Select Language

仮想通貨エイダコインが日本初上陸!ビットポイントが取り扱いを開始

  1. HOME
  2. マーケット情報・ナレッジベース
  3. 世界のFXニュース
  4. 仮想通貨エイダコインが日本初上陸!ビットポイントが取り扱いを開始

世界のFXニュース

仮想通貨エイダコインが日本初上陸!ビットポイントが取り扱いを開始

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.09.17 11:52
仮想通貨エイダコインが日本初上陸!ビットポイントが取り扱いを開始

update 2021.09.17 11:52

株式会社リミックスポイントが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所であるビットポイントが、エイダコイン(ADA/Cardano)の取り扱いを開始しました。[1]

ビットポイントは今年8月下旬にエイダコインを上場させることを発表していましたが、時期の詳細は不明でした。しかし8月25日に正式に取り扱いを開始したことを発表し、その記念として「フォロー&RT(リツイート)キャンペーン」と題したプロモーションを9月8日まで実施しています。

既にTwitter(ツイッター)上では、この情報が広く拡散されており、ビットポイントは仮想通貨コミュニティの注目を集めているようです。エイダコインの上場を待ちわびていた投資家やトレーダーも多く、期待の仮想通貨として早くも話題になっています。

今回はそんなエイダコインの特徴と、利用できる関連サービスについて詳しく解説していきます。

そもそもエイダコインとは?

エイダコインは今回日本に初上陸する通貨なので、どのような仮想通貨なのかあまり知らないという人も多いのではないでしょうか。そんな方のために、まずはエイダコインの特徴を紹介します。

カルダノで利用できる仮想通貨

エイダコインはカルダノと呼ばれるブロックチェーン上で発行される仮想通貨であり、対応するDApps(分散型アプリケーション)で利用できます。ビットコインやイーサリアムなどは、ブロックチェーンの名称と、そのブロックチェーン上で使用される仮想通貨の名前が一致していますが、カルダノでは異なる名称になっています。

カルダノとエイダコイン

元々、カルダノがオンランカジノ向けのプラットフォームとして開発されたこともあり、現在エイダコインはカジノやゲーム分野での利用が主となっています。しかし運営元であるカルダノ財団が方針を転換して「実用性のあるアプリケーションプラットフォーム」の構築を目指していることから、将来的にはさまざまな分野でエイダコインが利用できるようになると予想されています。

現時点では、医療や金融分野などでの取り組みが進められていることが報告されているので、エイダコインに興味がある方は、関連プロジェクトの進捗に注目しておきましょう。

point DAppsで仮想通貨の利用環境拡大

送金に特化したビットコイン(BTC)から始まった仮想通貨ですが、ブロックチェーン上で稼働する分散型アプリケーションは、仮想通貨を利用するための環境を拡大していくと考えられます。DAppsは通常のスマホアプリと同じ要領で、ゲームの課金やサブスクリプションの支払い、送金、決済などに仮想通貨の利用を可能にしています。

イーサリアムと比較される存在

エイダコインおよびカルダノは、元イーサリアム(ETH)開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏らによって開発されました。

そのためか、エイダコインとイーサリアムは目指す方向なども似ており、競合の仮想通貨として語られることが多いです。最近では、エイダコインの時価総額が仮想通貨市場No.2のイーサリアムに迫ってきていることから、「イーサリアム・キラー」ともいわれているようです。

エイダコインとイーサリアム

イーサリアムと対比して見てみると、仮想通貨としてエイダコインがどのような価値を持っているのか、イメージしやすいかもしれませんね。

活発な開発活動に裏付けられた信用

仮想通貨市場では、資金調達のみを行って開発を放棄する、詐欺的なプロジェクトも存在します。このような仮想通貨は「詐欺コイン」や「スキャム」などと呼ばれます。過去には、エイダコインも詐欺コインと疑われたこともありましたが、今ではその懸念を十分に払拭していると言えるでしょう。

運営元であるカルダノ財団を中心に、カルダノはIOHKやEmurgoなど開発企業のサポートを受け、活発な開発活動を継続しています。その水準は仮想通貨市場全体でも1、2を争うレベルにまで達しています。

日本国内で取引可能となったエイダコイン

今回、ビットポイントが取り扱いを開始したことで、日本でもエイダコインが取引できるようになりました。ここからは、海外市場におけるエイダコインの取引状況に加え、日本国内で利用できるようになった関連サービスを紹介します。

海外では代表的な仮想通貨のエイダコイン

現在、エイダコインの時価総額は約880億ドルに達し、市場全体で第3位の規模にまで成長しています。(2021年8月26日時点CoinMarketCapより)[2]

世界の200を超える取引所がエイダコインを取り扱っており、その中にはBinanceやBybit、コインベース、フォビなどの大手も含まれます。関連サービスも充実していると言えるでしょう。

binance bybit coinbase huobi

著名人の中にはエイダコインに期待を寄せる人も少なくなく、米人気ロックバンド「KISS」のメンバーであるジーン・シモンズ氏が30万ドル相当のエイダコインを購入したことは話題になりました。[3]

仮想通貨の価値は時価総額や取り扱い取引所数だけで決まるものではありませんが、今やエイダコインは主要な仮想通貨と言っても過言ではないでしょう。

ビットポイントで利用できるサービス

ビットポイントはエイダコインの取り扱いを開始しましたが、現時点で利用できるサービスは以下の通りです。

初心者向け取引サービス

ビットポイントは初心者向けの「販売所」形式で、エイダコインの取扱いを開始しました。これはユーザー同士が取引を行う「取引所」とは異なり、ビットポイントから仮想通貨を購入するサービスです。取引所よりも購入レートが不利になりますが、ユーザーは希望数を入力するだけで、簡単に仮想通貨を売買することができます。

中・上級者向けの取引サービスであるBitpoint Proには、9月中旬に予定されているカルダノのハードフォーク(ブロックチェーンのアップグレード)後にシステムの安定稼働を確認してから、エイダコインが追加される予定とのことです。

仮想通貨レンディングサービス

ビットポイントは「貸して増やす」という、仮想通貨レンディングサービスを提供しています。ユーザーは毎月の募集に申し込み、保有する仮想通貨をビットポイントに貸し出すことで金利収入を得ることができます。ビットポイントからさらに信用取引を行いたいユーザーに仮想通貨が貸し出されるため、利息が発生する仕組みです。

レンディングの仕組み

ビットポイントに上場したことで、エイダコインもレンディングサービスの対象となりました。直ぐに取引に使わないのであれば、エイダコインを貸し出して金利収入を得られてお得ですね。

エイダコイン保有でステーキング報酬獲得のチャンス

仮想通貨の値上がり益を得ながら、同時に副次的な収入を得ることができるのは、夢のような話ですよね。実はステーキングをすればそれを実現できる可能性があります。

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、ここではステーキングの概要とエイダコインでステーキング報酬を得る方法を紹介します。

報酬が獲得できるステーキングとは?

ステーキングとは、コンセンサスアルゴリズムとしてPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用する仮想通貨において、ブロック生成の承認作業を行うことで報酬を得られる仕組みです。PoSはエイダコインを始め、コスモス(ATOM)やテゾス(XTZ)、ネオ(NEO)などの仮想通貨で採用されています。

ステーキングに参加するには、仮想通貨を一定数以上保有している必要があります。PoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用するビットコイン(BTC)などであれば、誰でもブロックの承認者(マイナー)になることができますが、PoSは通貨の保有者にしかブロックを承認する機会が与えられません。逆に言えば、PoSを採用する仮想通貨を保有さえしていれば、ステーキング報酬を獲得するチャンスが生まれるということです。

point PoWとPoSの違い

ブロックの生成方法を決めるコンセンサスアルゴリズムにはいくつかの種類がありますが、主要なものはPoWとPoSの2つです。PoWが「コンピュータによる計算」を評価するのに対し、PoSは資産の保有量や保有年数を評価します。どちらも公平にブロック生成権を与えることを目的としていますが、PoWはより高い計算能力を、PoSはより高い経済的なコミットメントを重視する点で異なります。

エイダコインでステーキング報酬を獲得する方法

エイダコインを用いてステーキング報酬を獲得するには、具体的に何をすれば良いのでしょうか。大きく2つの方法があります。

専用ウォレットを利用する

エイダコインには、ダイダロス(Daedalus)とヨロイ(Yoroi)と呼ばれる、2つの専用ウォレットがあります。ダイダロスはデスクトップ版のウォレットで、ヨロイはiOSやAndroid、Webブラウザにも対応しているウォレットです。

エイダコインのダイダロスとヨロイ

これらのウォレットにエイダコインを入金していれば、ステーキングプール(ユーザーの仮想通貨をまとめて運用してステーキングを代行するサービス)に資金を預けることでステーキングに参加することができます。設定方法は簡単で、ウォレット内で示される手順に従って任意のステーキングプールに接続するだけです。

ステーキングサービスに対応する取引所を利用する

取引所によっては、ステーキングサービスを提供しているところもあります。このようなステーキングサービスは、取引所のウォレットに保有される仮想通貨を対象に、ユーザーがステーキング報酬を得られる仕組みになっています。エイダコインを取り扱っている取引所がステーキングサービスに対応していれば、自身でウォレットを運用するよりも容易にステーキング報酬を獲得することが可能です。

海外と日本におけるステーキングサービスの比較

ステーキングサービスは国内ではまだ発展途上の印象ですが、海外では既に主流となっています。以下では、海外と国内におけるステーキングサービスの状況を解説します。

海外取引所のステーキングサービス

海外では大手取引所が軒並みステーキングサービスに対応しています。特徴としては、ステーキングサービスに対応している銘柄が豊富で、ステーキング報酬も魅力的なものが多いことがあげられます。

たとえば、世界最大の取引所であるBinanceでは、60銘柄以上の仮想通貨でステーキングサービスが利用できます。ステーキング報酬は銘柄や期間、ステーキング状況などによって異なりますが、年利10%を超えるものも多くあります。

binance

なおエイダコインは人気仮想通貨であるため、大抵の大手取引所でステーキングサービスの対象となっています。

国内取引所のステーキングサービス

国内大手取引所の中でステーキングに対応しているのは、コインチェック、bitFlyer、GMOコインの3つだけです。対象の銘柄もリスク(LISK)とテゾスに限定されており、ステーキング報酬は年利3%から6%前後です。

残念ながら、エイダコインのステーキングサービスに対応している国内取引所はありません。したがって日本国内からエイダコインのステーキングに参加するには、海外取引所や専用ウォレットを利用することが必須です。

少々手間はかかりますが、エイダコインを長期保有するのであれば、ノーリスクで報酬を獲得することができるステーキングに参加しない手はありませんよね。

更なる成長が期待されるエイダコイン

カルダノの開発活動に支えられ、エイダコインは仮想通貨市場での評価を高めています。

最近では、カルダノがスマートコントラクト(ブロックチェーンを利用して契約を自動的に履行する機能)を実装したことなどもあり、エイダコインの価格は2.5ドルを突破して史上最高値を大幅に更新しています。(2021年8月26日時点TradingViewより)[4]

カルダノには技術的な伸び代がまだまだあるといわれていますが、これがエイダコインの価格にどのように影響するのでしょうか。

ビットポイントが取り扱いを開始したことでよりエイダコインに投資しやすい環境が整いましたが、これを機にエイダコインへの投資を検討してみるのも良いでしょう。


Date

作成日

 : 2021.09.07

Update

最終更新

 : 2021.09.17

関連記事

アクセスランキング

BITトークン、SushiSwapのファーミング報酬として配布

BitDAOは8月31日、同日から最大180日間に渡って、最大3,400万BITトークンが分散型取引所(DEX)SushiSwapのファーミング報酬に割り当てられると発表しました。ファーミングとは、仮想通貨をレンディングやステーキングすることで報酬を得る行為を指します。
update2021.09.03 18:00

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BitDAOがIDO開始!SNSでも話題に

仮想通貨デリバティブの取引高が世界第6位を誇るBybitが支援する自立分散型組織(DAO)、「BitDAO」のIDO(新規DEX公開)が2021年8月16日に開始されました。
update2021.08.23 10:00

話題のDAO、BitDAOを徹底解説!参加するメリットは?

2021年6月、DAO(自立分散型組織)であるBitDAOが活動を開始しました。大手仮想通貨取引所のBybitが継続的に出資をしていることで、活動開始前から現在に至るまでSNS等で注目を集めています。
update2021.09.10 20:00

海外FXブローカー各社、スイスフランのレバレッジを変更

2021年8月上旬にユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)が年初来安値を更新する展開となる中、海外FXブローカー各社は、スイス国立銀行(Swiss National Bank)【以下、SNBと称す】による現行のペッグ通貨政策にリスクが伴うとして、スイスフラン通貨ペアのレバレッジを変更した。
update2021.08.30 12:19

BitDAO、Bybitから約4,720万ドルの資金提供を受ける

世界最大の仮想通貨(暗号資産)デリバティブ取引所Bybitが支援する自律分散型組織(Decentralized Autonomous Organization, DAO)のBitDAOが、同取引所から約4,720万ドルの資金提供を受けたことが明らかになった。
update2021.08.11 14:20

NYオプションカット情報(4月9日)

米国証券保管振替機関(DTCC)によると、日本時間4月10日午前0時(米国東部標準時4月9日午前10時)に期限を迎えるオプション取引の数量は下記の通り。本日は、ユーロドル、ドル円、米ドルカナダドル、NZドル米ドルに10億通貨を超える大口のオプション取引がある。
update2021.04.09 15:44

ドル円リアルタイムオーダー=107.80円 買い・割り込むとストップロス売り

110.00円 売り109.90円 OP22日NYカット109.70円 売り109.00-20円 断続的に売り108.60-80円 断続的に売り108.55円 売り・超えるとストップロス買い108.40-50円 断続的に売り108.30円 ...
update2021.04.21 21:02

ドル円リアルタイムオーダー=108.00円 買い厚め・割り込むとストップ

110.20円 売り110.00円 売り109.90円 OP22日NYカット109.70-80円 断続的に売り109.50円 売り109.10-30円 断続的に売り108.90-00円 断続的に売り・超えるとストップロス買い108.80円 ...
update2021.04.19 21:09

ドル円リアルタイムオーダー=107.80円の買いはこなす

110.00円 売り109.00-10円 断続的に売り108.40-80円 断続的に売り(108.50円 OP27日NYカット)108.20-30円 売り・超えるとストップロス買い108.00円 売り厚め・超えるとストップロス買い107.7...
update2021.04.23 21:06
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する