Select Language

検索結果 | 投資/FX用語解説集

  1. HOME
  2. マーケット情報・ナレッジベース
  3. 投資/FX用語解説集
  4. 検索結果

"テクニカルに関する用語"の検索結果 107 件

検索結果

表示件数:


  1. ADX

    ADXとは、トレンドの強弱を示すテクニカル指標です。「Average Directional Movement Index」の略称で、日本語では平均方向性指数と呼ばれます。

  2. CCI

    CCIとは、米国のドナルド・ランバート氏が考案したオシレーターのテクニカル指標で、トレンドの確認や、買われ過ぎ・売られ過ぎの判断を行うために用いられます。

    CCI
    CCI
  3. EMA

    EMAとは、日本語で指数平滑移動平均線といい、移動平均線の中でも直近の終値に強く比重をかけて平均値を算出したものです。

    EMA
    EMA
  4. GMMA

    GMMAとは、期間の異なる指数平滑移動平均線(EMA)を12本描画するトレンド系指標で、トレンドの方向性や強弱を判断することができます。

    GMMA
    GMMA
  5. MACD

    MACDとは、移動平均線を発展させたテクニカル指標で、長期と短期の2本の指数平滑移動平均線(EMA)の差を算出したものです。

    MACD
    MACD
  6. RCI

    RCIとは、統計学の「スピアマンの順位相関係数」を使用したオシレーター系指標です。時間と価格のそれぞれに順位をつけ、その相関性によって分析を行います。

    RCI
    RCI
  7. ROC

    ROCとは、当日の終値と一定期間過去にさかのぼった終値を比較して変化率を求め、相場の買われ過ぎや売られ過ぎといった過熱感を知ることができるオシレーター系指標です。

    ROC
    ROC
  8. RSI

    RSIとは、一定期間の値動きの変動幅から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するオシレーター系のテクニカル指標です。買われ過ぎと売られ過ぎを0~100%の数値で表し、その数値の間を振り子のように行ったり来たりするのが特徴です。

    RSI
    RSI
  9. TDシーケンシャル

    TDシーケンシャルとは、相場のサイクルを利用して値動きの天井と底を判断するテクニカル指標の一種です。

    TDシーケンシャル
    TDシーケンシャル
  10. 陰線

    陰線とは、始値よりも終値が低いローソク足で、そのローソク足の期間内に下降したことを示します。始値と終値の間は「実体」と呼ばれ、この部分が長ければ下降の勢いが強いと判断できます。

    陰線
    陰線
  11. 一目均衡表

    一目均衡表とは、転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンという5本の線を組み合わせて分析し、線同士の位置関係からトレンドの方向性や押し目・戻り目を読み取ることができるテクニカル指標です。

    一目均衡表
    一目均衡表
  12. 移動平均乖離率

    移動平均乖離率とは、移動平均線からどれだけ乖離しているかを数値化したオシレーター系のテクニカル指標です。

    移動平均乖離率
    移動平均乖離率
  13. 移動平均線

    移動平均線とは、一定期間の終値から平均値を算出し、その平均値をつないでグラフ化したテクニカル指標です。これにより、相場のトレンドの方向性や、強弱を読み取ることができます。

    移動平均線
    移動平均線
  14. 陰転

    陰転とは、上昇相場が下降相場に転じることを指します。長期的な目線で使われることが多く、大局的に下降基調に転じたことを意味します。また、1本のローソク足や平均足が、陰線から陽線に転じるときに使われることもあります。

    陰転
    陰転
  15. ウィリアムズ%R

    ウィリアムズ%Rとは、米国の著名トレーダーであるラリー・ウィリアムズ氏が考案したオシレーター系のテクニカル指標で、買われ過ぎ、売られ過ぎといった相場の加熱感を読み取るために用いられます。

    ウィリアムズ%R
    ウィリアムズ%R
  16. エリオット波動

    エリオット波動とは、相場の周期性に着目したテクニカル分析の考え方です。相場に現れる上昇波(第1波~第5波)・下降波(A波~C波)のサイクルをパターン化し、合計8回ある波動のうち現在が何回目かを知ることで、その先の波動を予測することができます。

    エリオット波動
    エリオット波動
  17. エンベロープ

    エンベロープとは、移動平均線に対して一定の乖離幅で線を引いたテクニカル指標のことです。価格が移動平均線からどのくらい乖離したかを見るために用います。日本語では移動平均乖離率バンドと呼ばれています。

    エンベロープ
    エンベロープ
  18. 終値ベース

    終値ベースとは、終値が確定した時を基準にする考え方のことです。

  19. 終値

    終値とは、ある一定の期間の最後についた価格のことです。FXの市場は24時間動きますが、NY市場が終わる日本時間7時(夏時間は6時)を新しい1日の区切りと考えてそこが終値となり、次のローソク足の始値が作られます。

    終値
    終値
  20. オシレーター系

    オシレーター系とは、相場の値動きから「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」という過熱感を算出し、相場変動の予測に役立てるためのテクニカル指標の総称です。

    オシレーター系
    オシレーター系

表示件数:

全件数: 107 1/6

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する