Select Language

仮想通貨TWTの将来性は?Binanceが手がける分散型ウォレットTrust Walletを解説

仮想通貨TWTの将来性は?Binanceが手がける分散型ウォレットTrust Walletを解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.16 15:30
仮想通貨TWTの将来性は?Binanceが手がける分散型ウォレットTrust Walletを解説

update 2023.03.16 15:30

仮想通貨(暗号資産)TWTは分散型ウォレット「Trust Wallet(トラストウォレット)」のネイティブトークンです。大手取引所Binance(バイナンス)が手がけるウォレットで、FTXの破綻騒動を契機に注目度を高めてTWT価格は過去最高値を更新しました。

当記事では、TWT価格の動向やBinanceとの関係、Trust Walletで利用できる機能や将来性などを解説していきます。

FTXの破綻騒動でTWT価格が急上昇

2022年11月、大手取引所FTXが経営破綻しました。その影響は仮想通貨市場全体に波及しており、分散型ウォレットに改めて大きな注目が集まりました。

knowledge FTXの経営破綻

FTXはハイリスクな経営を行っており、手持ち資金が枯渇して顧客資産を払い出せない状況に陥りました。競合のBinanceが買収による救済を模索しましたが、結局失敗に終わっています。この影響は仮想通貨市場全体に波及しており、中央集権型取引所の信頼が揺らいでいます。

この状況で、Binance(バイナンス)のCEOであるチャンポン・ジャオ氏がTrust Walletに言及したこともあり、TWTは仮想通貨市場で注目を集めました。

このツイートの前からTWT価格は緩やかに上昇しており、2022年11月13日にツイートされると急騰して360円台を記録しました。その後の価格は落ち着いており、200円台前半で推移しています。

TWTと日本円の価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

仮想通貨TWTとは

仮想通貨(暗号資産)TWTはTrust Wallet(トラストウォレット)の独自仮想通貨で、Trust WalletはモバイルアプリやPCのWebブラウザで利用できます。複数のブロックチェーンに対応していて多様な仮想通貨を保管できるほか、NFT取引やステーキングも可能で、統合的なサービスを提供しています。

また、ガバナンストークンとしても利用されており、開発提案に対して投票することができます。

なお、TWTの最大供給量は10億通貨に設定されており、当記事執筆時点(2022年12月)で全体の約40%が発行済みとなっています。

point TwitFiのTWTとは異なる

ブロックチェーンゲームのTwitFi(ツイートファイ)では、ユーティリティトークンのTWTが利用されております。TwitFiのTWTと、Trust WalletのTWTは別物になります。

分散型ウォレットの特徴

分散型ウォレットは取引所などのウォレットと違い、中央管理者が存在しません。取引所などのウォレットは出金等で管理者の承認が必要なため、取引所の資金不足による出金停止や出口詐欺(資金を持ち逃げする行為)のリスクがあります。また、ハッキングリスク等もあります。

一方、分散型ウォレットは、全てのトランザクションがスマートコントラクトによって自動制御されており、中央集権型ウォレットと比べてリスクが軽減される傾向があります。

Trust Walletは業界を代表する分散型ウォレットであり、中央集権型ウォレットと比較すると安全に利用できます(ただし、リスクがないという意味ではありません)。

BinanceとTrust Walletの関係

Trust Wallet(トラストウォレット)は2017年にViktor Radchenko氏によって立ち上げられました。2018年7月にBinance(バイナンス)に買収されてBNBチェーンに移植され、開発チームのメンバーの多くが開発活動を継続しています。

2022年11月にはBinance Payに統合されており、Binanceとの間でよりシームレスに仮想通貨をやり取りできるようになりました。こうして、Trust WalletはWeb3.0への入口としての役割を担っています。

point Binance Payとは

ボーダーレスで非接触・安全な仮想通貨決済技術で、70以上の仮想通貨を使って無料で高速な仮想通貨送金ができます。

point Web3.0とは

Web3.0とは分権化された次世代のインターネット環境を指します。現代の中央集権型インターネット環境(Web2.0)は、大手IT企業が強い影響力を持っています。その一方、Web3.0では個々のユーザーが重要な役割を担います。

BinanceのSBTに対応

Binanceは独自のSoulBound Tokenである「Binance Account Bound Token(BAB)」を発行しており、BinanceでKYC(顧客確認)を完了したユーザーに配布されています。Trust WalletでBABを受け取り可能で、BNBチェーン上のDAppで様々な特典を受けられます。

point SoulBound Tokenとは

SoulBound Token(ソウルバウンドトークン、SBT)は譲渡不可のNFTで、一度発行されるとウォレットから移動できません。将来的にWeb3.0時代のデジタルIDとなることが期待されています。当記事執筆時点では、取引所などでユーザー向けのデジタルIDとして限定的に利用され始めています。

Trust Walletの機能

Trust Wallet(トラストウォレット)には、仮想通貨(暗号資産)の保管以外にもさまざまな機能があります。

仮想通貨の送受金

通常のウォレットと同様に、他のアドレスに仮想通貨を送金したり、他のアドレスから仮想通貨を受け取ったりできます。Binance Payにも対応していて、加盟店での支払いに利用できます。Binace公式によると、Binance Payを使用可能な加盟店は49あります。

仮想通貨の購入

クレジットカードを利用して、法定通貨で仮想通貨を購入できます。

スワップ

スワップとはブロックチェーン上で仮想通貨同士を交換する機能です。

ステーキング

ステーキングで受動的な収入を得ることもできます。10種類の仮想通貨を対象に、当記事執筆時点で最大20%以上の年利となっています。対応する仮想通貨は以下の通りです。

  • NativeEvmos(EVMOS)
  • ポルカドット(DOT)
  • ソラナ(SOL)
  • Osmosis(OSMO)
  • コスモス(ATOM)
  • KaVa(KAVA)
  • テラ(LUNA)
  • テゾス(XTZ)
  • トロン(TRX)
  • BNB(BNB)

DAppブラウザ

メニューで「ブラウザ」をタップすると、プラットフォームからDAppを直接利用できます。

Trust WalletのDappブラウザ

画像引用:Trust Wallet

NFTコレクション

NFTにも対応しており、保有するデジタルアートなどのNFTをギャラリーで確認できます。

Trust Walletで利用できるDApp

Trust Wallet(トラストウォレット)のDAppブラウザから、イーサリアムとBNBチェーン上のDAppを利用できます。例は以下の通りです。

UniSwap

UniSwapはイーサリアム最大のDEX(分散型取引所)でレイヤー2に対応しており、安価な手数料で取引できます。

point レイヤー2とは

多くのブロックチェーンは、異なる役割を持つブロックチェーンが階層別に独立して相互通信する「レイヤー構造」になっています。基礎的な役割を担うブロックチェーン層をレイヤー1と呼び、レイヤー1の情報処理を助ける層をレイヤー2と呼びます。

PancakeSwap

PancakeSwapはBNBチェーン上で利用される人気DEXです。基本的な仮想通貨(暗号資産)のスワップに加え、流動性マイニングやIFO(イニシャル・ファーム・オファリング)、宝くじなどの機能があります。

point 流動性マイニングとは

流動性マイニングとは、DEXなどに2種類の仮想通貨をペアで貸し出して流動性を提供することです。「イールドファーミング」とほぼ同義の言葉として使われます。流動性の提供と引き換えに独自仮想通貨を報酬として獲得できる一方、価格変動で損失を被ることもあります。

AAVE

AAVEは仮想通貨レンディングプラットフォームで、仮想通貨を貸し出すと金利収入を得ることができます。逆に、金利を支払って仮想通貨を借り入れることも可能です。

OpenSea

OpenSeaは世界最大のNFTマーケットプレイスです。デジタルアートやゲームアイテムなど、幅広いNFTが取引されています。

仮想通貨TWTの将来性

TWTの将来性はTrust Wallet(トラストウォレット)のエコシステムが拡大するかどうかにかかっており、セルフカストディ需要が重要です。

セルフカストディとは、保有する仮想通貨(暗号資産)を自分自身で管理することです。セルフカストディ需要は拡大しており、それに伴って分散型ウォレットのユーザー数が伸びています。

Trust Walletはその中でも主要なウォレットとなっており、ユーザー数は2,500万人を超えています。今後もセルフカストディ需要は高まっていくと予想されているので、それに伴ってTrust Walletのユーザー数も増えていくと考えられます。

仮想通貨TWTの買い方

仮想通貨TWTは日本の取引所で売買できませんので、海外取引所で購入します。売買可能な主な取引所は以下の通りです。

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ
×

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ
×

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ
×

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ
×

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ
× ×
bybit binance gate mexc

統合的なサービスが特徴

Trust Wallet(トラストウォレット)は統合的なサービスを利用可能で、BABを用いて有利にDAppを利用できるなど、Binance(バイナンス)やBNBチェーンと親和性が高いサービスです。無料で利用できるので試してみるのも良いでしょう。


Date

作成日

2022.12.22

Update

最終更新

2023.03.16

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル