなっています。

Titan FXの仮想通貨銘柄のメリット

Titan FX(タイタンFX)で取引できる仮想通貨は12種類で、ドル建てと円建てがあるため銘柄ペア数としては24種類です。今回の銘柄追加によって、海外FX業者の中でも多い水準になりました。

また、仮想通貨銘柄はFX銘柄と比較するどうしてもスリッページが発生しやすいですが、Titan FXの仮想通貨取引は約定力に定評があります。

仮想通貨銘柄は口座タイプに関わらず取引手数料無料なので、手数料を考慮に入れる必要がなく、シンプルに取引ができます。

Titan FXの仮想通貨銘柄のデメリット

Titan FX(タイタンFX)の仮想通貨銘柄で最も改善が期待されているのは、土日に取引ができない点です。仮想通貨の取引は土日も含めて24時間行われていますが、Titan FXではFXと同様平日のみの取引となります。

また、海外FX業者全般での仮想通貨取引にいえることですが、スワップポイントが発生するのもデメリットです。Titan FXでは買いポジションも売りポジションもマイナススワップに設定されているため、取引コストが割高になります。

デイトレードなど短期トレードであればスワップポイントを気にする必要がないですが、スイングトレードなど中長期でポジション持つ場合は注意が必要です。

海外FX業者は仮想通貨関連サービスを向上させている

仮想通貨への関心が高まる中で、これまで以上に仮想通貨に力を入れる海外FX業者が増えています。ここからは、海外FX業者における仮想通貨の動向をいくつかチェックしていきましょう。

Exness・Exclusive Marketsがレバレッジ引き上げ

海外FX業者は、ハイレバレッジで取引できるというメリットがありますが、一般的に原資産・銘柄によって、レバレッジ上限が異なる設定になっている場合が多いです。とりわけ仮想通貨は、ボラティリティが大きいことから、レバレッジの上限はFX通貨ペアや他の金融商品に比べて低めに設定されている業者がほとんどです。

しかし、仮想通貨取引の需要が高まっていることから、直近の数ヶ月ではレバレッジ引き上げの動きが見られます。例えば、海外FX業者であるExclusive Markets(エクスクルーシブ マーケット)は、これまで「5倍」だった仮想通貨CFD銘柄のレバレッジを「25倍」に引き上げました。

また、同じく海外FX業者のExness(エクスネス)では、従来の100倍から最大200倍のレバレッジに引き上げました。どちらも、2021年4月~8月までに行われた変更であり、仮想通貨のレバレッジが引き上げられる傾向になっていることが分かります。

国内仮想通貨取引所などでも、仮想通貨を原資産としたCFD取引を提供している取引所があります。しかし、近年、仮想通貨の法整備・規制強化が進められており、2021年4月以降、4倍から2倍のレバレッジを上限とする規制が適用されています。そのため、国内業者が提供する仮想通貨CFD取引のレバレッジは2倍までということになります。

国内仮想通貨取引所と海外FXのレバレッジの違い

このようなことを考慮すると、仮想通貨CFD取引であっても数十倍〜数百倍といったレバレッジで取引可能なのは海外FX業者のメリットであるといえます。

FBSは仮想通貨口座を新設へ

海外FX業者のFBS(エフビーエス)は、8月に「仮想通貨口座」を新設することを発表しました。レバレッジの上限は5倍までとなっており、ハイレバレッジが特徴の海外FX業者の中では、それほど高いものではありません。

しかし、FBSの仮想通貨口座の強みは「銘柄数」にあり、「仮想通貨/法定通貨」「仮想通貨/仮想通貨」「仮想通貨/貴金属」といった豊富なペアに対応しています。すべてのペアを含めると銘柄数は100種類を超えており、多種多様な銘柄が取引できます。

FBSの仮想通貨口座

仮想通貨サービスの多様化でユーザーを獲得へ

この記事では、Titan FXが仮想通貨CFDにて追加した3種類の仮想通貨銘柄「BNB」「UNI」「XTZ」、海外FX業者の仮想通貨サービスについて紹介しました。Titan FXは仮想通貨CFDをリリース後、わずか1ヶ月後に新たな銘柄を追加しており、今後も仮想通貨銘柄のサービス拡大が期待できます。

