Select Language

【SNSで話題】FXGTで出金拒否?真相を調査

【SNSで話題】FXGTで出金拒否?真相を調査

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.06.09 03:29
【SNSで話題】FXGTで出金拒否?真相を調査

update 2022.06.09 03:29

仮想通貨銘柄に強みがある海外FX業者FXGT(エフエックスジーティー)が出金拒否を行ったという噂が、Twitter(ツイッター)で注目を集めています。

FXGT公式アカウントから詳細の問い合わせが入るとアカウント自体を削除するなど不審な点が目立つため、出金拒否の報告は虚偽なのではないかとの疑いも持たれています。

そこで、Myforex編集部では、FXGTの出金拒否の噂や利益取り消しの条件などについて調査しました。

タグ付けで大量の投稿

FXGT(エフエックスジーティー)で出金拒否が起きたという噂は、「#FXGT冤罪凍結祭り事件」というハッシュタグが付けられて大量に投稿されています。

ツイッター上で「FXGT 出金拒否」と検索すると、同一のユーザーが一定時間おきに同一の投稿をしていることが分かります。

FXGT出金拒否のツイート

こうした出金拒否のツイートに対して、FXGTは公式ツイッター経由で、「Twitterでは、お客様のアカウントを特定することができないため、下記サポートまでご連絡くださいませ。」と連絡しています。

FXGT公式アカウントからのリプライ

同様の文面で7件のリプライを送っていますが、そのうち出金拒否の噂をツイートしたアカウントから反応があったのが1件、反応がなかったのが1件で、残りの5件はアカウントごと削除されています。

出金拒否が本当にあり、その事実を広めたいのであればアカウントをすぐに削除することは不自然であり、このことから、出金拒否の報告のうちいくつかは虚偽であった疑いがあります。

さらに、真偽不明ながら、FXGTから出金拒否を受けたと報告すれば報酬を払うと提案しているアカウントがあったことを報告するユーザーもいます。出金拒否に関するツイートに不自然さが目立つことも、ツイッターで話題になっています。

FXGTの投稿 FXGTの投稿

画像引用:Twitter

利用規約違反は利益取り消し

FXGT(エフエックスジーティー)に限らず、ほとんどの海外FX業者では、利用規約違反があった場合は利益を取り消されます。どのような行為が利用規約違反になるかは各ブローカーの利用規約に記載されていますが、下記の行為はほとんどのブローカーで禁止されています。

  • ボーナスの乱用
  • アービトラージ(裁定取引)

ボーナスの乱用には、同居する家族などの名義の口座開設も含まれる可能性があります。判断はケースバイケースだと思われますが、同居人の名義でボーナスを受け取った場合、1人1回しか受け取れないなど制限のあるボーナスを複数回受け取るために不正を働いたとみなされてしまうリスクがあります。

一方、アービトラージとは、ブローカー間の価格差やボーナスなどを利用して利益を上げる取引形態のことを指します。

例えば、ブローカー間の価格差を利用する場合、A社とB社が提示するレートの差が開いた瞬間に安い方で買い、高い方で売ります。A社とB社の提示レートが全く同じであれば意味がなく、ただスプレッド分がマイナスになるだけですが、A社とB社のレートに開きがあった場合には、その差額を収益とすることができます。

アービトラージの仕組み

また、ボーナスをもらった口座とボーナスをもらっていない口座で両建てをすることで、片方で損失が起きてももう片方で利益を確保するという手法も、広義ではアービトラージと呼ばれます。同一名義の口座でなくても、グループ間で結託してこのようなアービトラージを行うことも、多くのブローカーで禁止されています。

FXGTのボーナス規約

FXGTのルールは、利用規約とボーナス規約で確認することができます。特に頻発しているのが、「同一人物によるボーナス二重取り」です。

ボーナス規約では、違反になる具体例が提示されています。

  • 同一のメールアドレス
  • 同一の電話番号
  • 同一の入金情報(クレジットカード、オンラインウォレットなど)
  • 同一のモバイルデバイス、タブレット、コンピュータ(図書館・職場も含む)

同居する家族などの名義の口座でボーナスを二重に受け取ろうとする人は後を絶たないのが現状で、大手海外FX業者のXMTrading(エックスエムトレーディング)をはじめ、多くの海外FX業者で同一IPアドレスや家族(同居人)のボーナス受け取りは制限されています。

もちろん、実際に家族の中の複数名がFXトレーダーであるケースもありますが、家族の名義を利用してボーナスを不正に入手しようとする行為が頻繁に発生しているため、一律に規制する方針を取っているブローカーもあります。同居人が口座を開設する際には、不正行為とみなされるリスクがないか事前に確認しましょう。

FXGTのボーナス規約は、キャンペーンページの「キャンペーン規約が適用」をクリックすると確認することができます。

FXGT口座開設ページ FXGT口座開設ページ

ボーナスブローカーは出金前審査あり

ボーナスの二重取りなどの不正が発生するため、ボーナスを提供するブローカーは、出金前に審査を実施しています。

出金前に審査を実施しているかどうかは、ほとんどのブローカーで公表されていませんが、出金にかかる所要時間で審査の有無はおおむね予想できます。

Titan FX(タイタンエフエックス)やExness(エクスネス)などのボーナスを提供していないブローカーは、出金申請の数分後に着金する場合もありますので、審査を実施していない可能性が高いでしょう。

また、FXGT(エフエックスジーティー)でも、ボーナスが受け取れるセント口座・ミニ口座・スタンダードX口座・スタンダード+口座ではなく、ボーナスが対象外となるプロ口座・ECN口座を選択すれば、ボーナスを理由とした出金拒否を受けるリスクはありません。

ユーザーとしては審査なしでの即時出金というのは大きな魅力ですが、ボーナスを提供しているブローカーで、不正行為の審査を行っていないブローカーはありません。不正行為の審査は、ボーナスを受け取る条件とも考えられますので、疑われることのないトレードをするようにしましょう。


Date

作成日

 : 2022.05.17

Update

最終更新

 : 2022.06.09

Myforex編集スタッフーFX担当ー

FXトレード歴7年で、海外FX業者の利用経験が豊富。テクニカル分析を用いた短期トレードが得意で、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)を取得。テクニカル分析からFX業者比較まで、FX関連の幅広い記事の執筆を行う。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチパッドにゲームプロジェクト「OpenBlox」のトークン「OBX」が登場!

Bybitは、トークン「OBX」をローンチパッドで配布すると発表しました。OBXとは、ゲームのプラットフォーム「OpenBlox」で使用されるトークンであり、2022年6月30日にBybitに上場します。
update2022.06.22 21:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

寝て稼ぐSleep to Earnゲーム「Sleepagotchi(スリーパゴッチ)」が登場!

「Sleep to Earn」のゲームが登場しました。Sleepagotchi(スリーパゴッチ)です。Sleep(寝る)ことで仮想通貨を稼ぎます。当記事執筆時点(アルファ版)での機能等を紹介します。
update2022.06.28 21:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

仏パリ・サンジェルマンのジャパンツアーで最高1,000万円のNFTチケットを販売

フランスの名門サッカーチーム、パリ・サンジェルマンが来日し、Jリーグ所属3チームと対戦します。一部観戦チケットがNFTで販売され、1,000万円または100万円と高額な料金設定となっています。
update2022.06.21 21:00

【最新】Bybitのデュアル資産投資とは?仕組みやメリット・デメリットを解説

Bybitのデュアル資産投資(旧:二重資産マイニング)は、ステーキングで高利回りを期待できる一方、元本割れのリスクもあります。当記事では、デュアル資産投資のメリットとデメリットを紹介します。
update2022.02.21 19:00

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDTが対象

大手仮想通貨(暗号資産)取引所Bybit(バイビット)では、クレジットカードでのUSDT購入時、手数料が無料になるキャンペーンを開催中です。期間は2022年5月19日から6月19日までで、日本円でのUSDT購入時にクレジットカード購入手数料が無料になります。
update2022.05.24 20:30

アービトラム(Arbitrum)でイーサリアムの送金手数料を抑える

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題を解決するために開発されたレイヤー2ソリューションであり、アービトラムでイーサリアムを送金すると数百円程度で済むため人気を集めています。
update2022.02.17 18:00

Bybitの国内銀行送金方法を解説

Bybit(バイビット)では、「国内銀行送金」サービスを提供しています。海外銀行送金にしか対応していない仮想通貨取引所が多い中、このようなサービスを提供していることで、入金の選択肢が広くなっています。
update2022.04.06 21:00

STEPNに続くか!?無料で始められる注目のMove to Earnゲーム5選

話題のSTEPNは、Move to Earn市場で大きなブームを巻き起こしています。STEPN以外にもMove to Earnゲームが続々と登場しており、中には無料で利用できるものもあります。
update2022.05.11 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル