Select Language

賞金総額は100億SHIB!Bybitがお年玉キャンペーンを開催

賞金総額は100億SHIB!Bybitがお年玉キャンペーンを開催

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.04.20 12:23
賞金総額は100億SHIB!Bybitがお年玉キャンペーンを開催

update 2022.04.20 12:23

2021年12月31日、Bybit(バイビット)は新春お年玉キャンペーンの開催を発表しました。開催期間は、2021年12月31日午後7時 ~ 2022年1月14日午後6時59分(日本時間)です。

このキャンペーンでは、ミームコイン(ネタコイン)として有名な柴犬コイン(SHIB)を受け取ることができます。

取引しなくてもキャンペーンに参加登録するだけで最大100万SHIB(約3,500円)をもらえる参加しやすいキャンペーンです。さらに、現物とデリバティブ取引で一定額以上のトレードをすると、より多くのSHIBを獲得できます。

キャンペーンは3種類

今回のキャンペーンは柴犬コイン(SHIB)のプレゼントですが、大きく3つに分けることができます。

  1. キャンペーン登録だけで最大100万SHIB獲得
  2. 現物取引でSHIB獲得
  3. デリバティブ取引でSHIB獲得
キャンペーンページ

登録だけで最大100万SHIB獲得

キャンペーンページから参加登録ボタンを押すだけで、柴犬コイン(SHIB)を最大100万SHIBもらうことができます。

参加登録方法

参加登録を行うには、ログイン後にキャンペーンページ上部にある「受け取る」ボタンをクリックします。

新春お年玉キャンペーンページを開く link
SHIBキャンペーンページ SHIBキャンペーンページ

これで、参加登録は完了です。なお、獲得できるSHIBは0.5SHIB~100万SHIBの間でランダムに決まり、また、即座に口座に反映されるのではなくキャンペーン終了後7営業日以内に通知が届きますので、改めて確認しましょう。

100万SHIBという大きな単位になっていますが、柴犬コインは1枚の価格が非常に小さいため(記事執筆時点で0.00002948ドル)、100万SHIBで約3,500円相当となります。

現物取引でSHIB獲得

キャンペーン期間中に柴犬コイン(SHIB)の現物取引を行うことでも、SHIBをもらうことができます。このキャンペーンでは3種類の方法でSHIBが配布されます。

条件 報酬
Bybitでの現物取引が初めて
SHIB/USDTを100ドル以上取引
先着5,000名に30万SHIB
SHIB/USDTを100ドル以上取引 取引量に応じて
40億SHIBを山分け
SHIB/USDTの取引高が
5,000ドルを超える
キャンペーン期間中毎日抽選で1名にiPhone13 Proをプレゼント(全14台)

Bybitで初めて現物取引をするユーザーであれば、上記3つ全ての特典を受け取る権利があることがわかりますね。山分けの取り分は自身の取引高が大きいほど大きくなるので、既存トレーダーも報酬を得るチャンスです。

デリバティブ取引でSHIB獲得

最後に、デリバティブ取引で柴犬コイン(SHIB)をもらえるキャンペーンです。デリバティブ取引の銘柄「SHIB1000USDT」を合計15万ドル以上取引すると、取引高を達成した人全員で40億SHIBが山分けされます。

なお、現物取引と異なり、報酬は均等に分配されます。例えば、条件を満たしたユーザーが1,000名の場合、40億SHIBを1,000人で分けるので1人あたり400万SHIBの獲得となります。

caution 取引単位に注意

Bybitの柴犬コインのデリバティブ取引銘柄は、「SHIB1000USDT」という名称です。柴犬コインは1枚の価格が小さいため、デリバティブ取引では1,000枚を1単位として取引を行います。現物取引と比べると単位が大きくなりますので、ご注意ください。

柴犬コイン(SHIB)とは

柴犬コイン(SHIB)は2021年5月に複数の取引所に上場した仮想通貨(暗号資産)です。ミームコイン(ネタコイン)ではありますが、2021年10月より価格が急上昇して注目を集めました。

10月につけた最高値と比較すると半値程度に下がっているものの、2022年1月現在も時価総額ランキングでは13位となっています。

柴犬コインのチャート

画像引用:CoinMarketCap

point ミームコインとは

ミームコインとは、インターネットミーム(主にSNS経由でインターネット上で流行した考え方やネタなど)を使った名前で、ジョークや遊びとして作られた仮想通貨全般を指します。

Bybitでは、2021年の10月にデリバティブで、12月に現物でSHIBの取扱いを開始しました。他の大手海外取引所からはやや遅れての取扱い開始ではありましたが、ボラティリティの高い銘柄ということもあり、大きな注目を集めました。

柴犬コインは、元祖ミームコインといえるドージコイン(DOGE)のライバルという位置づけで、最近は時価総額でもドージコインに迫っています。なお、ドージコインはテスラ社が一部商品の支払い手段として採用することを発表したことで動向に注目が集まっています。

BybitのトレードでSHIBをもらおう

Bybit(バイビット)にとって2022年最初となる今回のお年玉キャンペーンは、所定のトレード金額を達成するだけのシンプルなものとなっています。また、参加登録をするだけでSHIBがもらえるキャンペーンもあり、文字通りBybitからのお年玉といえますね。


Date

作成日

 : 2022.01.06

Update

最終更新

 : 2022.04.20

こば

暗号資産ライター

arrow
こば

暗号資産の短期トレードから始めるも、中長期的に堅実に稼ぐステーキングやイールドファーミングに切り替える。
日本ではまだ認知が広まっていない暗号資産の投資手法をいち早くキャッチすることが得意。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00

STEPNアップデートで価格は上昇する?暴落後の動向に注目

STEPNは、2022年6月以降に大幅なアップデートを複数回実行しました。そこで、その内容やGST価格動向を紹介します。
update2022.08.04 20:30

【SNSで話題】解説本『いちばんやさしいWeb3の教本』が炎上

『いちばんやさしいWeb3の教本』に批判が集まっています。なぜ、批判が集まったのでしょうか。そして、出版元は、この批判を受けてどのように対応したでしょうか。その経緯等を紹介します。
update2022.07.25 20:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

FXGTがスワップフリーに!取引条件が大幅改善

FXGTが、スワップフリー導入を発表しました。すべての口座において対象銘柄のスワップが廃止されます。一部の銘柄はスワップフリーの対象外となるため注意が必要です。
update2022.08.02 19:00

TKO木本氏のトラブルで問題視されるポンジスキームとは?

TKOの木本武宏氏の投資トラブルが、大きな話題となっています。仮想通貨絡みだという噂もあります。そこで、ポンジスキームとともに、他の詐欺手法についても解説します。
update2022.07.29 21:00

日本で人気の仮想通貨IOST、2022年前半の重大発表や動向を解説

IOSTは、2022年の重大発表を契機にしてSNSで話題になるとともに、価格が上昇しました。そこで、重大発表の内容や価格動向を紹介します。
update2022.07.06 20:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

日本発のNFTプロジェクトTokyo Mongz Hills ClubがNFT販売実施を発表

日本発のNFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」がNFT販売を発表しました。今後、このプロジェクトはどこに向かっていくのでしょうか。そして、ユーザーの反応はどんな感じでしょうか。
update2022.07.20 20:00

イーサリアム(ETH)がハードフォークで分裂する可能性

イーサリアム(ETH)が、ハードフォークを経て分裂する可能性があります。2022年9月に大型アップグレード「マージ」を控え、従来のシステムを維持したい勢力が登場しています。
update2022.08.09 14:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル