Select Language

FXGT、VPSスポンサーシップ・プログラムを提供開始

FXGT、VPSスポンサーシップ・プログラムを提供開始

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.06.10 10:09
FXGT、VPSスポンサーシップ・プログラムを提供開始

update 2022.06.10 10:09

FXと仮想通貨(暗号資産)のハイブリッド取引所として注目されている海外FX業者FXGT(エフエックスジーティー)は2022年5月24日、条件を満たせば自動売買取引で活用されるVPS(仮想専用サーバー)を無料で利用できるサービス「FXGT VPSスポンサーシップ・プログラム」の提供を発表しました。

無料で利用できるVPSは、MT5を開発したメタクォーツ社が提供するもので、MT5上で操作を完結できるというメリットがあります。

利用条件は、口座残高が5,000ドル以上、1ヶ月の取引量が5GTLot(50万ドル)の2つのみですので、条件を満たした方はお得にVPSが利用できます。

MetaTrader VPSが無料で利用可能

今回、条件を満たしたユーザーにFXGT(エフエックスジーティー)が無料提供するのは、メタクォーツ社が提供するVPS(仮想専用サーバー)です。

一般的にVPSとは、VPS提供業者が保有するサーバーに、ユーザーのPCやスマートフォンからリモートアクセスするものです。メタクオーツ社が提供するVPSは、MT5の端末から直接VPSにアクセスできるなど、通常のVPSとは異なる特徴があります。

VPSの仕組み
point VPSでEAの常時稼働が可能

VPSは仮想専用サーバーとも呼ばれ、自動売買トレードで主に活用されます。MT4/MT5は、自動売買トレードができるツールとして有名ですが、エキスパートアドバイザ(EA)を稼働させるには、MT4/MT5本体を立ち上げておく必要があるため、MT4/MT5をインストールさせたPCも24時間稼働させておく必要があります。しかし、実際に個人用のPCを24時間起動させるのは非現実的であるため、自動売買トレードではVPSが活用されています。

MT5内から直接VPSと連携可能

一般的なVPSと異なり、VPSのレンタルや操作などをMT5内で完結できる仕様になっています。上部メニューバーから「クラウドマーク」をクリックすると、MetaTrader VPSの操作画面に移行します。

MT5VPS申し込み全体画面 MT5VPS申し込み全体画面
caution 無料VPS利用には申請が必要

VPSスポンサーシップ・プログラムによる無料VPSの利用には、申請が必要です。FXGTのMT5からVPSの申し込み画面を開くと、FREEと記載されているプランがあります。しかし、VPSスポンサーシップ・プログラムへ申請をせずFREEプランを選択しても、VPSは有効とはなりません。

MT5で操作が完結できるというメリットがある半面、通常のVPSのようなデスクトップ画面は表示されません。そのため、VPSに関わる操作は全て、MT5から確認する必要があります。

また、1つのMetaTrader VPSにつき1つの取引口座の連携となります。そのため、トレードスタイルの異なるEAを複数のブローカー・複数口座で運用している場合、2つ目のMetaTrader VPSを利用する必要があります。

遅延のない取引が可能

メタクォーツ社のVPSでは、世界各地に設置されたサーバーの中から、利用するFX業者のサーバーに一番近い場所にあるVPSが自動的に選択されます。

FXGTの取引サーバーは、ドイツのフランクフルトに近い場所に設置されています。そのため、メタクォーツ社のVPSもドイツのフランクフルトサーバーが自動選択されます。

サーバーの自動選択

日本からFXGTのサーバーにアクセスするには、約200ミリ秒程度の通信遅延が発生します。しかし、地理的に近いVPSからのアクセスでは、通信遅延はわずか約6ミリ秒となっており、スムーズに約定させることが可能です。

knowledge 取引口座のサーバー位置を確認しよう

Traders Trust(トレーダーズトラスト)のように東京サーバーを設置しているブローカーもあります。しかし、メタクォーツ社のVPSサーバーは東京に設置されていないため、東京サーバーに接続する取引口座でメタクォーツ社のVPSを利用しようとすると、香港サーバーが自動で選ばれてしまい、かえって約定スピードが落ちてしまいます。利用しているブローカーのサーバー設置場所をあらかじめ確認するのがおすすめです。

無料でVPSを利用する条件は?

