Select Language

ライトコイン、「ミンブルウィンブル拡張ブロック」によるアップグレードを予定

ライトコイン、「ミンブルウィンブル拡張ブロック」によるアップグレードを予定

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.16 15:54
ライトコイン、「ミンブルウィンブル拡張ブロック」によるアップグレードを予定

update 2023.03.16 15:54

2022年1月31日、人気仮想通貨(暗号資産)のライトコイン(LTC)を支援するライトコイン財団は、次期大型アップグレードで「ミンブルウィンブル拡張ブロック」(Mimblewimble Extension Block、MWEB)を正式にリリース予定であることを発表しました。

ライトコイン財団は、Twitter(ツイッター)上でミンブルウィンブル拡張ブロックをアップグレードに盛り込む計画だと伝えましたが、この投稿は多くの仮想通貨ユーザーによって拡散されています。日本では取引所での取り扱いもあることから、複数の仮想通貨メディアがライトコインのアップグレードに関して報じています。

ミンブルウィンブル拡張ブロックの実装は、ライトコインの今後を占う重要な資金石となる可能性がありますが、具体的にどのような変化があるでしょうか。

ミンブルウィンブル拡張ブロックとは

ミンブルウィンブル拡張ブロックは、匿名の開発者であるTom Elvis Judesor氏とビットコイン開発者のジョンソン・ラウ氏によって考案された技術で、ライトコインの匿名性やセキュリティ性能などの向上を目的としています。ミンブルウィンブル拡張ブロックは、約2年間の開発期間の後にQuarkslabの監査を経ており、クライアントソフトウェア(ネットワークを構成するために必要な専用ソフトウェア)であるライトコインコアのバージョン0.21.2に盛り込まれる見通しです。

ライトコインのブロックチェーン上でミンブルウィンブル拡張ブロックが有効化されるには、マイナー(ブロックチェーン上でブロックを検証するユーザー)による投票で一定数以上の賛成を得る必要がありますが、順調にいけば、今後数ヶ月以内にメインネット(本番環境のブロックチェーン)に実装されることになります。

元々、ライトコインはビットコイン(BTC)の技術を応用して開発されたブロックチェーンであり、ビットコインよりも処理性能に優れていることから決済利用に適した仮想通貨だといわれています。ミンブルウィンブル拡張ブロックの開発者であるデイビッド・バケット氏は、「ミンブルウィンブル拡張ブロックが、ユーザーの給料受け取りや日用品・家の購入などにおける機密性保持を可能にする」と評価し、これによりライトコインが世界で最も健全な通貨のひとつになるとコメントしています。

knowledge ライトコインの優位性

ビットコインから派生したライトコインは、技術的に類似していますが、異なるマイニングアルゴリズム(ブロック生成のルール)を採用しています。結果的にライトコインは、ビットコインがブロック生成に約10分間の時間を要するのに対して、約2.5分間でブロックを生成することが可能となっています。従って、ライトコインはビットコインと比較して、より実用的な仮想通貨だといえるでしょう。

ライトコインに実装される主な機能

ミンブルウィンブル拡張ブロックは、「ミンブルウィンブル」と「拡張ブロック」の2つのアイディアから成り立つアップグレードで、複数の機能をライトコインに実装します。

ミンブルウィンブルは、ライトコインの匿名性を強化してプライバシーを守る役割を担っています。具体的には、取引金額を公開しない「機密取引」や仮想通貨のミキシングを行う「CoinJoin」などをライトコインで利用できるようにします。特にCoinJoinは、複数のユーザーの取引を混ぜ合わせて、入出金の紐付けを断ちながら仮想通貨を送金するので、ユーザーのプライバシーを守る上で強力な機能になります。CoinJoinを利用するユーザーは、例えば1BTCを送金すると、他のユーザーが送金した同額分のビットコインをランダムに受け取ることができます。

匿名性を強めるCoinJoinの仕組み
knowledge ブロックチェーンとプライバシー

ビットコインやライトコインなどのパブリックブロックチェーンでは、取引額やウォレットアドレスなどの取引情報が台帳に記録・公開されています。これらの情報だけで個人を特定することは難しいですが、仮想通貨を決済利用する上ではプライバシーを侵害する可能性があると懸念されています。

一方、拡張ブロックは、ライトコインブロックチェーンの負荷を軽減します。拡張ブロックは、メインチェーンと互換性のあるブロックチェーンとして機能し、必要に応じてライトコインにおける取引処理を引き受けることができます。これが現実のものとなれば、ライトコインは、より決済能力に長けたブロックチェーンとなる可能性があります。

匿名通貨となることに対する懸念

匿名通貨とは、プライバシー性能に強みを持つ仮想通貨を指します。有名なものとしては、モネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)などが挙げられますが、世界各国で仮想通貨規制が高まっていることを受けて、その普及が危ぶまれている状況です。実際に2021年以降は、多くの取引所が規制違反となることを懸念して、これら匿名通貨の取り扱いを停止しています。

匿名通貨の例

このような背景から仮想通貨市場では、ライトコインがミンブルウィンブル拡張ブロックによるアップグレードを通じて、匿名通貨としての色を強めることを不安視する声も上がっています。これに対してライトコイン財団は、ミンブルウィンブル拡張ブロックが完全な匿名性を与えるわけではなく、その利用も規制への配慮からユーザーが選択する形で行うようになっていると説明しました。

ライトコイン財団が「規制準拠が求められる取引所などでも問題視していない」と言及しているのに加え、今の所、主要な取引所での取引停止なども報告されていないので、ひとまず匿名性の強化に関して大きな問題はないと考えられます。

アップグレードによる価格上昇期待

現時点でライトコインは、100ドル付近で推移しています。直近では、仮想通貨市場全体の低迷による影響を受けて、2021年4月に記録した史上最高値の270ドルから約60%の下落を記録しました。多くの場合、ブロックチェーンの大型アップグレードは、仮想通貨価格にとってポジティブな材料となるため、ライトコインもミンブルウィンブル拡張ブロックをきっかけに再浮上することが期待されています。

ライトコインとUSDの価格チャート

画像引用:TradingView

ライトコイン(LTC)の買い方

ライトコイン(LTC)は日本国内の取引所でも購入できます。しかし無期限取引が可能で、資産の運用先も豊富であるBinance(バイナンス)やBybit(バイビット)などの海外取引所の利用がおすすめです。

日本語対応の海外取引所でのライトコインの取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。

取引所 現物 デリバティブ
Binance(バイナンス)
Bybit(バイビット)
Gate.io(ゲート)
CoinEX(コインイーエックス)
MEXC(メクシー)
BingX(ビンエックス)
Bitget(ビットゲット)

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ
binance bybit gate.io mexc

海外取引所は日本語対応が充実しているBybit(バイビット)がおすすめです。

ライトコインの今後に期待

当記事執筆時点で、まだミンブルウィンブル拡張ブロックの実装が決定したわけではないものの、ライトコインは新たな仮想通貨として生まれ変わろうとしています。最終的にライトコインは、日常的に決済利用可能なシステムを構築することを目標としていますが、仮想通貨市場で真価を発揮することはできるでしょうか。今後の推移を見守りましょう。


Date

作成日

2022.02.04

Update

最終更新

2023.03.16

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル