Select Language

CCI

CCI

読み方 しーしーあい
同義語 Commodity Channel Index、商品チャネル指数

CCIとは、米国のドナルド・ランバート氏が考案したオシレーター系テクニカル指標で、トレンドの確認や、買われ過ぎ・売られ過ぎの判断を行うために用いられます。商品チャネル指数を意味する「Commodity Channel Index」の略字で、当初は商品市場で用いられていましたが、後に株やFXなど幅広い金融商品の分析に使用されるようになりました。

CCI

CCIでは、+100ラインと-100ラインが特に注目されます。基本的にはトレンドフォロー(順張り)で使用し、+100を超えたら買いサイン、-100を下回ったら売りサインと判断します。

CCI

基本の使い方は順張りですが、+100ラインを上回ったら売りサイン、-100ラインを下回ったら買いサインとする逆張りで使うこともできます。この使い方は、マルチタイムフレーム分析で行われることが多いです。例えば、週足などの大きな時間足で+100ラインを上回っている場合に上昇トレンドと判断し、日足などのより短い時間足で買いエントリーのタイミングを測る方法があります。この際に、短い時間足の方ではCCIを逆張り指標として使用し、-100ラインを下回った場合に売られ過ぎと判断してエントリーを行います。

CCIの計算式では、高値安値終値を合計して3で割った「代表値(TP)」を使用します。日足で説明すると、当日のTPからn日間のTPの移動平均値(MA)を差し引いた数値がベースとなります。

CCI =
(TP - MA)÷(0.015 × MD)

それぞれの要素は次のように計算されます。

要素 計算方法
TP (高値+安値+終値)÷ 3
MA n日間のTPの移動平均値
MD TP - MAの平均偏差
point ダイバージェンスも利用できる

価格推移とオシレーター系指標の動きが逆行する現象をダイバージェンスと呼び、これはトレンド転換の兆しであるとされています。CCIにもダイバージェンスが発生することがあり、レートが最高値を更新したにもかかわらずCCIが最高値を更新しなかった場合、または、レートが最安値を更新したにもかかわらずCCIが最安値を更新しなかった場合が、ダイバージェンスとみなされます。


Date

作成日

 : 2021.07.16

Update

最終更新

 : 2021.07.29

著者情報

斎藤 陽介 | Yosuke Saito

FXトレーダー&金融情報WEBメディア制作経歴10年

arw
Yosuke Saito

2009年よりFXを始め、現在トレード歴11年目。トレードの傍ら、金融情報WEBメディアの制作実務を10年間行う。FXを中心に株・仮想通貨などの金融ディリバティブ取引の記事の執筆を多く手がけ、FX攻略.com等専門メディアへの執筆の経歴あり。FX関連では、ファンダメンタルズや手法に関する記事からFXのメンタル管理まで、幅広い記事の執筆・監修を行う。


免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する