また、取り扱い通貨の増加ではなくレバレッジを引き上げることによってユーザーの獲得を目指す動きもあり、海外FX業界全体で仮想通貨取引サービスを拡大している傾向が見られます。Titan FXに限らず、海外FX業者全体の仮想通貨に関する動向に注目が集まっています。


Date

作成日

 : 2021.09.30

Update

最終更新

 : 2021.10.07

関連記事

アクセスランキング

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンがBybitに上場!トークン配布イベントも実施中

2021年9月28日、BybitにBITトークンが上場しました。上場したのは現物取引市場で、取引可能なペアはBIT/USDTです。BITトークンは、自立分散型組織(DAO)BitDAOのガバナンストークンです。
update2021.09.29 20:00

話題のDAO、BitDAOを徹底解説!参加するメリットは?

2021年6月、DAO(自立分散型組織)であるBitDAOが活動を開始しました。大手仮想通貨取引所のBybitが継続的に出資をしていることで、活動開始前から現在に至るまでSNS等で注目を集めています。
update2021.09.10 20:00

BITトークンがBybitに上場へ!大規模イベント開催で値上がりか?

大手仮想通貨取引所Bybitが、9月28日にBITトークンを上場させる予定であることを発表しました。BITトークンは、Bybitが支援するBitDAOが発行したトークンで、いずれBybitに上場する可能性が濃厚だと噂されていました。しかし、Gate.ioなど、BITトークン発行後すぐに上場させた仮想通貨取引所から1ヶ月半ほど遅れての上場となりました。
update2021.09.21 20:00

Bybit、秋の3大感謝祭で最大800万BIT獲得のチャンス!

大手仮想通貨取引所Bybitは、9月28日に控えるBITトークンの上場に先立って、BITトークンの配布イベント「秋の3大感謝祭」を開催すると発表しました。秋の3大感謝祭では、3つのイベントが日本時間9月22日9:00から10月16日9:00にかけて順次開催されます。
update2021.09.22 20:00

Titan FXが3通貨・6ペアの仮想通貨銘柄を追加

Titan FX(タイタンFX)は2021年7月末に仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」「UNI(ユニスワップ)」「XTZ(テゾス)」のJPY・USD建て銘柄を追加しました。TitanFXが仮想通貨の取り扱いを開始した2021年6月から、わずか1ヶ月で早くもサービスを拡大したことになります。
update2021.09.30 20:00

Huobi、Banxaが提供する手数料無料の決済サービスを統合

大手仮想通貨取引所のHuobi(フォビ)は、オーストラリアの決済サービスプロバイダーであるBanxaの仮想通貨決済サービスを統合し、手数料無料で同取引所のプラットフォームから利用可能になったことを発表した。
update2020.10.16 13:00

bitwallet、GMOあおぞらネット銀行での入金取り扱いを停止

オンラインウォレットサービスのbitwallet(ビットウォレット)を運営するBitwallet Pte. Ltd.は、GMOあおぞらネット銀行との提携終了に伴い、2021年6月15日より同行のbitwallet口座への入金取り扱いを停止している。
update2021.06.21 14:09

BitDAOのデリゲート方法は?BITトークンの入手方法やホルダーができることも解説

現在注目を集めている自立分散型組織BitDAOでは、組織の運営方針をコミュニティのメンバーの投票で決定できます。投票には独自トークン「BIT」を保有している必要がありますが、それだけでは投票権を得ることができません。投票権を得るためには、トークン保有者のウォレットのアドレスが代表者権を任命される必要があります。
update2021.10.05 20:00

バイナンス、マイニング収益を最適化するSmart Poolサービスを開始

大手仮想通貨取引所のBinance【以下、バイナンスと称す】は、同社のマイニングプールであるBinance Poolでより高い収益性を確保するためのSmart Poolサービスを開始したことを発表した。
update2020.06.24 12:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する