FXGT(エフエックスジーティー)のVPSスポンサーシップの申し込みには以下の2つの条件を満たすことが必要です。

  • 口座残高が5,000ドル相当(65万円)以上
  • 1ヶ月の取引量が5GTLot(ロット)

月末に上記の無料条件を満たしているか判定が行われ、条件を満たしていれば、翌月も継続して利用することが可能です。スポンサーシップに参加できる対象口座は、セント口座以外の5つの口座タイプです。

  • スタンダード+口座
  • スタンダードFX口座
  • プロ口座
  • ECN口座
  • ミニ口座

口座残高に5,000ドル以上

VPSスポンサーシップに申し込むためには、5,000ドル相当(65万円)以上の口座残高である必要があります。ボーナス(クレジット)分は、VPSを利用するために必要な有効証拠金には含まれないため、注意が必要です。

point 余裕をもって入金しよう

条件は5,000ドル相当額となっていますが、円建て口座の場合、為替レートによって入金条件となる金額が変動します。毎回の取引による損益の変動もあるほか、ドル円の為替変動も大きくなっているため、余裕を持った口座残高になるよう調整をするのがおすすめです。

1ヶ月の取引量が5GTLot

FXGTでは、通常のロットの他に、様々な銘柄で共通して利用できる独自の単位GTLot(GTロット)を採用しています。VPSの無料提供条件は、この単位を利用して「5GTLot」に設定されています。

5GTLotは、ドル円であれば5ロット(50万通貨)に相当します。仮想通貨は銘柄によって異なりますが、ビットコイン/米ドル(BTC/USD)であれば約17ロット(1BTC=30,000ドルの場合)となります。

なお、1ヶ月の判定は、無料VPS申請日の前1ヶ月ではなく、前月分で行われます。例えば、6月分で5GTLotの要件を満たしている場合は、6月末までに申し込みをすれば、7月から適用となります。

point GTLotとは

GTLotとは、様々な銘柄の取引量をドルに換算し、10万ドルを1GTLotとするものです。FXGTが提供している銘柄は、FX通貨ペアや仮想通貨、貴金属、エネルギーと多岐に渡ります。GTLotの活用により、口座全体の取引量を一目で把握することが可能です。

VPSスポンサーシップの申込方法

マイページで1ヶ月の取引量が5GTLotであること、証拠金が5,000ドル(65万円)以上であることを確認したのち、FXGT(エフエックスジーティー)の公式サイトからVPSスポンサーシップ・プログラムの申込をします。

手順1

FXGT公式サイトにあるVPSスポンサーシップ・プログラムの紹介ページにアクセスします。

手順2

画面中央にある「今すぐ申し込む」をクリックしてください。

VPSに今すぐ申し込み VPSに今すぐ申し込み

手順3

VPSの申込フォームに必要事項を記入します。必要事項を記入し、「提出」をクリックしてカスタマーサポートへ申請します。

VPSスポンサーシップ申込フォーム VPSスポンサーシップ申込フォーム

番号

項目名

説明

1

名前

名前を記載します

2

苗字

苗字をローマ字で記載します

3

メールアドレス

登録メールアドレスを記載します

4

MT5口座

VPSを利用したいMT5口座番号を記載します

5

規約への同意

チェックを付けます

手順4

サポートで無料利用条件を満たしているかの審査が行われます。審査が完了したら、MT5とMetaTrader VPSの連携をします。VPSスポンサーシップ・プログラムの特集ページ下部に記載されている「FXGT VPS PDFガイド」を参考に設定をしてください。

FXGT VPS PDFガイド FXGT VPS PDFガイド

VPS抽選キャンペーン開催中

FXGT(エフエックスジーティー)は、2022年6月1日〜6月30日まで「FXGT ヒートウェーブ」を開催中です。新規口座開設ボーナス5,000円、通常入金ボーナスが50%であったり、仮想通貨取引がお得になっていたりなど、6種類のキャンペーンが同時開催されています。

6種類のキャンペーンの中に、VPSの年間無料権が抽選で当選する「VPSプレゼントキャンペーン」があります。

キャンペーン期間中にポジションを保有したトレーダーの中から10名にメタクォーツ社が提供するVPSの年間無料権がプレゼントされるというものです。特に、自動売買プログラムであるエキスパートアドバイザ(EA)を利用している人は必見ですね。7月4日に当選結果が発表される予定です。

FXGTはキャンペーンが豪華

海外FX業者FXGT(エフエックスジーティー)は、仮想通貨とFX取引のハイブリッド取引所をアピールポイントにしているブローカーです。

また、豪華なキャンペーンを開催することでも知名度があり、ボーナスキャンペーンのほか、キャッシュバックキャンペーンを不定期で提供しています。

取引口座タイプ スタンダード+口座
プロ口座
ECN口座
スタンダードFX口座
ミニ口座
セント口座
ボーナス 口座開設ボーナス(最大5,000円)
初回入金ボーナス
通常入金ボーナス
キャッシュバックキャンペーン(不定期)
レバレッジ 最大1,000倍
取引ツール MetaTrader5(MT5)
取扱銘柄 【FX/通貨ペア】:53
【CFD/貴金属】:2
【CFD/株価指数】:10
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/仮想通貨】:59
【CFD/株式】:53
カスタマーサポート 24時間365日

FXGTはユーザーのニーズの多様化に合わせて、サービスを強化しています。2022年4月には、経験者向けの口座タイプとして、プロ口座を新設しました。ボーナスは対象外となりますが、取引手数料はゼロかつスワップポイントが他の口座タイプよりも有利な傾向です。

経験者向けではあるものの、最低入金額が5ドルに設定されているため、全ユーザーが利用しやすいように工夫されています。

また、ECN口座もアップデートが実施され、仮想通貨のスワップポイントが大幅に改善しました。

MetaTrader VPSの無料提供は初

FXGT(エフエックスジーティー)が今回、条件を満たしたユーザーに無料提供するメタクォーツ社のVPSは、日本人利用者はあまりおらず、主要海外FX業者が無料提供するのは初めてとなります。

例えば、大手海外FX業者であるXMTrading(エックスエムトレーディング)も無料VPSを提供していますが、外部のサーバー会社であるBEEKS(ビークス)社のVPSを無料提供する形です。

MetaTraderVPSは、MT5の開発元であるメタクォーツ社が提供しているため、MT5と完全に連携することが可能で、MT5内で操作が完結します。ただし、操作方法がやや分かりづらく、MT5の操作に慣れた方向けといえるでしょう。

FXGTのMT5でエキスパートアドバイザ(EA)を運用している人で、1ヶ月の取引量が一定以上あるユーザーにはお得なサービスです。VPSスポンサーシップ・プログラムは、スプレッドやスワップポイントが有利に設定されているプロ口座、ECN口座も対象となっているので、EAの運用を考えている人は検討してみてはいかがでしょうか。


Date

作成日

2022.06.09

Update

最終更新

2022.06.10

Myforex編集スタッフーFX担当ー

短期が中心のトレーダーや中長期が中心のトレーダー、元プロップトレーダー、インジケーターやEAの自作を行うエンジニアなどが在籍。資金を溶かした失敗や専業トレーダーに転身した経験など、実体験も踏まえてコンテンツを制作している。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル